09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

劇場つながり

各種観劇日記。基本的に劇団四季のみ、のはずが最近は色々と手を広げてます。書きやすさ優先でレポ内の俳優名は敬称略ですのでご了承くださいm(_ _)m

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

レポじゃないよ、報告だよ Song&Dance 60 感謝の花束《2013年11月13日(水)》 

今回はレポではないです。報告ですw
備忘録のようなもの。

近場で観られる最後の機会かもということで、急遽ぎりぎりのタイミングで
追加した今回の観劇。
北風ビュービューの中やって来た八王子オリンパスホール。
常になのか今の時期だからなのかはわからないが、イルミネーションが
キレイでした。
131113_1.jpg

八王子にやって来たのはたぶん10年以上ぶりくらいだと思うが
駅周辺の変わりようにびっくらこいた。
ちょっと早目についたのでビックカメラでiPad AirとiPad mini Ratinaを
ちょっとだけ確認。
iPad Airは確かに軽い!ちょっとビックリな体感重量。
miniの方は確かに自分が持っている前モデルより明らかに液晶がきれいだ。
が、買い替えるかというとそれもちょっと微妙な感じ。
今ので間に合ってるしねぇ。

というどうでもいい報告はおいておく。

はい、今回観たのはSong&Dance 60 感謝の花束。
今週になってビックリのキャスト変更。
ボーカルパートに李涛が復帰!
これはうれしい変更だ。うちのヨメは万歳三唱w

という今回のキャスト。
131113_2.jpg

【ヴォーカルパート】
飯田洋輔
李涛
飯田達郎

光川 愛
福井麻起子
松元恵美


【ダンスパート】
西尾健治
松島勇気
厂原時也
大森瑞樹
斎藤洋一郎
水原 俊
松出直也
林 晃平

原田麦子
須田綾乃
井上佳奈
髙田直美
坂本すみれ
相馬杏奈
馬場美根子
加藤久美子


他にも超久しぶりに厂原時也が四季の舞台に戻って来た!
これもうれしい変更だ。


とは言えですね、会場のオリンパスホールはキャパが2,000以上の
かなり大きいホール。
しかも急遽追加のチケットなので2階席。2階席は専用劇場のように
大きく前に張り出しているわけではないのでかなり後ろの方。
Song&Danceだから良いようなものの、普通の芝居だったら遠慮したくなる大きさだ。
何となく表情はわかるかな、というくらい。


幕が上がり李涛が登場。
李涛を観るのは前回のSpirit以来だから結構久しぶりである。
登場した瞬間自分の周囲は一斉にオペラグラスを取り出す。みんな一斉に同じ動き。
これにはヨメも含まれるw
その後も李涛が登場するたびにこれが繰り返された。
斜め前にオバ様方は登場の瞬間、文字通り小躍りしていたw

久々に李涛の声を聴くと「あぁ、これが聞きたかったよ」と思った。
動きも相変わらずキレがあってかっこいい。
前半は音響の問題なのか久々だからなのか抑え気味のように聞こえたが
後半はだいぶ盛り返してきていた。
暴走族の歌では相変わらずの側中。
この先どのくらい登場するのかわからないが、本当はウィキッドにも出てほしい。

全体を見る感じでSong&Danceを観るのは久しぶりなので、
それはそれで楽しかった。
因みにヨメは李涛一点集中でSong&Danceというより李涛を観ていた、
という感じだったらしい。


今回この作品を観て改めて感じたのは「ようこそ劇場へ」との対比。
「感謝の花束」は普段四季の舞台に中々足を運べない人のために
海外作品を中心にわかりやすくミュージカルの楽しさを伝えている。
劇団四季=有名海外ミュージカルという図式が一般的なのではないだろうか。

一方「ようこそ劇場へ」は海外ミュージカルという衣装を取った
素の(変な言い方だが)劇団四季の姿を改めて紹介しているように思える。
派手さはないがより分かりやすくメッセージが伝わるのはこちらだ。

パッと見の派手さや面白さは「感謝の花束」だろうし、実際に「ようこそ劇場へ」は
興行的にもちょっと苦戦気味のようだ。
Song&Danceは何も考えず観ているだけでも楽しい作品ではあるのが、
作品の意図なんかも観た人それぞれがその人なりに考えてみたりすると
またちょっと違った感想が出てくるのかもしれない。


終演後のお見送りは川口同様ロビーはカオス状態にw
2階から降りてくる時に、どこの列に誰がいるかちゃんと確認できたので
ヨメは迷わず李涛のいる列に、自分は相馬杏奈がいた列に並んだ。
1ヶ月振りに観た相馬杏奈はやはりカワイイw
でもちょっと痩せたかも?
対面した時に「あれ?こんなに細かったっけ?」と感じた。
まだまだ全国公演は続くので頑張ってほしいところだ。


というわけでレポではなく、行ってきたぞという報告でした。


よろしければポチっと
にほんブログ村 演劇ブログ 劇団四季へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 2013/11/14 Thu. 11:26 [edit]

category: 劇団四季:Song&Dance 60

TB: 0    CM: 8

14

コメント

 

お、2回目ですね。
京都でマチソワした時、
お見送り、マチネで芝さんが一番奥にいるのは分かっていたのですが
2階席からでは、芝さんまで到達する前に
撤収されてしまった悲しい思い出…。

李涛さんは、ソンダンのイメージにすごく合う人という気がします。
単に55でも観たからかな(笑)
いろんなキャラの歌を李涛さん風に上手くアレンジできる人だと思います。

飯田兄のスーパースター、聞いてみたいよー!

