07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

劇場つながり

各種観劇日記。基本的に劇団四季のみ、のはずが最近は色々と手を広げてます。書きやすさ優先でレポ内の俳優名は敬称略ですのでご了承くださいm(_ _)m

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

鏡は見たくない年頃です。。。 鏡の法則《2013年3月14日(木)》 

まだ寒暖の差が激しくて朝晩はまだダウン着てたりもするが
昼間はかなり過ごしやすくなってきた。
うちのイヌとネコも春を満喫したいようで「庭に出せ」と催促をするようになった。
出してやるとこの通り。。。
130315_2.jpg

3匹並んで光合成をしているw

本当はもう1匹ネコがいるのだが、こっちは一切外に出たがらない。
いつか4ショットを実現したいのだが。


さて、The 渋谷 Weekが始まった。
1週間ちょっとで3回渋谷に来ることになる。

その1回目の今回。久々にやってきた宮益坂。
ここに来るのは去年の夏以来だろうか・・・
130315_3.jpg

今回と3回目の演目はこれ。
130315_1.jpg

望月龍平シアターカンパニーの「鏡の法則」だ。
この作品は2011年の12月にOOBJの本公演として上演された。
その時は少し大きめのスペースを使っていたので、同じ作品を渋谷のこの
キャパ40くらいの小さい会場でどのように上演するのか想像が出来なかった。
キャストも沓沢周一郎以外は一新されている。

という今回のキャスト。

池谷京子
小川信太郎
柳瀬亮輔
沓沢周一郎
千葉三春
近藤真行
石森美咲

このカンパニーの常連と新顔が半々くらいだろうか。

今回は話自体がかなりアップグレードというか変更されており、
基本的なメッセージや、主人公の栄子の家族などはそのままだが
全くの別バージョンと言っても良いものに変わっていた。

前回は死神が登場したり、死んだ父が生き返ったり(笑)と、
かなりファンタジーな要素もあったのだが、今回はそういうものは排除されており
この作品の原作が自己啓発本であることを全く感じさせない。
前回はちょっとした用語みたいなものも出てきたし。。。

まぁアヤシイ経営コンサルタント役の小川信太朗がある意味ファンタジーでは
あるが・・・w


前回は笑いの要素もありながら、全体的に静かなトーンで進行したのに比べ
今回はかなり笑いの要素も盛り込まれている。
そこまでやるか!?というくらい盛り込まれている。
その分感動的なシーンとの落差が激しすぎてついていくのが大変だ(笑)

そして今回はユウサミイの音楽の要素がプラスされている。
劇中でキャストが歌う場面もあるが、ミュージカルという形ではなく
音楽劇といったところだろうか。


まだ公演中でストーリーには触れられないので、キャストの感想をちょっと。

主人公である栄子を演じていた池谷京子。
今回観るまで全く知らなかった。ミュージカルを中心に活動しているようだ。
個人的にはこの人が今回の一番のヒット、というかホームランだった。
演技や歌はもちろん良いのだが、何が良いって「シンプルな真摯さ」が良い。

「シンプルな真摯さ」などと自分にしかわからない言葉を書いてしまったが
『すごい頑張ってますよ~』的な、場合によっては暑苦しく感じてしまうような
真摯さではなく、すぅっと自然に栄子になりきっている真摯さというか・・・
余計なものが付いておらず、非常にシンプルだ。
これって実はとても大変なのではないかと感じた。
まっすぐ栄子という役を見つめているような目がものすごく印象的だった。


アヤシイ経営コンサルタント平田を演じていた小川信太郎。
まず見た目がアヤシイw
そして次から次に出てくるバカバカしいセリフ。
それでいて核心に触れると説得力がある。
今回のこの作品が前回より自然に観ることが出来たのはこの人の存在のおかげかも。
肝心な部分をごく自然にさらっと伝えているので、説明しているような印象はなく
ともすればちょっと構えてしまうようなことも自然と入ってくる。
でも・・・目の前で見ると顔デカいですw


あと注目しているのは今回複数の役をこなした千葉三春。
去年夏の「文七元結」やレポートは書いていないのだが
「ジェイソンウインターズ物語」という朗読劇で観ている。
複数の全くキャラが違う役を自然にこなしている。
技術的な上手さがベースにあるんだろうけど、上手さに感心するというよりは
演技を感じさせず役になっているのが良いなぁ、と。


上にも書いたが、この作品の原作が自己啓発本であることを全く感じさせなかった
今回のバージョン。
前回観ている人も、まったく違った形で同じメッセージを受け取れるので
楽しめる内容になっている。
興味がある人は是非!と言いたいところなのだが、何やらチケットの売れ行きが
非常に良いらしく、もうほぼソールドアウトになってしまっているようだ。
やっぱ興味がある舞台はその時ちゃんと見ておかないとねぇ。

ちなみに鏡はもうあんまり見たくない年頃なのだが。。。


よろしければポチっと
にほんブログ村 演劇ブログ 劇団四季へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 2013/03/15 Fri. 18:59 [edit]

category: その他舞台

TB: 0    CM: 24

15

コメント

 

一度、望月さんの舞台を観てみたいです。
青山円形劇場がなくなる前に、Twelve をやるそうなので、
それは行きたいなあ。
(その前に破産してなければ…f(^_^;)

望月さんの呼吸法のような個人レッスンは行ったんですよ。
舞台で見るより男前で素敵でした。←呼吸法のレッスンの内容はあまり覚えてない…

URL | なにわのねこ #41Gd1xPo | 2013/03/16 00:38 | edit

Re: タイトルなし 

>なにわのねこさん

はい。是非観て頂きたいです。演目はどれでも!(笑)
来年のTwelveはもちろんですが、その前にたぶん関西でも何かやるんじゃないですかねぇ。

個人レッスンなんて受けたんですか!?
緊張してレッスンにならなそうですが。。。(笑)
レッスン内容覚えておきましょう!w

URL | nalaniconey #- | 2013/03/16 09:46 | edit

今日 

コレ、行ってきます~~!(ニコニコ)

えっと、
この舞台、公演時間はどのくらいなのかしら?
終演時間って何時かのかしら?

