05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

劇場つながり

各種観劇日記。基本的に劇団四季のみ、のはずが最近は色々と手を広げてます。書きやすさ優先でレポ内の俳優名は敬称略ですのでご了承くださいm(_ _)m

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

お土産もうちょっと頑張ろうよ。。。 オペラ座の怪人《2013年6月15日(土)千秋楽》 

劇団四季を見始めて10年ちょっと。
それなりに回数も観ているが実は今回が初めて。
千秋楽の抽選に当たったど~~~~!!

ということでやって来た3週間ぶりのカレッタ汐留。
130615_1.jpg

8月になればこの辺やそれからこの辺も緑っぽくなるんだろうな。
130615_2.jpg

それはそれで楽しみだったりする。
とりあえず最初の先行で4回分も取っちゃったしw

今回のオペラ座の千秋楽はチケットと一緒に来場者の名前入りの紙が入ってたり
劇場入り口で名前を確認する場合があると書いてあったりと
チケットの転売に関してかなり神経質になっているのがわかる。
まぁ色々と問題も多いんだろうなぁ。
自分はチケットの売買はしないからわからないけど。

という本日のキャスト。
130615_3.jpg

オペラ座の怪人        :高井 治
クリスティーヌ・ダーエ    :苫田 亜沙子
ラウル・シャニュイ子爵    :鈴木 涼太
カルロッタ・ジュディチェルリ :河村 彩
メグ・ジリー         :西田 ゆりあ
マダム・ジリー        :横山 幸江
ムッシュー・アンドレ     :増田 守人
ムッシュー・フィルマン    :平良 交一
ウバルド・ピアンジ      :永井 崇多宏


今回は千秋楽ということと、この後オペラ座の上演予定がないので
サクッとレポで楽をさせてもらうw

クリスティーヌに苫田亜沙子が戻り、カルロッタも河村彩に変更。
最終週に盤石のキャストをそろえたということだろうか。

舞台そのものの出来は前回の方が良かったような気がする。
別に今回なにか問題があったわけでもなんでもないのだが、
舞台から伝わってくるものは前回の方が大きかったような。
盤石過ぎたということだろうか?

まぁこれは観る側のその時の状態にも左右されるところだが・・・

ファントム、クリスティーヌ、ラウルの3人のバランスは非常に良く、
これが現在の劇団四季のオペラ座の怪人のあるべき姿なんだろうと強く感じた。
しかし、あるべき過ぎて逆にそつがなさ過ぎたということだろうか。。。?

この物語はファントムの屈折した愛情がベースになっているので、
その「屈折さ」も含め、全てがきれいに整ってしまうと
伝わるものの大きさが変化してしまうのかもしれない。
とは言え、良い意味で四季らしくまとまった良い舞台であったことは
間違いない。


あと簡単にメインキャストの感想を。

まずはファントムの高井治。
前回も調子は良さそうだったが、今回はさらに調子が良さそうだった。
高井ファントムでしか感じることができない、劇場の空気を震わせるあの声を
存分に楽しむことができた。
演技の面では前回同様にすっきりとした感じ。
それでいて終盤は感情的で出るべきところは出て、という感じでメリハリが
効いていたのでは。
今回初めて思ったのは、立ち姿(特に後姿)の綺麗さ。
立ち振る舞いに以前よりずっと存在感が出たということだろうか。
なので今の四季のファントムと言えばこの人がデフォルトなんだな、
と強く感じた。
あの強烈すぎる声とその他の部分がマッチしてきているのではないか。


クリスティーヌの苫田亜沙子。
この人も高井ファントム同様に、今の四季のクリスはこの人ということを
強く感じさせられた。
良く通る存在感のある声。これならばファントムが惚れるよなと思わされる。
まぁ立ち振る舞いも含め存在感がありすぎるところが、
クリス色を弱めてしまっているかもしれないが。。。
苫田クリスというものは完全に確立されているので、クリス色が弱くても
それが弱点になることはなく、ある意味力技で「これがクリス」だと
納得させられてしまう。


ラウルの鈴木涼太。
今の高井ファントムと苫田クリスの間に入って、違和感なくバランスを保てるのは
この人しかいないかもしれない。
物語としてはこの二人の間にガッツリ入り込んで正面からぶつかるわけだが
舞台上の存在としては、ファントムとクリスの関係性を邪魔することなく
それでいてラウルとしての存在感は主張するという絶妙な位置取り。
この人あってこそ、上記の「あるべき四季のオペラ座」になるのではないか。


