05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

劇場つながり

各種観劇日記。基本的に劇団四季のみ、のはずが最近は色々と手を広げてます。書きやすさ優先でレポ内の俳優名は敬称略ですのでご了承くださいm(_ _)m

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

蒸し暑い九州で熱い舞台を ウィキッド《2011年8月7日(日)マチネ》 

ずいぶんとお待たせしてしまいましたm(_ _)m
待ってなかったかもしれないが・・・

実はウィキッドを観に行ったのは↓の記事をアップした日。
九州に入って2時間後だった。
本当はその日のうちにレポートをアップしようと思っていたのだが、
その日の夜は九州にいる元同僚と何年か振りに再会。

念願だった透明のイカを食べて、飲みすぎてしまったり
110810_1.jpg

次の日は長崎の1000万ドルの夜景を見たり
110810_2.jpg
(まだ真っ暗になってなかったので700万ドルくらいか)

桜島に行って足湯に浸かったり
110810_5.jpg

ソフトバンクホークスの試合を見に行ったりと・・・
110810_6.jpg

そんな事しているうちに、帰郷の日になりポケモンに乗って帰郷。
110810_7.jpg


で、家に帰ってきてこれを書いているという。。。
ぜんぜんタイムリーではないレポートになってしまった。


という今回のキャスト。
110810_3.jpg

グリンダ     :苫田 亜沙子
エルファバ    :江畑 晶慧
ネッサローズ   :勝間 千明
マダム・モリブル :森 以鶴美
フィエロ     :北澤 裕輔
ボック      :伊藤 綾祐
ディラモンド教授 :前田 貞一郎
オズの魔法使い  :松下 武史


ウィキッドを見るのは東京公演の前楽以来、約2年近くぶりだ。
キャナルシティの劇場は、劇場内に入ってしまえば座席などの雰囲気が
専用劇場に近い感じで、あまりアウェー感はなかった。
でも、いざ始まるとすごい違和感が。

音があまりにも専用劇場で観た時と違っていたのだ。
ウィキッドでは初めての録音のオケだからかなぁと思っていたのだが、
歌が入り、台詞が入って違和感の正体がわかった。
あまりにも音が生過ぎるのだ。
余計なエフェクトが一切かかっていない感じの音で、
生っぽいのはいいのだが、ダイナミック感が薄れてしまっていた。
さらに江畑エルフィの台詞の音が「これ口パク?」と言うくらいに
浮いてしまっていた。

ただまぁその音に耳が慣れたのか、修正がかけられたのか舞台の進行と共に
違和感はなくなっていったが・・・


さて、前置きが長くなったがそれぞれのキャストの感想を。

江畑エルフィと苫田グリンダ。
何故まとめて書くかというと、二人に共通して感じた事が、
今回のウィキッド観劇の大部分を占めたからだ。

東京公演も終盤にさしかかかる頃登場した江畑エルフィ。
エルフィデビュー直後からしっかりと歌いこなし、演技も安定感があり
まったく違和感は感じなかった。
東京公演を通じて、かなりの成長具合を感じた苫田グリンダ。
最終的にはそれぞれが非常に良かった。

それでも当時はエルフィと言えば濱田めぐみ、グリンダといえば沼尾みゆきという
固定観念が拭いきれず、濱田めぐみだったらこうなのになぁ、とか
沼尾みゆきだったらなぁなどと、どうしても考えてしまった。

でも今回の観劇で、濱田・沼尾コンビを求めてしまう気持ちは完全になくなった。
東京のあと約2年(?)の大阪公演を経て、江畑・苫田コンビはそれぞれの
エルファバ像とグリンダ像を完璧に作り上げていた。
今の二人には別のキャストを求める隙がない。
二人とも完全にそれぞれの役になっている。

江畑エルフィは序盤は特に濱田めぐみ、樋口麻美のエルフィとは違う。
濱田、樋口共に1幕は『元気なエルフィ』という印象が強かったが
江畑エルフィは、グリンダと打ち解けるまでは決して元気ではない。
登場直後の「私の歯に何か付いてます?」という台詞にも
相手を威圧する感じはない。
緑色に生まれ付いてしまい、周りに疎まれて屈折している内面を
表すかのようなややシニカルな印象だった。
『魔法使いと私』の中でも、濱田・樋口ほど喜びが前面に出てこない。

なので、グリンダと打ち解け素直さが現れてきて、エメラルドシティに来て
周囲に受け入れられた喜びが一転、悪い魔女にされてしまうという
一連の流れが実にドラマチックになっていたのではないかと思う。

