09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

劇場つながり

各種観劇日記。基本的に劇団四季のみ、のはずが最近は色々と手を広げてます。書きやすさ優先でレポ内の俳優名は敬称略ですのでご了承くださいm(_ _)m

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

☆第8弾!☆ 梨絵も良いけど亜早実がね!  ブロードウェイ ミュージカル ライブ《2015年8月29日(土)ソワレ》 

前回の記事更新からまたもや1ヶ月以上・・・
この間何も観ていなかったのかというとそんなことはなく。
が、お盆休みにカマかけて更新サボってしまいました。
その間自分でもこのブログを見ることもなく放ったらかしですいません。

とりあえずざっくり何を観に行ったか書くと。

これとか。
150831_1.jpg

ここで
150831_2.jpg

これとか。
150831_3.jpg


劇団新感線の五右衛門VS轟天はいつものように、いや35周年記念という
こともあり、いつも以上に終始バカバカしさ満載で最高に楽しかった。
あれだけのバカバカしさをあのスケール感でやるというのは
観ていて非常に気持ちが良い。
演技がどうこうとか、ストーリーがどうこうとかそんなことは
どうでもよくなる。

ふざけたジブリキャラもたくさん登場する。乙事主(おっことぬし)なんて
まさかのアレに・・・しかもアレを乗せて・・・www
曲も正々堂々と色んなところからパーツをそのまま持って来たり。
QUEENの「Bohemian Rhapsody」風あり、METALLICAの「Enter Sandman」とか
DEF LEPPARDの「Love Bites」のイントロそのまま持って来たりと
やりたい放題。ジブリも含めて大丈夫なんだろうか?と心配しちゃうくらい。

全部ひっくるめてあのスケール感でやってくれるから、観る方も納得しながら
終始笑って終わる。


そして吉沢梨絵主演のミュージカル「DAICHI」。
北海道に実在する佐々木ファームでの出来事を描いた感動的な作品だった。
観に行ったのが千秋楽で関係者も多かったのか、序盤から皆泣き始める(笑)
でもそれにひいちゃったり不自然な感じは全くなかった。
自分も何度か危なかったしw
今週の金、土に札幌での公演があるので、興味がある人は是非!
良い話しだし、すごくよく出来てるし、キャストもみんな素晴らしいので。
「DAICHI」のサイトはこちら


というわけで今回のメインの舞台の話しにやっと移れる。
今回は3年ぶりの「ブロードウェイ ミュージカル ライブ」だ。
今回のキャストが発表された時には吉沢梨絵をはじめとして、
好きなキャストが多かったので「今回は行くか!?」と思ったものの
3年前のちょっとグタグタ感とかの記憶もあり、あんまり観たくはない人も
出演していたりするので躊躇していた。

と、そこにやって来た1通のメール。差出人は石井亜早実だ。
メールには「来てくれなきゃイヤン、うふ♪」とあった。
もちろんこんな風に書いていなかったことは言うまでもない。
前回のサンセット大通りの時に引き続き、自分の頭の中で
このように脳内変換されただけだw
ということで、さっそくチケットの手配をお願いした。
あの躊躇は何だったのか・・・

そしてチケットが届き萌えるw
それから心の中で「うぉ~~~~~~~~~~~~~!」と叫ぶww
150831_4.jpg

ということでやって来た前回のこのライブ以来の新国立劇場。
150831_5.jpg

前回もそうだった気がするが、このチラシの張り方は考えた方が
良いのではないだろうか。。。
150831_6.jpg


という今回のメインキャスト。

上原 理生
川平 慈英
坂元 健児
宝田 明
舘形 比呂一
中河内 雅貴
畠中 洋
平方 元基
福井 晶一
宮原 浩暢

島田 歌穂
高世 麻央
土居 裕子
悠未 ひろ
吉沢 梨絵

アンサンブルには石井亜早実はもちろんのこと、一和洋輔や斎藤准一郎など
お馴染みな人たちも。

前回このライブを観た時より、だいぶ四季以外の作品を観るようになったので
初見のキャストの方が少ない。

進行は川平慈英。テレビで観るまんまの喋りw
でもこれを期待されているわけだから良いのだ。
キャラ的にはあまり得意ではないが・・・
以前後ろの席にこの人がいて、ちょっとやかましかったという記憶もありw
それにしても歌って踊って進行も完璧でキャラも確立されていて、
こういう人も中々いないのではないだろうか。


