05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

劇場つながり

各種観劇日記。基本的に劇団四季のみ、のはずが最近は色々と手を広げてます。書きやすさ優先でレポ内の俳優名は敬称略ですのでご了承くださいm(_ _)m

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

野獣は年上の女が好き!? 美女と野獣《2010年7月31日 ソワレ》 

発表を聞いた時、「まだ作るのか?役者いないだろ!?」と思った
新しい専用劇場「夏」での初観劇。
蒸し暑い中、初めての場所なので、いつもよりかなり余裕を持って家を出た。
大きな道路が空いていても、何故か執拗に裏道をナビしたがるナビに従ったら
えらい細くてよく信号に引っかかる道を行かされた。
それ以外は特に混乱も無く、ちょっと早めに劇場に着いた。
100731_1.jpg

写真で見た時から思ってたんだけど、このオレンジの色なんか圧迫感がある。
QRコードでピッと入場した劇場のロビーは、なんか四季劇場っぽくない感じがした。

開幕以降ほぼ変わっていない今日のキャスト。
100731_2.jpg

ビースト    :福井晶一
ベル      :坂本里咲
モリース    :松下武史
ガストン    :田島亨祐
ルミエール   :百々義則
ルフウ     :遊佐真一
コッグスワース :吉谷昭雄
ミセス・ポット :遠藤珠生
タンス夫人   :大和貴恵
バベット    :長寿真世
チップ     :川良美由紀


楽しみはビーストの福井晶一だ。
クセが無く歌も正統派。キャッツのマンカストラップもタガーでも
特に目立った個性を主張することなくマジメ(かたく?)演じていた
印象があったので、甘やかされて育ち、子供の部分が残るビーストを
どのように演じるか興味があった。

結果としては大当たり!素晴らしいビーストだった。
歌声も完璧、演技もビーストのある意味幼さが残る部分や、コミカルな演技
全てがきっちり演じられていた。
福井晶一がこんな演技を自然にこなすとは思ってなかったので(ファンの人失礼!)
嬉しい驚きではあった。

本当はエジプトに来て欲しかった福井ではあるが、このレベルでビーストを
演じてくれるのであれば、こっちでいいのかな、と。


一方、やや不満が残ったのはベルの坂本里咲だ。
見た目的な問題もあるし、ベルはもっと若手にやらせて欲しいとも思うし
年齢的にもなぁ、と(実年齢知らないけど)。ビーストは熟女好きか!?
ベテランらしく、何一つ問題がない優等生な歌と演技だったが、どうもベルらしくない。
ベルらしくないというよりは、ベルの上に『優等生的な演技』の
オブラートがかかってしまい(自分でかけてる)今ひとつベルが伝わってこない。
ベルは普通の人(世間一般)から見て、少し変わっている不思議ちゃん的な部分が
ある役だと思ってるんだけど、坂本ベルからはそれを感じることは出来ない。
不思議ちゃん的感性を持っているからこそ、ビーストに偏見を持つことなく
受け入れられるんじゃないかと。そこが伝わらなかった。

「春のめざめ」以降役者に求めるものが変わってしまったのか
そもそもなのかはわからないが、そこ(破綻の無さ)に不満を感じてしまう傾向にある。

1幕でビーストが本格的に登場するまで、舞台全体の雰囲気がなんかしっくりこなかった。
ちょっとしらけた空気も漂っていた気がする。
お客さんの反応もそんな感じだったし。
それって坂本ベルの雰囲気によるものがあるんじゃないか、とも思った。
ケチをつけるところが無い坂本ベルに、ケチをつけたくなってしまった。

その他キャストで収穫だったのは、ミセス・ポットの遠藤珠生だ。
恐らく役付きでは初見だと思う。
ビーストに対する暖かい母親の様な接し方、表情がとても良かった。
それ以上に良かったのは歌だ。この人は「何か」を持っている、もしくは表現できる人かも。

ルミエールの百々義則は、前回地方公演で観たときから好印象だ。ハマリ役だ。
次回はある意味下村尊則の後継者のような怪しさを持っていてる
道口瑞之のルミエールも観てみたいものだ。

と、ベルにやや不満を感じたものの、福井ビーストの好演で非常に満足度が高い
今日の観劇であった。
100731_3.jpg


ところで、8月は今のところ観劇予定がない。
こんな月っていつ以来だろうか。
夏休みだし、今年の前半は観過ぎだし、突発するほど観たいもの(キャスト)もないし。

出来ることなら、名古屋まで春のめざめを観に行ったりするようなことが無いように
皆さんお祈りください。いや、ほんと行ったらおかしいので。

そんなわけで、8月はこのブログどうしようかなぁ。
「劇場つながり」の「つながり」の方に関することでも書くかなぁ。
それか何か音楽の話し。

さて、このブログが次回更新されるのはいつなのだろうか。。。


よろしければポチっと
にほんブログ村 演劇ブログ 劇団四季へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 2010/08/01 Sun. 00:09 [edit]

category: 劇団四季:美女と野獣

TB: 0    CM: 2

01

コメント

No title 

暑中お見舞い申しあげます。

私も、観劇予定がありません…。こんな月は初めてかも…。
新橋に行きたいげど、将軍が今のままでは、この暑い中行く気になれず…です。

URL | hato #- | 2010/08/01 00:37 | edit

厳しい夏 

>hatoさん
暑中お見舞い申し上げます。

この夏は暑さも厳しいですが、アイーダファンにも厳しい夏ですねぇ。
暑さでへとへとになった上に、将軍にへとへとにされますからね。。。
1ヶ月間何も観ないことに耐えられるかどうかわかりませんが
そんなことにならないようなキャストが来てくれることを切望します。

URL | nalaniconey #- | 2010/08/01 20:30 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://musicaltheater.blog130.fc2.com/tb.php/30-d7a52e2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。