07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

劇場つながり

各種観劇日記。基本的に劇団四季のみ、のはずが最近は色々と手を広げてます。書きやすさ優先でレポ内の俳優名は敬称略ですのでご了承くださいm(_ _)m

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

エビータは一日にして成らず!? エビータ3回目《2010年3月13日(土)マチネ》 

さてと、念願の秋夢子エビータが観れた3回目のエビータ。

<キャスト>
エビータ  :秋 夢子
チェ    :芝 清道
ペロン   :金田 俊秀
マガルディ :渋谷 智也
ミストレス :高木 美果


秋夢子はキャッツのジェリーロラム=グリドルボーンや
李香蘭の愛蓮などで観ている。
見た目はきりっとした美人。
歌は安定していて非常にうまい。
声質は見た目のきりっとした感じとは違う、深みと暖かみがある感じ。

台詞になると、若干「わたし」が「わだし」に聞こえてしまうなど
訛りを感じる時もあるが、基本的には舞台上での日本語パーフェクト。
歌だけ聴いていたら、日本人ではないことはまったくわからない。
エビータに関しては、ほぼ台詞はないのでまったく気にする必要ない。
というか、知らずに観ていたら何も気づかないかも。

ということで、この回は秋夢子の『歌』に期待していた。
演技はさすがに野村玲子を超えるものはないんじゃないかなぁ、と思ってたので。

幕が上がり、エビータの葬儀のシーン。
チェの「こいつはサーカス」の終わり、バックで「さようなら~アルゼンティーナー」と
歌が聞こえてきた瞬間、「え??これ野村玲子???」と思ってしまった。
かなりリバーブがかかっているから余計にそう感じたのかもしれないが
自分が思っていた、秋夢子の声には聞こえなかった。
一緒に観ていたヨメも同じように思ったらしい。

ストーリーは進む。
低音部などは辛そうだったが、さすがに歌の安定度は野村玲子とは比較にならない。
野村玲子の時には聞き取れなかった歌詞も、はっきり聞き取れる。
いっぱいいっぱいで歌っているのと、余裕を持って歌っていることの違いか。

でも・・・秋夢子に聞こえない。
歌が安定した野村玲子みたい。
芝居の部分も野村玲子のコピーにみえた。
当然コピーより本物の方が良いわけで。。。
レベルは高いのだが、釈然としなかった。

秋夢子の持ち味である深みのある暖かい声は、この作品では活きないのかな。
う~ん、もったいない。
「台本を伝えるのが役者の使命」という四季の方針に従えば
ある意味コピーでも良いのだろう。
というか、同じものを伝えられていなければ、四季の方針も意味がない。
ただ、某番組で代表が語っていた「歌には個々のニュアンスがある。5%程度」という
その5%はされど5%。観客に与える印象はがらりと変わる。
自分は歌に重きを置いているのでなおさらだ。

その5%が今回の秋夢子からは伝わらなかった。残念。
事前の勝手な妄想が過ぎたかなぁ。

と、色々いちゃもんつけてしまったが、舞台そのものは決して悪かったわけではない。
今回もすばらしい音楽でエビータの世界は堪能できた。

この日は秋夢子の千秋楽ということもあり、カーテンコールはいつもより長めで
観客も暖かかったように思えた。

あ、あとペロンの金田俊秀が野村玲子の時より伸び伸びしていたような気がした。
御大夫人と組むのはきっついだろうなぁ。

芝清道のチェは、相変わらずさすがだチェ。

ということで、自分としては異例の突発が続いたエビータ観劇は終わった。
次にこの作品を観れるのはいつになるのだろうか。

その時も野村玲子だったら、やばいよ四季!
そして、新しいエビータを演じられる女優さんに期待。

よろしければポチっと
にほんブログ村 演劇ブログ 劇団四季へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 2010/04/14 Wed. 11:30 [edit]

category: 劇団四季:エビータ

TB: 0    CM: 0

14

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://musicaltheater.blog130.fc2.com/tb.php/6-b239e0d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。