08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

劇場つながり

各種観劇日記。基本的に劇団四季のみ、のはずが最近は色々と手を広げてます。書きやすさ優先でレポ内の俳優名は敬称略ですのでご了承くださいm(_ _)m

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

☆第5弾!☆おれは2号でも3号でも良いけど亜早実がね!  0号《2014年7月18日(金)》 

池袋は実家から車で10分もかからないところなので、子供のころから
高校生くらいのころまではメインの遊び場だった。
当時の池袋は・・・まぁ汚かった(笑)それに危なかった。
発砲騒ぎなんかもたま〜にあったし。

高校出た後ぐらいから活動の場が池袋より先の方(新宿とか渋谷とか)に移り
その後地元を離れたことともあって池袋からはしばらく遠ざかっていた。
何年かぶりに戻った時、あまりの変わりようにびっくりしたことを覚えている。

ホームレスの活動(?)の場だった西口公園は綺麗になって
東京芸術劇場なる建物が出来ていた。
変わりすぎていてもう地元の懐かしさすらも感じなかったくらいだ。
そんな東京芸術劇場に20数年目にして初めて足を踏み入れた。
140718_1.jpg

観に来たのはこれ。
140718_3.jpg

劇団ゲキバカの「0号」である。初めて観る劇団だ。
なぜこれを観たかというと、上の写真の左下の方を観てほしい。
というか、このレポの記事ですでにバレているかww

そう。石井亜早実である!!

初めて観る劇団だろうが、作風がどんなものかさっぱりわからなかろうが
とりあえず彼女が出演する舞台は見逃さないようにしようと決めているのだ。
良いじゃないか、ファンなのだからw

今回は東京芸術劇場内のシアターウエスト。
この建物にはメインのホールのほかに小規模の劇場が2つあるのだ。
140718_2.jpg

という今回のキャスト。

山田    :伊藤 今人
後藤    :中山 貴裕
千代子   :田中 良子
過去の後藤 :村田 洋二郎
過去の千代子:三枝 奈都紀
マキダ監督 :鈴木 ハルニ
みっちゃん :谷野 まりえ
坂東鶴三郎 :浜口 望海
菊田    :西川 康太郎
さぶ    :伊藤 亜斗武
ケンちゃん :菊池 裕太
よね    :一川 幸恵
遠山やんす :石黒 圭一郎
幸田    :石井 亜早実
望月武   :福地 教光
<撮影所の人々&ダンサー>
上野みどり 山崎涼子 岸下香 佐藤雅美 東千紗都 多賀優


劇場に入ると客層はバラバラだ。学生もいるし自分くらいの年の人もいるし
若いおねーちゃんもいるし、年配の人もいる。
特に若い人中心に固定のファン層っぽい感じがして、ややアウェイな感じ。
そこでちょっと自分がついていける内容なのか心配になった。

この、「0号」という作品は何度目かの上演で、今回は東京と大阪で行われる。
東京公演は今日(21日)に千秋楽となるが、その後大阪公演があるので
ネタバレ避けようとは思うが、チラシで紹介されている粗筋はこんな感じ。

======================================================================
昭和初期、映画がまだ「キネマ」とか「活動写真」なんて呼ばれていたころ
それは文化の花形だった。
活気ある撮影所は、その「キネマ」に青春を懸ける若者たちであふれていた。
明日のスターを夢見る役者。
作品で名を上げようとする監督。
職人気質の癖のあるスタッフたち。
しかし、時代の背後には軍靴の音が近づいていた・・・。
======================================================================

舞台は取り壊しを明日に控えた撮影所からスタートする。
その日警備のバイトについた警備員の山田はそこで二人の年配の男女と出会う。
その二人は撮影所の関係者だという。
その二人が山田にこの撮影所が活気にあふれていた頃の話を聞かせ始め・・・
という感じで物語は始まる。

最初は結構ドタバタ感が強く、自分がついていけるかさらに心配になった。
それに内輪受けみたいな話だったら嫌だなぁ、と。
この作品は上演時間が2時間20分で途中休憩がない。
その間ずっとこんな感じだったらどうしよう・・・と。

結果、素晴らしい作品だった。
物語が進むにつれどんどん物語に引き込まれていき、
終盤ではめちゃくちゃ感動、と。
好きな役者が出ていることをきっかけに観に行った作品で出会えてよかった、
と思えた作品はいくつかある。
「文七元結」「Cownt Down My Life」「ウレシパモシリ」「Ordinary Days」
「Second Of Life」などだ。
今回の「0号」もその仲間入りをした。

粗筋にもあるように戦争の時代の話しということで、話しの重さを懸念する人

いるかもしれない。
でもこの作品は戦争の悲惨さや教訓の提示をメインにした作品ではなく
戦争はあくまでも時代背景なので、その部分に対して特に構える必要はない。
もちろんその時代背景があるからこその作品な訳だが・・・
そして戦争という時代背景を小賢しく利用している訳ではもちろんない。
そんな時代背景も含めての、ものすごく骨太な作品という印象だ。

