07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

劇場つながり

各種観劇日記。基本的に劇団四季のみ、のはずが最近は色々と手を広げてます。書きやすさ優先でレポ内の俳優名は敬称略ですのでご了承くださいm(_ _)m

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

おれは体が「UnChild」   UnChild:SawanoHiroyuki[nZk]:Aimer Live《2014年6月1日(日)》 

さて、今回も前回に引き続きガンダムUC関連だ。
なんか最早四季観劇ブログではなくなっている。。。
あ、一応今週末ソンダン観に行く予定だ。レポ上げるかは未定だけどw


今回はガンダムUC EP7の音楽全般とEP6に引き続き主題歌を担当した
澤野弘之とAimerのコラボライブである。
ガンダムUCで澤野弘之の音楽に触れて以来、彼の音楽に目覚めてしまった。
今回のライブはガンダムUC EP7のプロモーションの一環として行われ、
澤野&Aimer名義で6月25日にアルバムも発売されることになっている。


今回のライブとアルバムのための書下ろしの新曲もあるが
基本的にはガンダムUC内で使われた曲の再アレンジや、インストだったものを
ボーカルバージョンにしたものが収録されている。

新曲のダイジェストがアップされている。


そしてこの「UnChild」と同じ日にAimerの2ndアルバムもリリースされる。



ということで会場であるZepp Tokyoがあるお台場にやって来た。
観覧車の目の前に来るのは何年振りだろうか・・・
一昔以上経っている気が・・・
140601_1.jpg


Zepp Tokyoの隣にあるトヨタのMEGA WEBでは端っこの方で何やら
アニメとのコラボ企画が行われており、ステージで話しが進行していたが
マイク通してるのに近くにいても何言ってるかわからないという・・・w
140601_2.jpg

このアニメなんだろう?ま、知ったところで観るわけではないのだが。
140601_3.jpg


ということでやって来たZepp Tokyo。
この会場に入るのは人生初である。
140601_4.jpg


生で聴けるライブというものはいつでも楽しみなのだが、去年の澤野弘之の
ライブ「nZk001」の時と同様の不安要素が。。。
それは2階の指定席を除き、オールスタンディングということ。
前回もなんだかんだで4~5時間座れずに足が死にそうになったわけだが
今回も結果的には4時間座れず、終了後一歩目を踏み出したら
足が動かなかったという・・・w
あと終盤には腰も痛くなってきて・・・という感じで、自分の体が
この形式のライブにはそぐわなくなってきていることを痛感した。
あとZepp Tokyoの1回は後ろの方を除き真っ平らなので、
前に自分と同じくらいの身長の人が来ると全く見えなくなるという・・・
ヨメはほとんど見えなかったらしい・・・

ま、これはこういう形式のライブなわけだからしょうがないし、
ライブ自体は非常に良かったので文句をつけようがないし
つけるところでもない。
でも本音を言えば次があれば座って観たい(笑)

昔は何時間も立って大騒ぎしながらライブ観てたんだけどねぇ。。。
大人になるってこういうことなのね。


今回のセットリストはまだ出てないので順番には並べられない。
うる覚えだし、というか順番全然覚えてないしw

オープニングではステージの幕にガンダムUCの映像が流された。
主要な登場人物のいくつかの台詞が入り、イントロ部分を長くした
EP7主題歌「StarRingChild」のギターリフからバンド全体が入るところで
幕が落ちる、というお約束感たっぷりのライブスタート(笑)
でもこれがまたカッコいいのだ。
1曲目が何かわかった時点で「こう始まるんだろうな」というのは
みんな想像がついているとは思うが、ロックコンサート然とした
オープニングはカッコいい。

で、2曲目は・・・なんだったけかな・・・(笑)

ライブはやっぱりひたすらその場その場を楽しんでいるので、
何も考えて観てないのだ。だからすぐに忘れる、と。

2~3曲の書下ろしの新曲を交えながら、「REMIND YOU」「A LETTER」
「Sternengesang」などの新バージョンや、意外なところでは
「MOBILE SUIT」のボーカルバージョンも披露された。
きっとこれも今度発売のアルバムに入ってると思うのだが曲名がわからない。

