07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

劇場つながり

各種観劇日記。基本的に劇団四季のみ、のはずが最近は色々と手を広げてます。書きやすさ優先でレポ内の俳優名は敬称略ですのでご了承くださいm(_ _)m

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

『さぁ!はじまるよ~~』と叫ぶナベと歌うバトン娘 55STEPS《2010年10月16日(土) ソワレ》 

3月に所沢の地方公演を観て以来、半年ちょっとぶりの55STEPS。
思いのほか長く続いたこの作品も今回の東京公演でいよいよファイナル。

今日の公演は東京通算200公演目にあたる。
実はすでに美女と野獣のチケットを取っていたのだが、記念日公演を優先し
美女と野獣は義姉夫妻に譲った。
基本的にはストーリーがない舞台は苦手なのだが、この作品に関しては
観終わると、また次が見たくなる。
余計なことは考えずに、素直に楽しめる舞台なのだ。

前回この劇場に来た時はシンプルな感じだったが、今回はかなりごってり。
101016_1.jpg

そして渡辺正は、アイーダに引き続きこの劇場で出演している。
いっそのこと渡辺正の専用劇場にしてしまってはどうか?
まぁ、客足は遠のくとは思うが・・・

という本日のキャスト。
101016_3.jpg


<ヴォーカルパート>

渡辺 正
平良 交一
李 涛

秋 夢子
早水 小夜子
福井 麻起子

<ダンスパート>

水原 俊
斎藤 洋一郎
河野 駿介
徳永 義満
西尾 健治
花島 佑介
金久 烈
新庄 真一
前田 順弘

加藤 久美子
駅田 郁美
井上 佳奈
須田 綾乃
荒木 舞
杏奈
脇坂 美帆
原田 麦子
今 彩乃
泉 春花


ボーカルパートの平良交一は初見だ。
高井治のパートに入っているので、そういう系統だとは予想していたが
実際その通りだった。
パンフレットの写真はちょっと渋めのチョイ悪な雰囲気だったが
ドレミの歌などのはしゃぎっぷりを見ていると、田舎の縁側で麦わら帽子をかぶって
休んでいる、調子の良いおじさんだった。
オペラをやっていた人らしいので、歌に関しては非常に良かった。
年齢的にファントムは無理かもしれないが、オールドデュトロノミーなどには
うってつけな感じがする。
って、もうやってたりするのかな?

李 涛は相変わらずだ。この人は不思議な人だ。
ものすごい歌がうまいわけではなく(いや、普通にうまいんだけど)、
ものすごい特徴がある声ではないのだが、存在感がある。
ウィキッドの時にも思っていたが、何故か非常に説得力がある。
しばらく彼の演技を見ていないが、演じている彼が見たくなった。

渡辺正は。。。ま、歌だけ聴いている分には特に不満はない。
しゃべると例の感じが漂うが。。。
特別カーテンコールの『アンダー ザ シー』が始まる時に、ジャンプしながら
『さぁ!はじまるよ~~~』と飛び出してきて、観客の笑いを誘っていた。
たぶん本人は笑わせるつもりでやっていないとは思うが・・・


久々に聞いた早水小夜子の歌はやはり良い。
やはりこの人は歌で色々なものを表現できる人だと感じた。

福井麻起子は特に問題はないのだが、やはり歌はちょっと弱いかなぁ、と。
雰囲気的にはソフィとかは出来そうな感じだ。

秋夢子はアイーダのときと比較すると、本来の彼女の歌い方らしい歌い方だったが
アイーダでの迫力がある歌を聴いてしまっているので、やや物足りなかったかも。
まぁ、誰かを演じてるわけではないし、これでいいのだと思う。


さて、個人的な今日の一番の収穫は特別カーテンコールで起こった。
なんと泉春花が歌ったのである!!!!!
見た目はかわいいし、個人的には好きなキャストだ。
バトンをやらせたらもちろん、ダンスもきれいですばらしいのだが
話している感じや声が「あ、この人はダンスだけの人だな」と思っていた。
なので、まさか歌うとは思っていなかった。
ていうか、よく歌わせたな・・・
というその歌は間違ってもお金を取って聞かせるレベルのものではない。
一昔、いや二昔前のアイドルくらいのレベルか。
でもちょっとした余興だと思えば、何の不満もない。
むしろ歌ってくれてうれしかった、というのが個人的な感想。
今後出演する作品の幅を広げていって欲しいので良かった。
ま、これ以外で歌わせてもらえるかは微妙だが・・・頑張って欲しい。


200回記念の特別なものは特になく、最後に挨拶があった程度だ。
でも、ディズニーの特別カーテンコールは楽しかったし、大いに盛り上がった。
次回はアンドリューロイドウェバーの時に観に行く予定だ。
今から次回が楽しみである。

また泉春花が歌うかな。いや、ロイドウェバーの曲を歌ってはいけないだろうなぁ。


よろしければポチっと
にほんブログ村 演劇ブログ 劇団四季へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 2010/10/16 Sat. 23:38 [edit]

category: 劇団四季:55Steps

TB: 0    CM: 2

16

コメント

 

この作品で好きな場面は『星のさだめ』です。最後2人が箱の中に消えてゆく演出、素敵です。

URL | 童顔ずき #- | 2010/10/17 10:59 | edit

わかります! 

>童顔ずきさん
僕もそのシーン大好きです。
初めてみた時は「おぉぉぉ!」と思いました。
地方公演の時は消えていかない演出だったので、今回見れてよかったです。

今回は思わぬところで個人的なハイライトを迎えてしまいましたが。。。

URL | nalaniconey #- | 2010/10/17 23:55 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://musicaltheater.blog130.fc2.com/tb.php/39-9e1ef055
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。