09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

劇場つながり

各種観劇日記。基本的に劇団四季のみ、のはずが最近は色々と手を広げてます。書きやすさ優先でレポ内の俳優名は敬称略ですのでご了承くださいm(_ _)m

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

楽しいのに泣けてくる!? クレイジー・フォー・ユー《2011年9月24日(土)ソワレ》 

シルバーウィーク最初の3連休は長野へ出かけた。
滅多に行く事が無い長野に行くんだから、と劇団四季資料館まで足を伸ばした。
実はあんまり期待はしていなかったのだが、思いの外楽しむ事ができた。
劇団四季の創成期の頃の資料なども盛りだくさんだった。

リーフレットくらいのサイズだった昔のLaHarpeは興味深かったし
ライオンキングのヌーの盾みたいなやつは思ってよりでかかった。
置いてあるパンフレットも公演中の最新のものだけが置いてあったりと
ちゃんとメンテナンスが行き届いていた。
さらに驚いたのは資料館の周りにある倉庫のエリアの大きさ。
あれだけの規模でやるには必要なのかもしれないが、それにしても大きかった。

まぁ、決して便がいい場所とはいえないので簡単にお奨めはできないが、
もし近くに行く機会があれば是非。
自分は長野からレンタカーで行ったが、長野からは1時間半くらいだったかな。
110924_2.jpg


で、シルバーウィーク後半。
先行発売の時は1回分しかチケットを取っていなかったのだが、
前回観てやはり今のキャストは良い!と言う事で急遽もう一回追加。
前楽の24日ソワレ公演を観に行く事にした。

四季劇場にやってくると、なんかいつもの週末より人が多いような。
一頃土曜は無かったライオンキングのソワレが復活しているからか。
110924_3.jpg

チケットを取った時点でわかっていたのだが、残念なのは千秋楽前日なのに
2階はS席の両サイドが殆ど空いていたことだ。
楽しい演目を良いキャストで観れるのにもったいないなぁ、と。

そんな今回のキャスト。
110924_1.jpg

ボビー・チャイルド   :松島 勇気
ポリー・ベーカー    :秋 夢子
ランク・ホーキンス   :志村 要
アイリーン・ロス    :光川 愛
ベラ・ザングラー    :広瀬 彰勇
エベレット・ベーカー  :石波 義人
ボビーの母       :菅本 烈子
テス          :恒川 愛
ユージーン・フォーダー :村澤 智弘
パトリシア・フォーダー :佐藤 夏木


ボビーの母とピート以外は前回と同様のキャストだ。
変わらぬキャストで観たかったのでキャスト的にはOK。


まずはボビーの松島勇気。相変わらずのイキの良さだった。
まぁだいぶこなれては来ているし、こちらも見慣れてきているので
最初に感じたフレッシュさは薄らいではいるのだが、
明るくて、まっすぐで、人が良いというボビーのイメージのそのままだ。
今までこの演目で感情的にグッと来る事はなかったのだが、
今回は何度かグッと来た。自分でもちょっと驚いた。
その原因はボビーというキャラクターがダイレクトに伝わってくる
松島勇気の熱演だったと思う。


ポリーの秋夢子。
前回は若干(ほんとに若干)だが、声が本調子じゃないのかなぁと
歌い方から感じたが、今回はそんな事も無く安心して観ることができた。
その代わりと言うわけではないが、今回は2~3箇所台詞があやしい所があった。
まぁ、進行に支障があるようなものではなかったけど。
前回も書いたが、初めて秋ポリーを観た5月よりだいぶ余分な力が抜けている。
でもやはりもう少ししなやかさと言うか、やわらかさが欲しい。
自分が秋夢子に持っている「強さ」のイメージがそう思わせているのかも
しれないが。。。


と、ちょっと厳し目な書き方をしてしまったが、やはりこの作品はひたすら楽しい。
そして今回は楽しいだけではなく、初めてこの作品でグッと来てしまった。
しかもそのシーンは「I Got Rythm」とか「Finale」が始まったとこだった。
そんな楽しいところで何故?という感じだが自分でもよくわからない。
まぁそれだけ作品に入り込めたってことなのだろうか。


クレイジー・フォー・ユーは今日千秋楽を迎えている。
もう少し見たい気もするし、松島ボビーも秋ポリーももっと良くなって行ったんだろうが
多分この演目はこのくらいの期間が良いのかも、と今回思った。
深みがある複雑な作品ではないので、リピートをするには限界がありそうだ。
楽しい作品ではあるので、新鮮な気分で観られるよう暫く間を置いて
また戻ってきて欲しいものだ。


ところで・・・・その1


冒頭で書いた四季の資料館ではCDとかグッズも売っていた。
新しいライオンキングのCDもDVD付きの物が売っていた。
(※CDのみのバージョンは28日発売)
DVD付きだとCDの倍近くの価格になってしまうので、DVDは見たいものの
どうするべきか迷っていたのだが、つい雰囲気に流され買ってしまった。
が、まだDVDは見てなかったりする・・・

