05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

劇場つながり

各種観劇日記。基本的に劇団四季のみ、のはずが最近は色々と手を広げてます。書きやすさ優先でレポ内の俳優名は敬称略ですのでご了承くださいm(_ _)m

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

ハマさんを探せ! 南十字星《2013年5月26日(日)マチネ》 

今回久しぶりに南十字星の観劇で浜松町に行くことになり、
ふと前回がいつだったかと調べてみると12月1日のJCSだった。
なんと半年以上行っていなかったとは、我ながらびっくりである。
まぁ春と秋はずっと固定だったし、自由の演目は・・・という感じなので
仕方がないのだが。。。

で、半年ぶりだから何か変わったかも、とハマサイトグルメのサイトを見ると
なんとURLが変わっている。
URLが変わるとはよっぽどのことだ。
いざ着いてみると何かがおかしい。。。
あ!!!!いない!!!!ハマさんがいない!!!!
(ま、そんな大事ではないがw)
130526_5.jpg

運営会社が変わったのか、サイトを含めプロモを請け負っていた会社が変わったのか。
なんとなく後者のような気がする。
サイト含めの発注だったからURLを変更せざるを得なかったとか。
昔働いてた会社で似たようなことがあったもんでw

久々の四季劇場春&秋。
天気が良くて気持ちが良い。
130526_1.jpg

日曜のマチネのためか人も多い。
130526_2.jpg

全然チェックしていなかったのだが、どうやらこの日がライオンキングの
5000回目だったようだ。
130526_3.jpg


という今回の『南十字星』のキャスト。
130526_4.jpg

保科勲         :阿久津 陽一郎
リナ・ニングラット   :秋 夢子
島村中将        :菊池 正
原田大尉        :鈴木 周
塚本少尉        :前田 貞一郎
ニングラット博士    :脇坂 真人
ルアット・ニングラット :渡久山 慶
ニルワン        :赤間 清人
キキ          :池松 日佳瑠
オットー・ウィンクラー :吉賀陶馬ワイス
原田春子        :佐和 由梨
岡野教授        :維田 修二


さて、こういう作品に関して何を書けばいいのか。
こういう作品の役割は戦争に限らず、2年前の震災なども含め風化させることなく
何らかの形で後世に伝えていくべき役割を担っている。
この作品はそれを『演劇』というエンターテインメントを通じて行っている。

どこぞの市長ではないが、自分は歴史家でも何でもないので、
南十字星の舞台となった時代に実際にはどのようなことがあったのかは
教科書で習った以上のことは知らない。
ちなみに日本史は好きだったけど世界史はまるで駄目だった。
特に横文字の名前が一切覚えられず。。。

この作品で取り上げられた題材に関しては、提示された通りの事しかわからないし
それに対して何かが言えるわけでもない。
ただ提示されたものを粛々と受け取るだけだ。
提示されたものをどう捉えるか、次の世代にどのような形で伝えていくかは
観た側の判断に委ねられている。
個人的には観客は観客であり続けていれば良いのでは、と思っている。
この作品が興業として成り立たなければ再演もされなくなってしまうだろうし
再演されなければせっかくのメッセージも伝わらない。
だから観客はこの作品が途切れることがないように見続ければいいのだ。

こういう作品にとって大切なのは如何に観客の心に深いものを残せるか、
忘れられないものを残せるか、というところに尽きる。
初演の時に違和感を感じた保科とリナの設定も、如何に観客の心に
分かりやすく届けるかという視点に立ってみると違和感はなくなる。
今回は久々だったからどうだろう、と思っていたが全く違和感は感じなかった。

今回の公演でこの作品が持つ役割は観客に余すところなく伝えられるだけの
完成度があったことは言うまでもない。

初演から保科を演じ続けている阿久津陽一郎の演技は、
四季のこの手の作品だと説明臭くなったり、綺麗すぎたりしてしまうところを
円熟の演技で自然に演じていた。
終盤、処刑の時間を知らせるベルが鳴った後の頭を掻くようなリアクションは
演技とは思えないほどで、この場面でかなりやられた。。。
いやぁあれは参った。


リナの秋夢子は若干セリフが気になるところもあったが、それを補って余りある
歌の素晴らしさがあった。やはりこの人の歌の説得力は凄いものがある。
個人的には「別離」という曲がこの作品では一番好きなのだが、
この場面は本当に良かった。

阿久津陽一郎と同じく初演から出演し続けている原田大尉の鈴木周や
ウィンクラー役のワイスも欠かすことが出来ない。
とはいえ次の世代も作っていかないといけないところではあろうから、
次回以降の公演では新しい保科やリナをはじめとした新しいキャストにも
期待したいところだ。


ということで次は異国の丘か・・・
誰がプリンスやるんだろ?
飯田兄&中井智彦のビーストコンビのどちらか?

