09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

劇場つながり

各種観劇日記。基本的に劇団四季のみ、のはずが最近は色々と手を広げてます。書きやすさ優先でレポ内の俳優名は敬称略ですのでご了承くださいm(_ _)m

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

裁判長!床に足は届いてますか!? キャッツ《2011年6月25日ソワレ》 

観劇予定がなかった今月も、結局はマンマ・ミーアに突発したので
今月はもういいだろ、と思いながらもキャストチェックだけは欠かせずに
つい、一通り確認してしまった。

まぁ全体的には特に驚くようなキャストはなかった。
が、キャッツのキャストを見てみるとタガーは李 涛のまま。
グリザベラに早水小夜子が入り、ジェリーロラムに金平真弥が入った。
金平真弥は55STEPSでは何度も観ている。優等生的な部分も感じるが
声も歌も、あと見た目もw気に入っている。
今までキャッツでは当たったことがなかったし、他のキャストも全体的に
満足できそうな感じだ。

ということで、2週連続の突発決定。
う~ん、こんなことでいいのだろうか・・・

横浜と言えば刀削麺、ということで今週は刀削麺シリーズPart3(?)にしようかと
思っていたのだが、あまり天気が良さそうでは無いし、雨だと面倒なので
今回は刀削麺シリーズはお休み。
刀削麺に関しては食べログでどうぞw

ちょっと余裕を持って出たらやはり早めについたので、
近くのスーパーオートバックスへ行くと、どこかのレーシングチームのちょっとした展示が。
そこにはレースクイーン(?)と、ちょっと親しげに話しかけるカメラマン(?)
カメラマンはプロと言うよりは、大人になったカメラ小僧(?)な雰囲気。
あ、プロの人だったらごめんなさい!!
110626_2.jpg

まぁ、誰にも撮られないのも寂しいだろうが、この人に撮られてもメリットあるんだろうか?
などと考えながらキャッツシアターへ。

という今回のキャスト。
110626_1.jpg

グリザベラ           :早水 小夜子
ジェリーロラム=グリドルボーン :金平 真弥
ジェニエニドッツ        :鈴木 釉佳之
ランペルティーザ        :大口 朋子
ディミータ           :坂田 加奈子
ボンバルリーナ         :高倉 恵美
シラバブ            :谷口 あかり
タントミール          :原田 真由子
ジェミマ            :小笠 真紀
ヴィクトリア          :廣本 則子
カッサンドラ          :井藤 湊香
オールドデュトロノミー     :種井 静夫
アスパラガス=グロールタイガー/
バストファージョーンズ     :飯田 洋輔
マンカストラップ        :武藤 寛
ラム・タム・タガー       :李 涛
ミストフェリーズ        :永野 亮比己
マンゴジェリー         :斎藤 洋一郎
スキンブルシャンクス      :劉 昌明
コリコパット          :新庄 真一
ランパスキャット        :高城 将一
カーバケッティ         :丹下 博喜
ギルバート           :龍澤 虎太郎
マキャヴィティ         :桧山 憲
タンブルブルータス       :川野 翔


実はついうっかり見過ごしていて、歌いだしてはじめて気づいたのだが
デュトロノミーも米田優から種井静夫に代わっていた。
種井デュトロノミーは過去に何度も観ている。米田デュトロノミーの声が
自分がイメージするデュトロノミーの声とは違っていたので、
久々にイメージどおりのデュトロノミーの声が聞けた。

種井静夫と言えば李香蘭で裁判長を演じている。
その時のイメージがころっと丸くて、裁判のシーンで椅子に座っている時に
床に足が届いてなくてブラブラしている、というとんでもないものだ。
実際にはちゃんと足は床に着いているのだが、何故か丸っこい人が
足ブラブラのイメージにすり替わってしまい・・・
まぁ、デュトロノミーはあの風貌なので足をブラブラすることも無いし
そもそも丸いから問題ない(笑)

