09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

劇場つながり

各種観劇日記。基本的に劇団四季のみ、のはずが最近は色々と手を広げてます。書きやすさ優先でレポ内の俳優名は敬称略ですのでご了承くださいm(_ _)m

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

今日は顔を塗りたくる日:パート1 ユタと不思議な仲間たち《2011年5月28日マチネ》 

関東地方も例年よりだいぶ早く入梅し、台風も近づいてくる中
3月のアイーダ&オペラ座以来のダブルヘッダーを敢行。

まずは多分4~5年ぶりくらいのユタと不思議な仲間たち。
110528_1.jpg

ところで、四季劇場に通って9年近くになるが、今回初めて発見したものが。
入り口の自動ドアを入ってすぐ左側にこんなものが。。。
110528_2.jpg

これって前からあった???
知ってたら李シンバを観に行った時にカーテンの隙間からキャスト確認などという、
アホな事しないで済んだのに!!

個人的には何度も通うタイプの作品ではないので、暫く敬遠していた。
今回も当初はスルーするつもりでいた。

が、開幕が近づいてきて稽古写真がWEBにアップされると、
そこには新ユタとして上川一哉の姿が。
昨年の春のめざめでメルヒオールを好演し、自分の中で一気に存在感が高まった俳優だ。

特に何か目立った特徴があるわけではないのだが、説得力がある演技をする。
個人的には特に声が好きだ。
歌などではアンサンブルに声が埋もれてしまったりと
通りが良いわけではないのだが、妙に気持ちに入り込んでくる声だ。

この日は元々ジーザスのチケットを取っていたが、土日に分けるよりも
効率を優先してマチソワのダブルヘッダーとなった。


という、本日のキャスト。
110528_3.jpg

ペドロ    :菊池 正
ダンジャ   :柏谷 巴絵
ゴンゾ    :伊藤 潤一郎
モンゼ    :和田 侑子
ヒノデロ   :道口 瑞之
ユタ     :上川 一哉
小夜子    :奥平 光紀
寅吉     :吉谷 昭雄
ユタの母   :あべ ゆき
クルミ先生  :丹 靖子
大作     :鈴木 伶央
一郎     :厂原 時也
新太     :赤間 清人
たま子    :柏 円
ハラ子    :齋藤 舞
桃子     :安宅 小百合


さて、まずはユタの上川一哉。
冒頭で書いたとおり、個人的には声と演技が魅力だ。
台詞によっては四季っぽさが目立つ部分もあるが、基本的には役に対して自然で、
役を演じるというより役になりきれるタイプではないかと思う。
なのでいじめられっ子だったユタが、座敷わらしたちとの交流を通じて
成長していく変化や過程が非常にわかりやすかった。
流れが自然になるのだ。
演技とは関係ないが、カーテンコールでの一生懸命さや、終演後の送り出しで
握手した時の真剣な顔つきなど、好感が持てる。
もうこれは親戚の子供を見ている叔父さんの心境か?w
今後も楽しみな俳優だ。ますます色んな役に挑戦して欲しい。


小夜子の奥平光紀は全く初見だ。歌声は素直で伸びがあり心地良い。
役柄が役柄なので何とも言えないが、四季らしい優等生の雰囲気。
笠松はるの印象に近いかもしれない。
歌は非常に上手いので、今後が楽しみではある。


座敷わらしの5人は役者は変わって(ペドロは前回も菊池ペドロだった)
若手も混じっていたが、安心して観ていられる5人だった。
ペドロはきっとこの後も暫くは菊池ペドロなんだろうな、と思えるはまり方だ。
ヒノデロの道口瑞之は直前まで夢を配っていたのに、今度はオカマが入ったおばけw
配達人も良かったが、この人はやはりこういうちょっと変わった役が似合っている。
是非ジーザスでヘロデをやって欲しい。

村の子供たちも前回よりかなり若返って子供らしくなった。
特に大作は前回(誰だったか忘れた)は、子供ではなく任侠の雰囲気たっぷりで
観ているのがしんどくなるほどだったから、今回の若返りはうれしい。
一郎の厂原時也はやはりいじめられっ子のメソではなく、いじめっ子が似合っている。
新太の赤間清人は美女と野獣のルフウで観ているが、素顔もルフウだった。。。
途中からルフウにしか見えなくなってしまい、いつ「あは~」と言ってくれるか
待っていたのだが、そんなことにはならなかったw
終演後の送り出しで握手もしたが、間近で見てもやはりルフウw

今回改めてこの作品を見て感じたことだが、この作品は子供が観て元気を、
と言うこともあるが、むしろ親と言うか大人にもっと観て欲しい。
自殺さえ考えたユタが生きる意味を見出し、前向きに成長していけるようになったのは、
影でユタを見守り、支え続けた座敷わらし達のおかげだ。
しかも座敷わらしたちは決して見返りを求めたりしない。
きっとこれが大人たちに求められる、子供たちへの接し方なんだろうな、と。

この日は空席もだいぶあり、2階席などは真ん中ブロックの最前列と、B、C席しか
入っていなかった。
せっかく現実に即したメッセージ性のある作品なのだから、子供向けだとバカにせず
機会があれば観てほしいものだ。


夢から醒めた夢との連動企画でもらった手ぬぐい。
110528_6.jpg

ま、記念品だからw

ソワレのジーザスのレポは今しばらくお待ちを・・・

よろしければポチっと
にほんブログ村 演劇ブログ 劇団四季へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 2011/05/29 Sun. 12:09 [edit]

category: 劇団四季:ユタと不思議な仲間たち

TB: 0    CM: 4

29

コメント

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2011/06/03 12:39 | edit

Re: フライング 

フライングですね。。。
今のバージョンは今回初めて観たんですが、正直う~ん・・・と。
なんかちょっと中途半端な感じがしました。
と言いつつも過去2回(前回はかなり前)なため、前回のものをハッキリとは
覚えてないんですが、前回までのは観た時に「お~~~~」と思ったんですよ。
今回のは「う~~~ん」だったので・・・

ちなみに僕は握手はこっぱずかしいので、ロビパを陰ながら見守りたいです。
あ、握手はするんですけどねw

URL | nalaniconey #- | 2011/06/03 19:12 | edit

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2011/06/03 22:38 | edit

Re: おひさです~ 

お久しぶりです!
夢醒め満喫できたようでなによりです。
岡村ピコは本当に良いですよねぇ~~~~。今後が楽しみな女優です。
全国公演あるので、近くに来たら観に行こうかと思ってます。
北澤配達人は一度しか観たことないんですが、カッコいい配達人ですよね。
似合ってました。
ハンドコ君は見逃してました。泉春花オンリーで突撃してたもんで・・・w
僕も劇場まで歩いていける距離にいたら、かなりまずいです。
ちょっと時間が空いたら「じゃ、劇場までちょっと行ってくる」って
なるに決まってるので・・・
やはり劇場とは程ほどに距離を置かねばw

URL | nalaniconey #- | 2011/06/04 19:09 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://musicaltheater.blog130.fc2.com/tb.php/63-730390ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。