05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

劇場つながり

各種観劇日記。基本的に劇団四季のみ、のはずが最近は色々と手を広げてます。書きやすさ優先でレポ内の俳優名は敬称略ですのでご了承くださいm(_ _)m

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

悪人、西の悪い魔女を観に行くの巻  ウィキッド《2013年8月17日(ソワレ)》 

前日の鏡の法則の観劇後、過去の自分の行いが追突されるということで
返ってきてしまい、過去は悪人だったかもということが発覚してしまった。
「それならいいわ、私は悪人よ~♪」ということで、
西の悪い魔女を観に行くことに。っていうか先行で取ってるから
行くことは決まっていたのだが。。。w


ウィキッドが4年ぶりに東京に戻ってきた。
思い起こせばそれまでは四季は月に1回だけと決めていたものが
突発というものをするようになったのはこの作品がきっかけだ。

前回の東京公演終盤は、濱田めぐみ・沼尾みゆき・李涛のオリジナルキャストが
揃う機会が珍しくなっていたため、3人が揃うと「それ行くぞ!」と
なっていたのだ。

好きなキャストが揃っていたというのが突発の主な理由だが、
この作品は性に合うというか、かなりお気に入りの作品だったことも
突発の理由ではあった。
一応落ち着くところには落ち着くものの、それぞれの試練はこれからだろう
という何とも言えないエンディング。
こんな作品が好きである。


ま、そんなことはさておき4年ぶりの東京公演だ。
今回は何人か新しいキャストがそれぞれの役にキャスティングされている。
大きなところではオズに佐野正幸と何故ここにきて戻って来たのか
理解できないナベ将軍。ほんとなんで戻って来たんだ??????
ほんとこの劇場は「四季劇場 ナベ」にしても良いくらい彼の出没率が高い。
当たらないと良いなぁ、とは思いつつ怖いもの見たさの興味も。。。

そしてエルファバにはアイーダを好演した雅原慶。
フィエロには飯村和也というまたしてもシンバ経験者。
フィエロってシンバ枠あるのかね??

開幕のグリンダ&エルファバは苫田亜沙子と樋口麻美という
現在の四季では鉄板どころのキャストだったので、しばらくこれで行くんだろうと
思っていたら・・・翌週にエルファバが雅原慶に。
新キャストをこんなに早く持ってくるのか・・・というか樋口麻美はどうしたんだ?
なんか釈然としなかったが、雅原慶のアイーダは良かったし演技も歌もタイプだ。
これはかなり楽しみにはなった。

夏休みということで汐留ではイベントが行われている。
これは名も知らない若手芸人の惨状。。。(笑)
130817_1.jpg

これは見ているのもつらい。頑張れ~~~~!!

ちょっと先を見ると嵐関連の何かの入場待ちの行列。
130817_2.jpg

そりゃそうだよな、嵐だもんな。。
20~30メートルの距離を挟んだ対極の状況。。。

四季劇場に向かう階段はウィキッド仕様に。
130817_3.jpg

開幕直後ということもあってか劇場内は非常に賑わっている。
満席の劇場を見渡すの良いものだ。

という今回のキャスト。
130817_4.jpg

グリンダ     :苫田 亜沙子
エルファバ    :雅原 慶
ネッサローズ   :保城 早耶香
マダム・モリブル :中野 今日子
フィエロ     :飯村 和也
ボック      :伊藤 綾祐
ディラモンド教授 :斎藤 譲
オズの魔法使い  :佐野 正幸