他にはEP7ではアノ場面に利用されて、サウンドトラック4に収録されている
「BEGINNING」~「流星のナミダ」をサントラのアレンジで披露。

今までのサントラのボーカル曲やこの「流星のナミダ」はそれぞれ
別のシンガー(小林未郁、Cyua、栗山千明)が歌っていたものなので
Aimerの特徴的な声だとどんな感じだろうと思っていたが、
これが実によくマッチしていた。違和感ゼロ。

Aimerの名前が出てきたところで彼女に関してちょこっとだけ。
ハスキーな声質だということもあって、CDなどの音源ではわかりにくいのだが
生で聴くと声量もかなりあるし、声に芯が一本通っててしっかりしている。
音程もしっかりしてるし変にぶれたりもしない。
去年の「nZk001」の時も他のシンガーと比べると、声の強さが際立っていた。
小林未郁なんかもかなり直線的にガッツリくるタイプなのだが、
その小林未郁と比較しても声の強さを感じたものだ。
澤野弘之の音楽は結構ハードなものも多いのだが、その音に負けない強い声。
あの音の中でしっかり主張できる強さを持っていると思う。

余談だが、Aimerという人はPVとかでも顔をほとんど見せない。
前回のライブの時もスポットは全く当たらず暗いままだったので、
対して大きな会場ではなかったのに顔がわかりにくかった。
が、今回はメガネでちょっと隠してたのかもしれないが、
照明にもばっちり当たって顔をばっちりと露出させていた。
隠さないとイメージ崩れちゃうような感じじゃなくて、
普通にかわいいのだから普通に露出しても良いと思うんだけどなぁ。


EP6、EP7の主題歌だった「RE:I AM」「StarRingChild」はそれぞれ
日本語バージョンと英語バージョンが披露された。
それぞれの違いは・・・歌詞のみ(笑)バックの演奏は全く同じ。
あ、最初のアコギのチューニングが若干くるってたかも(笑)
でも良い曲たちだから繰り返し聞いても良いのだ。

アンコールではガンダムファンはビックリの曲が。
逆襲のシャアの主題歌だったTM Networkの「BEYOND THE TIME」が披露された。
これはガンダムファンには嬉しいサプライズだ。
が、この曲は今聞くとやっぱり時代の流れは感じるなぁ、と。
少なくとも今どきの曲ではないかも(笑)


ということでガンダムUCの世界観と澤野弘之&Aimerの世界観を存分に
楽しめたライブだった。
やっぱり生のライブはいいよなぁ、とあの音圧の中にいると思うのだ。
でもやっぱり足が棒で腰が痛いので、好きな時に座れる席が良いwww

ガンダムUC関連のイベントは次回は7月5日の「FILM&LIVE」だ。
前回の時は朗読劇だったこともあってか、オケはストリングスのみだったが
次回はフルオーケストラで聴けるといいなぁ。
サントラ4の曲を中心にって言ってたし、非常に楽しみだ。
今度の会場はちゃんと座席付のホールだし(笑)


ということで今週末は四季観に行きますよ~w
スポンサーサイト

Posted on 2014/06/02 Mon. 18:16 [edit]

category: その他音楽

thread: LIVE、イベント  -  janre: 音楽

TB: 0    CM: 2

02

コメント

えっ?まじ・・ 

またまた突然で失礼します

青山円形での
「twelve」

キャスト、発表されましたね


でも・・・

梨絵サンの名前がない・・


スケジュールがあわなかったのかな
とりあえず、めっちゃ残念!

URL | 松 #p8vWRmYY | 2014/06/06 12:56 | edit

Re: えっ?まじ・・ 

>松さん

どうも!

そうなんですよね。今回は吉沢さんは出演ないんですよね。
今回出られないというのは望月さんのブログだったか何かで読んでいたので
知ってはいました。

でもあの「8番」という役は文七と同様に吉沢さんの役というイメージが強いので
かなり残念ではあります。
ベスと重なってるらしいです。

それにしても今回の「Twelve」は平均年齢上がったような・・・
いずれにしても楽しみではあります!

URL | nalaniconey #- | 2014/06/06 13:39 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://musicaltheater.blog130.fc2.com/tb.php/203-1882da96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。