05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

劇場つながり

各種観劇日記。基本的に劇団四季のみ、のはずが最近は色々と手を広げてます。書きやすさ優先でレポ内の俳優名は敬称略ですのでご了承くださいm(_ _)m

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

カーテンの隙間から覗き込むキャストボード ライオンキング《2010年12月23日(木)ソワレ》 

12周年の記念日が終わり、シンバにまさかの李涛登場という驚きのキャスティング。

李涛のシンバは6年位前に一度だけ見ているが、その時は特に印象に残らなかった。
理由は忘れてしまったが、何故か李涛シンバにものすごい期待をしていて
期待していたシンバ像ではなかったためか、決して悪くはないが
特に印象にも残らなかったのだ。

が、その後ウィキッドのフィエロで素晴らしい演技を見せてくれて、
かなりのお気に入りのキャストになったのだ。

なので、いつまで続くかわからない今回のキャスティングは
今逃すと次観れるかどうかもわからないため見逃せない。
でも四季のサイト上ではダブルキャストのまま。
当日のキャストボードを見るまでは信用ならないのが四季である。
一応ウェブ上で、今日の席には余裕があることを確認した上で
当日キャストボードを外から確認してから購入することにした。

ちょっと早めに劇場に着いたため、春の入り口にはカーテンがかかっていた。
が、カーテンの隙間から中を覗き込んでキャストボードを確認。
シンバが李涛であることを確認し、チケット購入。
我ながらここまでやるか?とは思ったが・・・
キャストの保証がない四季のせいだ!ということで。。。

という、本日のキャスト。
101223_1.jpg

ラフィキ:鄭 雅美
ムファサ:内田 圭
ザズ  :雲田 隆弘
スカー :川地 啓友
シェンジ:孫田 智恵
バンザイ:韓 盛治
エド  :岡本 繁治
ティモン:中嶋 徹
プンバァ:福島 武臣
シンバ :李 涛
ナラ  :小松 加奈

ラフィキ、ザズ、シンバが3日前とは変更になっている。

ライオンキングではなく、李シンバを観に来た本日の観劇。
その目的の李シンバはどうだったかというと・・・


ただただ素晴らしい、の一言。


10年弱ライオンキングを見てきた中で、そこそこの数のシンバを見てきた。
今思い出す限りで、阿久津陽一郎、北澤裕輔、吉原光夫、友石竜也、
瀧川響、田中彰孝、三雲肇、宇都宮直高、飯村和也などだ。
今回の李涛のシンバは、今までで一、二を争うシンバだった。
いや、一番良かったかもしれない。そのくらい素晴らしかった。
2幕の「お前の中に生きている(リプライズ)」を聞きながら、
ウルっと来そうになったのはいつ以来だろうか。。。
思わず身を乗り出して、作品に入り込んでしまった。
単純にライオンキングという作品が好きでしょうがなくて観ていた頃を
思い出させてくれた。

李涛という俳優は不思議な俳優だ。
濱田めぐみのような圧倒的な存在感、阿久津陽一郎のオーラ、
高井治の声のような武器があるわけではない。
一見個性がないように見えるが、その演技の表現力には上記3人の武器と
同様の力がある。
舞台上から伝わってくる物の質が、他の俳優とは違う。
それが演技によるものなのか、歌なのか、声なのかはわからないが
これだけ訴えかけられる俳優は、四季にも多くはいない。

中国人であるが故の台詞の訛りを指摘する声も少なくはないが
(55Stepsの時は確かにちょっとひどかったが・・・)
少なくともフィエロの時、そして今回のシンバに関しては
まったくといっていいほど気になることはなかった。
むしろ四季訛りの人のほうが気になるくらいだ。
多少訛りを感じたにしても、それを大きく上回る表現力で
訛りを気にしているのが馬鹿らしくなるくらいだ。

今日久しぶりに見た李シンバの印象を一言で言うと、優しいシンバだ。
台詞にも無駄な力が一切入っておらず、シンバの感情がストレートに伝わってくる。
そして周囲のキャスト(役)に対する思いやりのようなものが
ひしひしと伝わってくる。これはフィエロの時もそうだった。


李シンバの良さにハマってすっかり忘れていたが、クリスマス特別カーテンコールも
堪能できた。やはり今日観に来て良かった。。。
前回も書いたが、ライオンキングは自分にとっては何度も観に来るような
作品ではなくなってしまっている。
が、今日の李シンバが見れるなら来週、いや明日観に行っても良いくらいだ。


他のキャストに関しても少し。

ナラの小松加奈は、3日前とは演技が明らかに変わっていた。
相手が変われば多少は変わるものだとは思うが、演技の深みが別物に思えた。
これも李シンバの効果なのか。。。

