05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

劇場つながり

各種観劇日記。基本的に劇団四季のみ、のはずが最近は色々と手を広げてます。書きやすさ優先でレポ内の俳優名は敬称略ですのでご了承くださいm(_ _)m

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

ベスと言えばスライムベス  レディ・ベス《2014年4月29日(火)ソワレ》 

世の中の雰囲気はGWまっただ中な感じ。
そんな中4日間で3回目という久々のハイペースの観劇。
今回はリベンジなるか!?の帝国劇場。

去年のレミゼ以来約1年ぶりの帝劇はやはりこれから観劇!という
雰囲気に浸れない雑多な感じ(笑)
140429_1.jpg

そんな中ずっと応援している人がどど~~~んと飾られていると
嬉しくなったりもする。単純にすごいな~~~、と。
140429_2.jpg

今回は日本が世界初演となるレディ・べスだ。


という今回のキャスト。

レディ・べス    :花總まり
ロビン・ブレイク  :加藤和樹
メアリー・チューダー:吉沢梨絵
フェリペ      :平方元基
アン・ブーリン   :和音美桜
シモン:ルナール  :吉野圭吾
ガーディナー    :石川禅
キャット・アシュリー:涼風真世
ロジャー・アスカム :石丸幹二

ちょっと気になったのはキャストボード(ボードとも呼べないか)の
インスタント感丸出しな感じw
140429_3.jpg


この作品を観ようと思ったきっかけは吉沢梨絵が出演することだった。
というかそれ以外に理由はなかった。
一つ懸念していたのは会場が帝劇だということ(笑)

端の方ながらも結構前方の席で、場所的には作品に入っていけそうでは
あったので、レミゼの時みたいに遠くの出し物を眺めているみたいな
感じはなかった。

ただ慣れの問題だとは思うのだが、どうも観劇する場所としては
入り込めない何かがあるというか違和感があるんだよなぁ。。。
それが何なのかはわからないのだけれど。


例によって初見の作品は事前に何も情報を仕入れず挑むことに。
史実を基にした作品なのでジャンルとしては好みに入るのだが、
何と言っても以前壁抜け男のレポで書いたように世界史が苦手だ。。。
カタカナの名前はさっぱり頭に入ってこないw
そんなことも事前情報の収集を避けた理由の一つだ(笑)


ということでまだ公演が続いている&これから大阪などにも行くので
ネタバレしてもOKな人だけ続きをどうぞ。。。



すいません!!ネタバレ部分隠さずアップしていましたm(_ _)m
訂正しました。
さて、観終わった印象を一言でいうと「惜しい」ということになるだろうか。
物語に整合性を付けるために色々な要素が盛り込まれている。
宗教上の対立あり、ヨーロッパ情勢あり、姉妹の確執あり、母子関係あり、
べスの恋愛や新しい価値観あり、と色々盛り込まれている。
その一つ一つの要素全てに関してきっちりちゃんと作っていこうとしたためか
裏にあるメッセージの部分が薄くなってしまった気がする。
それは昨年の制作発表の場で脚本のミヒャエル・クンツェが語っていた
「宗教に対して寛容であること」というこの物語の幹となる部分だ。
「宗教に寛容である」ということは違う文化を持った者同士が
分かりあおうとすることだ。
分かりあおうとすることで相互理解が生まれ、争いが起こらなくなる。

ちょっとガンダムのニュータイプ論っぽいw

ま、ガンダムはともかくw個人的にはその部分が肝なんだろうと
思ってたりもしたので、それがべスの最後の台詞で取ってつけたような感じで
しか語られなかったのが残念だった。
要するに物語の本筋がどこにあるのかがわかりにくくなってしまっていた。