注目どころはやはり新しくキャスティングされたメンツだろう。


ということで最初は苫田亜沙子のグリンダw
エルファバの雅原慶だと思ったでしょ?ww
主人公の一人だし名前は一番上だしってことで。

昨年博多でこの人のグリンダを観た時に感じたように、苫田グリンダは
もう完成しきっている。
演技も歌も存在感も何も言うことはない。
良い意味でのおばちゃんっぽさも全開で、それがあるからこそシリアスな場面も
より活きてくるし、説得力も増してくる。
山本グリンダは未見なので比較はできないが、この苫田グリンダが相手だと
かなり大変なのではないか。
自分も今となっては苫田グリンダでグリンダ像が確立されてしまっているので
この先登場するであろう山本グリンダに対応できるか心配だ。
グリンダもエルファバ同様に声を酷使するタイプの歌が多いので、
グリンダのキャストは二人だけだと厳しそうだ。。。
色んな人で回した方が、イメージが固定化されずに良いとは思うのだが、
この難しい役をこなせる人もそう多くはないだろう。
この辺は今後(というかこの役に限らず四季全体で)の課題だろう。


はい、というわけで次は新エルファバ、雅原慶だ。
この人は見た目も良いし、声も良いし演技も細かくて良いし、すごく女性的だ。
アイーダの時も非常によかったのだが、女性らしさが王女らしさを隠してしまう
ところがあり、そこが残念なところだったりもした。
あと、歌は物凄く上手いものの、若干パワー不足を感じることもあった。
そんなこともあったので、エルファバも何となくこんな感じかな、と
想像していた部分もあった。

結果としては予想を超えて素晴らしいエルファバだった。
見事の一言。
予想していた通り歌に若干パワー不足を感じる部分はあったものの
それはほんの些細なことで、エルファバであることを邪魔するものではなかった。
むしろすべての歌をきっちりと歌いこなしていた。
やはりこの人は歌がうまい。
出だしで音がズレることは皆無でしっかりその音に乗せてくるし、説得力も抜群だ。
特に低音~中音の声は濱田めぐみを彷彿させる声でめちゃくちゃ好みだ。
別に濱田めぐみの声に似ているから好きなのではなく、こういう声が好きなのだ。

そして演技。これがまた素晴らしかった。
序盤はまったく無理がなく自然に学生の女の子だ。それがオズに出会い真相を知り
自らが正義に強い意志を持って突き進んでいく、という流れを見事に演じていた。
「自由を求めて(Defying Gravity)」で、グリンダにマントをかけてもらった後に
一変する表情や発散する存在感には物凄く引き込まれた。
エルファバデビューから間もないとは全く思えないくらい、エルファバそのものだ。
この曲のラストの高音もやや声が細ってしまうもののきっちり音程通り
歌いこなしていた。
前半が終わった時点で、これは良い、素晴らしいエルファバだと確信した。

後半もまさに期待通り!
フィエロとお互いの気持ちを確かめ合う場面での女性らしさ、
そのフィエロの命を救うために自ら悪い魔女に身を落とそうとする決意、
グリンダを思いやる気持ち、すべてのシーンが理にかなっており
且つすべてに説得力があった。

いやぁすごく良いものを観た。これがあるから観劇はやめられない、と
つくづく思わされた素晴らしいエルファバだった。


フィエロの飯村和也。
最初に稽古写真を観た時はちょっとミスマッチかな?などと思ったりもしたが
実際には特に違和感なく観ることができた。
ただ序盤は何も考えてないチャラい王子というよりは、裏で色々何かを
画策していそうな感じ。
目が鋭いので、見た目でそういう風に感じるのかもしれないが・・・
後半はもう少しエルファバに対する想いと優しさが前面に出てくるといいなぁ、と。
あとカカシダンスは必要以上にクネクネしてたような気もする。。。w


ちょっとびっくりキャストだった佐野オズ。
オズは人の良さそうなおっちゃんが、実は切れ者で裏で色々画策するという
イメージなのだが、佐野オズは決して人が良いおっちゃんではない。
端から色々考えてそうだ。
その辺が自分のイメージするオズとは合わなかったかな。
歌も正統的過ぎるし。。。
ちょっとミスマッチのような気もする。


今回は久しぶりのせいか始まった瞬間から最後までずっと感激しっぱなしで
泣くような作品ではないのに終始グッときてる状態だった。
もちろん作品が持つ力でもあるが、それを的確に表現していたメインキャスト、
特にエルファバの雅原慶とグリンダの苫田亜沙子の表現力に尽きる。

