05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

劇場つながり

各種観劇日記。基本的に劇団四季のみ、のはずが最近は色々と手を広げてます。書きやすさ優先でレポ内の俳優名は敬称略ですのでご了承くださいm(_ _)m

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

かん~ぺき~だ~ゆめ~こ~♪  エビータ《2012年1月28日(土)ソワレ》 

何度かこのブログでも書いているが、元々観劇は月に1回と決めていた。
観たいものが重なってどうしようもない時だけ月に2回観る事もあったが
それはかなりのレアケースだった。

それが『ある時』から箍が外れ、月1回があっという間に毎週?くらいのペースに
なる月も出てくるようになってしまった。
その『ある時』というのは、2年前に上演されたエビータだった。

その時も今回と同じく野村玲子と秋夢子のダブルキャストだった。
予約した日は野村玲子だった。
演技に関しては何も言う事はなく、喉の調子も戻ってきていたので
ちょっと苦しい部分もあったが満足度はかなり高かった。
久々に聞いたエビータの曲はどれも素晴らしかった。

こうなると気になるのがもう一人のエビータ、秋夢子だ。
秋夢子は好きな女優だったし、歌は絶対秋夢子の方が良いはず、と思ってたので
突発する事を決定したのだが・・・
その時は大体のスケジュールは推測できたものの確実なものはなく
行ける日に突発してみたらエビータはまたしても野村玲子。
こうなったら秋夢子を絶対見るぞ!と前楽にやっと秋エビータを
観る事ができた。

秋エビータの歌は予想通り明らかに野村玲子より聞きやすく、安定感も抜群だった。
が、歌以外の部分ではやはり野村玲子に軍配が上がってしまった。
何より秋エビータは野村エビータのコピーに見えてしまい、
それならば野村エビータの方が良いだろう、と。
期待が大き過ぎたのかもしれない。

しばらくは無いだろうなぁと思っていたら約2年で再演。
思いの外早かった。
先行予約時点では当然キャストはわからなかったのだが、開幕前になって
いきなり1月中のエビータ役のスケジュールが発表に。

何で今になってこんな事やるんだろうか。。。
この演目でやってもあまり意味が無い気がするのだが。

で、たまたま先行で取っていた日は秋夢子だということがわかった。
前回からどれだけ変わったのか、楽しみになった。


28日は朝から地震が続いてなんとなくいやな感じだったが、
それ以上に嫌だったのが厳しすぎる寒さ・・・
劇場まで歩いていくのもいやな寒さだ。

とぶつぶつ言いながらもやって来たコーラスライン以来の自由劇場。
120128_3.jpg

露出は相変わらず野村玲子。
御大夫人だし、超ベテランだし、メインになるのはわかるのだが
もうそろそろ新しい人の露出を増やしても良いんじゃないかなぁ。
120128_1.jpg


という今回のキャスト。
120128_2.jpg

エビータ  :秋 夢子
チェ    :芝 清道
ペロン   :佐野 正幸
マガルディ :渋谷 智也
ミストレス :松元 恵美


エビータもそうだが、チェもそろそろ新しい人に出てきて欲しいなぁ。
もちろん芝清道のチェには何の不満も無い。
ただ単に新しい人も観てみたいと言うだけなのだが・・・

ペロンは退団してしまった金田俊秀からこちらもベテランの佐野正幸に。
出来れば佐野ファントムで見てみたかったのだが。


毎度前書きが長くて申し訳ないが、色々グダグダと書くのが好きなもんで・・・
と言うわけで、さっそくキャストの印象を。


まずはやはりエビータの秋夢子。
いやぁ良かった!本当に良かった。
これだったら今回は喉が不調らしい野村玲子に代わって、
全公演秋エビータでも良いのではないかというくらい良かった。

登場した時から野心に満ち溢れている表情と存在感。
どんどんのし上がっていくエビータを見事に演じていた。
ストーリー自体にはがっつりはまれるほど共感は出来ないのだが、
これだけ見事に演じられると、ストーリーの説得力がグッと増して
グイグイと引き込まれてしまう。