URL | なにわのねこ #41Gd1xPo | 2013/11/14 12:31 | edit

Re: タイトルなし 

>なにわのねこさん

はい、つい行ってきてしまいました(笑)
お見送りは狙いをつけやすかったんで混んではいたもののすんなりと行けました。
相馬さんの他には水原さん、福井さん、飯田兄、原田さんと握手しました~

李涛は何でもこなしますよね。どの曲も違和感ないですし。
個人的には彼なりの表現力ってすごいあると思っていまして、
それを演技の方で活かしてほしいなぁ、と。

飯田兄のスーパースターは絶品です!
あ、ファントムも絶品です!今すぐデビューできます。
兄はソンダンでイメージ的な幅をだいぶ広げましたね。
あ、こんなのも出来るんだ!みたいな。

URL | nalaniconey #- | 2013/11/14 14:19 | edit

劇団四季の底力を感じます! 

奥様が李涛ショーを存分に堪能されたようで、何よりです(笑)。

私は今日(14日)「ようこそ劇場へ」の方を観て来ましたが、ソング&ダンスは確かにnalaniconeyさんがおっしゃるような違い(衣裳をまとった四季と素の四季なんて、上手な表現だなあと思いました)はあるものの、両方ともボーカル、ダンスともに実力者揃いで文句なしに楽しめますね。劇団四季の底力を感じました。

今日は終演後に会員イベントもあり、キャストの観客への対応や言葉の一つひと
つが丁寧で、気遣いも細やかで、ずっとずっと四季を応援したくなりました。
次は26日の新百合ケ丘公演の「感謝の花束」。前回の多摩公演では李涛さんではなかったので、李涛さんにはこのまま出演を続けてもらいたいところです。

URL | Anton #- | 2013/11/14 20:32 | edit

Re: 劇団四季の底力を感じます! 

>Antonさん

ヨメは握手までできて存分に堪能していたかと思われます(笑)
ちなみになんですが、僕は以前55STEPSの時に一人で舞台に上げられたことがあり
その時にリタオとかカトクミさんとかと舞台で写真撮ってもらったことがありますw

今回も最後のお見送りの時のキャストの皆さんの表情を見てると
なんかうれしくなってきてしまいます。

Song&Danceは基本的にキャストにハズレはないですよね。
好みの問題はありますけど。
今回は若干「感謝の花束」の方が贅沢な感はありますけどね。

たぶん田邊さんは「思い出を売る男」に行くと思われるので
リタオはそのままでしょうね。
存分にリタオショーを楽しんできてください。

URL | nalaniconey #- | 2013/11/14 21:14 | edit

 

いいなぁ!
としか書けないくらい羨ましい~
私もリタオワールドに行きたい!
とはいうものの、行ったら贔屓をガン見してしまうと思います。
花束、東京でやって欲しいです~
切実に。
リタオは本当にウィキッドで観たいですよね!

URL | 朋美 #- | 2013/11/15 20:09 | edit

Re: タイトルなし 

>朋美さん

いいでしょ?(笑)
2階席で遠かったですがリタオの雰囲気は存分に感じられましたし満足です!
ちなみに飯田兄と握手してきました!
飯田兄のファントムはさらに磨きがかかって、スーパースターも相変わらずかっこよかったです。
うちからだと八王子行くのも専用劇場行くのも時間的にはあまり変わらないんですよね。
イメージ的に八王子は遠いですがw

フィエロ復帰を切望してます~

URL | nalaniconey #- | 2013/11/16 13:21 | edit

 

お久しぶりです♪

ソンダンいいですね~~

8月に4列目から見ることができました(*^_^*)
リタオさんでしたよ~
なんかシャープになられた感じでしたが・・

いろいろキャスト出入りが多くて~~しばらく見ないな~と思ったら
アッ、いたのね~ってこともあるし~~

京都劇場の公演がなくなってから・・
すっかり四季離れになってしまって・・

narlaniconeyさんのレポで、救われています~~
また楽しみにしていますヽ(^。^)ノ

URL | ロコン #- | 2013/11/16 18:42 | edit

Re: タイトルなし 

>ロコンさん

お久しぶりです!
僕も前回は5列目で観られたんですが、欲を言えば今回のキャストをそのくらいで観たかったです。
専用劇場以外だと広すぎてというのと音響的に響き過ぎるんですよね。。。

そうなんですよね。しばらく見ないとまた退団か・・・と思ってしまいます。
特に贔屓の人は。
めざめでベンドラやってた林香純ちゃんも最近見ないなぁと思ってたら
昨日観に行ったジーザスでアンサンブルやってました。

確かに京都がなくなっちゃったので機会も減っちゃいますよね。
大阪はLKがこの先も続くでしょうしね。
大阪がロングランで、京都は秋劇場みたいな感じで色んな作品を
まわしてたので良い感じだったんですけどね。。。

URL | nalaniconey #- | 2013/11/17 07:57 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://musicaltheater.blog130.fc2.com/tb.php/182-b51e9fb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。