07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

劇場つながり

各種観劇日記。基本的に劇団四季のみ、のはずが最近は色々と手を広げてます。書きやすさ優先でレポ内の俳優名は敬称略ですのでご了承くださいm(_ _)m

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

限定復活!空飛ぶ麺とトンビに注意!!  機動戦士ガンダムUC FILM&LIVE the FINAL ~A mon seul desir~《2014年7月5日(土)18:00~》 

今回もガンダムネタなのでガンダムに興味がない演劇ファンの方は
スルーしてやってください。。。m(_ _)m



前回の「空飛ぶ麺」企画は2012年の10月だから1年8か月くらい前だ。
キャッツの横浜公演の千秋楽間近の時だった。
その時の記事はこちら↓
『いよいよ最終回の空飛ぶ麺企画!飛べないネコもいたけど・・・』

そして今回・・・限定で「空飛ぶ麺」が復活!
って、誰もこの企画覚えてないかw

というわけで久々にやって来た中華街。
140705_2.jpg

今回のお店は前回に引き続き京華楼。
今まで食べた中ではここの刀削麺が一番麺っぽい。

食べたのも前回に引き続きチャーシュー刀削麺(笑)
140705_1.jpg

今回は欲張ってサイドに小籠包と餃子も追加してしまったので
ちょっと食べすぎた・・・

お腹パンパンの中やって来た今回の会場。パシフィコ横浜の国立大ホール。
140705_3.jpg

ここはキャパが5,000弱あるかなり大きな会場だ。
ここで1日2回公演だから1万人弱は入ってるということだ。
会場脇にあったちょっとビックリの看板。
140705_4.jpg

ここはトンビに襲われる場所なのか!!


そして今回観に来たのがこれ。
140705_8.jpg

先日最終話が発売となったガンダムUCの最後のイベント。
「機動戦士ガンダムUC FILM&LIVE the FINAL ~A mon seul desir~」だ。
1回目は2011年のEP4発売時、2回目は2012年のEP5発売時に朗読劇が
プラスされる形で行われた。
そして今回が3回目にしてラスト。制作陣、声優陣がゲストで出演するので
トークを交えた普通のコンサートかな、と考えていた。

流石キャパが5,000弱もあるためか入場する人もかなりの数。
そして会場ロビーは色々な展示物に群がる人の群れ。。。
ちょっとは見たい気もするがとても中に混じって見る気にはなれない。。。
なので端っこから雰囲気だけ。
140705_5.jpg

比較的人が少なかったのはフロンタル専用のオーリス。
フロントガラスについてる角みたいの邪魔だろ。。。w
140705_6.jpg


会場に入って舞台を見ると舞台上手にはユニコーンのアンテナ、
下手側にはバンシィのアンテナを模ったセット。
並んでいる椅子の数も多そうだし今回のオケはストリングスだけではなさそう。
前回は朗読劇ということもあってかストリングス(+バンド)だけだった。
それはそれで良かったのだが最後はきっちりした形で聞きたかったのだ。


そしてライブ開始!
オーケストラは出てこずにnZkメンバーだけが出てきたので察しは付いた。
オープニングはEP7の主題歌だったAimerの「StarRingChild」。
ホールの大きさや造りによるものだとは思うが、音がかなり響くので
スケール感はあるものの、音自体は先日のZeppの時の方がタイトで良かった。

コンサートの進行としてはガンダムUCの各EPのダイジェストが流れて
数曲ごとに演奏という感じ。
前半は間に「EGO」「A LETTER」を挟みながらサントラ4の曲順のままで
「20140517」までを。
あ、「UNICORN GUNDAM」の終盤の「MAD-NUG」の部分が差っ引かれてたかも。

EP3のダイジェストが終わってサントラ4の「20140517」の後に
声優陣(内山昂輝、藤村歩、池田秀一)、制作陣(福井晴敏、古橋一浩)を
交えてのトークショー。
ライブがメインのイベントということもあって、音楽制作の澤野弘之を
皆がいじる場面が多かった。ここでも進撃の巨人がネタにされていた。
あと以前はイベントでもたどたどしいというかおどおどしているイメージが
強かった内山昂輝がツッコミ役をこなしていたのも可笑しかった。
今まではリディ役の浪川大輔がやっていた役どころを内山昂輝がちゃんと
こなしていた所に成長を感じた。大人になったなぁ、と(笑)