個人的にデュトロノミーらしいデュトロノミーを満喫できた。


タガーの李 涛は前回観た時よりもグッとタガーらしくなっていた。
前回はちょっと軽くてカッコいいあんちゃん風だったが、
今回は存在感に重みが増して、深みが増したタガーと言う印象だった。
カッコいい感じはそのままで、李 涛らしいタガーだった。
前回もそうだったが、タガーの歌で最後の「ごむ~よお」の最後の音が
ちょっと外れるのはご愛嬌かw
あと李 涛は素顔がわかりやすいのだが、今回はちょっとわかりにくかった。
タガーメイクも決まってきたのか?w
武藤 寛のマンカスはずいぶん長いので、そのうちマンカスでもやって欲しいなぁ。
ちょっと(だいぶ)イメージが違うかもしれないが・・・


早水グリザはさすがの一言。
小さく歌う時も張り上げる時も声にぶれが無い。中途半端な高さの音で
静か目に歌うところの安定感が「この人歌上手いなぁ」と判断するポイントなので
早水グリザはまさに「相変わらず上手いなぁ」と。
声そのものにも伝わるものがあるし。
ただ、木村グリザはほっそりした感じなので、早水グリザのぽっちゃり感は
ちょっと笑ってしまうが・・・


楽しみにしていた金平ジェリロは予想通りの優等生的な感じだ。
そういう意味では面白みは無いが、正統的な実力派だ。
ガスの歌でちょっと音外してたけど(笑)
前回までの朴ジェリロが若干ぽっちゃり系なので、背が高くてほっそりの
金平ジェリロはいかにも美人ネコで良い。


シラバブは本当は五所真理子で観たかったのだが、急遽キャス変でこの間まで
ソフィだった谷口あかりだった。
こっちは李 涛とは対照的に輪郭以外素顔がわかりにくかったのだが、
雰囲気がもう子猫っぽく無いかなぁ。
それなりに役をこなしてきているので、雰囲気も備わってきてるし。
最後の『猫からのご挨拶』の時だけは、表情がもろに谷口あかりで
目つきも鋭くとても子猫ではない。
そろそろこの役は卒業だろうか。。。


ちょっと残念だったのはスキンブルの劉 昌明だ。
特に何か問題があるわけではないのだが、スキンブルらしい明るさと
爽やかさがちょっと足りないかなぁ。
好きなシーンだけに残念だった。


思いがけず短いスパンで観てしまったので、よっぽどのキャストでは無い限り
キャッツの突発は無いだろうなぁ。
なので重ねてかきますが、刀削麺のことは食べログなどで検索を!



よろしければポチっと
にほんブログ村 演劇ブログ 劇団四季へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 2011/06/27 Mon. 00:04 [edit]

category: 劇団四季:キャッツ

TB: 0    CM: 8

27

コメント

No title 

ワタシは李タガー3回みたところで、お腹いっぱい気味です^^;LKとキャッツのかぶりもの系でしかリタオさんを拝見したことがないので、今度はぜひ人間の姿で見たいのです(笑)フィエロきますでしょうか?行こうと思えば行ける距離の名古屋・・危険です。
早水さんのグリザがとても好きです。ううっ観たいけど我慢します(笑)
キャッツ初見から何回か早水グリザベラだったので、グリザベラはぽっちゃりキャラで、あのグリザコートは肉付きされているのだと思っていました。木村グリザを観て、間違いだと知って驚きました(笑)ところで、nalaniconeyさんは佐渡さんのグリラを観たことはありますか?

ワタシもですね~チャンミンさんのスキンブルは納得いかなかったです。。もっと笑顔を~!!
あと。ユタ観ました!すっごく良かったです☆

URL | tsunatam #mQop/nM. | 2011/06/28 11:59 | edit

No title 

>tsunatamさん
まぁ、同じ作品で同じ役だとお腹いっぱいにもなりますよねぇ。
ただそれを越すと別の面白みと言うか深みが出てきて更にハマります(笑)
あ、ちなみに李フィエロはものすご~~~く良いですよ!
うちのヨメはフィエロが李涛初見だったんですが、
見終わった瞬間に惚れてました.