早く次が観たい。また雅原エルファバも観たいしまだ観ぬ岡村エルファバも
強烈に観たい。
これはしばらくナベ劇場、もとい海劇場に通うことになりそうだ。
で、そのナベさんは本当に登場するのだろうか・・・
まぁ今回はオズだからナベさん登場でチケットの売り上げに左右するほど
影響はないだろうけど。

あ、金曜にぶつけられた愛車は今日無事に修理に出してきました~。
首というか肩の痛みはかなり良くなりました。


よろしければポチっと
にほんブログ村 演劇ブログ 劇団四季へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 2013/08/18 Sun. 22:51 [edit]

category: 劇団四季:ウィキッド

TB: 0    CM: 12

18

コメント

 

まずは車の追突、大変でしたね。
身体に大きな負担がかからなくてよかったです。

で!
やっとウィキッドきましたね!
本当に待ち侘びましたね!
なのに鍋…
四季劇場 ナベ…(笑)
どんな素敵な演目も台無しになりそうな劇場名ですね(笑)→失礼!

朴さん好評みたいで嬉しいです♪
来月頭に予定してますが、それまでいてくれるかな~?
飯村フィエロとのラブラブシーンも樋口さんとだと樋口さんが全面リードしていた感が否めないので、朴さんの初々しさを観たいですね~

そういえば音量は気にならなかったですか?
私は小さ過ぎて前半の盛り上がりが足りないなぁと感じました。

すぐに観たい気持ちわかります~!
私も行きたくてたまらないのに、8月は平日ソワレが無い(´Д`)
来月からは月2ですが、いつでも突発します!
あ、ソンダンにも注意しないと!!

URL | 朋美 #- | 2013/08/19 00:08 | edit

Re: タイトルなし 

>朋美さん

ありがとうございます。
体の方はもうほぼ何ともないです。
ぶつかって来た車には小さい子供と赤ちゃんが乗っていて
そっちの方が心配でした。
とりあえずみんな問題ないようで良かったです。
車は部品とっ変えれば直りますからね。

はい!やっと来ましたね、ウィキッド。
そしてなのに、なのに・・・・ですね(笑)
四季劇場ナベのマークは取って付の鍋でw

はい、朴さんはめちゃくちゃ良かったです。
席が良かったのでガッツリ観れたことも良かったと思います。
芝居のうまさがすごく自然で。
この出来なら他の演目で事故がない限り定着してくれるんじゃないですかね。
岡村さんはまだピコがありますしね。
まぁ岡村さんが来てくれればそれはそれで良いんですけど。

確かに樋口さんと飯村フィエロだとバランス悪そうです。
役者としてもエルファバとしてもベテランの樋口さんが相手だと
プチ熟女にリードされる草食系男子になってしまいそうで(笑)

音量はですね。レポには書かなかったですがすごく気になりました。
確かに小さいですし、バランス悪いです。
1階席前方だということを差し引いてもバランス悪すぎです。
この辺は改善してほしいですね。
敢えて2階席も取ってあるので、その時に全体感は確認しようと思います。

あ、平日ソワレないんですね。
夏休みだからってそこまで徹底しなくてもいいのに。
子供向けの作品でもないし。
月2+突発ですね。その隙に僕は休ませてもらおうかと。
というスケジュールにはなってないですw
ソンダンは今週末発売ですね!頑張りましょう~

URL | nalaniconey #- | 2013/08/19 09:07 | edit

 

苫田グリンダ、前回の東京公演に観たきりですが
(ウィキッド自体前回の東京公演で3回観たきり)
素晴らしかったです。
今はさらに磨きがかかっているんだろうなあ。

苫クリスも前々回東京デビューした頃に初めて見て
あまりのファントムラブクリスにびっくりして←いい意味で
それ以来大好きなのですが
歌もブリッコ演技も(褒めてます)素晴らしい女優さんだと思います。

雅原慶さん。アイーダで数回拝見して、
エルファバもこんな感じかなって予想は付きそうな気がしますが、
>予想を超えて素晴らしいエルファバ
ということで観たくなってきました。

飯村フィエロは割と興味なし(笑)

佐野さんオズは全然イメージできないなあ…。
いい人オズになるのかと思ったら、そうでもないんですね。
オズは飯野さんがいいの。(オヤジギャグか)

今後のレポも楽しみにしています!

