05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

劇場つながり

各種観劇日記。基本的に劇団四季のみ、のはずが最近は色々と手を広げてます。書きやすさ優先でレポ内の俳優名は敬称略ですのでご了承くださいm(_ _)m

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

光ったのは誰だ? マンマ・ミーア《2011年9月4日(日)千秋楽》 

興行的には残念な結果(?)に終わってしまったアイーダの後を受けて
7年ぶりに東京に戻ってきたマンマ・ミーア。
アイーダは1年もたなかったが、マンマ・ミーアなら少なくともアイーダは
超えるんじゃないだろうかと期待されていた、と思う(四季もファンも)。

が、蓋を開けてみればアイーダ以上と思われる苦戦。
結果としてアイーダより短い約9ヶ月で千秋楽を迎えてしまった。

再演だから、という理由のほかにも色々とあるだろう。
初演の時には保坂知寿という絶対的な存在が2年間(大阪含めると4年弱?)、
ドナを演じ続けた。その保坂知寿はもういない。

今回の東京公演も開幕は濱田めぐみだったものの、開幕直後くらいから
濱田めぐみの退団の噂があちらこちらで聞かれるようになった。
そしてそれを裏付けるかのように、濱田めぐみ以上のビックリキャストだった
樋口麻美がドナに。

そして傍らには彼が・・・
サムとしての彼はラダメスの時のようなことはなく、サムと言うキャラには
しっかりハマっていたように感じる。
ま、相変わらずなところは相変わらずだったんだが・・・

もちろん樋口ドナは樋口麻美らしく手堅く且つかなり高いレベルのドナだった。
しかし今回の東京公演は、総じて舞台からの観客を巻き込んでしまうような
熱気というか、圧倒される感じというか、何かそのようなものが
欠けていたように思える。
出演したキャストはそれぞれ一生懸命に演じていたと思うし、
キャストに対しての違和感は特に感じなかった。
もちろん好みというものはあるし、気に入らない部分もあったが
そう言う各論の部分ではなく、全体に何かが欠けていた、と思う。

ともあれ、マンマ・ミーアの再演は終わってしまう。
この先またいつ東京で観れるのかはわからない。
元々この作品には特別な思い入れはないのだが、深く考えず楽しめる作品だ。
と言う事で、アイーダに引き続き抽選ではなかった千秋楽のチケットをゲット。
昨日に引き続き台風の影響が残る中、四季劇場 海へ。

会場に入ると何かを手渡された。
千秋楽グッズか?と思ったらなんと特別カーテンコール用のサイリューム。
110904_3.jpg

ちょっと待ってくれ。
今までカーテンコールで周囲に圧倒され、脂汗をかき続けた自分にこれを持たせるのか?
半強制的に千秋楽くらいはお前も参加しろ、と言う事なのか?
う~~~む、これは困った事になった。
ほんとに無理なのだが・・・

困りながら客席に着くと、向こうには浅利御大がゲストと思しき外人と談笑中。
他にも俳優がちらほらと確認できた。
自分の席からは野中万寿夫、川原洋一郎、藤原大輔が確認できた。

というマンマ・ミーア千秋楽のキャスト。
110904_4.jpg

ドナ・シェリダン  :樋口 麻美
ソフィ・シェリダン :谷口 あかり
ターニャ      :八重沢 真美
ロージー      :出雲 綾
サム・カーマイケル :荒川 務
ハリー・ブライト  :明戸 信吾
ビル・オースティン :脇坂 真人
スカイ       :鈴木 涼太
アリ        :木内 志奈
リサ        :細見 佳代
エディ       :川口 雄二
ペッパー      :大塚 道人


ペッパーが一和洋輔から、スカイが竹内一樹から変わってしまったのは
個人的には残念だが、最後はベテランでビシッと締めるということか。
そしてロージーの出雲綾は外部の人なのでまったくの初見だ。


