05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

劇場つながり

各種観劇日記。基本的に劇団四季のみ、のはずが最近は色々と手を広げてます。書きやすさ優先でレポ内の俳優名は敬称略ですのでご了承くださいm(_ _)m

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

おれがガンダムだ! 《機動戦士ガンダム00 劇場版》 

ここに来て何故ガンダムなのか。。。
ま、一応映画館も劇場の範疇にあるものだ、ということで。

年がバレてしまうが、自分はファーストガンダムにどっぷりつかった世代だ。
週末になるとガンプラを求めて、デパートとかおもちゃ屋に並んだものだ。
が、ファーストにどっぷりとつかり過ぎたせいで、Zガンダムはちょっと
はまったがそれ以降はまったく見ることがなかった。
『逆襲のシャア』で、自分の中ではガンダムは終わったものになっていた。
なので、何年か前に流行ったらしい『ガンダムSEED』もまったく見ていない。

そんな自分が何故ダブルオーを見たかというと、ヨメの実家でテレビシリーズが
すべて録画されており、それを興味本位で見たのがきっかけだ。
初めは絵とか、ガンダムが4機いたりとかに違和感があったのだが
よく作りこまれた世界観とストーリーに次第に引き込まれ、
最終的にはどっぷりとハマった。

ファーストガンダムもそうなのだが、ロボットアニメというよりは
人間ドラマの要素が強いストーリーは、「こりゃ完全に大人向けだな」と。
それに、ファーストとダブルオー(他のガンダムもそうかもだけど)には
『相互理解』という共通のテーマがある。

ファーストでのニュータイプという概念は、ダブルオーではイノベイターとして
登場する。共に言葉を通じずに意思疎通ができる能力を備えている。
その力で相互理解を進めていこうというのがテーマだ。

ダブルオーのテレビシリーズでは、人種・民族の壁を越えた相互理解が
テーマになっていたが、すでに色々と紹介されているように
映画ではさらに一歩進んで地球外生物との相互理解がテーマとなっている。
まぁ、もともとテレビシリーズもそこを踏まえた上でのストーリーであったので
製作側としては、これは規定路線なんだろう。

ガンダム=ニュータイプみたいな人が活躍するロボットアニメという風に
捕らえている人や、ニュータイプが活躍するような部分に面白みを感じていた人は
たぶんダブルオーにはなじめないかもしれない。

と、これ以上書くとネタバレになってしまうので内容に関してはこんなところで。


で、肝心の感想。

いや~~~~~、良かった。本当に良かった。
感想をたくさん書くと内容がわかってしまうのでこれ以上は書かないが
本当に良くできた話だ。ますます子供向けではない。

それと、TVCMとかで見て「TVシリーズは見てないけど、映画ちょっと面白そう」
という風に思っている人は、見ないほうがいい。
TVシリーズ前提の話なので、映画だけ見てもまったくわからないこと受けあい!

本当にダブルオーが完結してしまい、ちょっと寂しい気もした秋分の日だった。

▼劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer 公式サイト


よろしければポチっと
にほんブログ村 演劇ブログ 劇団四季へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 2010/09/23 Thu. 21:37 [edit]

category: 映画

thread: 映画感想  -  janre: 映画

TB: 0    CM: 0

23

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://musicaltheater.blog130.fc2.com/tb.php/37-ce26173a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。