05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

劇場つながり

各種観劇日記。基本的に劇団四季のみ、のはずが最近は色々と手を広げてます。書きやすさ優先でレポ内の俳優名は敬称略ですのでご了承くださいm(_ _)m

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

雪を乗り越えて黄色い服の熟女を観る  壁抜け男《2014年2月15日(土)ソワレ》 

さて、スポンサーバナーもすっかり板についてしまったこのブログ。
前回ウィキッドが1月4日だったので、もう1ヶ月以上空いてしまった。
この間何をしていたかというと、特に書くようなことはしていない。
単純に何も観ていなかったのだ。
ちょっと惹かれたものとかはあったのだが、日程が合わなかったり
ちょっと観劇欲を損なう要素があったりで観に行けなかった。

ちなみにちょっと宣伝すると、こっちのブログは大体デイリーで
更新しているので「観劇もイヌもネコも好きだよ」という方は
のぞいてみてくださいm(_ _)m
このブログは現状では7~8割は親族か知り合いしか観に来てないw
アクセス数も少ないし。

「なにねのつながり」

こっちもよろしくお願いします!


というわけで久しぶりの観劇だったのだが、先週に引き続き今週も大雪。
自宅マンション内の子供の遊び場がこんな感じになってしまった。
まるで雪国だ。。。
140216_1.jpg

この雪のせいで機械式の駐車場が故障してしまい車が出せなくなり、
しかもバスは運休で、駅まで20分ちょっと歩いて行かなければならなくなった。
歩いている途中に「振り替えるか・・・」という気持ちが頭をもたげたが
そこは何とか頑張って雪道をテクテクと。。。

風は強いし寒いし、という悪条件の中なんとかたどり着いた自由劇場。
140216_2.jpg

いやぁしんどかった。。。

今回の演目はこれ。
140216_3.jpg

壁抜け男である。前回は秋劇場だったが、やはりこの作品は自由劇場の方が
似合っていると思う。


という今回のキャスト。
140216_4.jpg

デュティユル :飯田 洋輔
イザベル :坂本 里咲
部長/刑務所長/検事 :青木 朗
八百屋/娼婦 :佐和 由梨
デュブール医師/警官2/囚人/弁護士 :明戸 信吾
B氏(公務員)/警官1/看守1/ファシスト :金本 和起
C氏(公務員)/乞食/看守2/裁判長 :川原 信弘
画家 :永井 崇多宏
M嬢(公務員) :戸田 愛子
A夫人(公務員)、共産主義者 :久居 史子
新聞売り :有賀 光一


一部を除いてほぼ前回と同じなのだが、イザベルが樋口麻美から坂本里咲に
というちょっと今更感が漂うキャスティングが気になっていた。
それと今回は外部から下村尊則がデュティユルにキャスティングされている。
こっちはちょっとというかだいぶ楽しみではある。
一応2回分取ってあるので1回ずつで観られたらいいなぁ。


この作品は雰囲気も好きだし曲も好きだ。
「人生は素敵」と歌いながらのあのエンディングは何かの皮肉か?と
なんとなくもどかしくなってしまうストーリーも好きだ。
今回の観劇も途中まではこの物語にどんな思いが詰まっているのかを
探ろうと思っていたのだが、途中からはなんか気づかぬうちに
単純にこの作品を楽しんでしまっていた。
それにあのカーテンコールで何度も「人生は素敵」といわれてしまうと
劇場出るころには気持ちがほっこりとしてしまっていて、
あの何とも言えないエンディングの余韻が薄れていたりするのだ。
途中歌詞で「ん?これは・・・」と思う箇所は何度かあったのだが
それがどこでどう思ったのかも忘れてしまったww
なので今回もこの作品の真意は何にあるのかはよくわからなかった。
単純に観てしまうと皮肉にしか見えないんだけど。。。

ま、この作品は小難しいことを考えなくても楽しくなるからそれでいいのだ。
もう少し作品に対する理解を深めてからいろいろ考えることにする。


ということで今回のキャストの何人かの感想を。

まずは前回に引き続きデュティユルを演じた飯田洋輔。
今回最初に思ったのは前回よりずっと役が馴染んできたということだ。
良い意味での余裕が感じられた。
歌い方にもそれが表れているようで、メロディの中でのちょっとした
アクセントの付け方も「良いじゃん」と思わされた。
この人は器用なタイプというわけではなさそうだが、この人が演じる役は
それぞれ理に適っていて「この役ってこうだよな」と思わせてくれる。
デュティユルも何の違和感もなく、観る側も変な力を入れずに観ることができる。
この「壁抜け男」という作品は肩の力を抜いてみないと楽しめない作品だと
思っているので、まさにうってつけな飯田デュティユルだ。


それとは対照的だったのがイザベラの坂本里咲だ。
もちろんこの人はベテランなのでハラハラドキドキするようなことは
まったくもって皆無なのだ。
ファンの方には申し訳ないが、稽古写真でこの人がキャスティングされたのを
見たときは正直がっかりした。
嫌いではないんだけど自分にとっては面白味が感じられないタイプなのだ。
それに何よりものすごく今更な感じがしてしまい・・・
デュティユルとのバランスも悪そうだし。
実際に観てみて、思ったほど見た目のアンバランス感はなかったのだが
やはり「デュティユルは熟女系が好きなのか?」とは思ってしまったw
まぁそんなことは置いておいて、今回気になったのは歌だ。
前回の樋口麻美は調子が悪そうということもあって、歌いにくそうに見えて
しまった。
坂本里咲は調子は悪くなさそうだけど、歌いにくそうに見えた。
そんなところも今回この人を持ってきた意味に「?」を感じてしまった。
岡村美南とか持ってくればいいのに。。。


