07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

劇場つながり

各種観劇日記。基本的に劇団四季のみ、のはずが最近は色々と手を広げてます。書きやすさ優先でレポ内の俳優名は敬称略ですのでご了承くださいm(_ _)m

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

とうとうおれもここまで来たか 春のめざめ《2010年11月9日(火) ソワレ》 

おこしやす~
101110_3.jpg

はい。
行ってしまいました。

101110_1.jpg

そう、京都だ。
言うまでもなく、今週末に千秋楽を迎える春のめざめを観に行ったのだ。

メルヒオールでの登場が前々から噂されていた、元ハンシェンの一和洋輔が
先々週からついにメルヒとして登場しているのだ。
一和ハンシェンは大好きだったので、メルヒオールも非常に気になるところ。
京都の後は公演の予定がないこの作品。
次にいつ見れるかわからないし、その時にキャストがどうなってるかは
某代表のみぞ知る、だ。

が、今月は何気に週末は予定が詰まっている。
一和メルヒは非常に気になるが、まぁ無理だなとヨメと残念がっていたが
ふと、ヨメが「行ってくれば?平日行けるんだから」と。

いやいやいやいや、いくらなんでもそこまでするわけには、と思った。

が・・・・

東京公演の時にあれだけハマったこの作品。そりゃ観たいに決まってる。
今年観た作品で、あえて順番をつけろと言われれば、この作品を1番に挙げる。
そして新メルヒ。最後まで悩んだが前日予約。
おれもとうとうここまでやるようになってしまったか・・・

と言うことで、ちょっと早めに着いて、3時間くらいの京都観光をして
101110_2.jpg

101110_4.jpg

101110_5.jpg

やってきました、京都劇場。
この劇場は4年ぶりくらいかなぁ。前に来たときは「夢から醒めた夢」を観た。
101110_7.jpg

今日は1階の後ろのほうと2階席は修学旅行と思しき学生で満席だった。
中学生くらいだろうか。
中学生が観たらどういう解釈になるのか興味深いところだ。


そして注目のキャスト。
101110_6.jpg

ベンドラ    :林 香純
マルタ     :撫佐 仁美
テーア     :岸本 美香
アンナ     :山中 由貴
イルゼ     :真 優香
   
メルヒオール  :一和 洋輔
モリッツ    :玉井 晴章
ハンシェン   :南 晶人
エルンスト   :山下 啓太
ゲオルグ    :白瀬 英典
オットー    :加藤 迪

大人の女性   :中野今日子
大人の男性   :田代隆秀

一和メルヒ以外では、重要な役どころであるモリッツの玉井 晴章、
そして同じく重要であるイルゼの真 優香がまったくの初見である。
一和メルヒ同様に注目だった。

先週までテーアは石井亜早実だったのだが、今週に入り岸本美香に戻っている。
岸本テーアがいかにハマっているか、どんな良い演技をするかは十分わかっているので
新しいテーアも観てみたかった。
個人的に見た目が好みだと言う痛い理由は置いておいて・・・


さて、今回の目的の一和メルヒはどうだったか。

見た目は実にカッコいい。
元々彫りが深めで、すっきりとした顔立ちなのでメルヒの髪型もよく似合う。
横顔なんかは全く日本人に見えないほどだ。
日本人に見えない=カッコいいと言うことではないが、一和メルヒに関しては
見た目だけでファンが増えるのでは、と思った。

そして演技。全体的にはもう少し立体感が出てくるともっと良いのになぁ、と。
上川メルヒが感情を全面的に出すのとは対照的に
一和メルヒはどこか俯瞰しているようなところがあった。
もしかするとまだ役が完全に落ちていないのかもしれないし、
観る側がハンシェンのイメージを引きずっているからかもしれない。
もしくは自分や周りで起こる出来事に対して、どのように感情を表現すればいいのか
わからない、という解釈もできるかも。
メルヒオールは頭が良いので、そういう自分を含め傍から冷静に見る目を持っている。
といったところか。