URL | なにわのねこ #41Gd1xPo | 2013/08/19 16:36 | edit

Re: タイトルなし 

>なにわのねこさん

はい、苫田グリンダは前回の東京公演の時より格段に進歩してます。
もう役と一体化という感じです。
何をやっても変じゃないというか、これがグリンダ、と思わせてくれます。

朴さんは、恐らくなにわのねこさんの予想の通りの部分も多いと思います。
ただ、ちょっとパワーがという部分を補って余るほどの良い演技でした。
アイーダの時に感じた「凄く良いんだけど、あと一歩・・・」ということが
まったくなかったです。
余りに出来上がっているのでこの先変わりようがないんじゃ?というくらいで。
役としてはアイーダより合っていると思います。

佐野オズは・・・う~ん、微妙な感じです。
いや、佐野さんほどのベテランなので何も問題はないんですけど
今までのオズとは違いますね。
オズは飯野さんがいいの(笑)とは思いますが、実は松下さんが好きだったりしますw

ウィキッドは次は来月の予定です~

URL | nalaniconey #- | 2013/08/19 17:36 | edit

 

四季劇場ナベ、とか言ってたら速攻きましたね(笑)
キャスト見て吹きました(笑)
って来月頭だから、あまり笑えないけど(;^_^A

樋口さんてプチ熟女ですか?!
私よりはるかに若いですよ!
そしたら私、熟女になっちゃいます(´Д`)
樋口さんと飯村くんのカップルは(歌の)ぶつかり稽古みたいでしたが、飯村くん喰われる!みたいな感じでしたよ(笑)

URL | 朋美 #- | 2013/08/19 18:10 | edit

Re: タイトルなし 

>朋美さん

いきなり来ましたね。来ちゃいましたね。。。彼。
僕もキャスト表見てて「あれ、どこが変わってんだろ?」と思ったら
そこには彼の名前が・・・
無意識のうちにスルーしちゃってたみたいです(笑)
まぁ、一度はどんなもんだか観てもいいのでは?
役的にそんなに支障はないでしょうし。

あ、樋口さんがプチ熟女というわけではなくイメージとして
「百戦錬磨」と「弄ばれる若い衆」という意味です。
でもどっちにしても飯村君は食われちゃうでしょうねw

ところで熟女のラインてどこにあるんでしょう??

URL | nalaniconey #- | 2013/08/19 18:47 | edit

「ウィキッド」行きたくなりました! 

nalaniconeyさんのレポートを読んで俄然、観に行きたくなりましたよ、邪悪な魔女のお話!
実は私は東京ではまだ一度もウィキッドを観たことがありません。
名古屋で江畑エルフアバ、山本グリンダで2回、岡村エルファバ、山本グリンダで1回観ました。

前2回のウィキッドは、えっ?こんなもの?っていう感じでしたが、岡村エルファバにはその表現力、歌唱力に圧倒され、ぜーんぜん違う作品かと思ったほどでした。今回の雅原エルファバはレポートを読む限り、素晴らしい出来のようですね。これほどnalaniconeyさんが絶賛されるのだから間違いないでしょう。
私のチケットは9月初旬ですが、早く行きたくなりました!

ちなみに、苫田グリンダは初見なので楽しみです。
コレがグリンダなのよ!ってところを見せつけてほしいものです。
山本グリンダではちょっと物足りず、私の中でグリンダのイメージが未だ出来上がっていないので。。。
今回のウィキッド、期待したいです!

URL | Anton #- | 2013/08/19 22:55 | edit

Re: 「ウィキッド」行きたくなりました! 

