05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

劇場つながり

各種観劇日記。基本的に劇団四季のみ、のはずが最近は色々と手を広げてます。書きやすさ優先でレポ内の俳優名は敬称略ですのでご了承くださいm(_ _)m

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

汗っかきな脚本家  Count Down My Life《2014年6月29日(日)》 

観劇からちょっと間が空いてしまったが、せっかく好きな作品を観に行った
のだから一応備忘録も兼ねて残しておきたいと思う。
観に行ったのはTipTapの「Count Down My Life(以下CDML)」だ。
この作品は2年半くらい前の再演の時に初めて観て良い作品だと思ったので
それ以降毎回観に行っている。

Ordinary Daysのレポでも書いたが、気に入った作品は興味がキャストから
作品に移っていくので出演者が誰であるかに関わらず観に行くことにしている。
このCDMLはそういう作品のうちの一つである。
上演時は毎回3チーム作られ総勢15名のキャストがいるわけだが、
今回知っていたのは上田亜希子とOrdinary Daysの演出をしていた藤倉梓のみ。
藤倉梓のCチームにも惹かれたものの、上田亜希子のBチームを選択した。

チケットを予約してから気づいたのだが、このチームだけ男1名女4名の
構成になっている。謎の少年役が女性なのだ。
毎回1チームはこの構成になっている。

女性であっても男役だよなとか、曲のキーが女性には高すぎるのではとか
イマイチ想像がつかない中向かった今回の会場がある中野。
家を出たあたりから雨が降って来て、途中物凄い雨になってしまい
中野についても外歩けなさそうだった。
幸い着いたころにだいぶ弱まって来たので、何事もなく無事到着。

今回の会場である劇場HOPE。
140629_1.jpg

実は前回の会場だったザ・ポケットは路地を挟んで隣にある。
会場の規模はポケットの方が大きい。
HOPEはキャパが80くらいだろうか。

という今回のキャスト。

原慎一郎
島田彩
上田亜希子
土方絵美子
榊夏美

上記の通り知っているのは上田亜希子のみ。
そしてその上田亜希子は母親というところが今回の注目ポイント。
母親役と言っても、この作品の女性陣は物語の進行、アンサンブル的な
役割をメインにしており、上田亜希子が母親として登場するのは終盤のみ。
上田亜希子が母親かぁ、としみじみ思いながらもどんな風に演じるのか
非常に楽しみにしていた。


というところでキャストの感想から。

まずは脚本家役の原慎一郎。
この人は元四季。シンバとかペテロとかエンジェルとかやってるらしいが
記憶にない・・・
最近では例の「アナと雪の女王」のクリストフをやっているらしい。

が・・・クリストフって誰??ww

まだアナ雪観てないので。。。

写真で見た感じだとちょっと二枚目風。
そんな写真の姿を頭に入れていたら、出てきたのは普通のさえない
ちょっとポチャッとしちゃったどこにでも居そうなお兄さん。
衣装がジャージだったりしたことも冴えないお兄さん風に拍車をかけたかも。
でも声はカッコ良いし歌も上手い。割と高い音が多いこの作品の曲を
しっかりと歌いこなしていた。

この役を初めて観た時が阿部よしつぐだったためか、ちょっとスマートな
印象がある役なのだが、再演の時の伊藤俊彦や今回の原慎一郎は
スマートさとは無縁の普通の男という感じだ。
物語の終盤の展開を考えるともしかするとこっちの方が効果的なのかも。

全21曲中15曲歌うこの役を演じきるのは相当大変だと思う。
要するにほぼ出ずっぱりだ。
一人だけ物凄い汗かいていたのは出ずっぱりだからであって、
ぽっちゃりは関係ないよね?(笑)
汗かき体質なだけだよね。。。
これだけ汗かければ、魔法じゃなくて汗で雪を解かせるんじゃない?ww


主人公の脚本家が悲しい出来事を乗り越えて「生きる意味」を見つけるこの作品。
そのテーマの体現の仕方としては、物凄く普通っぽい佇まいの原慎一郎は
効果的で、見る方も感情移入しやすいかもしれない、と感じた。


そして注目ポイントでもあった謎の少年(息子)役の島田彩。
まずは男性のキーに合わせて作られている曲たちをどう歌うのか?
というところに注目していた。
当たり前と言えばそうなのだが、オクターブ下げることなくかなり高い
所で歌い始めた。
こんな歌い方で他の曲大丈夫なのか???とものすごく心配になった。

結果・・・めちゃくちゃ大丈夫だった(笑)

かなり高い音まで地声でぶれることなくしっかり歌いきる。
多分上はGくらいまで出てたんじゃないかなぁ。
女性でこれはすごいと思う。
曲が全体的にというか全部半音くらい下げてチューニングされていたのが
この人のためのか他に理由があるのかはわからないが、
それにしたってすごいと思う。
かなりびっくりさせられた。
曲調のせいなのかこの人の歌い方なのかはわからないけど、
歌い方が直線的なので好みが分かれるところは感じたが・・・

少年役としては全く問題なし。
男性が演じるこの役は高校生くらいの青年という感じだが、
島田彩の場合はもっと年齢が低く感じる。小学校高学年くらいだろうか。

物語の最後の30分くらいは内容がすごく濃くなってくるし重要な部分である。
この辺りは曲も特に良い。
ここも声以外女性であることを感じさせず、この役をあるべき形で演じていた。
いやぁすごい人ってたくさんいるもんだねぇ。。。


そしてキャストの中で唯一知っていた上田亜希子。
彼女がこの役を演じるイメージが今一つ想像できていなかった。
本筋とは関係ないがちょっとセクシー系の衣装、非常に良いですww
中盤過ぎくらいまではアンサンブル的要素が多いので、特にこれぞ!という
感じではなかった。
作品中で笑いを取るシーンも多いのだが、お笑い担当wは他にいたので。。。

今回でこの作品を観るのは3回目だが、初めてこの母親役にウルウルとした。
過去2回のこの役(杵鞭麻衣、中村百花)はどちらかと言うとサバサバしていた。
サバサバというより、温かく見守っていると言う方が正しいかも。
その二人に対して、今回の上田亜希子は暖かく見守りつつも、
そこに自分が居られない寂しさが滲み出ていた。
全てわかってはいつつも割り切れていないというか・・・
特にラストでの表情。切なすぎた・・・
これがものすごく良かったと思う。


全体的に暗いトーンで作られていた「Second Of Life」とは対照的に
ポジティブなトーンで作られているこの作品。
前半の主人公のトーンが上がったり下がったりキレちゃったりと
ちょっと忙しすぎて、そのことが主人公の人物像をわかりにくくしている
気もする。
前回のレポでも書いたが省いても良いんじゃないか?と思うシーンもある。
荒削りなところも感じながらも、作品の筋の良さ、そして音楽の良さもあり
やはり良い作品だな、と感じた今回の公演。

TipTapの次は未定なので何が来るのかはわからないが、
どんな演目をどんなキャストでやるにしてもきっと観に行くと思う。
Ordinary DaysのScoreと共に、追っていきたいユニットだ。


よろしければポチっと
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 劇団四季へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 2014/07/02 Wed. 19:48 [edit]

category: その他舞台

TB: 0    CM: 0

02

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://musicaltheater.blog130.fc2.com/tb.php/211-3f373a40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。