05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

劇場つながり

各種観劇日記。基本的に劇団四季のみ、のはずが最近は色々と手を広げてます。書きやすさ優先でレポ内の俳優名は敬称略ですのでご了承くださいm(_ _)m

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

嵐の中のジェリクルたち キャッツ《2010年10月30日(土)ソワレ》 

季節はずれの台風14号が、まさに関東に最接近しようとするころ
台風に向かって行くように横浜を目指していた。

そう、横浜と言えばここである。
101030_1.jpg
雨でよくわからないかもしれないがキャッツシアターだ。

道が台風の影響で渋滞していたりしても大丈夫なように
かなり余裕を持って出たら、予定より1時間も早く着いてしまった。
早くついても周りには大して見る所もないし、雨と風がピークになりつつあり
ぶらぶら歩く気分にもならず、車の中で時間をつぶした。


横浜のキャッツシアターに来るのは、昨年の開幕ちょっと後に来て以来
約1年弱ぶりだ。
相変わらず周囲は開発中の雰囲気も漂っている。
101030_2.jpg

ロビーにはハロウィンの飾りがおかれていた。
101030_3.jpg

ジャックの影に何故かネズミが。
101030_4.jpg


台風なので客足もどうかと心配したが、8~9割は埋まっていたのではないか。
平日などは結構厳しい時もあるようだがとりあえず今日は良かった。
当たり前だが、キャッツが終われば潰してしまうしかない、転用が利かない
この劇場がいつまで持つのか。。。


という、本日のキャスト。

グリザベラ          :織笠里佳子
ジェリーロラム=グリドルボーン:木村花代
ジェニエニドッツ       :鈴木由佳乃
ランペルティーザ       :王 クン
ディミータ          :原田真由子
ボンバルリーナ        :西村麗子
シラバブ           :江部麻由子
タントミール         :高倉恵美
ジェミマ           :小笠真紀
ヴィクトリア         :廣本則子
カッサンドラ         :井藤湊香
オールドデュトロノミー    :米田 優
アスパラガス=グロールタイガー/
バストファージョーンズ    :橋元聖地
マンカストラップ       :武藤 寛
ラム・タム・タガー      :阿久津陽一郎
ミストフェリーズ       :松島勇気
マンゴジェリー        :龍澤虎太郎
スキンブルシャンクス     :劉 昌明
コリコパット         :入江航平
ランパスキャット       :高城将一
カーバケッティ        :齊藤太一
ギルバート          :鈴木伶央
マキャヴィティ        :桧山 憲
タンブルブルータス      :川野 翔


全員書くと長いな・・・


基本的にネコマニアではない自分は、メインどころ以外は名前と実物が
一致しない程度の知識しかない。結構回数は観てるんだけなぁ。

個人的な今回の注目キャストはタガーの阿久津陽一郎と、
完全に初見であるオールドデュトロノミーの米田 優、
アスパラガス=グロールタイガー/バストファージョーンズの橋元聖地の3人だ。

去年観た時もタガーは阿久津だった。
去年はかなり控えめで、何かをやらかしてくれるのではという期待は
裏切られたので、今回こそはと思っていたが、特にこれと言って特別な
ことはなかった。
でも、怪しいオーラは去年よりかなり出ていた。
下手にきれいにまとまらずに、怪しさ全開で思いっきり演じてほしいものだ。

ガスの橋元聖地はとにかく見た目が若い。
見た目だけだとつやつやしていて、老いぼれたネコにはまったく見えないが、
ガスの時とグロールタイガーの時で歌い方を大きく変えて変化をつけていた。
変化をつけることで上手く演じ分けられていた。
村俊英や田島亨祐が演じる時は、ここまで大きな変化はなかったように思う。
歌声は村や田島と比較するとやや高め。が、その事は特に問題にはならない。

ちょっと残念だったのはオールドデュトロノミーの米田優だ。
別に下手なわけでもなんでもないのだが、個人的にこの役に期待している
歌声ではなかった。
今までのオールドデュトロノミーよりも、声が高くてやや細い&軽い。
この役はもうちょっと太目の深い声の方がいいなぁ。

もう一人残念だったのはグリザベラの織笠里佳子だ。
この人は以前にもグリザベラでも観ているし、55stepsでも観ているので
わかってはいたが、グリザベラにしては歌が少し弱い。
比較対象が早水小夜子になってしまうので、致し方ないところではあるが。。。


全体的には良くまとまっていて、しっかり楽しめた。
ネコマニアが観たらどうなのかはわからないが、観ている最中幸せな気分に浸れた。
反面これと言って特筆すべきこともなかったように思う。

次回観る事があれば、その時は久々に芝清道のすっとぼけたタガーも観てみたいものだ。
四季の方針には反するが、役者の個性をガツっと感じてみたいと思った
本日のネコたちではあった。


よろしければポチっと
にほんブログ村 演劇ブログ 劇団四季へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 2010/10/30 Sat. 23:40 [edit]

category: 劇団四季:キャッツ

TB: 0    CM: 2

30

コメント

 

以前プログラムを買ったとき、濱田めぐみさんのジェリーロラム=グリドルボーンが載っていました。写真を見ただけでも可愛さと妖艶さが伝わってきたので、ストーリーがあまり好きじゃないけど彼女の演じるのは観てみたかったです。

URL | 我が家は男尊女卑 #- | 2010/10/31 04:36 | edit

No title 

>我が家は男尊女卑さん
濱田めぐみのジェリーロラム=グリドルボーン。観てみたいですねぇ。。。
100%あり得ませんが、もし出たら通います。
ご存知かもしれませんが、こんな動画もあります。
http://www.youtube.com/watch?v=PzeMVSte7F4&feature=related

URL | nalaniconey #- | 2010/10/31 11:10 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://musicaltheater.blog130.fc2.com/tb.php/40-a37abc8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。