10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

劇場つながり

各種観劇日記。基本的に劇団四季のみ、のはずが最近は色々と手を広げてます。書きやすさ優先でレポ内の俳優名は敬称略ですのでご了承くださいm(_ _)m

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

先週馬肉食ったばかりなんだよね。。。  ウォー・ホース~戦火の馬~《2014年8月2日(土)ソワレ》 

この作品は映画化された時に知り、何となく気になっていた。
吉沢梨絵も確かロンドンで観てとても良かったと言っていたこともあって
気になる作品リストにあった。
が・・・映画は観ていない(笑)

なのでこの作品の来日公演が実施されるとなった時は、
チケット発売と同時に申し込んだ。
取れたチケットはなんと3列目。
字幕はたぶん両サイドなので前過ぎるのも観ずらいかなぁとは思っていた。
前方で観る迫力と、字幕の見づらさと痛し痒しではある。

4月の劇団新感線以来のシアターオーブ。ここに来るのももう4回目だ。
客席が大きすぎることを除けば良い劇場だと思う。
例によって下界の人々を撮影w
140802_3.jpg


ということで今回の演目はこれ。「War Horse~戦火の馬~」である。
140802_1.jpg

隣にはキャストボードもあったが役の名前はなくキャストの名前のみ。
しかも知ってる人はいないので自分にとってはあってもなくても同じだったw
140802_7.jpg


実は見づらそうな字幕の他にもう一つ懸念事項があった。
うちにはイヌ×1、ネコ×3いるということもあり、動物ものには弱いのだ。
可哀相な作品と判り切っているものはたぶん観に行けない。
動物もののテレビも避けがちだ。
この作品も戦争に駆り出される馬の話しということで、きっとあるであろう
可哀相なシーンを観ることが出来るだろうかということと
うかつにも泣いてしまうのではないかということが心配だった。
いや、泣きたきゃ泣けばいいんだけどね。
劇場では泣かないというのがモットーなので。
(いつからそんなモットーがあるのかは不明。というかあるのか?w)


この作品でまず注目なのは馬たちであろう。
ライオンキングではないがパペットというか着ぐるみというか衣装というか
馬がどのように演じられるのか、ということ。
ここで変なものが出てきたりすると一気に興ざめである。

出てきた仔馬時代のジョーイ(主人公の馬)。
確か3人で動かしており、鳴き声や細かいしぐさ、耳の動きなど
造りものであることを忘れさせる。
で、予想通りすでに感情移入してしまっている。。。
ジョーイが主人公のアルバートの親に競り落とされ、アルバートの家に
やって来て少しずつ心を通わせはじめる。
その過程もそんなに丁寧にやって時間大丈夫なの?と思うくらい
丁寧に作られており、この辺も観客をジョーイとアルバートにグッと
近づける役割を果たしている。
ライオンキングの「ハクナ・マタタ」ではないがジョーイが仔馬から
大人の馬に変わる場面では鳥肌立ちまくり。そして涙腺も緩む。
思わず見入ってしまった。

そこからはもう完全に生きている馬として観てしまっている自分がいた。
なのでちょっと可哀相なシーンだったり痛そうなシーンだったりすると
無条件に顔をゆがめてしまう(笑)


ストーリーに関してはまだまだ公演も続くので書かないことにする。
ただ時代背景であったり、細かい人物描写であったり、
非常によく作りこまれた素晴らしい内容だった。
ラストは・・・まぁそうならないとね、という感じなのだし
それを期待しているわけだが、物語に入り込んでしまっているので
終始「うぅぅぅぅ」と身構えながら観てしまう。
それだけ入り込める良い作品だということだ。

物語は歌がストーリーテラー的な役割を果たしている。
ミュージカルではないが、音楽劇と言ったところだろうか。


数奇な運命をたどったジョーイという馬を通して、第一次世界大戦という
時代背景からくる戦争の悲惨さや平和の尊さ、戦争に翻弄されていく
ヨーロッパの人々など、様々なことを感じ取れる骨太な作品でもある。
どのような観方をしてもかなり見応えがある作品ではないだろうか。


この日週末ではあったものの1階席の両サイドの後ろ3分の1、2階席に
空席が目立った。
確かにチケット代は四季と比較すると高いのだが、それだけの価値がある
素晴らしい作品だ。


来日のカンパニーだからなのかこの日もカーテンコールは写真撮影OK。
「ノートルダム・ド・パリ」の時もそうだったもんなぁ。

カンパニーの一部。
140802_4.jpg

ジョーイのライバルであり友であった馬、トップソーン。
140802_5.jpg

そしてジョーイ。
140802_6.jpg

興味があれば是非!
あ、字幕はやはり見づらかった。ちょっと後ろの方が見やすい作品かも。
そして先週木曜に馬肉くったばかりなんだよな。。。なんかバツがわるいw
御徒町に美味しいお店があるんだよね。。。
スポンサーサイト

Posted on 2014/08/05 Tue. 18:58 [edit]

category: その他舞台

TB: 0    CM: 2

05

コメント

 

私も動物モノには弱く、堺雅人の映画では開始五分で号泣して友達にどん引きされました。
舞台は予定無いので映画観ようかな!
でも泣いちゃいそう(>_<)

URL | 朋美 #- | 2014/08/08 20:14 | edit

Re: タイトルなし 

>朋美さん

いかんですよね、動物もの(笑)
僕は志村動物園でさえ積極的には観れませんw

ぜひ舞台観てほしいなぁ。ちょっと高いんですけどね。。。
舞台の方が先にできてるんですけど、映画はもう少しいろんな要素が足されているようです。
ドキドキハラハラ要素が(笑)

URL | nalaniconey #- | 2014/08/08 22:53 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://musicaltheater.blog130.fc2.com/tb.php/215-1ff5ebfc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。