09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

劇場つながり

各種観劇日記。基本的に劇団四季のみ、のはずが最近は色々と手を広げてます。書きやすさ優先でレポ内の俳優名は敬称略ですのでご了承くださいm(_ _)m

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

カオスな川口 Song&Dance 60 感謝の花束《2013年10月12日(土)》 

3週間ぶりの観劇は地元埼玉でw
「Song&Dance 60 感謝の花束」である。

今週からボーカルパートが李涛から田邊真也に変更になっている。
田邊真也はコーラスラインの出演中に何かしらのアクシデントがあったようで
降板していたが、このタイミングでの復帰となった。
復帰直後の公演では動きがぎこちない(動けてない)などの情報もあったり、
また自分の本音を言うと李涛で観たかったので残念ではあったが
こればかりはどうしようもない。
歌う田邊真也を観るのは何年ぶり?というくらい記憶にないので
それはそれで楽しみだったりもした。

さて、今回の会場は埼玉県の川口駅前にあるリリアというホール。
131012_2.jpg


ちょっと早く着きすぎたのだが周囲に時間を潰すところ(カフェとか)が
全くなかった。。。
しょうがないのでロビーの自販機でジュース買ってウダウダしていると
あっという間にロビーは会場待ちの人であふれ返っていた。
ちょっと落ち着いた頃に入場すると・・・
会場内ロビーはちょっとしたカオス状態w
ホールのキャパ自体が四季劇場よりも大きいのはわかるが、その分というか
会場内のロビーも広い。
それなのに自由に歩けないくらいの人の多さ。
特にパンフやメイキングDVDなどのグッズ販売には長蛇の列。
なんでこんなに並ぶんだろう?
DVDがあるから?それとも常設の劇場での公演と違い、ここでしか見ない
人とかも来るからなのだろうか?

キャストボードの前もものすごい人だかりで、キャスト表を手にするのも
やっとの状態。とてもじゃないが写真なんか撮れる状況ではなかった。
なので今回はキャストボードの写真は無し!

という今回のキャスト。

【ヴォーカルパート】
飯田洋輔
田邊真也
飯田達郎

光川 愛
福井麻起子
松元恵美


【ダンスパート】
西尾健治
松島勇気
朱 涛
大森瑞樹
斎藤洋一郎
水原 俊
松出直也
林 晃平

原田麦子
須田綾乃
井上佳奈
髙田直美
坂本すみれ
相馬杏奈
西田ゆりあ
加藤久美子


このブログでは多分初めて書くが実は「隠れ 相馬杏奈ファン」である。
ま、別に隠れる必要はないのだがw
初めて観たのは多分前回のSong&Dance Spiritの時だとは思うのだが、
当初はそれほど、というか全く気にしてなかった。
見た目的にツボのタイプではなかったのが理由なのだが・・・
が、なんかのタイミングで気にし始めたらじわじわと来る(笑)
そのうちすっかり目が離せなくなっていた。
何故かはわからない。印象がダンサーの中では柔らかいからだろうか。。。
ま、今となっては「かわいいから」ということで済ましている。


そんな個人的な好みの話で行数を稼いでいる場合でもないので
内容に関して少し。それじゃレポじゃないだろ?という苦情は受け付けないw


この「感謝の花束」という作品は「55STEPS」と「Spirit」を足して
2で割ったような作品である。
曲やダンスは大きくアレンジし直されているので、それぞれの場面で
新しい要素を楽しめはするものの新鮮味には欠ける。
それでも観ていて単純に楽しいと思えるのがSong&Danceの良いところだ。
頭使わないで楽しめるところが良い。
とはいえやはり完全な新作ではないので、手放しで楽しめるというのとも違う、
というのが正直な感想。

あと気になったのは流れがちょっとギクシャクというか遮断されるというか
不自然に感じてしまうシーンがいくつかあったことだ。
構成上の問題なのでどうしようもないのかもしれないが、繋ぎのために
ちょっとした歌を挟み込む部分はもう少し何とかならないかなぁ、と。

そんなこともあって、全体としては楽しむことが出来たものの
でもやっぱり「55」「Spirit」みたいな高揚感、まではいかなかったかなぁ。


キャストに関しても少し。
ダンサーはただ単にみんなすごい!くらいにしかわからないので
ボーカルパートの人たちだけ。。。

飯田洋輔は途中までは彼に完全にフィットするタイプの曲と、
そうでない曲の時に差がある感じがしていた。
上手い下手ではなく合いそうな曲の時はより説得力があるというか。。。
ファントムの歌(Music Of The Night)などは流石!という感じで
歌だけならこのままオペラ座に出演しても全く問題なさそう。
(ファントムとしての存在感とか演技は観てないからわからない)
良くも悪くも器用そうなタイプではないかな、と思っていたのだが
終盤の「スーパースター」はかなりかっこよかった。
こういう曲もこなせるんだなぁ、と。