唯一ストレートに感情を表現した場面は、『マジでFUCK!』の
「おれさ~~~~!!!!」である。
ここは明らかに他のシーンとは、表情や声が違っていた。

歌に関しては、一和メルヒの方が良い曲もあるし、上川メルヒの方が良い曲もある。
素直な歌い方なので、安心して聞ける半面、物足りなさを感じるかもしれないが。

せっかくメルヒデビューしたのだから、京都の後は東京に戻ってきて欲しいものだ。
一和メルヒの進化を観てみたいものだ。
ほんと戻ってきて欲しいなぁ・・・


玉井モリッツは気が弱い落ちこぼれな感じは上手く演じられていたとは思う。
ただ、三雲モリッツに見られたモリッツが本来持っている明るさは見えず
本当にかわいそうな子になってしまっていた感がある。
三雲モリッツが笑いを取っていたシーンでは、1つも笑いが起こらなかった。
別に笑いを取る必然性はないのかもしれないが、そういう部分を見せることで
モリッツの素直で明るい性格が表現できるのではないか。
ま、本当の設定は知らないけど・・・

真イルゼは実に感情表現が豊かなイルゼだった。
四季のサイトで動画を見たときは、見た目的にう~~~ん、と言う感じだったが
実際にはそんなことはなく、モリッツとのシーン以降は逆によかった。
「青い風」は泣きながら歌っていた。勝間イルゼはどうだったっけかな・・・
モリッツとのやり取りも泣きながらだった。
このシーンでの涙はどうかなぁとも思ったが、モリッツのただならぬ気配を
感じ取って、何とかしたいという気持ちがある反面、
どうにもならない自分を救って欲しいと言う気持ちもあるのだろうと思っているので
そう考えると涙もありかな、と。
歌に関しては可も不可もなく。特別良いというわけではないが、問題もない。
韓国人らしいが、台詞や歌に関しては全く問題はない。
知らなければわからないだろう。


久々の京都での観劇だったが、お客さんがみんな素直に作品に入っている
印象だった。反応が優しい感じがした。
周りにいた人たちも「モリッツどうなるのかなぁ」などと話していた。
東京ではあまり見ない反応だった気がする。
自分の後ろのほうにいたオバちゃんが、幕間の休憩の時に
「春のめざめってこんな話しやったんや!?まさにめざめやな」と
言ってたのには笑ってしまったが。。。
一幕最後のあのシーンのあとだからねぇ。


自宅からだと往復6時間の京都での観劇で、さすがに疲れたが行った価値は
十分以上にあった。
キャストが変わったことによって、多少色が変わったりもしているが
この作品が提供してくれる感動や、エネルギー、パワーは不変だ。
今週の日曜には千秋楽を迎えてしまうが、もしまだ観ていない人がいたら
是非観て、このカンパニーを体感して欲しい。


ところでこんなキャラクターいたんだねぇ。。。
101110_8.jpg

京都タワーのキャラクター「たわわ」


よろしければポチっと
にほんブログ村 演劇ブログ 劇団四季へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 2010/11/10 Wed. 21:01 [edit]

category: 劇団四季:春のめざめ

TB: 0    CM: 12

10

コメント

No title 

はじめまして~ いつも読み逃げしてました♪
いつも辛口だけどやさしいレポを楽しんでましたよ!
おこしやす~とうとう京都遠征されたのですね!
一和メルヒ♪いいですよね~ ホントこれからだと思うのですが、とても少年らしくて、いいな~って思いました。歌声もキレイだしセリフもわかりやすくて~
キャスト変わればこうもかわるんだ~って。。

私も春めざ気になってたので、レポ読ませていただいてたので、京都公演決まった時はバンザ~イでした。
期間が短くて残念です。
今回やっと観ることができて衝撃でした
いろいろなキャストの方で観てみたいです

今度は何処へいくのでしょう~
また、レポ楽しみにしています~♪

URL | ロコン #- | 2010/11/10 21:57 | edit

ありがとうございます~ 

>ロコンさん

書き込み&今まで読んでいただいてありがとうございます!
こんなしょうもない自己チューなブログで恐縮ですが。。。

火曜日の京都は寒かったですね。東京が暖かかったので余計に寒さを感じました。

上川メルヒがどんどん変わって(成長して)いったように
一和メルヒの今後に期待大ですね。
作品の本質は変わらなくても、キャストが変わると
受ける印象もかなり変わりますよね。
それが生の舞台の面白いところでもあります。

春のめざめは若手が活躍できる良い舞台なので
今後もどんどん新しいキャストに登場して欲しいですね!

