04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

劇場つながり

各種観劇日記。基本的に劇団四季のみ、のはずが最近は色々と手を広げてます。書きやすさ優先でレポ内の俳優名は敬称略ですのでご了承くださいm(_ _)m

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

いいかい、観客にはたった3種類しかいない 春のめざめ4回目《2010年5月26日(水) ソワレ》 

「1回観て満足して2回目は観ない観客、普通だね」

「1回目で満足するが、2回目を観に行く観客、これも普通だね」

「観たいからと言って、見境もなく観に行く観客、正常じゃない観劇態度だね」

どうも自分はハンシェンがツボのようだ。
たたずまいを観ているだけで笑ってしまう。


それにしても4月22日に開幕した春のめざめ。29日に観に行ってから1ヶ月弱で
4回目の観劇。
ほぼ1週間に1回のペースだ。
そりゃ、もっと観に行っている人だってたくさんいるだろう。
でも、去年までは四季は基本月1回を守り通してきた自分にとっては
今年の観劇ペースは異常なのだ。

「何かが~変わった~、何かがおかしい~♪(ダメ将軍じゃないラダメスで)」
そう、なんかわからんけど歯止めが利かない今日この頃なのだ。

そしていつ観ても相変わらずのパワーに圧倒されるのだ。
今日もそんなパワーを味わいに、雨が降り始めた自由劇場に。
100527_1.jpg


実は今回の分はちょっと前に取っていて、今回から特別カーテンコールというのは
たまたまラッキーだった。
ちなみに、特別カーテンコールの内容は、ここでは書きません。
これから観るのを楽しみにしている人も多いだろうし。
どうしても知りたい人は、ネットで調べてください。

キャストは今回も変更なし。

ベンドラ    :林 香純
マルタ     :撫佐 仁美
テーア     :岸本 美香
アンナ     :山中 由貴
イルゼ     :勝間 千明

メルヒオール  :上川 一哉
モリッツ    :三雲 肇
ハンシェン   :一和 洋輔
エルンスト   :山下 啓太
ゲオルグ    :白瀬 英典
オットー    :加藤 迪

大人の女性   :都築 香弥子
大人の男性   :田代 隆

今のキャストに文句は一つもないのだが、新しいキャストも観てみたい。
アンサンブルの石井亜早実も、とりあえずアンナあたりでどうだろう?
などと、ちょっと痛い観客になりつつある。

メインの3人は見るたびにキャストと同化していくのがわかる。

前回はちょっとこなれてきたかな?と感じた上川メルヒ。
今回は「こなれ」を通り越して、自然に役になっている印象だった。
川上メルヒらしい危うさも今日はよく感じられた。

台詞にちょっとしたアレンジを加えて笑いを取っていた三雲モリッツ。
どこまでが元々持っている資質で、どこからが演技なのかわからないくらい
モリッツだった。きっとモリッツってこういう人だったんだ、と思わせるくらいだ。

林ベンドラは正直最初は男性陣に比べると弱いなぁ、と思っていた。
特に個性が強くなく、雰囲気で役を作れるタイプではないからかなぁ、と。
が、前回の冒頭シーンで見せた大人びた表情など、表情や目での表現が素晴らしい。
あ、目って表情の中に入るか。変な日本語でした。。。

この間のオフステージトーークの中で、上川一哉が「自分たちはまだまだだ」と
言っていたように、試行錯誤もしているだろうし
観る側のコンディションもあるだろうし、都度感じ方は違うものだが
どんどん良くなっているのは確かだ。

今回はちょっと今まで触れなかった、大人の役の二人のことも少し。

大人の女性⇒ベンドラ母、メルヒ母、ピアノの先生、学校の先生
大人の男性⇒クラスの先生、校長先生、イルゼ父、ハンシェン父、モリッツ父、メルヒ父、牧師
(漏れてたらすんません)

これだけの人物を二人で演じており、共通項みたいなものはあるのかもしれないが
それぞれが個別の人格だ。
それぞれが違って見えて、さすがベテランだなぁと毎回感心する。

厳しいクラスの先生とモリッツの名前が思い出せない校長先生の使い分け、
メルヒ父を責めるベンドラ母から、嘆くメルヒ母への一瞬での変化。
もちろん台本できっちり分かれるように書かれているんだろうが、
その通り(もしくはそれ以上)に、演じ分けられるのは、役者の力なのだろう。


毎回観る前は「もう今回で最後かな」と思うのだが、観た後は「まだ観たい」と
思わせるいい舞台だ。
今週の日曜で千秋楽なので、今回がマイ楽。
まだまだ観たいが、そうは言ってもなぁ・・・冷静にならんと。
と自分に言い聞かせながら帰宅。

帰宅 ⇒ PCのスイッチを入れる ⇒ 四季のホームページ開く ⇒ チケットページへ

あれ?

あれれ?

あれれれ?

楽日前日購入、チーン。


「ありえ~ない~♪」とメレブに歌われても、次いつ観れるかわからないし
この間の「オフステージトーーク」でも『あと3回でも4回でも』ってイルゼも言ってたし。。。


ふぅ・・・


よろしければポチっと
にほんブログ村 演劇ブログ 劇団四季へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 2010/05/27 Thu. 08:49 [edit]

category: 劇団四季:春のめざめ

TB: 0    CM: 0

27

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://musicaltheater.blog130.fc2.com/tb.php/23-953114cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。