その弟である飯田達郎。
この人は兄とは対照的に何でもこなせそうで器用なタイプ。
まぁどちらかというとコメディ色が強いかもしれないが・・・w
久しぶりに見たらだいぶ体がすっきりしていて、キャッツの時のムチムチ感は
だいぶ減少しているように見えた。
その分兄の方が・・・だったけど。

田邊慎也はいかにも「The四季」という感じの生真面目さ。
まだ回数をこなしていないからなのか、調子が完全に戻っていないのかは
わからないが、まだちょっと手探り感は感じた。
そんな中でも「アンダー・ザ・シー」はすごく良かった。
この曲の時くらいの軽快さが全体的に出てくるとより良いのでは。


男性陣と比べると女性陣はちょっと大人し目だったかも。
別に何の問題もなく全員がしっかりとこなしてはいるので、
これは個人的な期待が大きかったからかもしれない。
そんな中で、福井麻起子は55Stepsの時と比べてだいぶ存在感というか
貫禄が出てきた。歌も当時よりだいぶ良くなったと思う。


終演後はロビーで握手なのだが、これがまたカオス状態w
入口の真ん前で行われていたので渋滞を避ける手段がなかった。。。
この辺はもうちょっと何とかしてほしいものだ。
とか言いながらしっかり相馬杏奈のところに行って握手してきたw
やっぱり癒し系でカワイイ!


さて、今日はもう一つのSong&Danceが秋 劇場で開幕している。
こちらも大いに楽しみにしている。
それにしてもこんなに色々やってて俳優は足りるんだろうか・・・
まぁ新しい(観たことがない人たち)人に出会えそうではあるので
その辺は楽しみだ。


よろしければポチっと
にほんブログ村 演劇ブログ 劇団四季へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 2013/10/13 Sun. 23:11 [edit]

category: 劇団四季:Song&Dance 60

TB: 0    CM: 22

13

コメント

 

ちょうどレポアップしたので覗きにきました~
うまくまとめましたね!
私のはミーハー日記になりました(笑)

お互いお目当てのキャストさんと握手出来てよかったですね♪

私は55観てなくて、spritに高揚感感じなかったので、(贔屓もいるし)めちゃめちゃ楽しかったです♪
田邊さんもよかったけど、私もリタオ見たかった~
だいぶリタオ切れしてます(;^_^A

URL | 朋美 #- | 2013/10/14 00:40 | edit

Re: タイトルなし 

>朋美さん

毎回そうなんですがソンダンは僕的には書くことがあまりなくて困ります。
「今回も楽しかったです!以上!」みたいな
なので大したことが書けません。。。

朋美さんのレポも読みましたよ~
朋美さんも含めて1曲ずつ書ける人ってどうやって観ているのか不思議でしょうがないです。
僕は何の曲やったかも覚えてないですw
ざっくりと観すぎなんですよね。

あのロビーのカオス状態を観た瞬間に相当萎えましたが、
たまたま早く抜け出そうと端によったら、相馬さんは端にいてよかったです!
ええ、ここが僕の今回のピークかもですw

リタオ・・・このタイミングで変わらなくても、と思ってしまいました。
別に田邊さんが嫌なわけではないんですけどねぇ。
次はいつ見れるでしょうかね。。。

URL | nalaniconey #- | 2013/10/14 10:57 | edit

お得感いっぱい! 

リリアホール。昔、森高千里のライブで行きました。懐かしい。。。

と、いうことで、ソンダン。私は10/4のパルテノン多摩公演に行きました。

やはり、レポにある通り、飯田兄弟は抜群の歌の上手さでしたね。兄・洋輔の「本編オペラ座の怪人」を早く観たいです。それに、達郎のラウルなら最高!

今回は各ボーカルそれぞれの個性を生かした選曲で、しかも、わかりやすい曲が多く、四季ソンダン初の人も歌の楽しさ素晴らしさを堪能できたのではないでしょうか。私はとても満足でした。その結果、また、11/26新百合ケ丘公演のチケットを取ってしまいました。。。

あ、この多摩公演に佐野さん、佐渡さん、佐和さん(佐の付く人ばっかり)など「劇場へようこそ」チームが集結。ライバルカンパニーの出来を確認しに来ていました(笑)。こちらも楽しみですね!

