09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

劇場つながり

各種観劇日記。基本的に劇団四季のみ、のはずが最近は色々と手を広げてます。書きやすさ優先でレポ内の俳優名は敬称略ですのでご了承くださいm(_ _)m

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

バク転するハンシェンとエルンストなケン 嵐の中の子供たち《2010年10月3日(日)》 

たぶん小学生だった時に観に行ったことがあると思う。。。
世の中の酸いも甘いも散々味わい汚れた大人になった今、
子供がターゲットであるこの作品を普通だったら観に行くことはない。

今回は友人夫妻から招待券を譲ってもらい、急遽観に行くこととなった。
ちなみにその友人夫妻は、つい同じ日に55STEPSのチケットを取ってしまったらしい。
そりゃ、55STEPSを優先するに決まっているのだ。
101003_1.jpg

今日の会場はNHKホール。
NHKホールに行くのは恐らく20年ぶりくらいだと思う。
当時はハードロック系の外タレが来日するたびに節操なく観に行っていたが
NHKホールでのライブで印象に残っているのは、Guns N' Rosesの初来日だ。
NHKホールでのライブの時に、ボーカルのアクセルがイジーのギターのチューニングが
狂っていることに腹を立て、わずか45分で途中で打ち切ったという
ファンの間では有名ないわくつきのあのライブだ。

そんなこともあったなぁ、と感慨にひたりながらNHKホールに到着。
この界隈に来るのも何年ぶりだろ。。。
渋公はC.C.Lemonホールになってるし、SHIBUYA-AXなるものもあるし
マッスルシアターもあるし。ずいぶん様変わりしたもんだ。
101003_2.jpg

そんな中、今でもライブハウスのEgg Manがあるのは嬉しかった。

と、いつものように長い前置きはこのくらいにして・・・


事前にキャストを確認して、知っている(ちゃんと覚えている)キャストは
ケン役の竹内一樹だったので、あの最高のエルンストを演じた竹内が
別の役ではどんな感じになるのか、というところを楽しみにしていた。

入場して何気なくキャスト表を見ると・・・・

あれ?あれれ?あれれれ?????!!!!
『ボブ 一和洋輔』と。
あれ?だってこの後『春のめざめ』の京都公演じゃないの?
ということは新ハンシェンが登場!?

まぁ何はともあれ知っている、しかも好きなキャストが増えた。
一和洋輔もハンシェンでしか見ていないので、他の役をどの様に演じるか
予想外の楽しみが増えた。


という本日のキャスト。

ボブ       :一和 洋輔
ケン       :竹内 一樹
教授       :長谷 川浩司
モールス     :小出 敏英
パック      :沖田 亘
ダンプ      :村中 至
ジェロニモ    :渡邊 今人
ポー       :島村 幸大
ブラックジョー  :矢野 侑子
ハッチ      :酒井 良太
フローラ     :松元 恵美
ビッキー     :豊田 早季
ブルーシー    :村木 真美
カロリー     :本行 里衣奈
ブブ       :松田 佑子
レイジー     :高橋 沙耶
セシリー     :吉田 夏子
リンダ      :河内 聡美
校長先生     :久居 史子
ママレード    :小野 さや香
村長       :小出 敏英
親方       :村中 至


この中からいいキャストが発見出来たら嬉しいなぁ、などと思っていたが
割り当てられた席は2階席の後ろの方。。。
だだっ広いNHKホールの2階席では、人の顔なんか識別できない。
演技がどうのこうの言える状況ではない。


ということで、知っている一和ボブと竹内ケンのことだけで・・・


まず一和ボブ。
春のめざめは特に激しいダンスシーンはなかったのでわからなかったが
一和洋輔って、こんなに踊れる人だったんだ、と。(失礼!)
ダンスのことはよくわからないが、動きにもキレがあって非常に良い。
バク転までらくらくと。
表情がまったくわからないので、雰囲気と台詞ぐらいでしか判断できないが
やはり台詞回しなどは、他のキャストと比較するとさすがに違う。
まぁ、子供が相手なのでよりわかりやすくするために、
四季っぽさはハンシェンの時より強いとは感じたが。

そして竹内ケン。
あの挙動不審な雰囲気はケンになってもそのままだった。
そういう目で見てしまっているためか・・・
それと背も高く、手足が長いためにちょっとドンくさく見える(笑)
でも、育ちが良い優等生の雰囲気は十分出ていたのではないか。


今日はこのくらいしか書けない。
だってNHKホールは演劇を見るには広すぎる!!
四季劇場でも後ろのほうはなぁ、と思ってしまうがその比ではない。

子供が多いためか、笑いが起こるシーンでは往年のドリフのコントを
思い出してしまった。


自分の周りにいた子供は一様に楽しんでいたようだ。
前に座ってた子供は「歌とダンスがすごい!」と喜んでいた。
子供が演劇の雰囲気を楽しめる場としては、広すぎる場所でも十分なようだ。
確かに、普段なかなか行けない(観れない)ものだもんなぁ。


というわけで、●十年ぶりに観たこの作品でした。


~追記~

ボブ役の一和洋輔はクリクリパーマをかけていた。
(オペラグラスで確認)
ボブ役はパーマである必要はなさそうなのに。。。
ということは、巷で噂になっている一和メルヒか!?
上川一哉は猫に行きそうだし・・・
(今さら上川がライオネルを演じる必要性も感じないが)


よろしければポチっと
にほんブログ村 演劇ブログ 劇団四季へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 2010/10/03 Sun. 22:28 [edit]

category: 劇団四季:ファミリー向け

TB: 0    CM: 3

03

コメント

衣裳一部かわりましたよね 

私もこの日2階席後方で観てました。前回(今年1月)にくらべて、ボブ&ケンの衣裳が色や模様が少し変わり、ビッキーはズボンが短くなりハイソックスになってました。私の前の席の方が頭の大きい方だったので舞台が一部しか見えなかったのが残業でした(:_;)とはいえ、一和ボブのバック転などのダンスは素晴らしかったです☆いちばん好きなビッキーはやっぱり有村弥希子さんの方が声&ルックスとも可愛いと思いました。かなり偏った感想でした(-.-;)

URL | 趣味HandleName作り? #- | 2010/10/15 10:27 | edit

No title 

>趣味HandleName作り?さん
嵐~が語れるくらい見てるんですねぇ。
ボブとケン以外のキャラを語れるとは。。。
同じ2階の後ろの方だったようですが、僕は左ブロックだったので、囲まれてる感じがして気になりました。
やっぱり、演劇はほどほどの大きさの会場じゃないとしんどいですね。

ところで今度のHNはどうなるんでしょうねぇ?(笑)

URL | nalaniconey #- | 2010/10/16 01:29 | edit

誤字 

残業→残念 です。失礼しました。

URL | 先程の #- | 2010/10/16 03:25 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://musicaltheater.blog130.fc2.com/tb.php/38-aa985398
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。