URL | nalaniconey #- | 2010/11/11 09:09 | edit

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2010/11/11 18:34 | edit

Re: こちらこそ~ 

今日も行かれたとは羨ましすぎますね!!!
一和メルヒは感情が乗ってきたんですね!
まだ日が浅いので、これからもっと良くなっていくだろうに
千秋楽は残念ですね。

テーアがメルヒを挑発するシーンは僕も毎回注目しています。
微笑ましい感じでいいですよね。
東京公演の時のオフステージトークで見たときは、舞台で見るよりも
さらにちっちゃくてかわいい感じでした。

千秋楽は是非是非突撃してください!
僕は東京の前楽行きましたが、やはりかなり盛り上がりました。

よくわかってないんですが、管理人しか見れないコメントに普通に返信するとそのままなんですねぇ。
余計なことを書いて投稿したらそのまま出てきたので
焦って消しました(笑)

URL | nalaniconey #- | 2010/11/11 21:34 | edit

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2010/11/12 12:32 | edit

Re: あらら~ 

いやいや、僕が色々知らなかっただけなので気にしないでください。
こんなブログですが今後とも宜しくお願いします~

9日に勝間さんと斉藤准一郎くんが来てたとは!!
まったく気がつきませんでした。
まぁ、注意してみててもきっと気がつかなかったでしょうが・・・
二人とも今はウィキッドなので観に来てたんですかねぇ。

千秋楽取りましたか!席はどこでもきっと楽しめると思いますよ。
それにしても劇場までそんなに近いとは・・・
僕だったら危険すぎます(笑)

URL | nalaniconey #- | 2010/11/12 13:05 | edit

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2010/11/12 20:03 | edit

Re: またまた・・ 

貴重な情報ありがとうございます。
なるほど。。。
そうあって欲しい(そうあるべき)とは思っていても何とも言えない気分ですねぇ。

やはりハマってしまいましたか?(笑)
僕もここまではまってる理由はわからないんですが。。。
リアルだから、と言うことですかねぇ。

URL | nalaniconey #- | 2010/11/12 21:26 | edit

 

コメントの多さにこの作品の人気を改めて感じました。新キャストが続々登場しているのでかなり気になっていました。特に石井テーアが観たい。(エルコスのプログラムの写真が抜群に可愛いと思ったので)

URL | やさいめ #- | 2010/11/13 04:09 | edit

No title 

>やさいめさん
コメントありがとうございます!
この作品は若手のチャンスの場でもあるので、どんどん登場してほしいですよね。
しつこく観に行ける理由にもなりますし(笑)
石井テーアは、東京のオフステージトークで一和・石井組になって以来、個人的に注目していたので是非見たかったです。すぐ隣にいたんですが、小さくてかわいかったですよ。

URL | nalaniconey #- | 2010/11/13 10:22 | edit

こんばんわ~ 

お邪魔します~
行って来ました♪ソワレ! 小松ベンドラ登場でした!マチソワで急遽交替だったみたい。林ベンドラ不調だったみたいですね~。残念だったけど、小松ベンドラ初見だったのでラッキーでした あどけなくってとっても少女らしい子で一和メルヒとかわいい少年少女って感じでした

メルヒ♥ますます上手くなっています~
感情が歌にもすごく入ってて、♪大人と子供のはざまで~ってとこも、たくましくすてきでした!

カテコも ハイ!!盛り上がりました!
明日も、名残惜しんできます~~!

URL | ロコン #- | 2010/11/13 22:55 | edit

びっくりです 

>ロコンさん

今日は僕も自由劇場に出かけていたので、帰ってきてロコンさんの書き込み見てびっくりです。
ここに来て小松ベンドラとは・・・
火曜日に見たときに「ちょっと調子良くなさそうだな」と
思ってたんですが、こんな形になるとは。
小松さんも大変だろうけど、林さんにも最後までいってほしかったですね。
一和メルヒもどんどん進化してるようで良かったです。
もう一度みたいですねぇ・・・

いよいよ明日は千秋楽なので思い残しがないよう、しっかり観劇してきてください!

URL | nalaniconey #- | 2010/11/13 23:41 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://musicaltheater.blog130.fc2.com/tb.php/42-0b12c8a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。