春先からドナを演じ通したドナの樋口麻美。
今回も彼女らしいレベルが高い演技だった。
前回は調子が悪かったのか、「Slipping Through My Fingers」が
かなり危なっかしく、一番の泣かせどころがまったく機能していなかったのだが、
今回はこのシーンもばっちり。
前回まで感じていた、いかにも演技しているという
ある意味樋口麻美らしい部分はほとんど気にならず、自然でよかった。
なのでこのタイミングでの千秋楽はもったいなかった。
基本的に樋口麻美は得意なタイプではないのだが、それでも良かった。
この後の京都公演でさらにドナらしさが増していくのではないか。


そして超久しぶりに戻ってきた荒川務のサム。
元々自分のサムのイメージは荒川サムが元になっている。
が、いざ荒川サムが登場するとやや違和感が。こ、これは渡辺サム効果なのか??
なんかちょっと物足りなさがある。
いや、そもそも自分にとってサムは物足りなさを感じる男なのだ。
これでいい筈なのだが・・・
渡辺サムと比較すると、ちょっと情けない感じがある荒川サム。
そして明らかにヘンタイだった阿久津サム。
一つのキャラでこれだけ違ってしまっていていいのだろうか・・・?
それはそれでちょっと問題な気がする。


それから初見の出雲ロージー。
この人は全く違和感がなかった。もうずっとこの役をやっている感じ。
路線的には青山弥生のロージーそのまま。
一回り背が大きくなったくらいの違いしか感じない。
歌も上手いし安定感抜群だ。


今日はアンサンブルも含めよくまとまっており、前回感じたバラバラ感はなく
非常に楽しめた。千秋楽が良い形で締まって良かった!


あ、いや。まだ締まってなかった。
アレが残っていた・・・そう、カーテンコールだ。
もらったサイリュームは周りの様子を見て、などと考えていたのだが
周りの様子は見るまでもなかった。
みんな一斉に踊り始めた。隣に座っていた小学校低学年くらいの子も
一緒に踊ってた。。。

ま、まずい。脂汗が・・・

が、やはりおれには無理だ・・・いや、ちょっとぐらい・・・
などと葛藤しているうちに終了。
逆に目立ってしまったかも。周囲を見ると踊ってないのはゲストと思しき
外人さんくらいだった。。。


というわけでせっかくもらったサイリュームは活用されず。
このまま捨ててしまうのももったいないという事で光らせてみた。
110904_1.jpg

光ったのはこのお方。
110904_2.jpg

ま、有効活用できた、ということで。


よろしければポチっと
にほんブログ村 演劇ブログ 劇団四季へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 2011/09/04 Sun. 21:23 [edit]

category: 劇団四季:マンマ・ミーア

TB: 0    CM: 12

04

コメント

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2011/09/05 00:17 | edit

 

いやぁ、僕の気持ちを理解してくれる人がいて良かったです!
濱田めぐみも樋口麻美もドナ、ロージー、ターニャのバランス(見た目、雰囲気)が良ければ
あまり若さは気にならなかったかもしれないです。
確かに白木さん、土居さんあたりは適役かもしれないですねぇ。
僕はこの間のブロードウェイミュージカルライブで土居さん初めて見たんですが
見た目若いですよねぇ。50歳には見えないです。
まぁ、保坂さんとのトークでは完全におばちゃんでしたが(笑)

URL | nalaniconey #- | 2011/09/05 12:11 | edit

光らせもしないなんて・・・!! 

え~??千秋楽のカテコで踊らないなんて!しかも光らせないなんて~!!なんてもったいない・・爆笑
でも、わんちゃんよく似合ってますよ^^
保坂ドナ→濱田ドナと観てきて、樋口ドナ&例のお方サムを拝見したときは正直がっくりきたものですが、先日、樋口ドナ&芝サムを観て感涙しました。樋口さんの成長もそうですが、サムでこんなに違うのか・・と。
みなさんの千秋楽レポを読むと羨ましい気持ちは沢山ありますが、ワタシの中では樋口&芝マンマで終われたのでとても満足なのです。
ワタシの方は、、ベテランベルで妥協(コラっ!)して、やっぱり道口ルミに会いに行ってきました。飯田ビーストとっても良かったです。坂本さんはいろんな意味で尊敬に値するわと思いました^^;レポがいつになるかわからないのでここで語らせてもらいました(笑)

URL | tsunatam #xhGgfP9U | 2011/09/05 12:28 | edit

Re: 光らせもしないなんて・・・!! 

