09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

劇場つながり

各種観劇日記。基本的に劇団四季のみ、のはずが最近は色々と手を広げてます。書きやすさ優先でレポ内の俳優名は敬称略ですのでご了承くださいm(_ _)m

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

独り猿蟹合戦 リトルマーメイド《2013年5月18日(ソワレ)》 

前回の観劇が4月30日のレ・ミゼラブルだから、またしても3週間近く間が
空いてしまったわけだが、それなりに予定が入って忙しくしていたのだ。

GW中は人並みにちょっと出かけてガラではない花なんかみたり
130519_4.jpg

和室の畳をフローリングに替えるプチリフォームしたり
130519_3.jpg

富士山の麓でマラソン大会に出場したり
130519_5.jpg

なんだかんだで3週間なのだ。


で、約3週間ぶりの観劇はここ。
130519_2.jpg

2回目のリトルマーメイドだ。


前回の観劇ではまったくもって作品にハマることができなかったが
メインキャストが数名入れ替わった今回はどうなのか。
前回書いたようにキャストによる振れ幅が大きくなってしまう作品なのか。
そんなことが今回の観劇ポイントだった。

という今回のキャスト。
130519_1.jpg



アリエル         :谷原 志音
エリック         :竹内 一樹
アースラ         :白木 美貴子
トリトン         :村 俊英
セバスチャン       :飯野 おさみ
スカットル        :丹下 博喜
グリムスビー       :松下 武史
フランダー        :大空 卓鵬
フロットサム       :一和 洋輔
ジェットサム       :中橋 耕平
シェフ・ルイ/リーワード :岩城 雄太


エリックが上川一哉から竹内一樹に。アースラが青山弥生から白木美貴子に。
そしてトリトンが芝清道から村俊英に変更となっている。

ということで今回は小難しいというか作品に対するあれやこれやは少なめに、
キャストの感想メインにしようかと思う。
まぁ書いてるうちに変わるかもだけど。


まずは新しくエリックとして登場した竹内一樹。
自分のこの人に対する印象はいまだに「春のめざめ」の時のエルンストの時の
ものが残っている。
それだけエルンストの時の印象は強烈だった。
汗ダラダラかきながら(今もだけど)、この作品でフロットサムを演じている
一和洋輔とガチのキスシーン。そりゃ印象残るってw
その後マンマ・ミーアでスカイを演じたりもしているが、どこか女の子っぽさ
というか男っぽくない印象になってしまっていた。

で、エリックはどうだったかというと女の子っぽいということはないが
男っぽくもない。
どこか中性的な雰囲気は残したままなので、それが気品につながり王子らしさは
醸し出していた。ただし大海原を行くぞ~!という感じではなかったが・・・

演技は非常に素直で自然で良かった。スマートに演じていたのではないか。
上川エリックと比較すると「かるふわ」さを感じるので、この作品には
竹内エリックの方があっているかもしれない。
余計なことは考えずに観たままを楽しめればOKというこの作品には
竹内エリックの良い意味での軽さというかしなやかさが相応しい。


アリエルの谷原志音。
前回観た時は素直で伸びやかな歌声とアリエルらしいかわいらしさが
印象的だったものの、数回台詞を噛んだりややバタついたところもあった。
今回はそういった不安要素はまったく見当らず、相変わらずの伸びやかな歌声と
女の子らしいかわいさを楽しむことができた。
アリエルというキャラクターの核心部分というのが表に出てこない作りなので
アリエルの行動の裏付けというものがわかりにくかったりはするのだが
それは演じる側の問題ではない。


トリトンの村俊英。
今回一番良かったのは実はこの人なんじゃないかと思ったりもする。
海の王と人の親という二つの立場を絶妙なバランスで演じ分けていたと思う。
芝トリトンとの大きな違いは「お父さん」の姿がわかりやすかったことだ。
娘を思うやさしさは十二分に出ていたのではないだろうか。
その一方海の王である威厳も漂わせており、そのバランス感覚が良かった。
ラストのシーンで登場する際に、今回はハンギョドンもハゼどんも
自分の頭の中に登場しなかったが、やっぱり出て来かたは可笑しかった。