URL | Anton #- | 2013/10/14 11:27 | edit

 

私は楽しかったけど記憶なし!っての多いけど、贔屓が出ていたので、その時はオペラグラスでガン見でした(笑)
私よりもっと細かに一曲づつ丁寧に公平な文章書ける人は本当にすごいと思います(;^_^A
私もロビーの状態観たときには一瞬握手を諦めましたが、
ここまできて諦めてなるものか!と奮起しましたよ!
その結果…
(。≧∇≦。)
感無量でしたね~
本当に秋とチェンジして欲しい…
田邊さん、結構好きなキャストさんですが、開幕からリタオだったので、リタオモードだっただけにショック大きかったです。
こうなったらフィエロにカムバックして欲しいですね!

あ、福井さんて55でもボーカルだったんですか?
私、今回の女性の中では一番好きでした~
もっといろいろでてきて欲しいなぁ

URL | 朋美 #- | 2013/10/14 12:13 | edit

Re: お得感いっぱい! 

>Antonさん

飯田兄弟ってすごいですよね。揃ってあの位置にいるんですもんねぇ。
タイプが違うから被ることもないし。
東京公演で兄のファントムが実現しなかったのが残念です。
さすがに北海道には行けないですし。。。

個人的にはやっぱり四季劇場で観たいんですよね。
慣れないホールはどうも・・・四季劇場より広いし音響的にも四季劇場の方が
作品にはあってると思いますし。
まぁこの作品であれなそれほど気にならないですけどね。

川口には相原茜さん、若奈まりえさん(多分)などがいました。
僕の席のすぐ近くにいましたよ~

URL | nalaniconey #- | 2013/10/14 13:01 | edit

Re: タイトルなし 

>朋美さん

ほんとどうやったら1曲ずつ詳細がかけるのかが不思議でしょうがありませんw
前にメモ取ってる人を見たことはあります。あれじゃ楽しめないのに・・・と。

今回は幸い席が良かったのですぐ近くで観れて良かったです。
ただ「お洒落~」の連れ去りでヨメが危なく連れて行かれそうになりました。

リタオは戻ってくるんでしょうかねぇ。。。
フィエロに関してはもう世代交代のような気がしています。
演技もかなり良いので観たいんですけどね。

福井さんは55の時はシンガーの若者枠でした。
そのイメージだったので、今回雰囲気が備わっていたのが良い意味で驚きでした。
歌も以前は「歌がうまいダンサーの人?」という感じだったんですが、
今回はしっかりとシンガーでしたね。
この人はLKのアンサンブルとかが多いですよね。もったいないなぁと。

URL | nalaniconey #- | 2013/10/14 13:08 | edit

 

あれ、京都公演千秋楽に行った友人は、
スーパースターは弟が歌ってたってmixiに書いてたんですが
兄だったんですね。
枠的にそうですもんね。
友人本人も「C席+オペラグラス忘れた」と書いていたので…。

私が観に行った時は芝さん、李さん、弟と
自分的にベストな組み合わせをマチソワしたのですが
ソワレの2階席(前日予約でB席しか空いてなかった)で、
1幕終わった後、後ろのおばさま二人組が、
「知ってる曲なかったわー」
「ああ、マスカレードは知ってたけど」
って話してて、びっくりしました。
(ってか、マスカレード知ってて、なぜMOTNを知らないw)
四季好きには、もう、たまらない選曲&キャストだったと思うんですが
(個人的にはマスカレードよりエビータから1曲入れて欲しかったけど)
知らない曲ばかりだったらつまらない舞台だろうな…。
(しかも京都劇場の2階席は舞台からものすごく遠い)
おばさま二人組が、2幕のサウンドオブミュージックの曲くらいは
知っていたことを祈るのみですw

URL | なにわのねこ #41Gd1xPo | 2013/10/14 20:36 | edit

Re: タイトルなし 

>なにわのねこさん

はい。今回は前から6列目だったので間違いないです!(笑)
兄がスーパースター歌ってましたよ~。

おばさまたち・・・w
確かにマスカレードは知っていて「MOTH」知らないというのは不思議ですね(笑)
CMしかみてないのでは?w
サウンドオブミュージックはドレミの歌はわかるんじゃないですかねぇ。

基本的にSong&Danceは四季好きの人しか楽しめないと思うんですよね。
ミュージカルの曲が別のアレンジで聴けるというのが楽しみですからね。
いきなり見てもありがたみは薄そうですよね。
かく言う僕もSong&Danceは最初は楽しめませんでした。
元々ストーリー性のある舞台の方が好きでしたし。。。
ま、気が付けばハマってるんですがw

