09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

劇場つながり

各種観劇日記。基本的に劇団四季のみ、のはずが最近は色々と手を広げてます。書きやすさ優先でレポ内の俳優名は敬称略ですのでご了承くださいm(_ _)m

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

初体験しちゃったの、ウフ  ラブ ネバー ダイ《2014年3月29日(土)ソワレ》 

オペラ座の怪人の続編が制作されているというニュースを聞いて
ミュージカルファンなら少なからず心を躍らせただろう。
自分もそのうちの一人だった。

CDが発売された時は真っ先に買った。
そしてそこにあったロイドウェバーらしい素晴らしい音楽に魅了された。
音楽を聴いて益々本編に興味を惹かれた。
CDに付いていた歌詞カードがあまりにも読みにくかったので
内容は聞いて少しずつ覚えた感じだった。
すると「何やらメグ・ジリーがおかしい」とか「え?グスタフって?」と
なって来て何やら雲行きが怪しくなり、本やネットなどで背景やら詳細が
分かってくると「これはダメかも・・・」となって来た。

オペラ座の怪人の続編なら四季がやってくれてもいいんじゃないかと
ちょっとというかだいぶ期待はしていたのだが、内容を考えると
これは四季じゃやらないな、と思うようになった。

ロンドン公演でも評判は散々だったらしく、大きく演出が見直された。
曲順も変わってたから結構な変更だったのでは。
(基を観てないから何とも言えないけど)
結局ロンドンは1年半程度で終わってしまい、その後オーストラリアで
上演されている。
このオーストラリア版がブルーレイになったので、これも早速観てみた。
感想としては予想通り。
音楽は良いけど内容がねぇ・・・というものだった。
内容は好みで分かれるところだと思うが、自分にとってはあまりに陳腐。
オペラ座の怪人が持っていたあのムードが片っ端から壊されていた。

この作品はロイドウェバーにとって「ものすごくパーソナルなもの」らしい。
オペラ座の怪人のブルーレイについていた特典映像の中で
「ファントムはロイドウェバー。醜い音楽家が美しい歌姫に恋をする話は
ロイドウェバーとサラ・ブライトマンに当てはまる」と誰かが語っていた。
その続編なわけで、さらに「パーソナル」なのだから、
それこそロイドウェバーという人物を深く知る人にしか、
この「Love Never Dies」は理解出来ないのかもしれない、と思ったりもした。

そうこうするうちにこの「Love Never Dies」の日本公演が発表された。
制作はホリプロ。タイトルも「ラブ ネバー ダイ」になった。
文法的によろしくないから「ダイズ」の方が良いのにと思ったw

この時に発表されたキャストは如何にも豪華キャストではあったのだが
個人的には『取りあえず名前がある人集めました』という印象で
正直言ってげんなりした。
大好きな濱田めぐみがキャスティングされているのだが、
あの音楽にはミスマッチだと思った。全然違うだろ、と。
ファントムの市村正親と加賀丈史は舞台では観たことがなかったので
何とも言えなかったが「う~ん、どうなんだろ・・・・」と。。。

加賀丈史はジーザスクライストスーパースターの音源で歌を聞いてはいた。
JCSではあの音楽にマッチした歌唱で、あれはかなり格好良かったが
何と言っても何十年も前の話しだ。今はどうなのかわからない。

という感じでテンションは上がらなかったものの、生の舞台ならではの
良いものを観られるかもしれないし、なにより音楽は素晴らしい。
その音楽を生で聴けるだけでも良いのでは、ということでチケットを確保。
ただ高いし作品としては・・・なので1回分のみ。


で、春本番を迎えたこの日の日生劇場にやって来た。
140329_1.jpg


という今回のキャスト。
140329_2.jpg

ファントム :加賀 丈史
クリスティーヌ :濱田 めぐみ
ラウル・シャニュイ子爵 :橘 慶太
メグ・ジリー :笹本 玲奈
マダム・ジリー :鳳 蘭
グスタフ :加藤 清史郎


開幕後から加賀丈史が体調不良で市村正親に変更になることも多く
心配していたのだが、この日は予定通りのキャスト。
さて、どうなるか・・・


えっと・・・
この先は「この作品をいたく気に入ってる人」、「加賀丈史が好きな人」、
「ネタバレしたくない人」、「ミュージカルなら何でも好きな人」、
そして何より「嫌な気分になりたくない人」は読まないようにしてください。