というわけで本編終了後のカーテンコールは、「プリマドンナ」の歌詞を
一部替えた替え歌に乗せて、キャストがペアになってダンスするというものだった。
ファントムだけは踊ってなかったが(笑)
挨拶はアンドレ役の増田守人。自分が観ている限りオペラ座で挨拶があるときは
常にこの人のような気がする。
アンドレ役の人がすることになっているのか、それともこの人だからなのか。

ところで入り口で配られた大入り袋。
あいさつ文とポストカードのみ。。。
どうして東京の千秋楽のプレゼントはしょぼいのか・・・
130615_4.jpg


よろしければポチっと
にほんブログ村 演劇ブログ 劇団四季へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 2013/06/15 Sat. 23:23 [edit]

category: 劇団四季:オペラ座の怪人

TB: 0    CM: 18

15

コメント

 

あ!
今回は千秋楽は日曜日ではなく土曜日だったんですね!
当選おめでとうございます。

階段の写真、マイミクさんも撮っていらっしゃったので、
私も撮ろうと思っていたのですが、
行くのが遅すぎたのか、人だらけで写せませんでした…。

高井さん、「歌の人」だったのが、段々「俳優さん」になってきてますね~。
苫ちゃんに涼太さん、いい組み合わせで楽を迎えられて良かったです。
「そつがない」いいと思いますよ~。
やっぱり四季らしいですね(笑)

挨拶は、林アンドレ、増田アンドレと誰だったか1度だけラウルを見たことがあります。
涼太さんか北澤さん…。涼太さんだったような気もします。

ウィキッドは東京初演の時になぜかハマって3回観に行ったのですが、
地元大阪、福岡、名古屋は1回も行きませんでした。
(なので、何年観てないんだろう…)
nalaniconeyさん的には、ウィキッドの見所はどこでしょう?

URL | なにわのねこ #41Gd1xPo | 2013/06/16 01:00 | edit

Re: タイトルなし 

>なにわのねこさん

そうですね。この間の南十字星もそうでしたけど、最近千秋楽は土曜なんですかね・・・?

いつもは階段なんて写真撮ろうとは思わないんですけど
今回はとりあえず押さえておきました。
僕も特に早く行ったわけではないというか、遅めだったんですが人はいませんでした。
階段の下で女性が「一緒に観させてください」と紙待って立ってて驚きましたw

高井さんはほんと変わりましたよね。
もっと色んな役ができるようになるとさらに変わるんでしょうね。
トリトンとか良いのでは、と。
高井さんが泳ぐ姿が想像できませんが。。。(笑)

ラウルの挨拶・・・挨拶するとすれば北澤さんとか佐野さんとかでしょうかね。

ウィキッドは僕もかなりハマったんですよね。
最初はもちろん濱田さん目当てというのもあったんですが、
色んな意味合いが後ろに隠されていて、エンディングも如何にも「ハッピー」ではなく
何とも言えない感じが好きです。
観終わった後の余韻の残り方とか、考えさせられるところとか。。。

今回は岡村エルフィーに期待してます。
って、出てくれるのかな。。。

URL | nalaniconey #- | 2013/06/16 08:42 | edit

 

千秋楽、いい雰囲気でしたね!
オペラ座は開演する際の劇場がシンとする感じも大好きでした。
楽のキャストは楽にふさわしいキャストだったと思います。
苫クリスのTOMがすごく冴えていて、本当に素晴らしかったです。
高井さんは、正直言葉がいつにもまして明瞭じゃないのと、気合が入り過ぎて音外しまくり、オケのタイミングと合ってない箇所が沢山あったと思います。
でも久々の高井さんのファントムはやっぱり安心・安定で楽キャストだな、と思います。
カテコは本当に感動してしまいました!
特に河村さん。
今回の東京公演は苫クリスに河村カーラが私にとっての収穫でしたね!

そして、ウィキッド!!
楽しみ過ぎます♪
エルファバ役者はみんな実力もあって誰がきても楽しめそうですよね!
グリンダはあと2人くらい欲しいところですが、誰にやって欲しいですか?

