09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

劇場つながり

各種観劇日記。基本的に劇団四季のみ、のはずが最近は色々と手を広げてます。書きやすさ優先でレポ内の俳優名は敬称略ですのでご了承くださいm(_ _)m

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

ハマさん、また来ちゃったよ・・・ 春のめざめ5回目《2010年5月29日 ソワレ》 

とうとう本当にマイ楽だ。

ここまでハマるとは思っていなかった春のめざめ。
結局4月29日以降全部で5回観劇することになった。週1回のペースだ。
今までこのペースで一つの作品を観たことはなかった。
これもひとえに、この作品と演じるカンパニーの力だろう。

今月、ハマさんに会うのもこれで4回目。
100530_1.jpg

ところで、このハマサイトグルメ、自分的にはなんか入ってる店が
イマイチなんだよなぁ。。。
夜は飲み屋になっちゃうし、エクセルシールカフェも早く閉店してしまう。
このビルが出来た時は期待してたんだけどな。

それにしても、駐車場の人にも覚えられてんだろうなぁ。この1週間で3回目だし。
などと余計なことを考えながら、これでしばらくは通うことはないであろう自由劇場へ。


ロビーはなんかいつもより混みあっている気がする。
千秋楽前日ということもあり、リピーターが多い雰囲気だ。
広く一般にウケるような作品ではない代わりに、コアなファンが多い作品でもある。

そんな千秋楽前日のキャストは変更なし。
もうここまできて変更されても逆に困る。


ベンドラ    :林 香純
マルタ     :撫佐 仁美
テーア     :岸本 美香
アンナ     :山中 由貴
イルゼ     :勝間 千明

メルヒオール  :上川 一哉
モリッツ    :三雲 肇
ハンシェン   :一和 洋輔
エルンスト   :山下 啓太
ゲオルグ    :白瀬 英典
オットー    :加藤 迪

大人の女性   :都築 香弥子
大人の男性   :田代 隆


このカンパニー、特にメインのメルヒ、モリッツ、ベンドラの3人は
観るたびに変化続けている。変化と言うよりは進化か。
誰が演じても同じ感動を提供する、と言う四季にあっては異端なカンパニーだ。
が、観るたびに違った面を見せる危うさが、この作品には一番重要な要素だ。
きっと観た日によって受ける印象も変わってくるのでは。

例えば「マジでFUCK!(Totally Fucked)」の冒頭で上川メルヒが見せる表情は毎回違う。
皮肉っぽく微笑んだりする時もあれば、怒りに満ちた表情の時もあり、
前に並んでいるメルヒ以外の登場人物が歌うのを「お前らもそうだよな?」というような
満足げな表情を見せるときもある。
今日は曲の途中で、上川メルヒがオフマイクで叫んでいた。2階席までハッキリ聞こえた。
今日は怒りと憤りを感じさせるこの曲だった。
また、この曲とは対照的な「からだの声(The Word Of Your Body)」や
小枝でベンドラを叩いてしまう前のシーンでは
ベンドラに対する優しさが、より前面に出ているように感じた。

千秋楽前日でキャストの気持ちの入り方が違うのか、別の理由があるのかはわからないが
他のキャストも演技や歌い方を変えていたところがあった。
白瀬ゲオルグは「タッチ・ミー」の最後の部分をいつもと違う歌い方に変えていた。
三雲モリッツは試験にパスして喜び小躍りする、踊り方を変えていた。
複数回観ている人にしかわからない、ほんの些細なことなのかもしれないが
変化を見せることによって、その日の舞台の色を変えることができる。

毎回変わらない同じ感動、毎回違った表情を見せる感動、どちらが良い悪いという
ことではないが、少なくともこの作品に限っては後者の方が相応しいように思える。

不安定と言えばそうなのかもしれないが、まだまだこれからどんどん伸びていくであろう
このキャストたちが、日々進化していることを感じることができる、貴重な舞台でもある。

そして今日もこのカンパニーの力に圧倒され感動した。
カーテンコールでは、最後に客席の通路を通ってはけていく演出(?)もあった。

次にこの作品を観れるのはいつだろうか。
あ、ちなみに名古屋へは行きません、というか行けません、はい。

個人的には、また新しい若手キャストを使って、
この作品ならではの感動を与えて欲しいと思っている。

で、また新しい表紙のパンフレット作ってね。
揃えていくので。
100530_2.jpg
左が去年、右が今年のパンフレット。


これでハマさんともしばらく会わないのかというと、実はそうではなかったりする・・・

それはまた来週・・・


よろしければポチっと
にほんブログ村 演劇ブログ 劇団四季へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 2010/05/30 Sun. 14:50 [edit]

category: 劇団四季:春のめざめ

TB: 0    CM: 2

30

コメント

 

登場人物の中でテーアがいちばん好きなのですが、岸本美香さんが演じるとホントに最強だと思います。『あなたに夢中』のときとか、座っているメルヒオールに投げキッスを何度もしていてステージシートに座っているおじさんもニヤニヤしていたのを憶えています。林ベンドラにほっぺをぷにっとさわられていたときもあったんですが、見ていて癒されました。萌え☆かなりウザイコメントに失礼しました(-.-;)

URL | 岸本テーアは最可愛 #- | 2010/10/03 08:45 | edit

確かにハマリ役 

>岸本テーアは最可愛さん
こんな古い記事に書き込みありがとうございます。
確かに岸本テーアはこれしかない!というくらいハマってましたね。
僕も『あなたに夢中』のそのシーンは好きで、毎回注目していました。
そりゃ、メルヒの隣に座ってしまったお客さんはにやけてしまいますね~(笑)

URL | nalaniconey #- | 2010/10/03 22:41 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://musicaltheater.blog130.fc2.com/tb.php/24-f98e3e79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。