05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

劇場つながり

各種観劇日記。基本的に劇団四季のみ、のはずが最近は色々と手を広げてます。書きやすさ優先でレポ内の俳優名は敬称略ですのでご了承くださいm(_ _)m

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

良い魔法使いなマリアとトラップとーちゃん サウンド・オブ・ミュージック《2010年9月18日ソワレ》 

たぶんもう観ることはないだろうな、と思っていたサウンド・オブ・ミュージック。
作品や出演者がだめなわけではない。
自分的に通うほどハマれなかったというだけの理由だ。

が、先週状況が変わった。
初めからキャスティングはされていたが、出演がなかった沼尾みゆきが
ここにきてマリアとして登場したのだ。
本当はすぐにでも行きたかったのだが、この時点ではまだ井上知恵との
ダブルキャスト。
観に行くとすれば、それは沼尾マリアだけが目的となるので、
その目的を確実なものとするために、シングルキャストに代わるのを待って
チケットを予約した。

沼尾みゆきを初めて見たのはたぶんオペラ座の怪人のクリスティーヌだ。
歌声が安定してるし、きれいだしうまい人だなぁ、という印象だった。
オペラ座の怪人で好きなシーンの中の一つが「Point Of No Return」だ。
クリスティーヌがファントムに気づいた時の「ハッ」とするところ。
ここが特に好きだったりする(マニアックな話しだが・・・)。
この「ハッ」が一番うまい(好き)なのが沼尾みゆきだった。

そしてその後はウィキッドのグリンダで一挙全国区(?)に。
沼尾みゆき=グリンダと言う図式が自分の中にも、恐らく四季ファンの中でも
完全に出来上がったと思う。
沼尾みゆきもグリンダの弾けた演技なども含め、役者としても
かなりレベルアップしたのではないかと思う。
濱田めぐみと沼尾みゆきのコンビも完璧だった。

なので、めぐオタというほどではないが、沼尾みゆきもかなりお気に入りの
役者なのだ。


とにかく今回の目的は沼尾みゆきただ一人!!と意気込んでいたら
ここに来て新トラップ大佐も登場。ベテランの村俊英だ。
思わぬ変更だが、芝清道は他の演目も含め嫌と言うほど観ている。
あ、芝清道は好きな役者だ。
なので、新しいトラップ大佐も楽しみになった。

いつもの週末よりも人がたまっていたような気がする劇場前。
ライオンキングの7,000回記念の看板(?)の前で、みんな写真撮ってる。
100918_2.jpg


劇場に入ると、そこも7,000回のムードが。
100918_3.jpg

そんな雰囲気の中、そこには特に目もくれず四季劇場 秋に入場。
そして期待通りの今日のキャスト。
100918_1.jpg

マリア         :沼尾 みゆき
トラップ大佐      :村 俊英
修道院長        :秋山 知子
エルザ         :西田 有希
マックス        :勅使瓦 武志
シュミット       :はにべあゆみ
フランツ        :青山 裕次
シスター・ベルテ    :佐和 由梨
シスター・マルガレッタ :矢野 侑子
シスター・ソフィア   :あべ ゆき
ロルフ         :亀山 翔大
リーズル        :池松 日佳瑠


さて、その肝心の沼尾マリア。
結果から言うと井上智恵、笠松はるのどちらとも違っていた。
別バージョンと言っても良いマリアだった。
井上、笠松のマリアもそれぞれ違うのだが、二人ともどちらかと言うと
優等生的(あるべきマリア像に対して)だった。
それに対して沼尾マリアは、マリアを演じてはいるのだが沼尾の個性も
同時に立っていて、「あ、これ沼尾みゆき」と感じる場面も多々あった。
自分のように沼尾好きにとってはこれは非常に嬉しい。
人によっては「これグリンダじゃん」と思うかもしれないが、
グリンダと言うよりもこれが沼尾の演技なのだな、と思った。
なので、そこが鼻につく人はダメかもしれない。

歌に関しては元々何にも心配の必要はない。
曲調もちょっと無理があるウィキッドの曲とは違い、沼尾の声や歌い方には
ぴったりだった。

観劇後に残る余韻も井上、笠松の二人の時とは違った。
というか、この二人の時にはあまり余韻が残らなかった。
台本どおりにあるべき姿を忠実に演じているのだが、それ以上でもそれ以下でもなく
あまり気持ちにガツっとこなかったのだが、そこからちょっと外れるというか
沼尾本人の個性が強くにじみ出ていた今日のサウンド・オブ・ミュージックには
今まで感じなかった「面白み」を感じることができた。