いずれにしてもこの南十字星と同様に救いがない話しのなので
心してかからねば・・・


ところでハマさんは本当にどこへ行ったのだろうか。。。?


よろしければポチっと
にほんブログ村 演劇ブログ 劇団四季へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 2013/05/27 Mon. 19:45 [edit]

category: 劇団四季:昭和3部作

TB: 0    CM: 25

27

コメント

 

こんにちは
昭和三部作は今回初見で、さっそく『南十字星』を観ました。
秋さんの台詞はもうどうしようもないですが(笑)、留学生役だし、そんなことはどうでもいいくらい。ずっしり重くて、でも、また観たいしとても感動しました。
四季は、やっぱりスゴイなと(最近へんな作品に手をだしたけど(笑))思いました。
書かれている通り、再演して観客が観続けること、いろいろな方法で史実を伝えていくことが大切ですね~。
いい作品と出会えてよかったです。

URL | ヨイコ #q6L8EzZI | 2013/05/27 23:18 | edit

Re: タイトルなし 

>ヨイコさん

南十字星は気に入られたようで良かったです!
三部作の中では出来としても3番目かなぁ、とか思ってたんですが
今回その考えを改めました。いい作品ですよね。

秋さんはちょっと今回はセリフが。。。
今まではあんまり気にしてなかったんですがねぇ。
こう言う作品だから余計に気になるんでしょうかね。

今回この作品にここまでヤられるとは思ってなかったので、嬉しい驚きでした。
ほんとまた観たいです。

URL | nalaniconey #- | 2013/05/27 23:46 | edit

 

自分は単純で夢子を観たいので通ってますw
管理人さんと同様でこんなに心に響く作品とはおもってなかったので嬉しい限りです。
DVDは何度も観てるのですが麻美リナのまつげが気になって話に集中出来なかったので(笑)
代表の肝いりで上演されているのでしょうから今後上演されるかは心配ですが、状況が許すなら続けてほしい作品です。

URL | 春夏冬 #H755ORSs | 2013/05/28 08:36 | edit

Re: タイトルなし 

>春夏冬さん

秋さんの歌はやっぱり良いですね。
ガッツリ来ます。やっぱりLMではないですね(笑)
ま、あのコスプレは見たいんですがw

作品に深みが増したのか、自分が年を取ったのかこの作品の良さが
分かるようになってきました。
そんなに頻繁に上演できるタイプの作品ではないですが、ぜひ節目には必ずやってほしいですね。

URL | nalaniconey #- | 2013/05/28 10:51 | edit

 

写真がとても綺麗ですね。お天気良さそうです。
ちょうどLK5000回の日だったんですね。

南十字星は私もあんまり語れないので、異国の丘の話を…。
アルプでは、荒川さんの九重が写ってましたが、
荒川さんの九重、観たことないです。荒川さんがやってたことすら知らなかったです。
この役、本当に難しいと思うんですよ。
(あ、もちろん、保科もですが)
大学時代の若さも表現しないといけないし、恋愛シーンもあるし、
シベリア抑留中の辛さに加えて真っ直ぐさも出さないといけないし…。
ということで、若い俳優さんよりは、ある程度熟練した演技のできる方が良いと思うので、
私は荒川さんで観てみたいです。
石丸さんがベストでしたが(←実はこの作品で石丸さんのファンになりました。
それまでアンチ石丸でしたw)。
見た目と演技では加藤敬二さんも良いと思うんですが(ダンスシーンが大幅に増えそうだw)
歌を聴かせる演目なので、やはり歌える人がいいですね。

