09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

劇場つながり

各種観劇日記。基本的に劇団四季のみ、のはずが最近は色々と手を広げてます。書きやすさ優先でレポ内の俳優名は敬称略ですのでご了承くださいm(_ _)m

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

テキパキ動くファントム ジーザス・クライスト・スーパースター《2013年11月16日(土)》 

以前はこんなに頻繁に上演していなかったような気がするが、
ここ何年かは毎年のように観ているジーザスクライストスーパースター。

昨年の公演時に芝ジーザスの体調不良により神永東吾が急遽ジーザスデビュー
したのは記憶に新しい。
神永ジーザスはデビュー直後とその後のジャポネスクで2度観ている。
デビュー直後は滞りなく舞台を進行させることを第一としている印象だったが
2度目のジャポネスクの時は余裕も出たのか、前半では民衆を優しく見守る
優しい神様だった記憶がある。


今回のメインキャストも前回と基本的には同じ。
神永ジーザスはこのまま定着していくんだろうか。
ジーザスに対して芝ユダは定着というより接着という感じw
キムスンラが退団してしまった今、次のユダもそろそろ現れてほしいものだ。
ただこの役はある意味この作品の主役でもあるので、中々難しいのだろう。


というわけで前回いつ来たかと遡ってみたら12月のこの作品の時以来の
自由劇場にやって来た。
131116_1.jpg


自由劇場のキャストボードはもうちょっと照明の当て方を考えてほしいw
という今回のキャスト。
131116_2.jpg

ジーザス・クライスト  :神永 東吾
イスカリオテのユダ   :芝 清道
マグダラのマリア    :高木 美果
カヤパ(大司教)    :高井 治
アンナス(カヤパの義父):吉賀陶馬ワイス
司祭1         :佐藤 圭一
司祭2         :清水 大星
司祭3         :真田 司
シモン(使徒)     :佐久間 仁
ペテロ(使徒)     :五十嵐 春
ピラト(ローマの総督) :村 俊英
ヘロデ王        :北澤 裕輔


ちなみにキャストボードの脇にはクリスマスツリーも。
131116_3.jpg

もうそんな季節なのね。。。季節感がない生活をしているので
世間の空気感がよくわからなかったりする(笑)


因みにアンサンブルには久しぶりの林香純や物議を醸しだしたクリスティーヌの
土居愛実などもいた。まぁ土居愛実は判別できなかったけどw


基本的にこの作品はジーザスとユダだけで成り立っていると思っているので
感想も殆どこの二人で占める。

まずはジーザスの神永東吾。
この人の神様姿は実に様になっている。ちょっと憂いがある青年ジーザスに
まさに打ってつけだ。
あくまでも見た目だけの話しだが、何か隠し道具をもってそうな芝ジーザスとは
神様としての純真さが違う(笑)
前回の公演で2度目に観た時は民衆の所まで降りてきて、優しく見守っている
感じを醸し出していたのだが今回は違った。
無表情、というか前回とは違う意味で凡人には理解できない高みにいる感じ。
そして民衆のレベルまで降りては来そうにない。
そばに寄り添っていても心の中では別の所にいそうな感じだ。
これはこれで良いと思う。だって所詮我ら凡人には神様の頭の中など
判りようがないのだw

良い感じかな、と思いながら観ていたらジーザスの最初の歌いだしで
いきなり声がかすれた。
あれ?大丈夫か?と中盤までそればっかり気になってしまった。
音響の問題なのか、前方に座ってしまったからなのかわからないが
声の音圧が感じられない。
元々良い声ではあるが厚みのあるタイプの声ではないが、
それにしてもちょっと線が細すぎる&声が伝わってこない。。。
これで後半のゲツセマネは大丈夫なんだろうか?などと変なことばっかりが
心配になってきてしまった。
その後は不安定なところもあったが、無難にまとめていたと思う。
ゲツセマネは欲を言えばあのロングトーンはもうあと何小説か伸ばしてくれると
いいのだが、特に問題は感じなかった。
とは言え説得力が今一つ足りない印象であるのは否めなかった。
台詞がない歌のみの作品で歌に説得力が足りないと厳しい。
開幕当初からこうだったのか、今だけちょっと調子が悪いのかはわからないが
ジャポネスクの時には説得力がある神様でいてほしい。


そして神永ジーザス以上に観ているこっちを不安にさせてしまったのが
芝ユダである。
この人が本来持つ声の厚みがまるで感じられないどころか、
高音に至ってはまったく声が出ていない。
この作品の大きな見どころである最後の晩餐でのジーザスとの応酬では
歌が完全にフラットしてしまっていた。
ユダはジーザス以上に存在感を持っていなければならないと思っているので
今回の芝ユダではその存在感を感じることが出来なかった。
こっちが歌に気を取られ過ぎていることもあるだろうが、
存在感が欠けてしまうとジーザスとの対比が成り立たなくなってしまう。
う~ん、ちょっと心配だ。
最後のスーパースターの低音部分なんかはしっかり歌えていたのだが・・・