ライブは予想以上に見所も多くかなり楽しめた。
久々に聞く福井晶一の「愛せぬならば」はやっぱりすごく良かった。
これだよ、これ!という感じ。
坂元健児の「アンダー ザ シー」も良かった。
普通にセバスチャン出来そうだしソンダンとか出てほしい。
まぁセバスチャンにはちょっと若いかな。
この人は登場シーンからなぜかなべやかんに見えてしまい、最後までそれが
覆らなかった。全体的にちょっとコロッとした感じになったからかなぁw
上原理生の「Music Of The Night」も素晴らしかった。
外部で良いから普通にオペラ座とか出てほしいかも。
ちょっと暑苦しいからw佐野ファントムに近くなりそうな気もする。

男性陣より数は少ないものの、女性陣もかなり贅沢だった。
島田歌穂、土居裕子は共に歌のうまさはもちろんのこと、会場の空気を動かす
声の存在感も素晴らしい。
初見だった元宝塚の悠未ひろも舞台映えするし華もあるし、
何より歌声が良い。
元宝塚の人の歌い方とか台詞回しは、四季の台詞回しが嫌いな人たちと
同様に自分は好きではない。
でもこの人に限っては、元宝塚ということは歌い方でわかるものの、
声の良さと歌のうまさが結構タイプな感じだった。

かなりのレベルの女性陣の歌を聞きながら思ったことがある。
他にもっと声量がある人がいても、良い声の人がいても、歌が上手い人が
いても、やっぱり自分は吉沢梨絵の歌が好きなのだ、ということだ。
吉沢梨絵の舞台は今後も欠かさず観ていこう、と改めて思った。

個人的な一番の見せ場は終盤の島田歌穂、土居裕子、吉沢梨絵の3人による
ロイドウェバーのメドレーだった。
これは、独立したそれぞれの歌を上手くシンクロさせて同時に歌うという
アレンジも非常に良かったと思う。


実はこのライブを最初躊躇していた理由の一つが宝田明だった。
この中に交ざる必要性を感じなかったし、何よりちゃんとした物を
見せてくれるのだろうか?などということを考えていた。
ライブ冒頭の全員の登場シーンでも一人だけ歌わなかった。
これで余計不安になった。

が、これは全くの杞憂に終わった。
81歳という年齢をまったく感じさせない声と歌。
年の事を言ってはいけないかもしれないが、この年でこれだけの声を
維持しているというのはすごいことなんじゃないかと思った。
若干ふらつくこともあるが、高音まできっちり歌いきっていた。
この人を躊躇の理由にしていた自分が恥ずかしくなるほどだ。
ライブで伝えられたメッセージも含め、この人でなければ伝えられないことを
少しでも長く伝えていってほしいものだ。


そして、石井亜早実だ。
アンサンブルの登場シーンはほぼこの人しか見ていなかったという・・・w
いや、他の人も目に入っているんだけどね、中心はこの人ということで。
今回もキレキレでいながら、しなやかさと安定感もあるダンス。
他の人と並ぶと一人だけ小さいのだが、小ささは感じさせない。
動きの質感が他の人とは違って見えるというか。。。
ヨメには完全に贔屓の引き倒しだと言われてはいるが、自分にはそう見える。
ま、ダンスのことはさっぱりわからないのだがww