URL | 朋美 #- | 2013/06/16 11:05 | edit

Re: タイトルなし 

>朋美さん

確かにオペラ座は始まる前にし~んとしますよね。
昨日は特にそうだった気がします。
苫クリの歌はほんと良かったですよね。
他のキャストも含め楽らしいキャストでした。

高井さんが歌のタイミングずれていた(ずらしていた?)のはわかりましたが
僕は全然気にしてなかったです(笑)
昨日は高井さんに限らず苫クリも一部聞きづらかったりしたんですが
音響のせいですかねぇ。なんかいつもより音が大きかったような・・・
サイドの席だったせいか、特定の楽器の音だけが目立ったりとかはありました。
オケと言えば、多分ハンニバルのラストでシンバルがタイミング外してたような気がします。

ウィキッド始まりますねぇ。
ウィキッドも生オケでやってくれるといいんですけどね。
グリンダは難しいですね。
求められるものも多いですし・・・
谷原さん行けるような気もしますが、あの作品の奥行きが出せるかはちょっと微妙かと。
今年は四季の観劇が少ないせいか、これぞという新しい目ぼしい人も見てないですしね。。。

URL | nalaniconey #- | 2013/06/16 19:26 | edit

千秋楽! 

私も千秋楽を観劇してきました!
いやぁ~、みなさん、最後だったからでしょうか、台詞も歌もココは四季だということを忘れたかのように(笑)、勢いづいて歌ってましたね。
1階後ろに、北澤ゆうすけさん、林かずおさん、青木あきらさんをお見かけしました。ほかにもいらしたかもですが。
ハガキ…、飾っておきましょうか(笑)

名古屋ウィキッドでのプログラムでは、グリンダ:苫田さん、山本貴永さん、五所真理子さん、  エルファバ:樋口さん、江畑さん、岡村さん、谷原しおんさん のお名前があったかと思います。(最終版は購入しておらず、記憶です。順番もこの通りではないかも。) 五所さんと谷原さんはお名前のみでまだ出演されてはいませんでした。
2か月アリエル出ずっぱりの谷原さんは、スゴイと思います。もしウィキッドに出演されるなら、そろそろお稽古ですよね…。

URL | ヨイコ #q6L8EzZI | 2013/06/17 01:24 | edit

Re: 千秋楽! 

>ヨイコさん

ヨイコさんもご一緒でしたか!
僕が一番気になったのはやはり寺田さんです。
台詞変えてないか?というくらい目立っていた気がしますw

はがきは・・・一度しまったら見ることもないでしょうね(笑)

なるほど、グリンダには五所さんも入ってるんですか。
ちょっと歌が厳しいような気もしますが・・・
谷原さんはエルファバの方でしたか。
今はアリエルがあるんで当分ウィキッドはないでしょうね。
とは言え四季なので何とも言えませんが(笑)

メインキャストで出ずっぱりは谷原さんだけですよね?
あ、シェフとかはいますが・・・
そろそろ休んで欲しいところですよね。今後のためにも。
ウィキッドの初演の時は濱田さんと沼尾さんは半年くらい引っ張ってましたからねぇ。
あの演目で出ずっぱりはしんどいと思います。
誰か新しい人が出てくると面白いんですがねぇ。

URL | nalaniconey #- | 2013/06/17 11:37 | edit

 

皆さん、千秋楽当たって良いなあ~。

ラウルの挨拶、鈴木涼太さんだった気がします。
「涼太さんも挨拶できるほど立派になって…」と
親心で(笑)感慨深く見守っていた気がします。
一回噛んだ記憶もありますが(笑)

高井さん、トラップ大佐とかどうですか?
いきなりハードル高すぎ?(笑)
高井さんのエーデルワイス、聴いてみたいな。

濱田さん、大阪アイーダ初演の時は、
11ヶ月大阪のホテルで生活していたと
コンサートの時おっしゃってました。
実際は、初演の12月~2月まで登板(3、4月樋口さん)、
その後、4月の途中から翌2月まで
大阪にいらっしゃったと思われます。
(7月くらいに再び樋口さんが出演されましたが)

保坂ドナも東京公演完投しましたしね…。

皆さん、こき使われているなあ…と思うと
心配になってきます。
(お体の心配ももちろんですが、退団しちゃわないかなあとか)

URL | なにわのねこ #41Gd1xPo | 2013/06/17 19:19 | edit

Re: タイトルなし 

>なにわのねこさん

なるほど。涼太さんでしたか。
たしかにその昔はエンジェルでしたから、その当時を知ってる人からすると
「立派になって」というところかと(笑)

高井さんがトラップ大佐。
良いおとーちゃんにはなりそうですがそれ以外は想像できないですね。。。w
歌は少ないですからもったいないと言えばもったいないし、
そういうところで役が広がるのは良いことでもありますし。。。