アースラの白木美貴子。
この役に求められていることを忠実に過不足なく演じていたのでは、と思う。
最後のシーンではやはり作品の作り上唐突感は否めないところではあるが
それでも前回の時ほど違和感は感じず、「良い流れ」の中で進んでいた。


そう、今回のキーワードは「良い流れ」だ。
観るのが2回目なので何がどのように起こるか把握しているということも
決して小さくはないのだが、それ以上に物語の流れがこなれて来たというのが
今回の舞台全体に対する印象だ。

そもそもの作品自体のちぐはぐさとか薄さとか説得力なさなどは
基を変えないと消えるものではない。
ただ今回はそういうマイナス要素をキャスト全員の流れの良い自然な芝居が
覆い隠していたのではないかと感じた。
これであれば単純に観たままを楽しむことは出来るかもしれない。

もちろん上っ面だけを楽しむことには限界があるので、やはりこの作品が
長期ロングランを果たせるような規模の作品ではないという考えは変わらない。この作品自体には皮下脂肪がほとんど見当たらないので、
どの部分に楽しさや変化を見つけていくかというと、やはりキャストに
頼らなければならないのではないかと思う。
やはりこの作品は『作品主義』を標榜する四季にとっての問題作なのだ。

今回の流れの良さの一因には、開幕して一ヶ月以上が経ちキャスト・スタッフ含め
「滞りなく進行させることプラスアルファ」の要素を出せるようになってきた
ということもあるだろうし、観る側の事前準備が出来ていることもあるだろう。
しかし演技云々以前にこの作品に適したキャストの重要性もまた、
同じくらい重要な要素である。


さて、先行予約で取っていた分はとりあえず次回でおしまいだ。
その先また観に行こうというモチベーションが今のところ湧いてこないので
次回がとりあえずの見納めになるのではないかと思う。
よっぽどのびっくりキャストでも来ない限りは。。。


最後に、セバスチャンの佇まいに関して一つだけ。
シェフのシーンで顔だけ出すシーンがあるのだが、顔だけ見ていると
とてもじゃないがカニには見えない、むしろサルである。

一人猿蟹合戦かぁwww


よろしければポチっと
にほんブログ村 演劇ブログ 劇団四季へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 2013/05/19 Sun. 22:51 [edit]

category: 劇団四季:リトルマーメイド

TB: 0    CM: 8

19

コメント

 

ご覧になられたんですね。

私は早々にチケットが旅立ったので今は9月の1枚だけです(笑)
たしかに、麻美アリエルとか鳥原アリエルが出るまではよいかなといったところですね。びっくりなら苫田アリエルとかがいいでしょうか?
あるいは森公アースラ。レミゼみたとき、アースラはやっぱり森公だよなと思った次第です。
そんな心情に追い討ちをかけるようにもう1人のアリエルが秋劇場に引っ越してしまったので今は専らそちらのチケットを集めてることろです(笑)

URL | 春夏冬 #war3k3Os | 2013/05/20 00:06 | edit

Re: タイトルなし 

>春夏冬さん

はい、チケットあるもんで観てきました(笑)

チケット旅立たせてるんですねぇ。僕はレミゼのチケットを旅立たせたいです。
で、別の日取り直したいです。
苫田アリエル!それはそれはすごいものになりそうです。色んな意味でw
森クミさんは作品主義という四季の方針の正反対にいるような人ですから
この際ど~んと四季で出してしまうのも手かもしれません(笑)
この作品はキャストに頼るしかないんですから。。。

それよりも、それよりも、それよりも残念なのは秋アリエルが観れないであろうことです。
出来れば今回観たかったんですけどねぇ。良席だったんで。。。
とりあえず僕も秋劇場には行きますけどね。

今週から7月最初の週末まで観劇がない週末が1回だけ、しかも土日連続の週も多いという
ハードスケジュールになるのでこのブログ書けるか心配です。。。

URL | nalaniconey #- | 2013/05/20 09:44 | edit

 

