05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

劇場つながり

各種観劇日記。基本的に劇団四季のみ、のはずが最近は色々と手を広げてます。書きやすさ優先でレポ内の俳優名は敬称略ですのでご了承くださいm(_ _)m

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

顔はやめてね!あたし女優なんだから  楽屋《2013年6月16日(日)》 

吉沢梨絵は前から好きな女優である。
自分の中ではかなりトップクラスに好きな女優だ。
この人は天才肌なんじゃないか?と思うくらい役になりきることが出来る一方で
天才肌というものとは対極的にある泥臭さ、というか魂のようなものを
演技からも歌からも感じることが出来るからだ。

ここ何年かはライブであったり、小さい小屋での芝居などで間近で観ているが、
何度観てもその場の空気を支配できる芝居には唸らされる。

その吉沢梨絵のプロデュースで朗読劇が上演されるということで
これを逃す手はないな、ということで行ってきた。

場所は六本木。
この建物には毎週仕事で来ているので、休みの日に来ると変な感じ。
130616_1.jpg

会場は新世界というキャパ50くらいの小さいライブハウス兼劇場みたいなとこ。
昨年末に吉沢梨絵がライブをやった会場だ。
130616_2.jpg

という今回のキャスト。
130616_3.jpg
※下の方にちっちゃく書いてあるw

平岡由香
吉沢梨絵
森実友紀
山田ひとみ
馬江尚子(バイオリン)

あと1日公演が残っているので、感想はこの下に。。。

※すいません!隠すつもりがいつもの癖で隠さずそのままアップしてしまいました。
ネタバレになってしまった方!申し訳ありませんm(_ _)m
作品は劇作家である清水邦夫の「楽屋」である。
知識のない自分は当然この作品も作家も知らないw

4人の女優(本当に女優なのは一人だけだが)が、楽屋で繰り広げる物語だ。
朗読劇とあるが、実際には台本を読みながらのようで実は台本は小道具的な
位置づけにあるように見える。
なので「朗読劇」というところに難しさだったり、取っつきにくさを
感じる必要はない。

4人の女優たちのそれぞれの女優であることに対する想いであったり
執念めいたものであったりするものが、実に生々しく、時にはコミカルに
描かれている。
この作品はその時のキャストの状態(心理的なもの、フィジカルなもの含めて)で、
かなり色が変わってきそうな印象を受けた。
もちろんそういうことはどんな舞台でも多かれ少なかれあることだが、
この作品は特にそういった趣が強そうな感じがした。

女優とはなんぞや?何故そこまで女優であることに固執するのか?という
問いかけに対して、登場人物である女優たちもそれを演じてるキャストである
女優たちも、様々にもがき続けていくであろうことが、
先ほど書いたような「色が変わりやすい」ということに繋がる。

この作品の複雑なところは「色が変わりやすい」ところ以外にも、
何で朗読劇と銘打つ必要があったのか?ということ。
場面によって台本を手にしてはいるものの、演じている様は普通の舞台と
なんら変わることがない。
しかもラストで3人の女優たちが「台本など必要ない」とばかりに、
台本を床に落とす。
台本の上で生きていかなければならない女優たちが、台本のように筋書きがない
女優という生き方に執着している。

そして最後に台本を落とす。。。

「台本を読み聞かせる」朗読劇というものとは対極にある女優たちの生き様。
「朗読劇」と銘打たれたのは、その姿をより明確にするためなのだろうか・・・


なんて自分でも書いててよくわからない内容になってしまったが、
4人のキャストたちの演技を純粋に楽しむだけでも大いに満足できる。
誰がどうとかではなく、とにかく全員素晴らしい演技だった。
狭い会場内は息苦しいくらいの濃密さだ。

追加公演分はまだチケットがあるそうなので、興味がある方は是非お早目に!


よろしければポチっと
にほんブログ村 演劇ブログ 劇団四季へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 2013/06/18 Tue. 12:02 [edit]

category: その他舞台

TB: 0    CM: 10

18

コメント

 

キャパ50くらいのホールで吉沢梨絵さん観てみたい!
四季退団後観ていませんが、歌も上手いし、演技も良いですよね。
特に、ソフィ、ピコ、アンなどは、吉沢さんの内面の良さが現れているような演技が
魅力的でした。
反面、徹底的な悪女を観てみたい気もします(笑)

今回は朗読劇…。
というと、座って朗読されているイメージがあったのですが、
そういうわけでもないんですね。

四季退団後はテレビでも活躍されていらっしゃるようですが、
ぜひ、舞台で、(大阪で。笑)拝見したい女優さんです。

URL | なにわのねこ #41Gd1xPo | 2013/06/18 16:40 | edit

Re: タイトルなし 

>なにわのねこさん

吉沢さん退団後は毎回こんな感じの距離感で観てます~(笑)
ほんと内面が現れてるような演技ですよね。
ぐぐぐっと引き込まれます。

今回の役は悪女ではないですがスレている感じの役だったので
新鮮だったかもしれません。

以前望月さんの朗読劇も観に行ったんですが、こちらも結構普通に演劇でした。
今回はそれ以上に普通に演劇で。なので書くのに困りました。

是非8月に文七元結見に来てくださいw
何十センチの距離で吉沢さんの演技を観られますから。

URL | nalaniconey #- | 2013/06/18 17:22 | edit

ワォ!!!!!!!! 