URL | nalaniconey #- | 2013/10/14 21:15 | edit

 

李涛さん、飯田達郎さんの歌声好きなので気になりましたがキャス変しましたね。前回?前々回?のソンダンでW双子ダンサーの時に『愛の時花の時』を歌っていたのを覚えています。


私は歌やダンスより、ストーリーや役者重視の為行きませんけども、記事やコメントを楽しく読んでいます。
※話変わります↓
来年の濱田さん出演舞台楽しみです。オペラ座の続編。内容はラブストーリーっぽいイメージで期待してませんが、キャストが…クリスティーヌとメグジリーが楽しみです。沼尾さんが観そうです。吉沢さんはレディベスに出ますが、苦手な帝劇ですね…。私も苦手な劇場ないですが、 と書こうしたらありました。

いつもながら変な時間に失礼しました。

URL | ナツコヤヨイ #LkZag.iM | 2013/10/15 03:59 | edit

Re: タイトルなし 

>ナツコヤヨイさん

飯田弟は残ってますがリタオは変わってしまいましたね。。。
「愛の時花の時」は前回のSpiritの時ですね。
ダンサーは双子×双子という四季らしからぬ属人的なキャストでしたw
僕も本来はストーリー性や演技を重視するのですが、Song&Danceは何故かものすごく楽しめます。

ラブネバーダイズ(あ、日本版は最後の「ズ」はなしですね)は厳しそうな感じがします。
音楽は素晴らしいので、それだけでも観る価値はあるかと思いますが
ストーリーがあまりにも・・・なので。
役者も良いところばかり(一部は?ですが)そろえてきてますが、合っているのかどうか・・・
濱田さんもクリスの歌はどうなのかなぁ、と。
とか書きながら1回は観に行くんですけどw

この間の先行発売はつながらなくて大変でした。
2時間もクリックし続けたのは初めてでした。。。

吉沢さんのレディベスもきっと行きますが、やはり劇場が・・・
それより12月に出演するTipTapの「Second Of Life」が個人的には超豪華キャストで
楽しみです!是非チェックしてみてください。
TipTapのサイトには情報がないのでTwitterで見てみてください。
TipTapの前作の「Countdowm My Life」という作品はすごく良かったですし
なにより音楽が良いです。
なので今回の新作も期待してるんですよね。

URL | nalaniconey #- | 2013/10/15 07:56 | edit

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2013/10/15 09:13 | edit

Re: 情報ありがとうございます。 

どうなんでしょう。ちょっと試したことがない、というか持っていないので試しようがないんですが・・・
ブログのコメントにURLを張り付けると違反の判定をされてしまうのでリンクつけられなくて・・・
すいません。
作品の内容に関してはまったくわかりませんが、今出てる情報は以下の通りです。

『Second of Life』
12月20日~23日
上野ストアハウス


<組分>
A
染谷洸太、稲田みづ紀、岡村さやか、伊藤俊彦

B
海宝直人、須藤香菜、青山郁代、tekkan

C
阿部よしつぐ、上田亜希子、吉沢梨絵、港幸樹


<スケジュール>

20日
13:30~A
16:30~B
19:30~C

21日
12:30~B
16:00~C
19:30~A

22日
12:00~C
15:00~A
18:00~B

23日
12:00~A
15:00~B
18:00~C

URL | nalaniconey #- | 2013/10/15 12:27 | edit

ご親切に 

わざわざすみません。先程、パソコンでtwitter開こうとしましが、上手く開けなかったので感謝です!

吉沢さんのブログは携帯からも見られるので、予約方法などこまめにチェックしようと思います。

出演者は上田さん、青山さんは分かります。後は海宝さんが来月観に行く舞台に出ているので確認しときます。

URL | ナツコヤヨイ #LkZag.iM | 2013/10/15 12:49 | edit

達郎くんも歌いました^^ 

こんにちは^^
相馬さん、笑顔が可愛いですよね。癒し系(笑)

全国公演スタートの京都では、
想定内だったのか、急なことだったのかは分かりませんが、
かなりバタバタとキャストの変更があったので、
初日と千秋楽では、まったく違うキャストでのソンダンを楽しめました。

京都千秋楽のスーパースターは、飯田達郎くんが歌っていましたよ^^
お兄さんの洋輔くんが登板したばかりだったからですかね。
達郎くんのスーパースター、とても良かったので、このままもう聴けないなら残念です。
他のキャストも、ソロ担当を替えたりしていたので「みなさん全部歌えるようには、お稽古しているのだな」と思いました。

舞台に立つ俳優さんは大変だと思いますが、
あら?今日はこの方が歌うの?
なんてことがあると、
リピーターにとっては新鮮味があって楽しいです(笑)

