09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

劇場つながり

各種観劇日記。基本的に劇団四季のみ、のはずが最近は色々と手を広げてます。書きやすさ優先でレポ内の俳優名は敬称略ですのでご了承くださいm(_ _)m

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

目ざめたのは誰?「おれさ~~っ!」 春のめざめ2回目《2010年5月8日(土)ソワレ》 

10日ほど前に今回の公演の初観劇でハマリそうで突発してしまう予感がしたが
自分の場合、予感=その通りになる(する)。
今月いっぱいで千秋楽になってしまうので、見に行ける時に行かなければという
自分に都合が良い使命感にかられ、2日前にチケットを取った。

自由劇場はいつ来ても雰囲気が良い劇場だ。
100508_3.jpg

外でキャストが確認できるのも良い。
100508_2.jpg

ベンドラ    :林 香純
マルタ     :撫佐 仁美
テーア     :岸本 美香
アンナ     :山中 由貴
イルゼ     :勝間 千明

メルヒオール  :上川 一哉
モリッツ    :三雲 肇
ハンシェン   :一和 洋輔
エルンスト   :山下 啓太
ゲオルグ    :白瀬 英典
オットー    :加藤 迪

大人の女性   :都築 香弥子
大人の男性   :田代 隆

前回から変わったのはエルンスト。竹内一樹から山下啓太に。
竹内エルンストはまさにハマリ役だったので、少し残念だったが
新しいキャストが見れるというのは悪いことではない。
竹内エルンストと比べると、地味目というか普通過ぎるというか
もう少しキョドって欲しかったかなぁ。


前回見てから、You Tubeなどで柿澤メルヒの動画などを見直してみて思ったが
やはり、柿澤メルヒはきれい過ぎる。
確かに柿澤勇人はスター性も有るし、歌もうまいし一つ抜けた存在ではあるが
その存在感から感じるものは良くも悪くも完成されたメルヒオールだ。
それ故に、思春期の少年が持つ危うさが感じにくい。
そして、メルヒオールよりも柿澤勇人という俳優を強く感じてしまう。

上川メルヒはある意味未完成のメルヒオール。
あくまで柿澤メルヒとの比較でしかないが、存在感・歌共に柿澤の方が上を行くだけに
まだ未完成という印象がある。
でも、この『未完成』という印象こそメルヒオールという役には必要だと感じた。
その未完成さが思春期の危うさ、不安感を表現している。
そして、舞台にいるのは上川一哉ではなく、メルヒオールだ。

これは柿澤メルヒが良くない、ということではなくそれぞれの俳優が持つ特性だ。

個人的には今回も大満足なメルヒオールだった。
上川君、この先またネコに戻されたりしてもどうか辞めないでね。


あともう一つ今回印象的だったこと。

春のめざめの中で一番のビッグナンバーである「Totally Fucked(マジでFuck!)」。
実にノリが良い、アップテンポの佳曲だ。
昨年の公演の時にはこの曲で手拍子が起こった。
たまたま観に行った時がそうだったのかはわからないが・・・

今回の公演では前回も今回も手拍子は起こらなかった。
たまたまそういうお客さんの日だったのかもしれない。
前回観た時は「今日のお客さんは大人し目なのかなぁ」と思った。

が、今回感じたのは「お客さんが大人しいのではなく、作品を良く知ってるからだ」ということ。
実際は単純に大人し目のお客さんだったのかもしれないけど・・・
何故そう感じたかと言うと、一見ノリノリのこの曲とこのシーンは
実はこの作品で一番重いシーンだと思ったから。
手拍子したり、はしゃいではいけないのだ。

舞台上からぶつけられる、俳優(登場人物)たちの感情の塊を
真剣に受け止めなければいけないシーンなのだ。
だから、気軽に手拍子するのではなく観る側も真剣に受け止めるほうが
このシーンではしっくり来る。

もしかしたら、次回はぜんぜん違うように感じるかもだけど。。。
毎回受ける感じ方が変わってくるというが生の舞台の良い所だ、ということで。


昨年の公演のときに買ったパンフレットは、写真が稽古の時のものだったので
今回改めてパンフレットを購入。
100508_1.jpg

そして「Totally Fucked」と聞きながら、次いつにするかなぁ、などと
考え始めてしまっていたのだった。

だって本当に良い舞台なんだよねぇ。

よろしければポチっと
にほんブログ村 演劇ブログ 劇団四季へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 2010/05/08 Sat. 23:58 [edit]

category: 劇団四季:春のめざめ

TB: 0    CM: 0

08

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://musicaltheater.blog130.fc2.com/tb.php/17-dd9684a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。