09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

劇場つながり

各種観劇日記。基本的に劇団四季のみ、のはずが最近は色々と手を広げてます。書きやすさ優先でレポ内の俳優名は敬称略ですのでご了承くださいm(_ _)m

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

しんどいけどその分最高に面白い  Twelve≪2014年8月30日(土)ソワレ≫ 

望月龍平シアターカンパニー(OOBJも)の旗揚げ公演だったTwelve。
気になってはいたものの、初演は見逃してしまった。
当時は四季しか見てなかったし。

で、初めてこの作品を観たのが一昨年3月の再演の時だった。
この時は上演前の稽古を観させてもらう、という贅沢な経験をした。
その時の記事はこちら。

『おれってここにいて良いんだっけか・・・? OOBJ『トゥエルブ』稽古見学』

あまり意識してないのだが、舞台の見方が少しずつ変わってきたのは
この稽古見学が始まりかもしれない。
それまでは良いキャストとダメなキャスト、良い話とダメな話、良い歌と
ダメな歌みたいに目に見えるものだけを基準に観ていた。
それが稽古を見学して、表面には出てこない物を自分なりに探って
観るようになった気がする。
探ったものが間違ってる場合も多いが・・・

舞台はそれはもうこれ以上ないくらいのライブ感とむき出しにされる
登場人物たちの気持ちが痛いくらいに伝わってくる素晴らしいものだった。
開始直後に鳥肌がブワーっと立つという珍しい経験もした。

この頃は西葛西にある専門学校の施設を使うことが多く、
この時もその場所で行われた。
キャパは100前後くらいだろうか。日によっては空席がある時もあった。
西葛西は行きにくいし、まぁ旗揚げ後1年だしそんなものかなぁと思っていた。
こんなに良い作品なのにもったいないなぁ、とも思った。

あれから1年半弱が経過して、その間に望月龍平カンパニーは規模も中身も
大きくなり充実していった。
ただ、去年の段階で青山円形劇場での公演が発表された時は
「まだ早いのでは?」と正直思った。
青山円形劇場のキャパは376もある。大きくなって充実してきたとはいえ
このキャパの劇場での公演はまだ早い、と。
とは言え青山劇場は来年で閉館となってしまうので、この劇場でやるならば
今しかないというタイミング。

30日(土)に行った感じでは、満員ではないものの8~9割がた埋まっていたし
この日の昼の回は満員御礼だった。
平日はまだわからないが、それなりに入るのではないだろうか。
自分が勝手に思っていた「まだ早い」という危惧は徒労に終わった。
あ、もちろん喜ばしいことである。


そして今回はキャストも一新。
前回から継続しているキャストは一人もいない。
本来なら8番役の吉沢梨絵は張るはずだったのかもしれないが、
レディ・ベスの福岡公演と重なってしまっていて実現不可能。
それはそれで残念だが一部のキャストを除き皆ほぼ初見。
新しい人たちをこんな作品で観られるのは良いことかもしれないと
思いながらやってきた、去年の6月の「断色」以来の青山円形劇場。
140830_1.jpg

何やらホール前の広場のオブジェのあたりはすごいことになっている。
140830_2.jpg


という今回のキャスト。

1番 :松原剛志
2番 :神田敦士
3番 :山口馬木也
4番 :今拓哉
5番 :澤魁士
6番 :青木結矢
7番 :エリザベス・マリー
8番 :土居裕子
9番 :井口恭子
10番:村井國夫
11番:キムスンラ
12番:池田有希子
少年:櫛田祥光

守衛:菊池千花、堀さやか(たぶん)
盆人:内田弦輝、橋本薫(たぶん)


今回のキャストで観たことがあるのはウレシパモシリで観た澤魁士、
このカンパニーでは常連の青木結矢、四季のサウンド・オブ・ミュージックで
一度だけ観た土居裕子、元四季のキムスンラ、新感線の五右衛門ロックで
観た村井國夫の5人。あとは全くの初見だった。
それにしても村井國夫がこのカンパニーに出演するとは全くの予想外だった。
こんなキャスティングにもカンパニーが大きく成長したことが伺える。