>tsunatamさん

僕にとってカテコで踊るのはアキバのホコ天でオタ芸披露するくらい難易度が高いんですよ!
ガラじゃないというか。。。逆に何故みんなそんなに出来るの!?と聞きたいくらいで。
やっぱりいくら四季が作品主義を貫いてもキャストによる印象の変動は大きいですよね。
自分が良いなぁと思えるキャストで観るのが一番です。

BB行かれたんですね。飯田さんは次にどんな役をやってくれるか楽しみな俳優ですよね。
道口さんは・・・あのおかしなまま突き進んで欲しいです。
坂本さん、色んな意味で尊敬・・・なんかわかる気がします(笑)
レポ待ってますよ~。あ、クレームが来ない範囲で頑張ってください!

URL | nalaniconey #- | 2011/09/05 14:53 | edit

池松ナラ 

マンマ千秋楽うらやましいです。私は都合がつかず、樋口ドナは観られず終いでした。一生に一度は千秋楽や最前列観劇してみたいです。



マンマと関係ありませんが、BB→高木ベル LK→池松ナラ デビューですね。池松さんはSOMリーズルで、高木さんはオペラ座クリスで知りました。自分が観に行ける時までキャス変しないでほしいです・・。

URL | /PIjw #Nme/kN5U | 2011/09/07 08:54 | edit

Re: 池松ナラ 

>/PIjwさん

僕も抽選の千秋楽は一度も当たったことがないんですよ。アイーダとマンマは普通に電話予約だったんで
取れたんですよねぇ。
最前列はけっこうあります。前に人がいないので席に着くのが楽です(笑)

高木ベル!チェック漏れでした。高木さんと言うと大人っぽいイメージがあって
ベルがイマイチ想像できないんですが・・・実力は申し分ないですけど。
ま、まだ坂本さんがやってるから大丈夫なんですかねぇ。。。
池松さんは同じくSOMで観ました。が、単純に見た目がタイプではないかな、と(笑)
ナラとシンバはどんどん新しい人出てきて欲しいですよねぇ。

URL | nalaniconey #- | 2011/09/07 14:52 | edit

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2011/09/12 00:12 | edit

Re: おひさで~す 

お久しぶりです~

SOM初日すごいですねぇ。僕は初日は観たこと無いです。
やっぱり初日にも俳優さんたちたくさん来るんですねぇ。
それに浜村純見たかったです(笑)

ところで・・・
イッチーロルフビックリしましたよ。
昨日は出かけててまったくキャストをチェックしてなかったんで。
見た目はまさにハンシェンな気もしますが(笑)

けっこう最近まで秋以降の観劇予定が立ってなかったんですが
急にぼこぼこっと色々入ってきました。
四季はもちろん四季以外も。懐かしい人(そこまで古くはないけど)の
ライブにも行ってきます!

URL | nalaniconey #- | 2011/09/12 06:51 | edit

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2011/09/12 08:46 | edit

Re: 話題被りますが 

僕はSOMは3回しか見てないんでリーズル&ロルフのコンビは2パターンしか見てないんですよね。
まぁ見た目、歌共に谷口&飯田ペアの方が良かったです。
一和君は飯田君とは声のタイプは全く違います。一和君の声質はラウルには向かないです。
飯田ロルフのイメージのまま見ると違和感出るかもしれません。
見た目は・・・たぶんハンシェンそのまんまになりそうで・・・(笑)

沼尾さんは出ないでしょうね。東京でも一瞬でしたし。
良くも悪くも沼尾みゆき全開になってしまいますし。
僕はその方が個性が感じられて好きなんですがね。
特にマリアのような役だと。

URL | nalaniconey #- | 2011/09/12 15:00 | edit

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2011/09/12 18:09 | edit

Re: No title 

そうです。濱田さんです!
とりあえず来年1月のBonie&Clydeはチケット取りました~。
その後のジキルとハイドも取る予定です。
少しずつ四季以外を観るのもいいかなぁと思ってます。

URL | nalaniconey #- | 2011/09/12 22:37 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://musicaltheater.blog130.fc2.com/tb.php/78-9d0ba26e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。