そして何よりね、やっぱり一人だけ可愛いのだよ。うん。
完全に贔屓の引き倒しだな・・・


というわけで観る前の予想を大きく覆してくれた楽しいライブだった。
来年以降は・・・まぁキャスト次第かな。
もちろん石井亜早実が出演すれば間違いなく観に行くのだがw
スポンサーサイト

Posted on 2015/08/31 Mon. 19:52 [edit]

category: 石井亜早実シリーズ

TB: 0    CM: 7

31

コメント

お久しぶりです。 

このライブ、吉沢梨絵さんと石井亜早実さんは出ているけど司会が川平さんだからどうしたのだろうと気になっていましたが行かれたんですね。いきなり石井さんセーター?でダンス、梨絵ルフィー(魔法使いと私)、坂元さんの心配ないさ♪(フリートーク)、ルドルフ、元宝塚の方の美脚、春のめざめなど楽しめました。坂元さんとの朗読劇やモンザナは観た観ますか?最近吉沢梨絵さん真面目な役作品が多い気がするのでコメディ的な作品も出てほしいです。東宝系の作品は歌詞が違うのもありましたが、四季でやっているのは四季の歌詞でなつかしかったです。石井さんのツインテールも可愛かったですよね。コメント書くときゲームの宣伝が出てしまうのです。消し方が分かりません。

URL | ナツコヤヨイ #mQop/nM. | 2015/08/31 23:33 | edit

誤字です 

セーター→センター

URL | ナツコヤヨイ #- | 2015/08/31 23:38 | edit

Re: お久しぶりです。 

>ナツコヤヨイさん

どうもお久しぶりです!
ブログも更新滞りがちですいません。。。

確かに今回は最初迷ったんですが、石井さんから連絡来たら行かないわけにはいきません(笑)

吉沢さんのエルフィ良かったですよねぇ。もう絶対あり得ないけどやって欲しいなぁ。。。
坂元さんの「心配ないさ」の話しは面白かったですね!ネタのような話ですよね。
「マンザナ」はもうチケット取りました!

このブログは基本的に無料なので、宣伝が出てきちゃうんですよね。
その辺はこちらではコントロールできないんです。すいません。。。

URL | nalaniconey #- | 2015/09/01 07:25 | edit

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2015/09/07 12:00 | edit

Re: タイトルなし 

どうもお久しぶりです!お元気ですか?

ええ・・・本当に好きなんですよ・・・ええwww
僕も春のめざめの時、ステージシートに座る彼女を見てビビビッと来ました(笑)
ベンドラ・・・ということはあれもですか・・・それは複雑な心境ですねw

ま、それはともかく「計画したんだけど。。。」的な話しは聞こえてくるんですけどね。
中々実現に至らないですよね。
ほんと良い若手たくさんいるだろうし、期間は短くても良いのでやってほしいですよね。

島田歌穂さんは名前以外僕はよく知らないんですけど、さすがベテランという感じでした。
声の響きとか存在感はすごかったですよ!

URL | nalaniconey #- | 2015/09/07 17:39 | edit

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2015/09/07 21:26 | edit

Re: タイトルなし 

1幕のあれは多分メルヒ役の俳優に殴りかかりますねw

まぁそれはともかく(笑)、次にやる時は完全に世代交代ですね。
前回出てて今も四季に残ってる人たちは貫禄つきすぎました。
みんな良い役やってるし。当たりの世代だったんですかねぇ。

相馬さん・・・やばい・・・パッツィーしか出てこない(笑)
最近名前を見てないですけどどうしてるんでしょうかねぇ。
まぁ外で見られるならそれはそれで良いんですけど。

やっぱり歌が上手い人の歌は生で聴くのが一番ですね。
ライブだと声の振動とかも伝わりますしね。
島田さんは良いですよ〜〜〜

URL | nalaniconey #- | 2015/09/07 22:14 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://musicaltheater.blog130.fc2.com/tb.php/248-ad1b99a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。