URL | なにわのねこ #41Gd1xPo | 2013/05/28 17:43 | edit

Re: タイトルなし 

>なにわのねこさん

週末は暑すぎず寒すぎずちょうど良い気候でした。
今週に入って急にどんよりしてますけどね。。。

異国は荒川さんは実際に観てるんですが、ちょっと軽いんですよね。。。
軽いというのは演技ではなく声が、です。
僕もこの作品は石丸さんがデフォルトになってるので、荒川さんの声だと軽すぎてしまって
前回観たときは物語に入り込めなかったです。
下村さんが九重を演じた時は「体が大きすぎる」というしょうもない理由で入り込めなかったです(笑)

僕の九重のイメージはスマートで声楽系の声で歌える人なので、
中井さんとか飯田兄とかが声ではベストなんですよねぇ。。。

URL | nalaniconey #- | 2013/05/28 18:19 | edit

 

荒川さんは声が軽いですか…なるほどー。
確かにキャッツでも、マンカストラップやってる時よりはタガーが合う人ですしね。
クレイジー・フォー・ユーでは、あの甘い声にうっとりするんですが。
(加藤さんのボビーの方が好きですが)

下村さんは確かにでかい(笑)
どう見ても大学生じゃないだろう、みたいな。
ハムレット、壁抜け、異国と石丸さんとWキャストのことが多かったですが、
全然違うキャラなので、いつも石丸さんに軍配が上がる気がします。

中井さんと飯田さんは、見た目も声も良さそうなんですが、
作品の深さを出せるのか…。その点がちょっと心配です。

URL | なにわのねこ #41Gd1xPo | 2013/05/28 23:32 | edit

Re: タイトルなし 

>なにわのねこさん

そうなんですよね。
荒川さんはタガーとかボビーならあの声でぴったりなんですけどね。
九重だとどうもイメージに合わなくて・・・

下村さんはダンスのシーンで「ケツデカい!」となってしまい
見た目のスマートさで違和感出ましたw

確かに中井さんと飯田さんだとそういう心配はあるかもしれないですね。
特に中井さんは一生懸命過ぎて違うものになりそうで(笑)

URL | nalaniconey #- | 2013/05/29 00:09 | edit

 

皆さんの評判いいですね!
金曜に行けそうなんで、悩み中です…
もし行ったら、またココに来ます!
で!
中井さんか飯田さんが異国の丘?!
中井さんは今週から北海道BB。
飯田さんとチェンジになったから、開幕時期を考えて、2人は全くのノーチェックでした…
飯田さんだったらどうしよう…
異国の丘は通えない(´Д`)

URL | 朋美 #- | 2013/05/29 08:24 | edit

Re: タイトルなし 

>朋美さん

南十字星は作品として完成の域に来たんじゃないかと思います。
もし観れるようなら是非!

飯田さんor中井さんが九重に、というのは完全に僕の妄想&希望というだけでして。。。
ただ単にあんな声で歌ってほしいという。
来てくれたら嬉しいですけどね。
何で異国は通えないんですか?

URL | nalaniconey #- | 2013/05/29 08:43 | edit

意味は? 

おはようございます!

この作品、今のところ2回観ました。

nalaniconey さんが仰るように、 こういう作品は、上演し続けることに
意義があり、私たちは、真摯な心持ちで見続ける使命がありますね・・。

なので、良い悪いはなく。

1つ、お尋ねします。

インドノネシアでのお祭りのシーン。
現地の踊りが披露されるシーン。

この場面、
見どころの1つでもありますよね・・。  こういう作品で「見どころ」という表現は不適切でしょうが
お許しを・・。

えっと、この場面が、作品の中で大きく披露される意味は、どういうものだと思われますか?

インドネシアとの友好を祈る意味?

やはり、日本が意図したわけではなかったとしても
「侵略」した形にはなってしまった面もあるので、
それへの戒めのような意味?

日本がインドネシアを統治した期間にも、平穏な日々はあったことを
しっかりと伝える意味?