で、その新録音のCDだが良いところと良くないところがはっきりしている。

やはり今のキャストでの録音なので、聞きなれた声で聞く事ができるし
まだ観れていない福井ムファサや道口スカーがいつでも聞ける。
松本昌子のシェンジも力強くて非常に良い。やっぱりこの人は上手い。
田中シンバも現在のシンバ陣の中では頭一つも二つも抜けている。

だが気になるところもいくつかある。
一つは新録音はメインのキャストだけということ。アンサンブルは前のままなので
「ワン・バイ・ワン」は阿久津陽一郎のままだ。
録り方というか編集の問題なのだが、新しく録音された部分の音が浮き気味だ。
オケの音やアンサンブルと馴染んでいない。
もう少し自然に出来なかったかなぁ、というかアンサンブルも録音し直して欲しかった。


と気になるところもあるが、今のキャストの声で聞きたい!
好きなキャストが入っている、と言うような人は十分に満足できるのでは。




ところで・・・その2

今日はライオンキングの13周年記念日を含む先行発売日だった。
このところ連続で記念日を観に行っているので、今回はどうするか迷ったが
やはり記念日は押さえておこう、と言う事でパソコン2台、ケータイ2台で待機。

10時になりいざ参戦!と戦闘モードに突入したが、電話が1コール目でつながり
ネットのほうも同時に繋がった。
それなら席を選べるネットでと言う事で進めていったら、その時点ですでに
S1の真ん中ブロックはほぼ売り切れ。1分経ってないのに・・・
てか、このゾーン殆ど売ってない!?
もしそうなら正常じゃない販売態度だぞ!
観客には正常な観劇態度を要求しているのに!w


よろしければポチっと
にほんブログ村 演劇ブログ 劇団四季へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 2011/09/25 Sun. 22:18 [edit]

category: 劇団四季:Crazy For You

TB: 0    CM: 6

25

コメント

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2011/09/26 02:27 | edit

Re: リニューアルした訳(予想) 

ライオンキングもリニューアルするなら、こんな中途半端なタイミングではなくて
10周年くらいでやれば良かったのに、と思ったりもします。
代表の思いつきなんでしょうかねぇ?

異国の丘のCDって絶版なんですか!?知らなかったです。
今なら九重は誰が適役でしょうかね。

URL | nalaniconey #- | 2011/09/26 14:20 | edit

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2011/09/26 22:08 | edit

No title 

資料館のレポは「良いところだが遠い…」だけなんですか?というツッコミを思いとどまっておいてよかったです(笑)
CFY東京公演、ワタシはとうとう一度もみないでおわってしましました。。松島ボビーは観たかったのですが、なんとなくタイミング合ずでした。
LKのCD、新しく録音した部分のほうが浮いているのですね、確かに音がクリアなぶん違和感感じるかも。。ちょうど私もこのCDについて書いてたんですが、こちらを拝見して「負けた」と思って途中まで書いたのを慌てて書き上げてアップしました(笑)松本さんいいですよね、ワタシも大好きです。
記念日チケット、息子が楽しみにしているのでワタシも参戦したんですが、今までにないくらいあっさりつながりまして、ところがS1センターはまったくなかったです。つながる割にいい席は早々に売り切れか・・と思ったのですが、はじめからなかった??へー
いっそ2階でいいやって取りましたが、、せっかくの記念日なんでCDキャストで!なんてファンサービスないですかねえ。。

URL | tsunatam #mQop/nM. | 2011/09/26 23:58 | edit

Re: タイトルなし 

そうなんですよねぇ。荒川さんは歌に重みが無いんで九重向きじゃないんですよねぇ。
書いていただいた辺りが順当な気もしますが、飯田兄さんはどうでしょうかね。
女性人は沼尾さんかなぁ。客演で佐渡さんもありえますね。

URL | nalaniconey #- | 2011/09/27 00:06 | edit

Re: No title 

>tsunatamさん

前の資料館の記事はですねぇ、写真撮ってその場でアップしたんであんな感じだったんですよね。
で、一応今回触れておいたほうが良いかと思い書いてみました。
tsunatamさんのCDの記事も読みましたよ。内容はtsunatamさんの勝ちです!

LKの記念日取ったんですね。しかも2階。僕と同じです。。。
オペラグラスで探しますよ(笑)
初めからなかったかどうかはわからないですけど、けっこう招待客もいるんで
どの程度があったのかなぁ、と。
キャストはどうでしょうねぇ。。。逆に敢えて外してきそうな(笑)

URL | nalaniconey #- | 2011/09/27 00:11 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://musicaltheater.blog130.fc2.com/tb.php/81-a2a7f7d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。