>Antonさん

なるほど。前回の東京は未見なんですね。
そりゃ楽しみですねぇ。
でも岡村エルフィはマジで羨ましいです!

朴さんのこと褒め過ぎましたかね(笑)
ハードルを上げすぎたかもw
でも良かったのは間違いないです。
僕の絶賛は当てにならないですが。。。

苫田グリンダはこれしかないでしょ、と言う感じなので
楽しみにしててください!
山本さんはネッサのイメージが強くてグリンダが想像出来ないんですよねぇ。

ついでにナベさんも楽しんでみては?(笑)

URL | nalaniconey #- | 2013/08/20 00:27 | edit

 

熟女…
Wikipediaで調べたら、40~50代らしいです。
まだあと数年は大丈夫そう(笑)

樋口さんの百戦錬磨って的確ですね(笑)
壁抜けでもいい感じに飯田さんをリードしていたのを思い出しました。
SOMもあるし、しばらくはメインは変わらなそうですよね?
因みに私は今月2回で9月以降は10枚チケあります。→(´Д`)こんなにあると思わなかった…もしや負けちゃう?

URL | 朋美 #- | 2013/08/20 07:18 | edit

Re: タイトルなし 

>朋美さん

なるほどぉ。熟女はその年代ですか。
じゃ、樋口さんはプチってあながち間違いでもないのでは。。。
あ・・・そうなると朋美さんも・・・m(_ _)m

樋口さんはすっかり貫禄がついてしまっているので、
よっぽどの相手じゃないと対等、もしくは下にはなれないですよね、もう。
今の公演演目からすると変えようがないとは思うんですが、
朴さんはあのままで歌い続けたら喉おかしくするんじゃないかと心配です。

10枚( ̄w ̄)Ψ
まぁ僕もあと4枚あるので6枚の差ですね。
とは言え・・・他の演目で枚数稼いでしまっているので
前に数えた感じでいくと確実に僕の負けですね。。。
あと20枚くらいウィキッドどうです?w

URL | nalaniconey #- | 2013/08/20 09:01 | edit

グリンダはこれよっ! 

いやあ、参りました、苫田グリンダ!
nalaniconeyさんのおっしゃる通り、まさに、これこそグリンダ様だって、見せつけられ、教え込まれた感じです。その貫禄、余裕たるやお見事!

一方、雅原エルファバ。とても細かな演技で歌唱力もあり、素晴らしいエルフィでした!飯村フィエロとの相性もよく「二人は永遠に」はこれまで聴いた中では一番でした。ただ、私の基準が良くも悪くも濱田めぐみさんなので、これに近い迫力と声の伸びは岡村エルファバかなとも。
名古屋で岡村エルファバを聴いたときは鳥肌が立ち、感動で震えましたモン。

今日「夢夢」が千秋楽だったので、岡村エルファバの早い登場を期待して待つことにします。

恐怖ナベ屋敷は、少しふっくらした感じで、それなりのオズを演じていました。気にしなければ特に問題ないのかも知れませんが、相変わらずの・・・で、先入観と偏見のある私は、大いに気になりました(笑)。


URL | Anton #- | 2013/09/01 21:52 | edit

Re: グリンダはこれよっ! 

> Antonさん
苫田グリンダはもう鉄板ですよね。
あれ観ちゃうと他が辛そうです。あそこまで完璧に作り上げられると全く隙がないですよねぇ。

雅原エルフィは仰る通り演技が非常に細かく、さらにエルフィとしての雰囲気もバッチリだと思います。
僕も元々は濱田さんが基準です。あの劇場の空気を震わせるような響きは
そうそう体験できませんよね。

本当に岡村エルフィが早く観たいですが、先ずは一息ついて欲しいですいね。
そうさせてくれないのが四季ですが。。。

ナベオズ。。。気にするなという方が無理だと思うので(笑)
僕は自然体で観てみようかと。ま、当たらないのが一番ですが(笑)

URL | nalaniconey #- | 2013/09/01 23:57 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://musicaltheater.blog130.fc2.com/tb.php/170-335e375b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。