会場に来てパンフレットを購入するまで誰が何の役をやるかわからなかったが
きっと村井國夫は10番で澤魁士は5番だろうなぁとは思っていた。
注目の8番は土居裕子。
実は前半の8番のシーンでちゃんと見たいシーンがあったので
たぶんそれがよく見えるだろう席を選んだ。

そしていよいよスタート。
キャストが入ってきてオープニングの歌が流れる。
やばい、この時点ですでにアップアップだ。
気持ちがどんどん高揚していく。
そしてSEが流れて動きが入る。前回はこの部分で鳥肌全開になってしまったが
今回は・・・いや今回も鳥肌全開になってしまった。
この時点ですでに自分の感覚が研ぎ澄まされて来ているのがわかる。

今回改めて気付いたのだが、冒頭でテーブルの上に乗っている少年を
12人の陪審員たちが取り囲んで見ているシーンで、他の陪審員たちが
すぐに少年から目を離す中、最後まで見つめているのは8番だ。
確か9番も最後の方まで見ていた気がする。
ここでこれから何が起こるかを暗示している。

審議の場面が始まると自分も観客席ではなくあの中にいて陪審員たちの
一語一句を聞き逃すまいと自然と感覚を鋭くしている。
そうなると気持ち的には観ている方もかなり無防備な状態になる。

なので命の重さというテーマにそれぞれの立場や考え方で、意見を述べて
いく陪審員たちに対して納得したり、憤ったり、ムカついたり、イラついたり
悲しくなったり、と観ている側もどんどん削られていく。

前半が終わった時点でかなりクタクタ(笑)
とりあえず席を立って気持ちを入れ替える。
早く後半が観たい気持ちは満々でも、芝居に対するワクワク感というよりも
立ち向かう準備を楽しんでいるという感じだ。
後半は更に登場人物たちが抱えているものが明らかになっていくので
心の準備はしっかりしておかないとマズイのだ(笑)

そして作品のテーマである命の重さを否応もなく突きつけられ、
自分であればこれをどう捉えるのか、どう行動するのかの判断を迫られる。
ポイントはそのような状況に置かれても、それが決して不快ではないことだ。
なぜかと言うと、あの空間にいる観客はすでに観客ではなく、
12人の陪審員たちと同じところに立っているからだ。
そして登場人物たちと同じように自分の中にあるものと葛藤しながら、
もしくは冷静に事件の状況判断をしながら判断せざるを得なくなる。
繰り返しになるが、いずれの場合も根底にあるものは命の重さ。


こういうことを散々書いてしまうと気が引けてしまう人もいるかもしれない。
確かに無条件に楽しむような作品ではないかもしれない。
それでも一つのエンターテインメント作品として楽しむことも出来る。
楽しめる要素の一つはキャストたちの最高の演技。
一人一人があまりにも生々しい。
陳腐な言い方になってしまうが、まさに役を生きているのだ。
それぞれが良いのはもちろん、全体の塊としての説得力が凄い。

それから作品の成り立ちの素晴らしさ。
全く持って隙がない。
無駄な瞬間がなく全てが理に適っている。
12人の登場人物たちがそれぞれバラバラに動いているようで、
ちゃんと人物像を説明している。
一人ずつ追ってみていると面白いかもしれない。
演出の望月龍平が色々と細かく指示をしている部分も多いと思う。
ちょっとした演出で色が変わったり深くなったりするのを
稽古見学の時に見ているので、きっと今回もあんな風に作り上げて
行ったんだろうなぁと思う。


ということで、やっぱりこの作品は一度観るだけじゃもったいない。
この回の分しかチケットを取っていなかったのだが追加することにした。
これだけの作品が観られるというのはすごいことだと思うので、
ちょっとでも興味がある人は是非!


よろしければポチっと
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 劇団四季へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 2014/09/01 Mon. 00:12 [edit]

category: OOBJ:本公演

TB: 0    CM: 14

01

コメント

面白い・・? 