弱気になるペロンに対する態度を見ていると、こんな風に迫られたら
「NO」とは言えないよなぁ、と思わされるくらいの静かな迫力。
そりゃこれだけのものを持っていれば、ファーストレディになるよな、
という説得力抜群。

2幕冒頭の『共にいてアルゼンティーナ』では、熱狂する群集を見て
目が潤んでいるかと思えば、次の瞬間には対極のような冷たい目で
政敵を見返す。
この場面を2年前に野村玲子で見た時は、さすがだなぁ、と
つくづく感心させられたものだが、今回の秋夢子もそれに勝るとも劣らない
見事さだった。

2年間に見た時は2幕にちょっと間延び感を感じて退屈する部分もあったのだが
今回は2幕があっという間に終わってしまった。
それくらい舞台に引き込まれて集中していたと言う事だろうか。

エビータが癌に冒され弱っていきながらも、それでもまだ自分の思うままに
生きていこうとする生命力。
その表現も理に適っていて、文句をつけるところがなかった。
ま、文句つけるために観ているわけではないんだけどw

2年前に観た時とはケタ違いの存在感を見せてくれた秋夢子のエビータだった。
1ヵ月後くらいにもう1回分チケットを取っているのだが、
これなら次も秋エビータで観てみたいなぁ。
あ、今の秋エビータと野村エビータを比べるために野村エビータで観るのも・・・
もう1回分取らないとダメ?


それから芝清道のチェ。
何も言う事が無いのは面白くないというくらい、見事な安定感。
この演目においては現実的でシニカルな存在であるチェを
今回も見事に演じていた。


ちょっとなぁ、と感じてしまったのがペロンの佐野正幸。
ベテランらしい存在感を醸し出していた。
演技が良いだけに存在感が出てしまうのだが、その存在感がこの演目では
問題(というほどではないけど)に感じてしまった。

元々この作品はエビータとチェだけで成り立っていると思っているので
そこに存在感を持った第三者が現れてしまうと、中途半端な奥行きが出来てしまい
シンプルだからこそ際立つエビータの存在を邪魔してしまう。
佐野ペロンには、その存在感をファントムで出して欲しいなぁ、、、。


今回が初登場のミストレスの松元恵美。
アンサンブルで観ているのかもしれないが、意識してみるのは初めてだ。
個人的なミストレスの印象は、「ペロンさん、あなたロリコンっすか?」くらいの
少女的な感じなので、その雰囲気にはバッチリはまっていた。
歌は特別な感じはしないが、全くクセが無い素直な感じで、
それもまたミストレスに非常にマッチしていたと思う。
何より良かったのは見た目w
また注目の若手女優が出てきてしまった。


あと今回痛感したのは舞台全体のまとまり。
ダンスにしても何にしても舞台全体がビシッとまとまっている。
他のカンパニーはあんまり観ていないので何とも言えないが、
これが四季の強さだよなぁと思った。
先週ボニー&クライドのちょっとグタグタ感のあるアンサンブルを観た後だったか
余計にそれを感じたのかもしれない。


興奮するような演目ではないはずなのだが、予想以上の秋エビータの良さに
観劇後はしばらく興奮冷めやらず、な今回のエビータだった。


あ、今回の観劇後はがってん寿司ではなくて、ハマサイト内のお好み焼き屋で。
写真取り忘れたけど・・・


よろしければポチっと
にほんブログ村 演劇ブログ 劇団四季へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 2012/01/29 Sun. 20:29 [edit]

category: 劇団四季:エビータ

TB: 0    CM: 8

29

コメント

 

こんばんは!
28日のソワレのレポ、いろんなところで見るのですが、秋エビータの評判、本当にいいですね♪
私は来週、秋エビータの日に行くのですごく楽しみです!!