途中からこの作品を観に来た目的が石井亜早実にあったことすら
忘れてしまうほど作品にのめり込んでしまった。
あ、彼女の登場シーンはめっちゃガン見してたけどw
のめり込んでねーじゃん、とは言わないでね。
条件反射的にガン見してしまうのですよ(笑)
今回はダンスシーンもあったので、夢醒め以来の彼女のダンスを堪能できた。
そして演技の方も出番が結構あったのでじっくり観ることができた。

軍族を父に持つちょっと気が強いお嬢さんだけどお茶目なところあり、という
この役のキャラクターをしっかりと感じることができた。
まぁ元の設定がどうなのかはわからないけど、人物像がちゃんと伝わってきた
のはすごいよかったと思う。
この辺は前回のラフカットの時より数段良かったと思う。

石井亜早実に限らず、劇団ゲキバカのメンバーもゲスト出演のキャストも
みんな良かったと思う。
後藤役の二人、千代子役の二人は特に良かった。
後藤のまっすぐで不器用なところも、千代子のちょっとおかしいところが
ありながらも一途なところも見事だった。
登場するキャラクターを愛おしく思わせてくれる。
こういう良い人たちを観るとまた観たいなぁとなり、そうなると限りなく
広がっていってしまうので程々にしないとなのだが。。。

ということで思いがけず、かなりの良質な作品と出会ってしまった。
こういう出会いがあるから観劇はやめられないのだ。


ところで「●●も良いけど亜早実がね」というタイトルの縛り。
自分で縛っている訳だが今回のタイトルでもわかる通りだいぶ苦しいw
ので、今後変えるかも。
ま、こだわってるのはおれだけだな・・・



よろしければポチっと
にほんブログ村 演劇ブログ 劇団四季へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 2014/07/21 Mon. 15:10 [edit]

category: 石井亜早実シリーズ

TB: 0    CM: 8

21

コメント

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2014/07/21 18:25 | edit

Re: こんばんは 

はい。別の作品です〜。
この後は11月の舞台が決まっているようです。
こっちは確かクリエだったと思うんで、ちょっと大きめの作品ですね。
痛さ全開で石井さん追っかけてますww

ブラックメリーポピンズはサイト見ましたが、僕も知らないor見たことない
人たちばかりですね。。。

ウレパモ再演早かったですね。
河野さんは何やるんでしょうかねぇ。歌なのか聖なのか。。。

URL | nalaniconey #- | 2014/07/21 19:22 | edit

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2014/07/21 20:12 | edit

Re: 河野さん 

あぁ、そうなんですね。
聖だと落ち着き過ぎかな、という感じがしてたもんで。。。
とりあえず楽しみにしたいと思います。

URL | nalaniconey #- | 2014/07/21 20:40 | edit

池袋 

楽しく読んでいます。
私もこの週末、池袋の同じところにいきました!
奇遇ですね、私が観たのはカッコーの巣のうえで、でした。
ミーハーな勢いで観に行ったのですが、これまた自分の観劇史上かなり上位にいくよい作品でした!
観劇っていいなと改めて思えた池袋でした。
また更新を楽しみにしています。

URL | あおい #KtOtvm9U | 2014/07/21 21:13 | edit

Re: 池袋 

>あおいさん
お、それは小栗君ですね。
僕もちょっと興味ありました。
観劇って良いな、と思える作品との出会いってたまらないですよねぇ。
僕も今回はほんとそんな感じでした。

最近四季が非常に少ないんで申し訳ないですけど、気が向いたら読んでください!
あ、ちなみに来週末はジョン万行きます(笑)

URL | nalaniconey #- | 2014/07/21 22:20 | edit

亜早実がね!は続行でよろしくです。 

「0号」大阪公演、観てまいりました!
笑いと感動とで、涙と鼻水の洪水で大変なことになりました。メイク直しして帰りました(笑)。
このブログを拝見していなければ、石井さんのツイッターを見ていなければ、出会えなかった作品です。
石井さんに再会できたこと、それもこんな素晴らしい作品にご出演で、とうれしいし感動でいっぱい。

亜早実がね!シリーズは今後も続行でお願いしますね!
読んでる方は全然痛くない痛くない(笑)。紹介してくださって、本当にありがとうございました。

URL | ヨイコ #FsFB3mto | 2014/07/26 23:51 | edit

Re: 亜早実がね!は続行でよろしくです。 

>ヨイコさん

お!0号観に行かれましたか!!
良いですよね。すごく良い作品ですよね!
ビックリするくらい良い作品でした。
そして石井さん相変わらずカワイイですよね。ファンとしてはたまらんとですw
もっと長くやってくれると複数回観に行けたんですがねぇ。。。

ところで・・・「〜亜早実がね!」は続行ですか・・・そうですか・・・w
もちろん石井さんが関わる舞台があれば行きますしレポにもしますが
タイトルが苦しくて(笑)
でもそう言っていただける方がいるのであれば今後も頑張りましょうかね。。。

でもね、やっぱり痛いと思うんですよ。
いいおっさんが目をハートにしながら観ている姿というのはww

URL | nalaniconey #- | 2014/07/27 08:38 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://musicaltheater.blog130.fc2.com/tb.php/213-06bfa562
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。