はい
8/30から3回連続の観劇でした

・・・。
そーですか
自分的にこの初回は、

あれっ
トゥエルブって、
望月作品って、こんなんだったっけ???
という正直、残念な感想でした
なんか、プロ野球の4番バッターが、12人、
それも金属バットでブンブン振り回しているといった印象で、
つながりがなく、ブツブツ途切れて淡々と時間が過ぎていった感が大きく、違和感ありありの初回でした

あと4回、これを観るのか・・
って、気が重くなり、テンション低いままの帰宅(汗)


えっ?
あと4回、あんな思いを!
ははは
面白くないのはあたり前、キャストの皆さん、
まさにリアルを演じて、その空間を現実化していたのですね

やられた(笑)


そーいえば、
写真、部屋の見取り図、携帯の話し相手・・
今回、説明となる内容は一切なし、
台詞(あえて)も、無駄をはぶいた最小限でしたね

そして、日曜日の2回、
観かたがわかれは、しめしめで、
今回のキャストさんならではの、緊張感たっぷりのリアルをお腹いっぱい堪能してきました☆

URL | 松 #USanPCEI | 2014/09/02 12:53 | edit

Re: 面白い・・? 

>松さん

なるほど。すごく興味深いご意見です。
僕は全く違和感なく観ていたので。
たぶん僕の場合この作品好き過ぎて「好き過ぎ補正」の要素があるかもです。
何と言ってもオープニングで泣きそうですからww

たぶんリアルってドラマティックではないんでしょうねぇ。
だから観方によっては面白味を感じられない場合もある、と。

そうですね。今回結構省かれてましたよね。
円形劇場なら壁にどーんと映せるのに、とは思いました。
前に観に行った作品は円形であることをうまく使っていたので。

僕は明日追加しました。
取りあえず席は変えて楽しみます!
それにしても4回って・・・相変わらず石油王ですねww


URL | nalaniconey #- | 2014/09/02 20:39 | edit

 

楽前に観ました。
皆さんの迫力に圧倒され、ずーーっと途切れない集中力が必要でした。
ところで、今回の公演のDVDのためか、客席後方の壁沿いにカメラが4台。本番中はずっと撮り続けておられたのもあって、自分も見られている、考えを聞かれているような、まさに13人目の陪審員となる感覚がよくわかりました。
ツイで書かれていましたが、カテコでは土居さんソロから始まる歌のプレゼントがありました。こんなに神経削る観劇ってあるだろうか、と思うほどどっぷりと疲れましたが、観てよかったです。

URL | ヨイコ #uk.Vueic | 2014/09/08 11:22 | edit

Re: タイトルなし 

>ヨイコさん

土曜日はDVD撮影入るって書いてありましたね。
僕はカメラあるだけで緊張しちゃうのでそういう日は観れないです(笑)
まぁ、他の団体のDVDに後姿が写ってたことあるんですがw

ずっと息が抜けない作品ですよね。
僕も自分がすごい集中していることを忘れるくらい見入ってしまいました。
なので終わるとどっと来ました(笑)
確かに自分があの空間の一部になっている感覚がありました。

特別カーテンコール羨ましいです。。。
取りあえずはDVDを楽しみに待つことにします。

URL | nalaniconey #- | 2014/09/08 12:27 | edit

もうひとつの審議 

こちらの演目、
大好物なのですね

今更ですが
7/26~8/3 秋葉原での公演、
『12人の怒れる男と女(仮)』
すでに終わってしまってますが(汗)・・
お勧めすればよかったですね

演出は、ブキの小川信太郎サン、1番役で出演もされました
主な出演者は、同じくブキの上田郁代サン、佐藤秀樹サン(次回のウレシパに出演されます)、そして千葉ミハルさ~ん

偶然にもほぼ同時期に同じ原作だったんですね
前回 "twelve" の回顧も兼ねて観たのですが、
今回、円形での公演が、???
という印象だったのも、あまりもこちらが強烈だったので、記憶が上書きされてしまったのかもしれません(汗)
こちら
"至上最高の密室会話劇"
と銘打った地下1Fの小劇場は、まさにうってつけのシチュエーショ~ン
そこで繰り広げられたのは、極上のエンターティメント!
全編、12人が怒ってるんですよ
あの8番サンでさえ、怒鳴ってましたから(笑)
罵り、掴み合い、マジのビンタに膝蹴りまでとびだし、さらには自己コントロールが不可能になり号泣・・
感情のおもむくまま、意地とプライドのぶつかり合いは、自身の存在意義そのものを賭けた戦いへとエスカレートしていきます