すいません。ごめんなさい!(と、はじめに謝ってみるw)
これを書いている時点では中身は書いてないのだけど、間違いなく
良いことは書かれていないはずなので。。。


作品のオープニングはファントムの「'Til I Hear You Sing」。
のっけからファントムが歌い上げる作品中でも目玉の曲の一つだ。
いざ始まってみると・・・あれ?あれ?あれ?
初めて日本語で聞くからなのか、と思ったのだがどうも違う。
知ってる曲のはずなのに、何の曲だかわからない。
加賀ファントムはまったく声が出ていないしひっくり返りそうになる。
リズムも崩し過ぎ。要するに全然歌えていない。
本当に初めはこの曲に聞こえなかった。
ラミン・カリムルーと比較すつもりは端っからなかったが、
それでなくても普通にこの歌では・・・
この先もこの歌なのかと思ったら、この時点で自分の今日の観劇は終了、
になってしまった。
この作品で唯一楽しみにしていた音楽がこれでは。。。
楽しみにしていた「Beneath a Moonless Sky」も見事にぶち壊し。

体調を崩しているようだから本調子ではないのかもしれない。
それを差し引いてもこれはちょっと酷過ぎる。
この作品は他のロイドウェバーの作品同様、本編はほぼ歌が占めるのに
歌からは何も伝わってこないのではどうしようもない。

それならばせめてファントムとしての存在感は、演技は、と思い直したのだが
これも見事に裏切られた。
台詞には覇気が全くなく舞台での台詞とは思えないし、何を言っているか
さっぱり聞き取れない。そして舞台上での存在感もない。
これではただの弱り切った初老のおっさんである。
作中では10年たっても素晴らしい曲を作る『Angel Of Music』のはずなのだが
その雰囲気はどこにもない。
ファントムがこんな感じなので、周囲がどのように絡んでも説得力がない。
ただたらたらと流れて行ってしまう。

ラストシーンはそもそもが滑稽なのだが、加賀ファントムの演技のせいで
最早コントだ。。。

休憩中にちょっと離れたところから「話がさっぱり入ってこない」という
声が聞こえた。そりゃそうだろう。
中身を知ったうえで観ていても何のことやら?と感じてしまうのだから。


ラウルの橘慶太もまったくダメ。
芝居が下手。下手でも何か伝われば良いと思えるのだがそれもない。
歌も下手。声変わりする前はもっとうまかったような気がするのだが・・・
堕ちたラウルのどうしようもないところも、それでもクリスティーヌを
想う気持ちも何も伝わってこない。
これならばアンサンブルで参加していた染谷洸太にやらせてほしい。
比べものにならないくらい良い歌を聞かせてくれるし演技を見せてくれたはずだ。

メインの男性二人がこの状態だから女性陣がどれだけ頑張っても
作品が元に戻ることはない。


こんな状態の中で救いだったのはクリスティーヌの濱田めぐみと
メグ・ジリーの笹本玲奈だ。
楽曲的にも役としてもミスキャストじゃないか?と思っていた
濱田クリスティーヌだったが、こっちは良い意味で裏切られた。
開幕当初はやはり歌が・・・という声も聞かれたが、少なくとも自分が観た
今回に関しては全く問題なし。
問題なしというより非常に良かった。
2幕の「Love Never Dies」なんかは見事だった。これが聞きたいんだよ、と。
メグ・ジリーの笹本玲奈も歌、演技、メグ・ジリーとしての存在感のどれを
取ってもこの時点でのメグらしくて非常に良かった。
メインの女性人二人は伝わるべきものが正しい形で伝わってきていた。


グスタフの加藤清史郎も頑張っていたと思う。
難しい楽曲をしっかりと歌っていたし、観ていて微笑ましい。
でも子供店長はまだ子供のままなんだな、とw

あとどうでもいいことなのだが、昨年末に観た「Second Of Life」で
マスター役だった港幸樹が本当にバーテンダーになってたのは可笑しかった。


観ていて怒りが込み上げてきた&席を立ちたくなったのは
観劇を始めて10数年になる中で初めての事だった。
カーテンコールではお約束のように「ブラボー」の声がかかり
何度かのカーテンコールのうちに開場ほぼスタンディングオベーションに。
このスタンディングオベーションの意味が「良い作品だ」にあるのか
「加賀さん大変だろうけどお疲れ様!」にあるのかはわからない。