もちろん作品の持つ力がちゃんと伝わっていることが前提なのだが
やはり役者の個性が感じられるって言うのは大切なんだなぁと、つくづく思った。


そしてもう一方の新キャラ。村トラップ大佐。
途中「ミュージック♪」という歌が聞こえてくると、
そのまま「Music Of the Night」を歌ってほしくなってしまったが・・・
声、演技にちょっとクセがあるので、どちらかと言うとアクが強い役の方が
あっているとは思う。
ただ、もともとあまり器用なイメージがない村なので、
序盤のカタブツ的はトラップ大佐にはあっていた。

途中子供たちと分かり合って以降、トラップ大佐は「お父さん」になるのだが
村トラップ大佐は「とーちゃん」みたいな感じではあった。
なんか子供とキャッチボールしそうな・・・
ただまぁいずれにせよ、子供に対する気持ちと言うのはよく伝わってきた。

器用に何でもこなした上に、自分の個性を強烈に発散する芝清道よりも
この役にはあっているのかもしれない。

と言うわけで、当初の目的であった沼尾マリアにはかなりの満足感。
とはいえ、まだ「通いたい」と思うまでには至らないこの作品。
次に観ることはあるのだろうか。


よろしければポチっと
にほんブログ村 演劇ブログ 劇団四季へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 2010/09/18 Sat. 23:39 [edit]

category: 劇団四季:Sound Of Music

TB: 0    CM: 4

18

コメント

No title 

初めまして。私もこのキャストの公演を9月22日(水)観てきた者です。
観劇は滅多にしないのですが、映画サウンドオブミュージックが大大大スキで
生身の俳優さんたちが目の前で歌ったり踊ったりするのを観てみたかったので。
私は映画でマリアとトラップ大佐がレンドラーワルツを踊る場面にあこがれていて
舞台ではどう表現されるのか楽しみでした。(2人が恋に落ちる重要場面(#^.^#))
が(劇団四季の事に疎いので許してくださいね!)村大佐ではフォーリンラブは無理だぁ~。
それからもっともっとステキに踊って欲しかったの。
会場にいたかなり年配のご婦人方も「ワルツの場面残念だった~」と言ってました。
ロルフ役の人はセリフ棒読みだったかな。(カッコいいけど)
院長の秋山さんの歌は素晴らしかったです。子役の方々ものびのび歌ってたし。
でも又観ようとは思わないかな。

URL | らぶりん #- | 2010/09/23 18:15 | edit

よ~くわかります 

>らぶりんさん
書き込みありがとうございます!
僕と同じキャストで観られたんですね。

村大佐とは無理っていうのはよ~くわかります(笑)
見た目的にも間違ってもスマートではないし。。。
カタブツ感漂ってるし。
ダンスもね・・・
でも村さんが演じるキャッツのアスパラガスはいいですよ、と一応フォロー(笑)

ロルフは確かに四季独特の台詞回しがきつかったですね。
棒読みと言うよりは、四季の発音法がこなせないと
あんな感じになっちゃうんですよねぇ。
四季の台詞回しには賛否両論あります。というか否定的な人が多いですかねぇ。
僕はもう気にならなくなってしまいましたが。

秋山さんは開幕からずっと院長を演じているですが
歌も演技もぶれず、相変わらず素晴らしかったですね。

僕もたぶんもう見ないだろうなぁと言う気がしてます。
悪くはないんだけど、ガツっと来るものもなくて。

今度機会があれば、別の役をやってる村さんでも観てやってください(笑)

URL | nalaniconey #- | 2010/09/23 20:46 | edit

私も観ました 

初コメントです。仕事が急遽休みになり、沼尾マリアシングルになったので観て来ました。笑顔が可愛いマリアでした。『ドレミの歌』のときは苦しそうだったのでハラハラしましたが、『ひとりぼっちの羊飼い』の歌声は三人のマリアの中で1番良かったと思いました。「子供たちを愛してあげてください」の場面は早口&棒読み←(失礼)っぽくて沼尾さん自身は子供嫌いなのかなと思ってしまいました。←(勝手な思い込みです)お菓子をつまみ食いする場面の笑顔は最高にかわいかったです☆キャス変してしまいましたが沼尾マリアまたみたいと思いました。長文失礼しました。

URL | 沼尾五所香純濱田め大好き #- | 2010/09/29 09:29 | edit

すごいHNですねぇ(笑) 

>沼尾五所香純濱田め大好き さん
書き込みありがとうございます!
誰のファンかわかりやすいHNですね(笑)
沼尾マリアはまさに沼尾みゆきでしたね。
もう少し続いたら、演技ももっとらしくなってこなれていくでしょうね。
今週から代わってしまいましたが、再登場を待ちましょう!

URL | nalaniconey #- | 2010/09/29 22:55 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://musicaltheater.blog130.fc2.com/tb.php/36-c138ec9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。