ラフィキの郭雅美は今までも何度か観ているが、今日もパワフルで非常に良かった。
金原ラフィキもかなりお気に入りだが、前回はちょっとお疲れ気味?という
感じもしたので、今回の郭ラフィキはかなり満足度が高かった。

ザズの雲田隆弘も定番だが、前回の部長ザズが個性的だった(好きだけど)ので
見慣れたザズで安心して観る事が出来た。


李シンバにはこのまましばらくシンバでいてほしいものだ。
お金使っちゃいそうで痛し痒しだが。。。
それにしても若手のシンバは出てこないもんかねぇ。
それはそれで心配だったりする。

という、今日が7,091回目のライオンキングでした。
というか、このボードもういらないんじゃ・・・
101223_2.jpg


よろしければポチっと
にほんブログ村 演劇ブログ 劇団四季へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 2010/12/24 Fri. 01:07 [edit]

category: 劇団四季:ライオンキング

TB: 0    CM: 6

24

コメント

No title 

メリークリスマス★
李シンバ~!行かれたのですね~~
レポ読まさせていただいてると、ものすごく行きたくなります~~。来年こそはがんばってみようかな!
いいmyクリスマスプレゼントになりましたね~♪
昨日TVで‘嵐の中のこどもたち’見ました!
naianiconeyさんが観劇された時位に収録したのですかね~?NHKホールだったし。
イッチーボブ!!ほんと!踊って歌えるんだ~~って!!以前、レポに書かれてましたよね~!なんか、頭の中よぎりながら、ガッツリ見入ってました(笑)
上手でしたね~力強くてロック調の歌とか、ビッキー助けに行くときとか~!
なんで、メルヒだったんだろう~!?
なんでもできるぞ!ってことかな~♪
竹内くんとペア(!?)だったし~なんか、ホント~ハンシェン&エルンストで観てみたかった。。
松田ブブちゃんもいいキャラでしたね~♪

URL | ロコン #- | 2010/12/24 22:13 | edit

遅ればせながら・・・ 

>ロコンさん

メリークリスマス!でした・・・
この2日間寝込んでおりまして・・・

李シンバはその後事件もあったようですが、
すごい良いシンバでした!かなりおススメです!

嵐の中の子供たちは見逃してしまったんですよね、ついうっかり。
一和ボブだったようで、尚更悔やまれます・・・
改めてアップで表情とかみたかったなぁ、と。
何しろNHKホールじゃ何もわからなかったんで。
僕が観に行った日も、何か撮影している感じだったので
もしかすると観に行った日かもしれないですね。
竹内君とペアだったので、二人で「30年後に振り返ったら~」「じゃ、この瞬間は?」とかやり取りして欲しかったですねぇ。

URL | nalaniconey #- | 2010/12/26 22:47 | edit

ワタシも観ました!! 

初めましてこんにちは。
ワタシも同じ日のこの公演を観て、李シンバに大感激したものです。
ワタシはライオンキングは10年くらい前と6年くらい前に2回観ているのですが、一度、李涛さんのシンバを観ています。ぜひもう一度観たい、でも無理だろうと思っていたので、まさかのキャスティングで驚きました。
李シンバを観たのは最初の観劇の時だと思っていたのですが、こちらの記事を拝見して、2回目の6年前だったのか!と改めました。
李シンバとってもよかったです☆また観たいです。

URL | tsunatam #mQop/nM. | 2010/12/27 12:12 | edit

No title 

>tsunatamさん
書き込みありがとうございます!
李シンバ良かったですよねぇ!
期待以上の出来でほんと観れて良かったと思いました。
しばらくいてくれると良いですよね、

tsunatamさんのブログも拝見しました。
ワンちゃんもかわいいし、きれいなブログですねぇ。
実はうちにもダックス×1とネコ×2がいます。
tsunatamのブログも楽しみにしてますね。

URL | nalaniconey #- | 2010/12/27 23:06 | edit

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2010/12/28 00:51 | edit

 

おかげさまで何とか回復しました~

李シンバはある日の公演で、「終わりなき夜」の後半部分歌がすっ飛んでしまったそうです。
まぁ、長いことやってればそういうこともあるでしょうけどね。
今週からはシングルになってるので、まだもう少しLKにいそうですね。
確かに年齢はナラの小松加奈のダブルスコア近いので、気になるところではあったんですが、
まったく問題にならなかったです。

ほんと四季はキャストがいつどうなるかわからないので、
どうしても観たいものは観ておくしかないんですよね。
まぁ財布との相談に勝たないといけないんですけど。。。

野村エビータ観られたんですね!
やはりそんな感じでしたかぁ。
精一杯という感じで歌詞も聞き取り難くかったりするんですよね。
存在感は抜群なんですが・・・

いよいよスルースも始まりますね!

URL | nalaniconey #- | 2010/12/29 15:24 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://musicaltheater.blog130.fc2.com/tb.php/47-d6daae61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。