自分も観劇する時は作品にもキャストにも敬意をもって観るようにしている。
生の舞台だから色んなことがあるのは重々承知しているし、
そういうことに関しては自分で言うのもなんだが寛大な方だと思う。
寛大というか無頓着というかはわからないがww

ただどういう事情があるかはわからないが、アウトプットがこれでは
とてもではないが立ち上がることはできない。
このレベルの舞台に賛辞は送れない。
レ・ミゼラブルで立ち上がれないのとは意味合いが違う。
レ・ミゼラブルは単純に作品に入り込めなかっただけで、
作品自体はよく出来ていると思うし、キャストも良かった。
あの「立つの当たり前」という雰囲気は馴染めなかったが・・・

今回に関しては舞台の完成度自体がスタンディングオベーションをするに
達していなかったのだ。
この出来でスタンディングオベーションになってしまうことに違和感を感じた。


というわけでここまで読んでくれた方、嫌なことばっか書いてすいません。
もう今後こんな事がないことを祈って。。。
体験したくはない初体験をした今回の観劇だった。


よろしければポチっと
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 劇団四季へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 2014/03/30 Sun. 17:17 [edit]

category: その他舞台

TB: 0    CM: 14

30

コメント

全く同感です! 

私も楽しみにしていたので、観にいきました!
いやーまったく同感です。。
この違和感、この残念感、無念感を、共有できてむしろほっとしています(笑)
何回も観にいこうか、と思っていましたが、再び観ることはないと思いました。
北海道まで行って、四季のオペラ座を観て、記憶を過去に戻したいくらいですー!
書きにくい記事を、ちゃんと書いていただきありがとうございました。

URL | あおい #KtOtvm9U | 2014/03/31 23:07 | edit

お久しぶりです 

私もLND見ました。
DVDや各所の評判などで心の準備はしていたのでショックは受けませんでした。
市村ファントムだった事もあるかと思います。
私的には濱田クリスを観るのが目的だったのでそれは達せられました。
やはりキャラ違いではありましたがよくぞここまで歌いこなしたなと。
本当はもう一人のファントムとクリスを観る予定でしたが、今週木曜日の準備もあるし(笑)止めときます。

URL | ornellaia #NNDjX9kY | 2014/04/01 08:47 | edit

Re: 全く同感です! 

>あおいさん

返事が遅くなりすいません。

共感してくれる人がいて良かったです!
あの会場内で完全アウェーだったので(笑)
無念感・・・確かにあれは無念ですよねぇ。
僕は帰りの車でCD聞いて耳直しwしながら帰りました~

URL | nalaniconey #- | 2014/04/01 09:40 | edit

Re: お久しぶりです 

>ornellaiaさん

どうもお久しぶりです!
僕も内容に関しては十分心の準備をして行ったんですけどね。。。
主にファントムとラウルに撃沈されました。
その影響だとは思うんですけど、舞台から何も伝わってこず。。。
やっぱり市村さんと加賀さんの違いは大きいんでしょうかねぇ。
そんなに悪いこと書いてないレビューのファントムは皆市村さんで、
加賀さんのは見かけなくて。

そうなんですよね。
濱田さんはほんとよくぞここまで歌ってくれた!という素晴らしい出来でしたね。
あそこまでを期待していなかったので、ここに関しては良い意味で裏切られました。

今週木曜!
僕も行きたかったんですよねぇ。でも仕事の都合でどうしようもなく・・・
よりによって外せない日にあたるとは。とほほですよ。。。

URL | nalaniconey #- | 2014/04/01 09:44 | edit

全く同じ意見です!うれしい!! 

同じ日に観劇していたんですね!ああ、全くの同感です!!
ほとんど同じことが書かれた私のブログ、たった今アップしました(よかったらのぞいてみてください)
最後のカーテンコール、私もう席たってました。こんなの初めてです。そこまでひどかったです!
濱田さんみたさにチケットとりましたが、肝心のファントムがあれでは…次の市村さんに期待したいところです。

URL | 劇団四季ミュージカル #- | 2014/04/01 13:43 | edit

Re: 全く同じ意見です!うれしい!! 

>劇団四季ミュージカルさん

書き込みありがとうございます!
ブログは以前に何度も見ていましたよ!

