09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

劇場つながり

各種観劇日記。基本的に劇団四季のみ、のはずが最近は色々と手を広げてます。書きやすさ優先でレポ内の俳優名は敬称略ですのでご了承くださいm(_ _)m

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

目覚めてしまった?こりゃリピート決定か!? 春のめざめ《2010年4月29日 ソワレ》 

昨年初演のこの作品。
見るまではちょっと苦手なジャンルかなぁ、と思っていたら
実は思いのほか良かった。
リピートして良いかなと思っていたのだが、去年までは突発とかイレギュラーな
観劇はほとんどしていなかったのと、突発はウィキッドでしていたので
どうしよ、と思ってる間に終わってしまったのだ。

で、2回目の今年。
先行予約の際に2回分取るか迷ったのだが、サウンド・オブ・ミュージックを
2回分とってしまったので、春のめざめは1回分のみになった。

今日の舞台を見終わった今の感想としては、「しくじった」だ。
せめてもう1回分くらい取っておけばよかった。

そんなことになるとは思わないまま劇場に向かった。
100429_1.jpg

運よく今日は最前列だった。
最前列は非常に臨場感があっていいのだが、あまりにも役者と近すぎて
こっちが照れてしまう。

<キャスト>
ベンドラ    :林 香純
マルタ     :撫佐 仁美
テーア     :岸本 美香
アンナ     :山中 由貴
イルゼ     :勝間 千明

メルヒオール  :上川 一哉
モリッツ    :三雲 肇
ハンシェン   :一和 洋輔
エルンスト   :竹内一樹
ゲオルグ    :白瀬 英典
オットー    :加藤 迪

大人の女性   :都築 香弥子
大人の男性   :田代 隆


去年見たとき、メルヒオールは柿澤勇人だった。
恐らくこの時が初見だったが、良い若手が出てきたなぁという好印象だった。
が、現在は退団。う~ん、もったいない。

代わりに今回のメルヒオールは上川一哉がメインになっている。
川上一哉は恐らく舞台では見ていない。
『人間になりたがった猫』のDVDでしか見たことがなかった。
結果としては、メルヒオールとしては川上一哉の方があってるかな、と。

歌、主役としての存在感は柿澤勇人の方が良かった。
柿澤メルヒは、自分が優秀であることを知っていて、そのように振舞っていながら
天真爛漫さが、それを嫌味にしていない、という印象だった。
この天真爛漫さは、柿澤が演じるメルヒのものというより
柿澤本人が持っているものだと思う。
だが、その天真爛漫な部分がメルヒの危うさの部分を曖昧にしてしまったような気がする。
例えばメルヒがベンドラを木の枝で叩くシーン。
メルヒの中で何かが弾けてしまうが、その過程が唐突過ぎるように思えた。

で、上川メルヒ。
スマートな柿澤メルヒに対し、上川メルヒは優秀さと危うさが同居している感じ。
自分を良く知っている柿澤メルヒと、自分に自信が持てない部分がある上川メルヒという感じだ。
その危うさの部分が、上記のベンドラを叩くシーンでは効果的に働いた。
ある意味、崩れるべきして崩れていく感じで自然な流れだった。

過去一度しか見ていないが、自分の中ではメルヒのキャラクターは上川メルヒに近い。
なので、良いメルヒオールだったと思う。

モリッツは前回は厂原時也だった。
厂原モリッツは、目つきのせいかどこかギラギラしている部分があり
追い込まれていく流れが、やや不自然な印象もあった。
三雲モリッツは、対照的にその流れが自然で引き込まれたが、感情を爆発させる場面では
迫ってくるものがやや少なかった。
足して2で割るくらいがちょうどいいのかな。

ゲオルグの白瀬英典は相変わらず良い声だ。
もうちょっとスマートだったら、役の幅も広がるだろうに。
ってのは余計なお世話か。

良い味出していたのがエルンストの竹内一樹。声といい、雰囲気といいまさにハマリ役。
目の前でハンシェンとの例のシーンでの掛け合いを見せられ、笑ってしまった。


キャラが立っていて全員が良い感じだった男性陣とは逆に、女性陣は今回もちょっと弱い。
演出上の問題も大きいとは思うのだが、ベンドラ以外は誰が誰をやっても
そんなに大差が出ないのでは、と思ってしまう。

ベンドラの林香純はそつなくこなしている感じ。
特に問題も感じないが、逆に「これぞ!」という部分もない。
個人的な希望としては谷口あかりで見てみたい。
でもサウンド・オブ・ミュージック縛りでダメだろうなぁ。

と、ちょっと辛口なことも書いてしまったが、舞台全体の印象は非常に良かった。
この若いメンバーだからこその熱演。良い舞台だ。
興味がある人には是非観て欲しい。

それにしてもハマってしまいそうな予感。ま、まずい・・・突発開始か!!??

まぁ、アイーダはナベ将軍が出ている間は突発しないから、その分こっちで頑張るか。
え?頑張るつもりか?オレ。

100429_2.jpg


◆春のめざめ公式ページ◆


よろしければポチっと
にほんブログ村 演劇ブログ 劇団四季へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 2010/04/29 Thu. 23:34 [edit]

category: 劇団四季:春のめざめ

TB: 0    CM: 0

29

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://musicaltheater.blog130.fc2.com/tb.php/16-3c50e42f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。