アイーダの初演は僕も大阪遠征してみたんですが、まさに3月樋口さんに変わった時に
当たってしまい(樋口さんファンの人すいません、目的が濱田さんだったんで・・・)。
でもその時の樋口さんはとても良くて「樋口さんこんな風にできるんだ!!」と
良い意味ですごく驚いた印象があります。

保坂さんはほんと使われ過ぎですよね。
そりゃ休みたくなりますって。。。

何だかんだと結構役者さん固定ですからねぇ。
あれだけたくさんいるのに・・・

URL | nalaniconey #- | 2013/06/17 19:52 | edit

お腹いっぱい~かしら(笑い) 

こんばんは~

「オペラ座~」終わったんですね~。

千秋楽決定を聞いたときはすごいショックでしたが、
そういうことにも少しづつ慣れて(笑い)
一生懸命観て、

そうですね~、今は「お腹いっぱい」「もう~充分」という感じです。
キャッツとか美女~の方が、心残りがある(笑い)

なんでしょ・・。 「オペラ座~」結局30回以上観たのですが、
回数が多いからだけではないような・・。

見始めた頃、拒否反応が真っ先に出て、それから自分でそれを
一生懸命克服して(笑い)という過程があるので、
疲れちゃったのかしら!  アハハ=====。

でも、そういう過程があったので、すごくすごく思い出深い作品となりました。
時間が経って、次、観たとき、今度は、どんなふうに感じて、
どう楽しめるのかな~と、
それがとても楽しみです!

「ウィキッド」、とっても楽しみですわ~~!!(跳ねる)
でも、また、みなさんよりだいぶ遅れての観劇になるかと(笑い)

この夏は、「秋」と「自由劇場」に入り浸りになりそうです~(笑い)

URL | リコ #- | 2013/06/17 22:14 | edit

Re: お腹いっぱい~かしら(笑い) 

>リコさん

千秋楽にも退団にも慣れますよ~(笑)
新しい演目も新しい人も出てきますしね。
退団した人も別で観れたりしますし。

というか30回て・・・そりゃおなか一杯になりますよ。
それ観すぎですって。
観始めたころは拒否反応だったんですね。
ちなみに僕は初めて観たときは「ぽか~ん」でした。

ウィキッドはそこまでチケット売れているわけでもなさそうなので
いつでも観れるんじゃないですかね。

自由劇場ってナリネコですか?
途中ドリフのコントになりますよ(笑)

URL | nalaniconey #- | 2013/06/18 07:32 | edit

ほ~~! 

わぁ!  「人間になり~」は、ドリフ込み(笑い)
ほ~~!

ハイハイ、嫌いじゃありません(笑い)
「万次郎」の時も、古い言葉遊びがありましたが、古風な笑い、
好きです(笑い)

「ウィキッド」は、あぁ、お聞きして良かった。
チケット取りやすいのですか!  ならば9月早々には観られるかしら。
皆さんのお仲間にどうにか入れるかしら(笑い)

「オペラ座~」は、 一番最初、
高井さんは「最高の歌手だろうけど俳優ではない」
「ワタシはオペラを見に来たのではない、四季のミュージカルを見に来たのだ」って、
ちょっとプンプン(笑い)
だってぇ~、 銀の銅像に乗るときはビクビクおよび腰だし、
歌は最高でも,
演技はちょっと物足りなく感じて。

でも、回重ねて観るウチに、あの清廉さ、 
クリスに求める音楽の力も最も高いだろうと思われる崇高さは、
高井さんのファントムの持ち味だと。
毎回、満喫しました~。

そうそう、ファントムとクリスは「先生と生徒にしか見えない」って、
nalaniconeyさんのお話しもありましたわね(笑い)

細かくいえば、高井さんのファントムでも、毎回いろいろあって、
本当に毎回、満喫しました~。

でまぁ・・
今、思い返すと、   単純なワタシの好みでは、どんなに歌唱力が落ちても
四季の俳優さんのファントムが良いかしら~~とは思う・・(笑い)

今は「鹿鳴館」を満喫していて、
「異国の丘」も、とっても楽しみにしていま~す。

URL | リコ #- | 2013/06/18 18:12 | edit

Re: ほ~~! 