作品の大部分を占める二人を心配しながら観ることになってしまったので
物語自体に没頭できなかったのが残念だった。


他の人も少しだけ触れておく。

ヘロデの北澤裕輔。
ヘロデのシーンはその前後と全く違った空気を放つシーンである。
下村ヘロデは妖しくヘンテコな存在感でその空気を作り出しているのに対し
北澤ヘロデは見た目の美し過ぎな感じでその空気を作っていた。
ただ歌になってしまうといたって普通なので下村ヘロデのような
明らかに他のシーンと違う空気にはならない。
北澤ヘロデの美しさはある意味出オチみたいなものだ。
美人は3日見たら飽きる、ではないがそれだけでは他のシーンとの
差別化は図れないのだ。
ま、そういう演出じゃないのかもだけど。


神様とユダの調子が今一つで元気がない中、何故か妙にテンションが高かったのは
カヤパの高井治だ。
ファントムでそんな歌い方聞いたことないぞ、というくらいのガナリや
やたらとテキパキした動きが妙に可笑しかった。
カーテンコールではける時なんかは袖に向かってジャンプしてたしw
こんなに一生懸命動いている高井治を観るのは、55STEPSの時にドレミの歌で
舞台に上げらた自分や他の人たちに必死の形相で合図を出してくれた時以来だ。

因みにカヤパのミッキー帽はカーテンコールの時にちょっと斜めってたww
そんな今回のミッキー軍団のイメージはこれだ。
131116_4.jpg

ベタだけどファントム風ww
ちなみになぜデビルマン風のミッキーなのかはこちらをご確認ください。

はい、わかってますよ。画伯に近い絵心だということは・・・


よろしければポチっと
にほんブログ村 演劇ブログ 劇団四季へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 2013/11/17 Sun. 17:46 [edit]

category: 劇団四季:ジーザス・クライスト・スーパースター

TB: 0    CM: 6

17

コメント

林香純さん 

アンサンブルで出ていましたか?春のめざめ、ドリーミングしか観てませんが声が可愛くて好きです。今日はふたりのロッテの先行なので予約しようと思ったのですが、まさかのメンテナンス中でした。(←昼間)これから再度挑戦しようと思います。四季離れが続き、ロッテが延期でなく中止なら会員を辞めようと思ってました。でも上演する?ようですし 会員だとチケット支払いが(口座引き出しの場合)予約月の翌々月でいいので保留とします。

URL | ナツコヤヨイ #LkZag.iM | 2013/11/17 20:26 | edit

 

わーいヽ(*´∀`)ノジーザスレポだー!

そうですよね、ずっとやってなかったのに、
ここ数年毎年観られる演目になってしまいました。

ゲッセマネのロングトーン
あそこは芝さん(昨年か一昨年の春に観た)、どこまで伸ばすねん!と
びっくりしましたが、
一度それを聞いてしまうと、神永さん(昨年の今頃に観た)は
あと、もうちょっと伸ばして欲しい!って私も思いました。
でも、見た目は、芝ジーザスより神永ジーザスの方が
「ジーザス!」って感じですよね。
芝さん、ジーザスの衣装着ても、ユダにしか見えないw

で。
え?え?芝さんまたもや(?)不調なんですか!?
8月のソンダン花束ではもう絶好調だったんですけど!
やーん。芝さんを期待しているのに!
神様、どうか芝さんが今月28日マチネは絶好調でありますように!←すごい自分勝手な祈り。

そうなんですよねー。北澤ヘロデ(昨年か一昨年の春に観た)、
王様というより「王子様」という感じでキラキラしていて美しいし
歌ももちろんいいんですが、
下村ヘロデ(昨年の今頃観た)と比べるとやっぱりなんか違う。
>下村ヘロデは妖しくヘンテコな存在感でその空気を作り出している
これ、まさに、的を射た表現だと思います!
下村さんはヒノデロでも配達人でも
妖しさにかけてはもう突出してましたね。

そして、高井ファ…あ、違った、高井カヤパ様
高井と来たら自然に指がファントムとキーボードを叩いてしまいますw
ジャンプっていうのは、高井さん大ファンの友達も言ってました!
ちょっとそこは見逃せないw
テキパキしてるんですか?
ファントムがゆっくりというか優雅というかそういうイメージなので
テキパキな高井さんは想像できないです。
早く観たいw
高井さんファントムはもちろん言うまでもなく定着して文句なし
(たまに高音がひっくり返らないかヒヤヒヤする程度)ですが、
高井さんって他の役を演じた時の演技力ってどうなんだろう…。
いや、歌は問題ないのは想像つきますが。
赤毛のアンのマシューも結局やらなかった(ですよね?)し。
別に私は高井さんファンではないのですが、
他の役を演じている高井さんは見てみたいです。

そして、ミッキーカヤパファントムデビルマン(←すでに何か分からない)キタ━(゚∀゚)━!
nalaniconey様の絵心とユーモア心にはいつも頭が下がります。

レポ、ありがとうございました。

ホント、28日には芝さん絶好調でありますように!