私、初めての観劇で、 この「お祭り」の場面がこんなにしっかりと組み込まれるのはなぜだろう? 
なにを意味しているのだろ?という疑問が真っ先に。

戦争を題材にした物語ですと、
例えば、インドネシアでの日本の統治の具体的な様子とか、
日本の戦況を伝える場面とか、  
あるいは、保科の日本の家族の状況の場面とか(保科がインドネシア赴任中の) 
そんなものを組み込んで「戦争」」というものをより鮮烈に表現しますよね。


えっと、脚本や演出の良い悪いを言ってるのではないんです・・。

ちょっと、ご意見を~。

URL | リコ #- | 2013/05/29 09:21 | edit

私は・・ 

また、失礼。

nalaniconeyさんは、保科の、ベルが鳴ったあとのしぐさに
「かなりやられた」「参った」と・・。  なるほど・・。

私は・・・、保科の最後の独壇場のシーンでの「よろしく頼む」です。
未来の若者への「よろしく頼む」の一言、軽く頭を下げた、この一言に、
表現をお借りしますと「かなりやられた」「参った」です・・。

えっと、私、年齢の割には「戦争」が身近です。
幼い頃、親戚のいわゆる「特攻の生き残り」もっと言えば「特攻崩れ」の男性が家にいて、その男性との
ある体験が、私には一種の「戦争体験」であり、
自分の行動への「後悔」も含めて、今でも心に重く重く居着いています。
その出来事は、鮮明に記憶しています。

年頃になり、自分の行動が正しかったのかどうかの「答え」を求めて
「戦争物」といわれる書物や演劇、映画など、手当たり次第
見聞きしまくりました。
大学生になってからは、戦争体験者との交流を、自ら持ちました。

だからというわけでもないのですが
「戦争」を訴える作品には、えっと、「慣れ」というとひどく語弊がありますが、
なんていうのか
「戦争」は、私の心に、日常的というのかしら、存在しているものなんですね・・。

幼かったとはいえ、自分の行動が正しかったどうかの「答え」は
40年経った今も、出ません。

そういうことで、戦争を題材にした作品で、素直の「ぐっとくる」というようなことは滅多にないのですが、

この作品では、保科の独壇場のシーン、そして「頼む」の一言に「参った」・・。
自分で、意外です。

息子を持つ母親になったからなのかしら?と思ってみたり・・。

長々と失礼しました・・。

URL | リコ #- | 2013/05/29 11:13 | edit

Re: 私は・・ 

>リコさん

えっと、こちらでまとめて(笑)

火祭りのシーンですが、僕は正直あまり深く考えてないです。
インドネシアが舞台となっているので、文化を紹介することくらいかなぁ、と(笑)
とは言え、異なる文化を持つ国の間の文化紹介という行為には深い意味が出てきます。
好き嫌いに関わらず相手を知る事になるわけですから。

このシーン自体にはそれほど深く意味合いは感じません。
原田が途中で退席しますが、そのことが原田(=大多数の軍部)のこの国に対する
スタンスを表しているかとは思います。


僕がぐっと来たシーンですが、それまでは悟ったようにリナに話していたのが
ベルが鳴り、いざその時が来た瞬間の人間臭さがものすごく出ていて
いたたまれませんでした。
ただ、毎回ここで同じ演技をしているかはわからないです。
アイーダなんかでは細かいところの演技は結構変える人でしたから。

僕は幸か不幸か戦争というものはまったく身近にないので、
この作品も一つのエンターテインメントとして捉えています。
記事内では「見続けること」というちょっとカッコつけた感じで書きましたが
そんな風に考えなくても、この作品を普通に楽しんでいればいいかな、と。
そうすれば結果(この作品が続くこと)はついてくるでしょうし。

URL | nalaniconey #- | 2013/05/29 12:56 | edit

はぁ~~い! 

そうですわね~(ニコニコ)
ありがとうございます~(ニコニコ)

あまりアレコレ考えて観なくてもね~(笑い)
素直に「演劇」という 娯楽、芸術として、楽しむことが、第一!

まぁ、どういう舞台であれ、人それぞれの鑑賞姿勢があるので、
私は私の鑑賞で(笑い)

お祭りのシーンは、とても綺麗ですよね~。
それは素直にそう思っていますわ~。

綺麗といえば、死刑台の流れる水? あれは、天の川のようにも見えて
すごく綺麗に感じましたわ~。


URL | リコ #- | 2013/05/29 15:51 | edit

Re: はぁ~~い! 