他のキャスト陣は全員本当に良かった。
明戸信吾の見た目が若干腹話術の人形ぽかったがw

これだけ安心して作品を見せてくれるキャストが揃っている中で、
やはりイザベルだけがちょっと浮いて見えてしまったのは、
自分が坂本里咲を意識し過ぎていたからなのだろうか。。。
個人的にはイザベルはもうちょっと自然にデュティユルが憧れられそうな
感じであってほしい。
作品の本質とは全く関係ないけど。


この作品は来月にもう一度観るので、その時までにもう少し作品に対する
理解を深めて、次回はもうちょっと小難しく観てみようかな。

という今回の観劇でした。


よろしければポチっと
にほんブログ村 演劇ブログ 劇団四季へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 2014/02/16 Sun. 23:14 [edit]

category: 劇団四季:壁抜け男

TB: 0    CM: 13

16

コメント

お久です 

体調をめっちゃくずされてしまったのかと
心配してました・・(汗)

何事もなくって
よかった よかった

今回は
残念ながら不参加なので
梨絵サンのレポ楽しみにしてます

URL | 松 #qbIq4rIg | 2014/02/18 07:55 | edit

Re: お久です 

>松さん

タイトルの「お久です」を見て文七のお久ちゃんかと思ってしまいましたw

ご心配をおかけしてすいませんm(_ _)m
この間はマラソン大会に出たりしてピンピンしておりますw

なんと今回欠席とは・・・
吉沢さんのライブは毎回最高ですが、個人的には今回が一番だったかもです。
阿部さん登場のサプライズもありましたし。

レポは・・・何とかひねり出してみます(笑)

URL | nalaniconey #- | 2014/02/18 08:46 | edit

 

おぉ~!
結局観にいったんですね!
しかもラストかもしれない洋輔さんのデュティユル!
私は連日オリンピック三昧で観劇どころじゃないです…
そうこうしてたら逃げられました…
里咲イザベル、イマイチなんですね。
私も若い人で観たいけど、岡村さん?
私的には笠松はるちゃんがいいかなって思いました!

ところで、猫は大好物です♪
時々のぞきますね!

URL | 朋美 #- | 2014/02/18 12:56 | edit

Re: タイトルなし 

>朋美さん

ええ、かなり打ちのめされながらもたどり着きましたw

飯田さんはラストになっちゃうんですかねぇ。
まだ残り結構ありますよね。
まぁ下村さんだとあり得るかもしれないですが。

坂本さんは決して不安要素がある人ではないし、舞台上での安定感は
この作品に必要なのもわかるんですがどうも・・・
確かに岡村さんより笠松さんの方がイメージに合いますし
最後にピンクの衣装で太もも出してくれたらそれはもう萌えるんですがw
ただこの作品の楽曲ってもしかしたら岡村さんみたいな歌い方の方が
合ってるのかも、とちょっと思ったんですよね。

ネコ大好物ですか?
ではたまに覗いてやってください。
こっちは小まめに更新してますんで(笑)

URL | nalaniconey #- | 2014/02/18 14:04 | edit

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2014/02/28 23:00 | edit

Re: タイトルなし 

岡村さんはやっぱりキャラ違いですかね。。。ですよね?
ピンクのドレスで太もも見せるキャラじゃないですよね。
見たいですがww
でもあの安定した歌で壁抜けの曲を聞いてみたいです。

新グリンダの鳥原さんはソンダンとか美女と野獣とかでも観てますが
最初に鳥原さんであることを認識して観たのはネッサローズでした。
このネッサ良いなぁと思いながら観た記憶があります。
宮田さんは見た目も華やかだし、ピンと一本芯が通ってるようなたたずまいで
ダンスも歌もいけるし個人的にはかなりいいと思います。
ソンダンだったんで演技はわからないんですが。。。
確かにイルゼも良いと思います!
あぁ春のめざめ観たいです。。。

雪はもうどうしようかと思いました。
僕が使っている電車は何日かは急行とか準急がなくなりましたから。
壁抜け観に行った日は駅までの20分間で何度振替えようと思ったか(笑)
雪は雪かきで積みあがったものがまだ残ってます。。。
そして今週末も降るかもしれないという予報。
もう勘弁してほしいですよ、ほんとに。

URL | nalaniconey #- | 2014/03/01 01:50 | edit

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2014/03/02 10:43 | edit

Re: 予約について 

いやぁ。。。僕もわからないんですよね。
というかまだ発売されてないかもですね。
Facebookでウレパモも阿部さんもフォローしてますが、見たことないような。。。
見落としてるかもしれませんが。。。
何かわかったらブログにコメントしますね。

URL | nalaniconey #- | 2014/03/02 13:21 | edit

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2014/03/02 18:59 | edit

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2014/03/02 19:48 | edit

Re: コメント返信とブログ更新 

僕も今Facebook見て、ご連絡しようと思ってたところでした〜

URL | nalaniconey #- | 2014/03/02 22:37 | edit

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2014/03/08 03:15 | edit

Re: 四季版マンマCDとOrdinary日時・会場 

そうなんですよねぇ。Ordinaryは日程短いんで行ける日が自ずと限られてしまいます。
行ける時に見たいキャストだといいんですけどねぇ。。。
いったい今回は誰が出るんでしょうねぇ。。。
マンマのCDは初演から12年も経ってやっと実現しましたね。
吉沢さんがソフィだったころに出してくれれば良かったのになぁと思ってしまいます。

URL | nalaniconey #- | 2014/03/09 00:31 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://musicaltheater.blog130.fc2.com/tb.php/191-6c1c30b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。