福井晴敏からは「こんな場で申し訳ないけど」と一言入ってから
劇場で販売して唯一売れ残ってしまったジュアッグ100個をよろしく!と(笑)
その甲斐あって完売したらしいww

後半はサントラ3の「BANSHEE」からスタート。
この曲を生で聴くのは初めてなのでかなり嬉しい。曲の始まりの「ど~ん」と
いう音の時、会場がビリビリとビビってた。
その後はベスト盤を聞いているかのような「MOBILE ARMOR」「MAD-NUG」
「MOBILE SUIT→GUNDAM」という流れ。
ホーンセクションまでちゃんと入っているこの4曲はほんと名曲!!

で、この日のピークはこの後に来た。
EP7のダイジェストが流れ、終盤のグリプス2のコロニーレーザー発射の
シーンで藤村歩が登場。
最後のミネバの演説のシーンの時に、ミネバが何を思いながら演説を
していたのか、ということを朗読の形で再現。
OVAだと分かりにくかったかもしれないが、小説だとユニコーンが
コロニーレーザーを防ぎ切った時に、バナージの魂(命)がサイコフレームに
飲み込まれてしまったことをミネバは知覚していた。
OVAだとたぶんミネバがサイアムを庇いながら「バナージ!」と叫んだシーン。
ミネバのバナージに対する「戻ってきてほしい」という願いが
バナージを呼び戻した、と。
その流れからの「BEGINNING」~「流星のナミダ」は圧巻。
EP7の感動が再び甦って来た。
と、同時に「あぁユニコーン終わっちゃった」というあのユニロス感。。。
ほら、やっぱりユニロス感再発してしまったじゃないか。。。

本編はそこまでで終了。
エンドロールではこのガンダムUCという作品に関わった制作陣、声優陣、
主題歌担当などなどすべての人たちが全員並列の形で流された。
この間拍手は鳴りやまず。
このエンドロール、個人的にはかなり感動的だった。

そしてアンコールはnZkメンバーだけが戻り2曲演奏。
アンジェロのイメージソングだという「bL∞dy f8」と言う選曲は
ちょっと意外だったかも。
そして本当の最後はEP6の主題歌だった「RE:I AM」。

というわけで感動のラストイベントは終了してしまった。
帰りのロビーはちょっとだけ人が少なかったのでネオ・ジオングを見てみた。
140705_7.jpg

確かにデカい。普通の部屋には飾りようがない。
でも思ってたよりは小さかったかも。いや、でかいんだけどね、十分。
絶対自分は手は出せないな。。。。
だってシナンジュ作ったうえでネオジオングも作るんでしょ、これ?
絶対無理。。。
そして完成して置いておいたら、うちの可能性の獣たちにやられそう。。。
3匹のネコたちにネコパンチ食らわされ崩壊したところをイヌに歯形を
付けられそうだ。。。


最後に今回のセットリスト。

01 StarRingChild
02 20090533or0331
03 MSGUCEP7
04 RE:I AM MARIE
05 EGO
06 ν TYPE-OYM
07 UXO- →RX0
08 A LETTER
09 UNICORN GUNDAM
10 20140517

~トークショー~

11 BANSHEE
12 MOBILE ARMOR
13 Sternengesang
14 MAD-NUG
15 MOBILE SUIT→GUNDAM
16 REMIND YOU
17 BEGINNING
18 流星のナミダ

~アンコール~

19 bL∞dy f8
20 RE:I AM



ということでガンダムUCのスタッフの皆さん長いことお疲れ様でした!
あ、「白の肖像」楽しみにしてます(笑)

スポンサーサイト

Posted on 2014/07/07 Mon. 12:20 [edit]

category: その他音楽

TB: 0    CM: 0

07

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://musicaltheater.blog130.fc2.com/tb.php/212-b200215f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。