それぞれの要素はべスに様々なものを背負わせるためには確かに必要な
物だったのかもしれないが、軸足をわかりやすくした方が良かったのでは、と。

個人的にベタな恋愛ものが得意ではないので、途中ロビンとのシーンが
ロミオとジュリエットになり、床を共に(床って・・・w)した後
「生まれて初めて、幸せ」とウィキッドになったりしていた時に
話しがどっちに進むのかわからなくなった(笑)
まぁこの部分は後で不義の罪で処刑された母親を引き合いに出される
きっかけになるわけだが・・・
ロビンとの関係性はもっとあっさりでも良かったのでは、と。
もっというとロビンいらないかも(笑)
いや、いたとしてももっと別の形が良いのでは。

中途半端に恋愛話が入ってきたので、べス自身のキャラクターも
分かりにくくなってしまった気がするのだ。
まぁそんなこともあっての最後のべスの台詞、ということなのは分かるのだが、
もう少しシンプルな方がわかりやすかったなぁ、と。

舞台上のまとまりも良かったし、キャストもそれぞれ良かったし、
最後のシーンはちょっとジーンのきたし、作品の素性は良いと思えるだけに
ちょっと惜しい、と。。。


キャストに関してもメインどころだけ少し。

まずはそもそもの目的だった吉沢梨絵。
一見悪役でもあるブラッディ・メアリーことメアリー・チューダー。
ただ実際にはベスと同じよう(それ以上かも)な様々な悲しい過去がある女性。
アゴ先を少し前に出して視線を見下ろすような姿勢は、
吉沢梨絵が支配者であるメアリーを体現するためにしているもののようで、
メアリーが自分の弱さ(もしくは本当の気持ち)を隠すためにしているのかの
ようにも見える。
実際ベスを亡き者にしようとするシモンとガーディナーに対して
うろたえたりもする。もしかするとベスの一番の理解者だったのかも。
そんな悲しいメアリーを演じる演技はさすがの一言。
ちょっとした表情、台詞回しでしっかりとメアリーの感情が伝わってくる。

あ!帝劇でもちゃんと伝わって来た!(笑)

それは単純に自分が吉沢梨絵ファンだからなのか、席が良かったからなのかは
分からないけど。。。
いずれにしてもそれがしっかり伝わってくる良い演技だった。
歌い方はいつもの吉沢梨絵だったのだが、声質がちょっと深くなった
気がするのは音響のせいだろうか?それとも気のせい?
以前より声に艶があるような気がして・・・


ベスの指導者であるロジャー・アスカムの石丸幹二。
特に出番が多いわけでもないのだが、ストーリーテラー的な要素もあるこの役。
去年?一昨年?観たジキル&ハイドの時より「THE 石丸幹二」を
落ち着いて観ることが出来た気がする。
まぁ役自体が落ち着いた静かな役なわけだが。。。
ベスやロビンを諭すときに説得力はこの人の演技力&佇まいがさせるもの
なのではないか。
なので、山口祐一郎だとどうなるのかちょっと興味がある(笑)
同じ話をするにもあっちこっち飛んで行きそうな気がするww


レディ・ベスの花總まり。
良くも悪くもあまり押しが強いタイプではなさそうだ。
歌は良いし演技にも問題は感じないが、何か特別なものも感じられなかった。
ベスというキャラクターがどこを向いているかわかりにくいのは
恐らくこの人の演技のせいで、というよりはそのように書かれているのだろう。
最終的には決意をもって女王になるわけだが、それが今一つ伝わりにくい。
もう少しガッツリと押しが強いくらいの方が物語上も良いような気がする。


と、色々思うことも書いてしまったが作品自体は普通に楽しめたと思う。
通うか?と聞かれると微妙だが・・・
ただ色々背景をわかったうえで複数回観るともう少し楽しめるかもしれない。

それとカーテンコールでのオールスタンディングは・・・
皆同じタイミングで一斉に立つのはマンマのカーテンコールの雰囲気と
同じような感じがしてやはり受けいれられなかった。
立つほど作品に感動も出来ていなかったし。

えっと・・・帝劇って立つタイミングの決まりあるの?(笑)


よろしければポチっと
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 劇団四季へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 2014/05/01 Thu. 17:15 [edit]

category: その他舞台

TB: 0    CM: 0

01

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://musicaltheater.blog130.fc2.com/tb.php/200-bc04b56a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。