濱田・樋口エルフィとは色が違うが、今の江畑エルフィを観た後だと
逆に二人のエルフィに違和感を感じてしまうかもしれないと思わせるほど
江畑エルフィは完成されている。
歌は相変わらずの安定感で、特に2幕の感情的な場面などは圧倒的だった。
いやぁ、期待以上に良かった。


一方の苫田グリンダも、沼尾グリンダとは若干笑いのツボが違っていたりするが
それに違和感を感じる事は全くなく、完成された苫田グリンダだった。
オープニングの悲しげな表情からちょっとおバカなグリンダ、
最終的に全てを背負う覚悟を決めるところまで全てが理にかなっていた。
2幕冒頭の歌も東京公演の時よりずっと良くなった。
江畑エルフィ同様に、自分の中から沼尾グリンダの影を消してしまった。
まぁ、もちろん沼尾グリンダは今後も登場するだろうから
観ればそれはそれで「あ、やっぱり良いなぁ」とは思うのだろうが・・・


あと楽しみにしていたのは、ネッサでは初めての勝間千明だ。
春のめざめでイルゼを好演していたので期待をしていた。
1幕の幼い感じや、ボックとのやり取りは自然で良かったのだが、
2幕は少し弱いかもしれない。特に感情をあらわにする歌などに弱さを感じた。
今後の成長に期待、と言ったところか。


舞台全体としてはまとまりもあったし、江畑・苫田コンビの素晴らしさや
久々と言う事もあってか、実に満足度が高い観劇だった。
これが観れるなら名古屋も・・・名古屋なら日帰りできるし。。。
おい・・・・


ところで九州新幹線のホームで見つけたミュージカル三銃士のポスター。
元シンバ、坂元健児・・・
110810_4.jpg

ま、役だしね。


よろしければポチっと
にほんブログ村 演劇ブログ 劇団四季へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 2011/08/11 Thu. 00:45 [edit]

category: 劇団四季:ウィキッド

TB: 0    CM: 5

11

コメント

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2011/08/11 09:44 | edit

待ってました~!! 

九州の旅を満喫されたご様子(笑)
江畑・苫田コンビのウィキッド、素晴らしかったのですね☆千秋楽にむけて最後の盛り上がりを見せているところでしょうか。
ワタシは東京ウィキッドを見逃しているので、だいぶ近付く名古屋公演に興味津々です。
てことで今日は名古屋劇場の下見をしてきましたぁ・笑
こちらに苫田さんがいなくなったのは寂しいですが、岡村・勝田コンビもよかったですよ^^
名古屋劇場は列間隔が広くて座りやすいですが、前方席がフラットで3~4列目でも意外に見づらいなと思いました。そして2階もチェック!前方なら2階もいいかなーと。
名古屋は日帰り可能ですね。キャスト見つつ動こうかなと思います。

URL | tsunatam #mQop/nM. | 2011/08/11 19:35 | edit

 

ウィキッド良いですよねぇ。
わかりやすい作品はそれはそれで楽しめるんですが、
後々色々と考えてしまう作品は特に好きです。
ウィキッドでのハプニングは、2幕の冒頭のグリンダとフィエロの
やり取りのあと、フィエロが階段を駆け上がっていく時に
こけた事くらいですかねぇ、僕の場合は。
西グリは観てみたかったですねぇ。。。


>tsunatamさん
ウィキッド良かったですよ!
観劇後の何とも言えない感じが好きです。
主役の二人はまさに自分たちの世界を作っていました。
これなら名古屋遠征も。
というか、下見兼ねた観劇ってすご過ぎないですか?(笑)
名古屋ではアイーダを観たことがあります。
劇場の雰囲気はあまり覚えて無いですが・・・
なんかここぞとばかりに(?)観まくってますねぇ。
芝サムに佐渡グリ。うらやましいです!!

URL | nalaniconey #- | 2011/08/11 23:20 | edit

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2011/08/14 00:20 | edit

 

お久しぶりです~。
九州は食べ物おいしいですよ。写真のイカは普通の居酒屋で食べたんです。
ただ真夏は避けたほうがいいです。死ぬほど暑かったです・・・w

僕も江畑エルフィーは陽のイメージだったんですよ。
見た目の丸っこい雰囲気も含めて。
今回だけなのかわかりませんが、序盤の抑えた感じを見て
なるほどなぁ、そうだよなぁ、と思いました。

名古屋の舞台は一回り小さいんですね?
何年か前にアイーダを観に行きましたがぜんぜん気が付きませんでした。
多少のアジャストはするかもしれませんが、簡易版にはなったりしないでしょう。
版元もうるさそうですしw

URL | nalaniconey #- | 2011/08/14 13:05 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://musicaltheater.blog130.fc2.com/tb.php/74-d51c5bd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。