07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

劇場つながり

各種観劇日記。基本的に劇団四季のみ、のはずが最近は色々と手を広げてます。書きやすさ優先でレポ内の俳優名は敬称略ですのでご了承くださいm(_ _)m

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

ペロンはこれでいいと思うんだけど。。。2回目のエビータ 《2010年2月17日(水)ソワレ》 

<キャスト>
エビータ  :野村 玲子
チェ    :芝 清道
ペロン   :金田 俊秀
マガルディ :渋谷 智也
ミストレス :高木 美果

前回観劇した後、改めてマドンナが出ていた映画のエビータを見直した。
マドンナの歌も「う~ん」と言うところはあるが、やはり曲が良い。
何度も聞くうちにハマってきた。
やはりアンドリュー・ロイド・ウェバーは天才だ。
なんでこんな印象的なメロディーが作れるんだろう。。。

前回は野村玲子の歌の部分に消化不良を感じた。
そこで、次は秋夢子で!ということで、出演順番を数えチケットを取った。
が、その週は出演曜日の順番が変わり、またもや野村玲子に。
でもまぁ、良い舞台だし野村玲子の歌も別にダメなわけではない。
純粋に舞台を楽しもう、と。

野村玲子の印象は前回と同様だった。演技はすばらしい。
歌も前回より声が出ているような気がした。
そして、曲が良い!
前回は間延びっぽく感じた二幕もそういう風には感じなかった。

ということで、結構満足な舞台だった。

前回分は野村玲子のことしか書かなかったので、今回は男性陣。

まず、チェの芝清道。
5年前のチェがどうだったか、もはや記憶にないのだが
芝清道はいつ見ても芝清道だ。抜群の安定感で舞台が引き締まる。
歌は昔の方が良かった、という声も聞こえているが、
今だってまったく問題ない。というか非常に良い。まぁ昔を知らないけど・・・

そして、ペロンの金田俊秀。
金田はライオンキングのムファサや、JCSのジーザスなどで何度か観ている。
この人、抜群に良い声で歌もうまい。
JCSの『Gethsemane~I only want to say(邦題:ゲツセマネの園)』の声の伸びは最高だった。
が、この金田ペロンは評判があまり良くない。
アイーダのラダメスでも同様だ。
理由は演技が棒だ、と言うことらしい。ペロンから何も感情が伝わらない、と。

でもちょっと待ってほしい。
そもそもペロンと言う役にバシバシとペロンの感情が伝わってくることが
必要なんだろうか?
あくまでも個人的な見解だが、ペロンはあれでいいのだと思う。
確かにエビータ、チェ以外の他の役に比べて出番も多い。
でもその立ち位置は、極端に言うとマガルディやミストレスと変わらないのでは。
エビータと言う舞台は、基本的にエビータとチェだけで成り立ってしまうのだ。
奥行き(立体感)を持たせるために、他の役が存在している。
実際、金田ペロンを何の先入観を持たないで観ても、まったく違和感はなかった。
そして歌と声は素晴らしい。個人的には満足度が高いペロンだった。

金田ペロンの歌を聞きながら考えていたのは、この声でどういう風に
ラダメスの歌を歌うのか、と言うことだった。今一つ想像ができん。

観劇後、いつなら秋夢子で見れるかと、すでにもう一度見る気満々。
結果として、千秋楽前日のマチネならほぼ間違いなく秋夢子だろうと
いうことでチケットゲット。

ちょっと観すぎ?

実際その日にとうとう秋夢子のエビータが見られたのだが、それはまた次回。
なるべくすぐにアップします。エビータモードのうちに。
その後はアイーダモード全開になってしまうので。。。

よろしければポチっと
にほんブログ村 演劇ブログ 劇団四季へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 2010/04/13 Tue. 20:43 [edit]

category: 劇団四季:エビータ

TB: 0    CM: 0

13

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://musicaltheater.blog130.fc2.com/tb.php/4-2cfa93a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。