>リコさん

僕はナリネコはDVDでしか観てないので実際に見たらドリフじゃないかもしれませんが・・・w
どうもファミリーミュージカル系には手が出せないでいます。。。

四季のオペラ座はファントムの影響かよりオペラっぽい雰囲気が漂ってますからね。
海外の舞台に携わっている友達も「これはミュージカルじゃない」と言ってました。

高井さんはだいぶ変わりましたよね。
前回の東京公演の時がどうだったかは細かくは覚えてないんですが、
今回の1年8か月の間でもだいぶ変わりました。

先生と生徒もありましたし、お姉さんと弟みたいな組み合わせもありましたね。
どの演目でもやっぱり正しく機能するキャストの組み合わせってあると思うんですよね。
いくら四季が作品主義を謳っても。。。

異国の丘もそれなりに覚悟しておいてください。
どっと疲れますから(笑)

URL | nalaniconey #- | 2013/06/19 07:58 | edit

どういう? 

おはようございます~。

ちょっと・・(笑い)

nalaniconey さん、初めての「オペラ座~」で
「ぽかーんでした」というのは、

どういう「ぽかーん」ですか?

否定的な「ぽかーん」?  「肯定的」なぽかーん? (笑い)

いちいちお聞きしてスミマセン(ペコリ)

あくまでも、単純な興味です。。、

URL | リコ #- | 2013/06/19 08:55 | edit

Re: どういう? 

>リコさん

僕が初めてオペラ座を観たのは四季を観始めて(観劇始めて)1年くらいの時で
作品の事はな~んもわからないまま(この辺は今も一緒ですが)観ました。
で、結果・・・何もわからなかったです(笑)

へ?ファントムって何?で、これがどうしたって???

という感じで何もわからず何も感じずよくわからないまま終わった、と。
その「ぽか~ん」です(笑)

URL | nalaniconey #- | 2013/06/19 11:48 | edit

 

nalaniconeyさんではありませんが、
私も最初の頃は「ぽか~ん」でしたw

私の場合は単に話に付いて行けなかったんですけど。
CATSのグロールタイガーもそうですが、
「劇中劇」の意味を把握してなくて、ストーリーがよく分からなかった(笑)

でも同い年の友達はその頃から「ファントム様~」って感じで
私が単にバカだったのかもしれません。

あと、今は大好きですが、マスカレード。
美女と野獣の「Be Our Guest」とかアイーダの「お洒落」とかも
最初そうでしたけど、
ああいう派手なシーンは、見慣れない内は引いてしまうんですよね…。
盛り上げシーンのはずなんですけどね…。
かと言って、墓場のクリスソロも途中で飽きる(笑)
アイーダも大好きなミュージカルで、大好きな濱田さんが歌っていても
2幕アモナスロ王と会ったあとのソロは途中で飽きたり。

座席の関係もあるかもしれません。

最前列とか前方席だとさすがに目の前で演じている人を見ていて飽きることはないですが、
2階席だと、なんだか他人事のようで…。

何しに行ってるんでしょうね、私(笑)

URL | なにわのねこ #41Gd1xPo | 2013/06/22 11:28 | edit

あぁ~そうでしたか~ 

こんにちは~。


あぁ、nalaniconey さん、観劇歴と四季歴は、ほぼ同じなのですね・・。
ほ~、そうでいらっしゃいましたか~。

ワタシ、勝手に、  観劇歴は四季歴よりはるかに長くていらっしゃるのかと、思っておりまして(笑い)

ほ~、そうでいらっしゃのですか~。

なんか、お聞きできて嬉しいです(笑い)

この作品、初めて観たとき、クリスの心理もいまいち理解できない人もいるだろうし、
劇中劇もあるし、  盛りだくさんすぎる感に押しつぶされて、
ぽかーんになるのかしらね~(笑い)

でも、ワタシの「拒否反応」って、ちょっと異常(笑い)


URL | リコ #- | 2013/06/22 13:25 | edit

Re: タイトルなし 

>なにわのねこさん

そうなんですよね。
劇中劇っていうのが初心者にはハードル高いんですよね。
オペラ座は特に予備知識がないとしんどいです。

僕は逆に席が近すぎると目のやり場に困ったりして集中できないことがあります。
特にセクシー系の衣装だったりするとw

僕も観てる間に全然違うこと考えたりしてることも多いです。
このブログのレポの組み立てとか(笑)

URL | nalaniconey #- | 2013/06/22 21:35 | edit

Re: あぁ~そうでしたか~ 

>リコさん

僕の観劇歴=四季歴です。
それ以前はまったくもって興味なしだったので(笑)

オペラ座は複雑な音楽もそうですけど、観れば観るほど聞けば聞くほどというところが
これだけ長く続いてるポイントなんじゃないですかねぇ。
ある意味リトルマーメイドとは逆でw

URL | nalaniconey #- | 2013/06/22 21:42 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://musicaltheater.blog130.fc2.com/tb.php/159-055c3e3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。