私は、以降の手持ちチケット、八王子、新百合ケ丘、三島w
その頃にはどうなっていますかねww

URL | nami #mQop/nM. | 2013/10/15 12:50 | edit

Re: ご親切に 

>ナツコヤヨイさん

先行予約が実は明日からなんですよね。
先ほど予約方法を掻き忘れましたが、こんな感じです。
Twitterからのコピペです。

『Second of Life』チケット情報
先行予約 4500円(10月16日〜31日)
前売・当日 5000円(前売11月3日〜)

①お名前 ②オナマエ ③日時 ④枚数
をご記入の上、下記アドレスにメールくださいませ。
tiptap_tkts@yahoo.co.jp

個人的にはC組一本です!w

URL | nalaniconey #- | 2013/10/15 14:57 | edit

Re: 達郎くんも歌いました^^ 

>namiさん

はい。そうなんです。かわいいんです。相馬さんw
小柄というわけではないですが、相原姉妹よりは小柄なんでその辺もいいなぁとww
バカですね・・・

おぉ、そうなんですね。弟君も歌ってたんですね。
まぁ人数少ないんで色々とこなせるようにはしてるんでしょうね。
今日との短い間でも全然違うキャストって、相当混乱があったんじゃないかと。。。
その混乱が判らないっていうのもすごいですよねぇ。

この作品はリピーターも多いでしょうから目先の変化があるのは
観る方にしてみれば嬉しいですよね。

あれ?まだ三島は持っていらしたんですね?(笑)
では是非この間教えた「鰻繁」に行ってみてくださいwww

URL | nalaniconey #- | 2013/10/15 15:03 | edit

 

お!
京都千秋楽は弟くんがスーパースター歌っていたんですね!
(ここのコメント欄に来るといろんな情報が得られます。笑)
友人は「シャウトを効かせる」歌い方と言ってましたが、
兄の方はどうなんでしょう。
兄弟聴き比べしたいです。

ラブ・ネバー・ダイ、二人のファントムで観ます!
繋がらなくて、友人に託したのですが、14時までかかったと言ってました…。
ありがとう友よ。(←ソンダン京都千秋楽行った友人)
レディ・ベスは石丸さん目当てに行く予定なのですが、
LNDがマチソワなので、その翌日マチネくらいに石丸さん登板があれば
ちょうどいいんですけどっていうか
レディ・ベスは大阪公演があるからそっちでいいか…。

URL | なにわのねこ #41Gd1xPo | 2013/10/15 18:23 | edit

Re: タイトルなし 

>なにわのねこさん

ええ、四季ファンの情報交換&憩いの場、劇場つながりですw

兄の方も普段の歌い方とはだいぶ違う感じで、歌いだす前は「合わないんじゃ?」と思いましたが
兄が歌った中ではMOTNに並んでかっこよかったです。
特にラストの「ジーィーザーァーーース!」の「ザ」の音を高く上げてくれたんでかっこよかったです。

LNDはとりあえず鹿賀ファントムで取りました。もちろんクリスは濱田さんで。
僕はとりあえず2時間くらいでつながりましたが、永遠にダメかと思いました。
レディ・べスの大阪の会場がどんな感じかわかりませんが、
個人的には帝劇はおススメできないんですよねぇ。。。

URL | nalaniconey #- | 2013/10/15 19:13 | edit

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2013/10/17 23:54 | edit

Re: 感謝 

お!Ordinary Days観たんですか?
僕は吉沢さん/阿部さんを軸に別キャストで2回観る予定です。
吉沢さんは変わらないですよねぇ。年を感じさせないです。
Ordinary Days楽しみだなぁ。。。

URL | nalaniconey #- | 2013/10/18 08:36 | edit

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2013/10/20 11:18 | edit

Re: 吉沢梨絵さん関連とあのチラシ 

そうですね。吉沢さん出演のDVDは文七だけですね。
OOBJが立ち上がった時の初演のTwelveのDVDもあったりはするんですが、
もう入手出来ないでしょうし。。。
吉沢さんのピコのDVDが出てればよかったんですけどねぇ。。。

ウレシパモシリは不思議な作品で観る人を選んでしまうかもしれませんが
観劇後に気持ちがほんわかする暖かい作品です。
僕は好きですよ!再演はまた観に行こうと思っています。
内容的にはまさに音楽劇でシンガーの歌が舞台を脇から盛り上げるというか・・・

URL | nalaniconey #- | 2013/10/20 18:32 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://musicaltheater.blog130.fc2.com/tb.php/177-0c9de695
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。