まじめな話、李涛は演技が伴う役の方がより良いと思ってます。
名古屋は近くなりましたか??(笑)

僕も早水グリザがデフォルトだったんで、グリザはぽっちゃりだとずっと思ってましたよ。
ちなみに佐渡グリザは観たことあるような気がするんですが、
手元にある7年分のキャスト表を見た限りでは見当たらなかったです。
歌と声が独特なので、好き嫌いは分かれそうですけど。

ユタは良かったようで何よりです。
上川君はどうでした?

URL | nalaniconey #- | 2011/06/28 23:41 | edit

思い出を売、マジョ、オペラ座 

嬉しいニュースがありましたね。オペラ座(高木クリス、怪人、ラウル?)は前回1回しか観られなかったので開幕したらたくさん観たいです。沼尾ファンなので沼尾クリスで観らたら最高です!林香純がメグ演じたりしないですかね~。思い出・・は前回は四季では珍しくキャストを事前に発表と言ってましたが実際は予約する時点では誰が出演するか確定していなかったし出演予定の役者が出演しなかったりと(配役の面で)がっかりした記憶があります。ストーリーは好きですけれど。マジョリンは吉・・淑乃?さん(雪ん子、ジョシー・パイ)が演じるのではと予想してますがいかがですか。

URL | 失敗していた髪型 #Nme/kN5U | 2011/07/01 11:27 | edit

Re: 思い出を売、マジョ、オペラ座 

>失敗していた髪型さん

髪はまだ伸びてませんか?w
そうですね!オペラ座戻ってきますねぇ。
僕も沼尾クリスが一番好きなので是非観たいです!3月に京都で見た時は直前に笠松クリスに
代わってしまい観れなかったので。あ、笠松クリスも良かったんですけどね。
林メグはちょっと見た目的に合わないかもw

思い出を売る男も、マジョリンも観たことないんですよ。
思い出を売る男はちょっと興味あるんですが。。。
また田邊さんですかねぇ。
田邊さんと言えば、鹿鳴館の初演以来観れてないです。すっかりストレートの人ですからねぇ。
吉良淑乃さんは知らないです・・・すんません!
勉強します~!

URL | nalaniconey #- | 2011/07/01 18:51 | edit

石井亜早実さん 

マジョリンのキャストが発表されましたね。稽古写真で小顔の可愛い人がいると思ったら、石井さんでした。楽しみが増えました。マジョリン、ダビット、プツェッテル婆さんは新人ですかね。再来週観てきます。

URL | 無難になるつつある髪型 #- | 2011/07/24 12:20 | edit

Re: 石井亜早実さん 

>無難になるつつある髪型
無事髪が伸びてきているようでなによりです(笑)

石井亜早実・・・うぉ~~~~観たい!!
最近ずっとキャスティングされてなかったんで辞めちゃったのかなぁと
ちょっと心配してたんですよねぇ。
ま、歌も演技もちゃんと見たことなく、単純に見た目が好みってだけなんですがw
京都の「めざめ」の時は行った時だけ代わってしまってたんで・・・
観たいのは山3つくらいなんですが、マジョリンに自分が耐えられるかっていうのと
このあとちょっと遠征が控えてまして。。。(あ、遠征メインではないんですが)
う~ん、悩ましい。

URL | nalaniconey #- | 2011/07/24 12:34 | edit

確かに・・ 

大人の男性が観るのはキツイかもしれません。『心から心へ』というテーマ曲を2幕後半でしつこいほど繰り返しますから。私も観るの3度目ですが耐えられるか(キャストは楽しみですが)心配になって来ましたf^_^;

URL | 無難になり(る→誤字)つつある髪型 #- | 2011/07/24 14:23 | edit

Re: 確かに・・ 

>無難になりつつある髪型さん

さっき返事で呼び捨てにしてしまいました。すいません!!

やはりそうですか・・・。そうだろうとは思ってましたが。
きっとしんどそうなので、石井亜早美だけを目当てに観に行くのは
四季の観劇姿勢に反するので止めときますw
感想をお待ちしております。

URL | nalaniconey #- | 2011/07/24 17:56 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://musicaltheater.blog130.fc2.com/tb.php/67-e94da1d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。