>リコさん

そうですね。
観客は作品を一つの舞台芸術として楽しめばいいと思います。

再度絞首台が自ら出てくることろ、不謹慎ながら綺麗ですよね。
ブンガワン・ソロの歌と相まってとてもきれいで好きなシーンです。

URL | nalaniconey #- | 2013/05/29 18:08 | edit

ちょっとお詫び 

なんか、つまらないことというか、余計なことを
たくさん書き込んで、失礼しました(ペコリ)

以後気をつけます!(頭ペン!)

本当に、失礼をいたしました・・。

URL | リコ #- | 2013/05/29 20:03 | edit

 

28日ソワレ行きましたが阿久津保科はアタマかいてましたよ。あれはぐっときますね~
尤も自分は島村中将以降はずっとキっぱなしです(^。^;)
火祭りは舞台を華やかにするのが目的でそれ以外の意味はないかなって思ってます。
暗く重い話なので華やかな仕掛けでも無いと不入りで再演も危ういと思います。
秀作なのに勿体無い。しかも四季オリジナルなのにと思うんですけどね。

URL | 春夏冬 #H755ORSs | 2013/05/29 20:21 | edit

Re: ちょっとお詫び 

>リコさん

いえいえ~
気にせず色々書き込んでください!
ちゃんと答えられないことも多いですが。。。

URL | nalaniconey #- | 2013/05/29 20:39 | edit

Re: タイトルなし 

>春夏冬さん

なるほど。あれは毎回やってる演技なんですね。
ほんとあのしぐさと表情はマズいです(笑)

まぁ昭和三部作はテーマがテーマだけに中々大入りというわけにもいかないでしょうから
ディズニーに稼がせてもらって、その分こういった作品に充ててくれれば(笑)

ただまぁせっかくの良い作品ですから、お客さんはたくさん入って欲しいですけどね。

URL | nalaniconey #- | 2013/05/29 20:42 | edit

 

30ソワレ行ったんですが保科アタマかいてませんでしたね。
リナに生きて欲しいと懇願される時に例の演技をしていてグッとくる度合いが大幅に増量されてました。
保科阿久津、益々演技が深まってますね。

URL | 春夏冬 #WpB2m58s | 2013/05/31 08:48 | edit

Re: タイトルなし 

>春夏冬さん

随分と通ってますねぇ(笑)

作品と演技は素晴らしいんですが、ちょっとヘビーなんで通うには至れずにいます。
あ、あと資金的にもw

阿久津保科がどんどんパワーアップすると次のキャストは大変ですよね。
そのうち李香蘭の野村さんみたいにいくつになっても青年将校のままかもですね(笑)

URL | nalaniconey #- | 2013/05/31 10:34 | edit

 

ええ、千秋楽もいってきます(笑)

そういえば阿久津保科、芝居をかえてくるのはよいのですけど、
先日はリナの呼ぶ声に、ラダメスのようなドスの聞いた声で返事してました。
あれには笑ってしまいましたw

URL | 春夏冬 #H755ORSs | 2013/06/01 09:01 | edit

Re: タイトルなし 

>春夏冬さん

おぉ、千秋楽もですか!
さすがです!

ドスの効いた声(笑)
「危ない生き方が好きなんだ」てな感じでしょうかw

千秋楽といえば、僕は今日リトルマーメイドなんですがMy楽かもしれません(笑)

URL | nalaniconey #- | 2013/06/01 09:59 | edit

 

千秋楽はドス無しでした。残念。
たしかジョヨボヨの伝説を教えられる時の相槌にドスが効いてたかな?
うろ覚えなので次公演で確認しますw

リトルマーメイド楽ですか~
いやいやもう少し粘りましょう。
南十字星も終わり、おそらく出演するだろう李香蘭まで間がある6月は、
正に夢子アリエルの確変スタートでしょう(笑)


URL | 春夏冬 #H755ORSs | 2013/06/02 00:54 | edit

Re: タイトルなし 

>春夏冬さん

ドス無しですか。まぁその辺はその日の雰囲気で変えてるのかもしれないですね。
次公演・・・何年先でしょうかw

始まって2ヶ月半で楽です(笑)
マジメな話これ以上通っても何か出てきそうな気がしないんですよね。
確かに6月は確率高いですがチケットないでしょうしねぇ。
まぁそのうちタイミングが合えば、といったところでしょうか。

URL | nalaniconey #- | 2013/06/02 09:57 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://musicaltheater.blog130.fc2.com/tb.php/157-fd390e88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。