わ~い!村さんレポありがとうございます!←違う
私は芝さんの大ファンですが、
実はファントムは村さんが一番好きなんです。(結構少数派?)
やっぱり、村さんのキーワードは「美声」と「父性」ですよね!
あともちろん演技力と。
いいなあ、村さんトリトン見たいなあ…。
トラップ大佐は芝さんの方が好きでしたが。

そして、nalaniconeyさんの
>今週から7月最初の週末まで観劇がない週末が1回だけ、しかも土日連続の週も多いという ハードスケジュール
というのも気になります。
そんなに何をご覧になるんでしょう。
レポが楽しみです。

私もちょっとレミゼのチケットをなんとかしたいです。
定価以下で出品しても売れません…。←私が東京に行けない日
東京では笹本エポニーヌを観たくて(大阪には笹本さん来ないので)
そのために大阪公演もあるのにわざわざ東京へ観劇に行くつもりだったのですが、
バル・ジャベのキャスト変更に気を取られて、バル・ジャベ優先で取ってしまい、
慌てて笹本エポの日も取り直して、
東京滞在中に3回レミゼを見ないといけないハメになってしまいました。。。
9月に大阪でも1回観ます。
正直、そこまで思い入れのある作品でもないので、
どうしようか…という感じです…。
途中で寝たりしてw
それだけ観たら逆に思い入れを感じるようになるかな…。

URL | なにわのねこ #41Gd1xPo | 2013/05/20 20:57 | edit

Re: タイトルなし 

>なにわのねこさん

村さん良かったですよ~
リトルマーメイド観るときは村さんで観ることをお勧めします~

5月~7月頭は四季メインですがちょっと毛色が違うものも。。。
「おお!これは」と飛びつきましたw
まぁ秘密にするような物でもないんですがレポまで待っておいてください(笑)

ところでレミゼのチケット。。。定価でも売れないなんて僕もちょっとショックです。。。
まぁあれだけのことがあったのでしょうがないのかもしれないですけどね。
それにしても取りすぎですw
この人で!というキャストが居ればいいんですけど、ことごとく外れましたからねぇ。
何かしら引っかかりがないと厳しいですよね、たぶん。
明日観に行くんですがどうなるか。。。前回よりは席が前の方なんで
もう少し物語に入り込めることを期待しています。

URL | nalaniconey #- | 2013/05/20 22:33 | edit

 

もうね、聞いて下さいよ。←と一方的に書き込むw
レミゼ、1階H列サブセンターで1万円ジャストでも売れないんですよ!
まあ、平日昼というのも大きいのかもしれませんが、
同日の夜は定価で引き受けてもらったので、
キムさんの知名度の低さとか
とりあえず韓国人は避けるとかそういうのもあるのかなあ…。

四季時代、チェとかジーザスとか硬質の声がすごく好きだったので
私は楽しみにしているんですが…。
でも、確かにチケット取りすぎました…orz

URL | なにわのねこ #41Gd1xPo | 2013/05/21 21:26 | edit

Re: タイトルなし 

>なにわのねこさん

うぉ~~~そんな良い席なのに売れないんですか!?
というわけで先ほどTwitterでDMしましたのでよろしくお願いします。

ちなみに今日のレミゼはそこそこというか中々楽しめましたよ。
まぁ言いたいことはたくさんあるんですけど(笑)

それにしてもレミゼのというか東宝のチケットは高いですよねぇ。。。

URL | nalaniconey #- | 2013/05/21 23:11 | edit

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2013/05/26 11:23 | edit

Re: タイトルなし 

次回は2階席の最前列をあえて取ってみました。
1階前方より全体が観えるのでそれはそれで楽しめそうですし、
何より音が良さそうです。

白木さんのアースラはまったく問題ないです。
とは言えこれぞ!という感じでもないんですが。。。
キャスト変わった?というくらい同じ感じがします。

村さんはお父ちゃんやらせると良いですよねぇ。
確かにあれだけ歌える人がこういう使われ方、というのもありますが
こういう人が入ってこそ舞台も引き締まるでしょうしね。

村さんの名前のご指摘ありがとうございます~

URL | nalaniconey #- | 2013/05/26 19:18 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://musicaltheater.blog130.fc2.com/tb.php/152-7a7294a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。