それでいて、ところどころに笑いも満載、そして最後には、
じーーんと静かな(笑)感動が味わえます


感情を全面に大胆かつ丁寧に描ききった演出は、
まさに信太郎マジック
とにかく、わかりやすいのです
小道具も、ホワイトホードやメジャーを駆使しての状況説明もあって、自然と13人目の陪審員へと引き込まれます・・・


こちらも再演が実現したら、是非、ご覧頂き、感想を伺いたいですねっ☆
今は、それぞれのキャストを総入れ替えしたい衝動が・・・
ありえねーーー(笑)

URL | 松 #USanPCEI | 2014/09/10 07:46 | edit

Re: もうひとつの審議 

>松さん

おっと・・・それまったくノーチェックでした。。。

基が同じ作品でもそれだけ自由に変化が出来るんですねぇ。
やっぱり作る人の想像力&創造力ってすごいですよね。
なんか観ておけばよかった・・・チェックしておけばよかった・・・
Twelveとは別の意味で人間臭さ全開というかんじでしょうかね?

そういえば前にどこかでもらったチラシで11月の演目で小川さん、千葉さん、上田亜希子さんなど
出演の作品があったんですが演目名が思い出せず。
チラシではまだ「詳細不明」になっていて正確な日付が判らないんですよね。
まぁもう少ししたら情報出てくるでしょうけど。

URL | nalaniconey #- | 2014/09/10 08:00 | edit

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2014/09/24 12:50 | edit

Re: こんにちは。 

そうなんですよね!
子役もアンサンブルメインキャストも出演日まで細かく表示されてましたね。
今まで四季にさんざんやられてきたので、この変わりようはいったいどうしたのか?と。
御大が経営から引退して影響力がなくなって来たのか・・・

僕は一部の人、一部の演目以外は開口は気にしてないです。
何言ってるかわからない舞台は最悪ですしね。
開口のあるなしではなくて、舞台から伝わってくるものの量と質の問題ですし。

でもキャストが事前にわかればチケットは取りやすくはなりますよね。
誰でもこの人が良いとかこの人は嫌だとかあるし。
それでチケットが売れるようになるならいいんじゃないかと。

URL | nalaniconey #- | 2014/09/24 17:28 | edit

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2014/09/24 18:46 | edit

Re: タイトルなし 

まぁ確かに合わない人はしょうがないですよね。
僕も四季以外をたくさん観るようになって、四季の独自性はつくづく感じてます。
良いところも悪いところも両方ですが。。。
でも四季はあれで良いんだと思ってます。
あのやり方であそこまで大きくなったんですしね。

由緒正しいというか、きれいな作品はよく似合いますよね。
めざめなんかは確かにもう少し崩れてもいい気もしますが、
四季以外がやったら良い作品になっただろうか?という気もします。

URL | nalaniconey #- | 2014/09/24 22:26 | edit

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです

 |  # | 2014/10/04 15:58 | edit

Re: 池袋♪ 

>松さん

ブログの更新さぼっててすいません。。。

あ!今日からだったんですね。
ぬかりました。。。
日程調整して予約します〜!

これかなり楽しみです。

URL | nalaniconey #- | 2014/10/04 17:23 | edit

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2014/10/05 18:13 | edit

Re: タイトルなし 

こんばんは〜
ON THE TOWNは今回はパスしました。
まぁジャニーズは良いかなと。。。
ところが、友達がちょうどブロードウェイでのON THE TOWNを観て
とっても良かったと言ってました。
ちょっと後悔です(笑)

文七は今回も観に行きます。
やはり舞台は生に勝るものはないですしね。
毎回観ないと気が済まないというか。。。(笑)
それに今回で望月さんはしばらく俳優は休業という事ですし。

アラジンはどうでしょうねぇ。
きっと良くも悪くもいかにもディズニーなんでしょうね。
まぁ何にしても新作なので楽しみではあります。
LMはそろそろチケット取れないですか?
前日予約とかならあるんじゃないですかねぇ。

URL | nalaniconey #- | 2014/10/05 19:22 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://musicaltheater.blog130.fc2.com/tb.php/219-e1a9351b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。