観劇数、ついつい増えてしまいますよね(。・ω・。)
去年、見過ぎたから減らすつもりだったのですが、3月までで15回…
年末の観劇数が恐ろしいです。

URL | 朋美 #- | 2012/01/29 21:34 | edit

Re: タイトルなし 

>朋美さん
さっそくの書き込みありがとうございます!

はい、秋エビータ最高でした!
普通の日なのにかなりのスタンディングオベーションだったので
観た人が感じたことは一緒だったんでしょうね。
本当にまったく言うことが無いエビータでした。
多分今まで観た中(と言っても5回くらいですが)で最高だったと思います。

観劇数は・・・ほんとに自分でもどうにかならないものかと・・・
最近は四季以外にも手を出しているので、キリがなくなりつつあり。

お互い気をつけましょう!(笑)

URL | nalaniconey #- | 2012/01/29 22:15 | edit

No title 

はじめてコメントいたします。
よろしくお願いします。

1/28エビータソワレ、私も観ました。
夢子エビータ、同感です。
2年前は野村さんで観ました。
本公演、あと1回は観たいと思っていますが、
楽前ソワレにするか楽にするか思案中。
楽はきっとメインキャストだと思うので
楽前にしようかなあと思っています。

ちなみに1/21ボニクラ/ソワレ、私も観ました。
ボニー、テッド、牧師、同感です。

URL | orenvalley #H755ORSs | 2012/01/31 02:26 | edit

Re: No title 

>orenvalleyさん
はじめまして!書き込みありがとうございます。

夢子エビータ完璧でしたよね!
一幕終わった時点で「これは完璧だ」と思いました。
僕の次回分はまだキャストが発表されてないんですけど、
もし野村エビータだったら、もう一度くらい夢子エビータ見たいなぁ、と。
こんなことやってるとキリがなくなるんですよねぇ。。。

ボニクラは何だかんだと言われていますね(ま、それも正しかったりするんですが)。
個人的には「?」も多かったものの、観劇後の余韻は何かすごい良かったんですよね。
それにしても6回も見ているとは・・・・恐れ入りましたm(_ _)m

URL | nalaniconey #- | 2012/01/31 08:50 | edit

No title 

さすがですね~秋エビータ♪
京都公演での感動がよみがえりました。。
ますますすごくなってるのでしょうね~~
是非!野村エビータも観てくださいw
レポが楽しみです~(笑)

それから~。。
ジキルとハイド取りました~~♪
あとで後悔しそうだったので。。

URL | ロコン #- | 2012/02/02 11:29 | edit

Re: No title 

>ロコンさん
はい~。秋エビータは最高でした!
話によると京都のときより良くなっているとか。
野村エビータとも比べたいんですけどね。
調子がイマイチらしいしどうしたもんかと。

お、ジキハイ取りましたか!
そうです、観たい物は観れる時に観ないとです!

URL | nalaniconey #- | 2012/02/02 21:09 | edit

前楽マチソワ! 

ども。おはです。

エビータキャスト。
四季オフィシャルに発表されてましたね。

ほっと胸をなでおろす。。。
買い足し不要になりますた。
しかも夢子楽ですわキタ━(゚∀゚)━!

しかし、御台所。2日休養万全にとって、大楽。
ひょっとしてこれがえんじおさめ?
とかんぐりたくなるような。。。買い足し!?Σ(゚д゚lll)

URL | orenvalley #H755ORSs | 2012/02/18 07:08 | edit

Re: 前楽マチソワ! 


> orenvalleyさん
ども、こんばんはです。返事がおそくなりました。。。

ほんと夢子エビータでほっとしましたねぇ。
とは言え、今回は御大婦人見れてないので、夢子エビータの成長具合を確認する意味で
そっちも見てみたかったりはしますね。

いやぁ、きっとま演じるんじゃないですかねぇ。
婦人に退団はないですし(笑)

URL | nalaniconey #- | 2012/02/18 23:06 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://musicaltheater.blog130.fc2.com/tb.php/95-358fee05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。