URL | なにわのねこ #41Gd1xPo | 2013/11/17 20:38 | edit

Re: 林香純さん 

>ナツコヤヨイさん

林さんはなんか顔は痩せてほっそりしてたように見えました。
ずっとファミリー系が続いているので、ここらで何か別の方向で頑張ってほしいですね。
あれま、メンテ中とは・・・先行発売日なのに困りますね。
僕も年間観劇数は変わってないんですが、四季比率が下がってきました。
とは言えまだまだかなり観てるんですけど・・・
来年はさらに減りそうな気がします。
秋とかで面白いのをたくさんまわしてくれるといいんですがね。。。

URL | nalaniconey #- | 2013/11/17 22:17 | edit

Re: タイトルなし 

>なにわのねこさん

毎年観られるのはうれしいですが、やり過ぎのような気も・・・

ゲツセマネのロングトーンは金田さんもすごかったですし、芝さんはそれ以上でした。
その二人に比べると短めですが、去年よりも安定して伸ばせてます。
欲を言えばもう少し、というくらいで。

芝さんの声は・・・低音はいつも通りなんですが高音はかなり厳しいです。
ヒヤヒヤしてしまいます。
すぐに上向いてくれるといいんですけどねぇ。

高井さんは「なんで一人でそんなに元気なんだ????」というくらい
テキパキと動いています。ジャンプには笑いましたw
僕の中で高井さんは不器用というイメージがあって、55STEPSの時も必死の形相が
微笑ましかったです。
高井さんの他の役というと、李香蘭の裁判長とか壁抜けとかで観てますね。
どちらも歌メインですね。高井さんの長いセリフは聞いたことがないかもです。

ミッキーカヤパファントムデビルマン・・・もはや何なのかわからないですね。
ガンプラ風にかっこよく書くと「MDV-13 Devil Mickey ver.Pha」という感じでしょうか(笑)

URL | nalaniconey #- | 2013/11/17 22:25 | edit

楽しいJCS 

キャストに惹かれて、2度観てきました。
冒頭においてけぼりをくう感覚は相変わらずなんですが、なんじゃこりゃーと思いながら、それぞれの役に感情移入できてしまう作品で不思議です。

今回は、高井カヤパのカテコの様子に、他の人の拍手に紛れて笑いました。
本当に、楽しそうに踊っていましたね。
あんなの観てたら、カテコであっても笑えない踊れないファントムって相当ストレスなんじゃ?と思います。

あまり好きな作品ではなくて、そんなに数は観てこなかったんですが、以前はこんなに踊ってませんでしたよね?? 私にとっては新発見だったので高井さんが出演されるなら、今後は欠かさず観に行くつもりです。カテコ目当てで(笑)

北澤さんの役の幅もまた広いですよね。何をやっても「下村カラ―」になる下村さんもいいですが、ジャポネスクはともかく、エルサレムは北澤さんで観たいものです。
作品の中身以外のところで、予想外に楽しめた公演でした。こんなの、大歓迎です(笑)!

URL | ヨイコ #WaVRYmn. | 2013/12/02 00:31 | edit

Re: 楽しいJCS 

>ヨイコさん

ブログも拝見してますよ~。なんか本当に楽しそうですね(笑)

僕もこの作品を初めて観た時は置いてけぼり食らったんですが、
2回目以降はこの作品のパワーにどんどん惹かれていきます。
二十歳そこそこでこの作品を作ったロイドウェバーってやっぱりすごいな、と。

カヤパというか高井さんの(?)カーテンコールですが、あんなに目立つくらいテキパキと
やってたら今までも気づいたんじゃないかと思うんですよねw
高井さんだから注目していて気づいた、というのもあるかもしれないんですけど・・・
でも以前はあんなのなかった気がします(笑)

北澤さんは本当にあちこちいろんな役をやってますね。
以前はシンバだったりフィエロだったりある程度固定されてましたが
今は何でもありで(笑)

作品の中身以外も楽しめるのは良いことです!(笑)

URL | nalaniconey #- | 2013/12/02 08:28 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://musicaltheater.blog130.fc2.com/tb.php/183-2a0b8855
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。