同じ日だったんですね。。。ご愁傷様です(笑)
カーテンコールでそそくさと帰る人が僕の何列か前にいましたが
あれが劇団四季ミュージカルさんですかね?(笑)

LNDの記事も拝見しました。
見事に同じ感想でww
そりゃそうなりますよね。その通りだと思いますもん。

笹本さんは何度か見ていますがいつ見ても抜群の安定感です。
ブレがありません。良い女優さんですよね。

市村さんだとだいぶ印象変わりそうな気がします。
と言いつつ、生で市村さん観たことないんですが・・・
歌は特別上手いタイプではなく、演技で魅せるタイプなのではないかと。

次回は満足できる(作品的には出来なそうですが)舞台だと良いですねぇ。

URL | nalaniconey #- | 2014/04/01 15:18 | edit

おじゃまします 

すいません

おじゃまします
ご存知かと思いますがっ

4/3~6
劇団BOOGIE☆WOOGIE31thACT
本公演があります
なんと
シェークスピア!
もちろん一筋縄ではいきませんが(大笑)

はい☆ミハルさん、客演です


いい陽気ですので
お花見がてら日暮里まで如何でしょう

URL | 松 #USanPCEI | 2014/04/02 07:41 | edit

Re: おじゃまします 

>松さん

情報ありがとうございます!
劇団BOOGIE☆WOOGIEはちゃんとというか観たことがないので
どこかのタイミングで行きたいなぁと思ってます。
シェークスピアも実は未体験なんでいきなり劇団BOOGIE☆WOOGIEで体験していいんでしょうかねぇ(笑)
日暮里の会場は「Ordinary Days」の再演の会場と同じですね。
さてどうしようかな。。。

URL | nalaniconey #- | 2014/04/02 13:06 | edit

 

LND散々だったようですね(;^_^A
私の毒舌レポに負けてないです(笑)
今回はチケ代、ストーリー、キャスト、どれをとっても『観たい!』と思えなかったので取らなかったのですが、ツイッターでそこそこ評判よかったので少し『行きたいかも…』と思いました。
が…やっぱりやめよう!とレポ読んで思いました(笑)
ファントムは大御所じゃなく、もっと歌える人ダメだったのかな~?なんて思ってました。
(鹿賀さんは観たことないけど、市村さんの歌は強烈に苦手です)
女性キャストはかなり好評価なだけに残念ですね。
再演あるかわかんないけど、キャストがもっとよくなることに期待したいです。

URL | 朋美 #- | 2014/04/03 08:20 | edit

Re: タイトルなし 

>朋美さん

はい、散々でした(笑)
毒舌というか思ったまま書いちゃいました。。。

市村さんだとどう変わるかなんとも言えないですが、作品的に評判がいいのがわかりません。
まぁ僕には全く合わないということなんでしょうね。
キャスティングに関しては名前をそろえるしかなかったんでしょうが
この作品に参加したことが今後のプラスになりそうなのは
笹本さんくらいでしょうかね。

再演・・・微妙ですよね。
お客さんは入ってるんで今回は興行的にはOKかもですけど
次回以降のリピートがあるような作品ではないような気がします。

でもやるんだろうなぁ。お客さんもはいるんだろうな。。。

URL | nalaniconey #- | 2014/04/03 11:39 | edit

なかなか、でした! 

皆さん低評価のLND4/8マチネ公演を市村・濱田コンビで観て来ました。鹿賀丈史さんはどうしても馴染めないので市村ファントムに絞ったのですが正解でした。

いやあ、市村さんがあれだけ歌えるなんて、正直、驚きました。
濱田クリスティーヌという怖いもの見たさのみで、他は全く期待していなかっただけに、私は意外に楽しめました。

でも、やはり、舞台はキャストの実力のバランスが大事ですね。
その点、劇団四季は安心して観ていられます。2月に札幌でオペラ座の怪人を高井・笠松コンビで観ておいて良かったです。

LNDはリトルマーメイドと同じで、1度話のタネに観ておいたら...って程度のものですね。
もちろん、濱田クリスティーヌは文句なしでした!

URL | Anton #- | 2014/04/09 01:37 | edit

Re: なかなか、でした! 