こんばんは~~


ワォ!!!!!!!!!
何コレ・・・・。     スゴイスゴイすごい~~。

清水さんの「楽屋」って、これ、おもしろい作品ですよね・・。大好きです!!!
最近では、小泉今日子さんや蒼井優さんで、上演されたと思います。
そうですね~  女優によって、演出によって、多様に様変わりする作品ですよね~。

ちなみに・・演劇界の、勉強会とか、若手育成の教科書の役割なんかにも
使われる作品です。

吉沢さんって、あの文七ですよね!!!!(ニコニコ)

ワォ!!!!!!!  あの文七さんが、この作品をおやりになるなんてステキ~~~!

観たい観たい観たい・・。  だけど、 平日昼間は公演ない(泣)

この先、もっと長く上演するようになるかしら?

nalaniconeyさんは、 いつもいつも、すごく良い演劇を探し当て、
ご覧になりますわね~。   

感服あるのみ!

ワァ~~~、本当に興味深い舞台です・・。

URL | リコ #- | 2013/06/18 22:02 | edit

Re: ワォ!!!!!!!! 

>リコさん

僕は原作の清水さんもこの作品も全く知りませんでしたw
そもそも知識がない上に、勉強する気もないですから。

原作を知らないので何とも言えませんが、今回の演出をとっても
キャストで全くの別物に変わりそうです。

はい、吉沢さんは文七の吉沢さんです。
トゥエルブもそうですが、文七のあの感じとは全く違ってシリアスな吉沢さんも
凄く良いですよ。

この作品は探し当てたわけでもなんでもなく、ブログとかTwitterでのご本人の情報発信ですから(笑)

URL | nalaniconey #- | 2013/06/19 08:02 | edit

駅から結構遠いのね「新世界」さん 

台風は消えてしまったけど、残った梅雨前線は、頑張っちゃってました大雨の21日、金曜日
追加公演の夜でした

開演は、20時・・
開場は、30分前・・
濡れるの覚悟で、早めに並ぼうと、入口に着いたら、
誰もいない・・・?

なんと、1時間前の19時からの開場に変更されていたのです☆

こうした心遣い、本当に嬉しいもんです
やるじゃん「新世界」さん☆☆☆

さて、前置きが、長くなってすいません
実は、
自分、これで今回の朗読劇、4回目の観劇ですっ
なので、
贅沢千万、『吉沢梨絵』サンだけを観る回を設定しました
はい☆
全く、飽きる事がありませんでした
それどころか、目を離せなくなり、次の行動の期待があとからあとから湧いて来るのです
・・ある意味、危険です(笑)

そんな女優サンですよね

URL | 松 #kpjYxc8I | 2013/06/22 18:42 | edit

Re: 駅から結構遠いのね「新世界」さん 

>松さん

雨の中お疲れ様でした!
なんと4回も観られたとは!!羨ましすぎます。
開場が早まっていたとは、そういう臨機応変な対応はうれしいですよね。

吉沢さんだけを観る回。何たる贅沢(笑)
それでも毎回説得力を感じるのも吉沢さんならではですよねぇ。

次の作品も楽しみです!

URL | nalaniconey #- | 2013/06/22 21:50 | edit

すごい! 

吉沢さんご本人がTwitterでこの記事を紹介してらっしゃいましたよ〜*\(^o^)/*

URL | にゃ〜 #- | 2013/06/25 21:56 | edit

Re: すごい! 

>にゃ〜さん

はい、そうなんですよ〜。本当にありがたいことで。。。
小っ恥ずかしくもあるんですが(笑)

吉沢さん関連の記事は過去にボチボチあることもあって
実はご本人が書き込んでくれたこともあり。。。
初めは本人?とか思ったんですが、その後Twitterに繋がり
あぁご本人なんだと。

実は以前稽古を見学させていただいた時に、
わざわざチラシを持って来てくださったりなんてこともありました。
これ、ちょっと自慢ですw

URL | nalaniconey #- | 2013/06/25 23:05 | edit

 

すごい繋がってますね〜☆羨ましいです♫
吉沢さん、凄くマメな方ですよねぇ(^^)わたしも時々吉沢さんのTweetにRTするのですが、必ず返してくださいますもんね*\(^o^)/*
今回のTwitterのもよくよく見たらやりとりしてらっしゃいましたね!

URL | にゃ〜 #- | 2013/06/27 00:02 | edit

Re: タイトルなし 

>にゃ~さん

気軽に(というほどではないかもですが)Tweet出来たり、
一方通行ではないところが良いですよね。

はい、朝見たらいきなり紹介されてたんで、思わずTweetしてしまいましたw

URL | nalaniconey #- | 2013/06/27 09:13 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://musicaltheater.blog130.fc2.com/tb.php/160-c740e3bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。