>Antonさん

やっぱり市村さんと加賀さんではだいぶ作品全体の評価が変わるみたいですね。
まぁあの加賀さんの出来では当然という気はしますが。。。

市村さんはあの年で元気ですよねぇ。
あのバイタリティはすごいです。
演技もきっと熱いタイプなんだろうなぁと思います。
濱田さんはすごく良かったですよね。
申し分なかったです。

そうなんですよね。
舞台作品全体としての完成度を第一にしてほしいと本当に思います。
そうなないと長く続かないですよね。

はい、LNDは話のネタに一度は、みたいな感じですよね(笑)
僕はもうこんなネタはいらないですけどw

URL | nalaniconey #- | 2014/04/09 09:37 | edit

 

市村さんマチネ・鹿賀さんソワレを観てきました!
ロンドンのプレビュー公演(演出変更前ですね)を観た人と一緒だったので
マチソワ間でお茶しながら違いをいろいろ聞いてましたが
結論として「100%違う」そうです(笑)

鹿賀さんは、かなりの体調不良かと。
ミュージカル「シラノ」とワイルドホーンコンサートの2作で
濱田めぐみとのデュエットを聞きましたが、
二人の声の相性はとてもいいので楽しみにしていました。

冒頭の曲に関しては、ラミンさんのは聞いていないのですが
市村さんもメロディーに違和感がありました。
そして妙に説明口調な歌詞だなあと思いました。
四季の訳し方が上手かったのか…。

市村さんは、さすが、本家というか元祖ファントムという感じで
マントさばきも年季が入ってましたが
コニーアイランドを「支配している王様」感は鹿賀さんの方が私は感じられました。

笹本玲奈ちゃんメグ良かったですね!
笹本玲奈ちゃんは、濱田めぐみさんがまだ四季に在団していれば、
クリスティーヌを演じたかもしれない役者さんだと思ってます。
ただ、メグをやるなら、もうちょっとダンス頑張って(笑)

橘ラウル、評判悪いですね(笑)
マチネ田代万里生くんラウル、ソワレ橘さんラウルだったんですが、
確かに橘さんだけちょっと異質なキャスティングでしたね。
イケメンでしたけど(笑)
田代万里生くんは、飲んだくれていてもかっこよく、「貴族さま」でした。
万里生くんを見ていると、やっぱり私ラウルの方が好きだな~と
つくづく思う「ラウル派」の私です(笑)

濱田めぐみさんはマチネソワレと2回観ました。
「ウィキッド」のDefying Gravity、
「アリス・イン・ワンダーランド」の「マッド・ハッター」に続く、
濱田めぐみソロコンサートの目玉となる曲が確実に1曲増えたかなと。
カルメンも楽しみです。

私はすごく良かったし、ぜひ再演してほしいと思いました。
っていうか、大阪公演をしてください…。
交通費だけで、後、2回観られるんです…。

あ、最後のメグの発砲、
狙って撃った説と誤発砲(暴発)説があるんですが
どちらと思いますか?
私は誤発砲だと思ってるんですが…。

あ、指揮者がマチソワとも、いつもの塩田さんで嬉しかったです。
マチネの後半のovertureで初めて気づいたんですが(笑)

「蒼の乱」も5月に大阪で観劇予定なので
レポは観劇後に拝読させていただきますね。

URL | なにわのねこ #41Gd1xPo | 2014/04/26 16:00 | edit

Re: タイトルなし 

>なにわのねこさん

お、マチソワですか!
なるほど・・・100%違うんですね・・・でしょうねぇ(笑)
僕は正直言ってこれで原作側はOKしたんだろうか・・・?と思っている方なので
初日を観たロイドウェバーはどう思ったんだろうと。。。

やっぱり加賀さんは体調悪そうですよね。
この間も休演してましたし。
今がどんな感じかはわからないんですが、あの状態で出演しない方がいいんじゃないかと。
本人のためにも良くないんじゃないかなぁと。
まぁ余計なお世話ですが。

橘ラウルは・・・・ダメでしょ(笑)
学芸会じゃないんだから・・・と。

確かに濱田さんの「Love Nver Die」は良かったですよねぇ。
コンサートで定番になるくらいの出来でした。
笹本さんのメグもすごく良かったです。
あの状態のメグをうまく演じてますよね。舞台上での存在感も良いですし。

最後のメグの発砲はどうなんでしょうねぇ。
僕はオーストラリア版のブルーレイを観たときの印象で
撃つつもりで撃ったと思ったので、あの場面は特に深く考えないで観てました。
それよりあの場面での加賀さんの演技の方が気になってしまって・・・
ちょっとあまりにもだったので。

「蒼の乱」行くんですね!
たぶんきっと絶対楽しめると思うので、それまで僕のしょうもないレポは
読まない方がいいです(笑)
僕もまた観たいです!!

URL | nalaniconey #- | 2014/04/26 22:51 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://musicaltheater.blog130.fc2.com/tb.php/196-005f27c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。