と・・・ここに書き込むのもヘンですが(笑い)

まぁ・・
なんかとっても楽しみという思いデス。  アハ==。

URL | リコ #- | 2013/03/25 08:20 | edit

Re: 今日 

>リコさん

今日でしたか。僕は一昨日観てきました。
時間的にはカーテンコール含めて2時間弱くらいですかねぇ。
カーテンコールは写真撮れますから持って行っても面白いかもしれません。

では楽しんで来てください!

URL | nalaniconey #- | 2013/03/25 08:54 | edit

修行が足りない~~(泣笑) 

とは・・

ハイ、このワタシのことです!!

「鏡の法則」観てきました~~。  まず・・・・ふぃ~~~~疲れた====(ドタ・・)

ナニが疲れたか?   はい、武藤さんにデス(笑い)

もう~~~~~、  ご登場になった瞬間から、
なんか長年会いたくて会えなかった恩人に会えたような?(笑い)感覚で・・。

「お!この人があのマンカスだったのね~」って・・ もう~感無量になっちゃって
その瞬間から
マンカスの姿がオーバーラップしちゃって、 
「アノ横顔~ マンカスだ~」とか、ちょっと武藤さんが動けば「マンカスの足だ~」とか
いちいちなっちゃって(笑い)
「いつもステキな舞台ありがとうございました」ってお礼言いたくなっちゃうし(笑い)

舞台の台詞とか展開とか
きちっとアタマに入らず・・。    そのうち「あぁ~マンカスに会いたい・・」って真剣に思い始め・・、
「ふむ・・仙台も静岡も日帰りで見に行かれるわ」ってスケジュール考える始末(ポリポリ)

なにせ、初めて観たのが「横浜キャッツ」で、で・・四季に一目惚れしちゃって(笑い)
マンカスという猫さんって舞台で、軸ですから、 やはり印象が強烈なんですよね~。

でもって、
四季の舞台で拝見していた俳優さんが退団なさって
他の舞台にお出になるを観るというのは、 ワタシ、初体験なので・・。
どうにも、すんなりと移行できませんわ~~~~(ポリポリ)
これ、難しいですわ。

要するに、新米ファンの修行の足り無さを体感~~(笑い)

もう=====
マンカス恋しさが交錯しちゃって・・ でも、この作品を観ようとする気持ちが
もちろんあるし・・。

グチャグチャして・・なんだか・・疲れましたわ=====。  

でもまぁ・・そんなレベルでも、この舞台の感想は一応ありますので(笑い)  
もちっと、マンカスがアタマから消えたら、
書かせて下さいませ~~。
アハ====。

URL | リコ #- | 2013/03/25 18:44 | edit

Re: 修行が足りない~~(泣笑) 

>リコさん

ハハハ。。。
そこまでキャッツと武藤さんに入れ込んでたんですねぇ。
残念ながら(?)僕はそこまで入れ込んでいたわけでもないので
ごくごく冷静に(まぁ感慨深いものはありましたが)観てました。
もちろん好きな俳優さんたちが目の前で観れるのは興奮するものなんですが・・・
四季に影響されたのか俳優より前に作品を観るのが身についちゃったのかもしれないですね(笑)

武藤さんは予想外の体の細さが驚きでした!
あんなに細いのにキャッツシアターでは大きく見えたもんなぁ、と。

そろそろマンカスは消えましたか?(笑)

URL | nalaniconey #- | 2013/03/26 17:47 | edit

さてと・・ 

こんにちは~。

アハ!!徐々に、仙台キャッツ行き決行に傾いているワタシです(笑い)
静岡まで待てない====!!!
なんでしょ・・「キャッツ」自体が大好きなんでしょうね~。
はい、好きです!  ゴミ捨て場に住みたい==(笑い)

萩原さんのマンカスもダイスキ!ですし、マンカスがどなたでも良いのですが、

「鏡の法則」で、
あんなに武藤さん=マンカスに覆われちゃうとは、自分でもビックリ仰天ですの!

で・・そうそう。  武藤さん、細身ですよね~。
マンカスの時、肉襦袢入ってた??とか、思った(笑い)
逞しい==マンカスでしたよね~。
退団なさってお痩せになったのかしら?
まぁ、役者さんって、簡単に太ったり痩せたり出来ますしね(笑い)

だって、下村さんの、「夢から~」から「青い鳥」の、
アノ「ほっぺのお肉」の行方!!!!(笑い)

で・・・・マンカスの話はイイカゲン外して(笑い)

えっと、1つ、小さな事お尋ねします。
前回の公演では、 ユウミサイさんのご出演が全くなかったということですか?
今回の公演は、音楽(歌)でのメッセージ伝達が、より強調されたいたと
考えて良いのでしょうか?

URL | リコ #- | 2013/03/26 18:16 | edit

Re: さてと・・ 

>リコさん

僕的にはタガーの李たおがいつまで出てるかが気になってます。
まぁでも行くとしても静岡でしょうねぇ。
静岡の会場はかってもわかりますし。

武藤さんはマンカスだと大きく見えるんでしょうねぇ。
リーダーですし(笑)

で、前回の公演の時ですがユウサミイさん出なかったです。
ぜんかいは歌は最後にちょっとだけでしたし。
今回のバージョンは基本設定は同じものの中身はだいぶ違っています。
どっちが良いとか悪いとかはないです。
ただ今回の方がより自然に観れるんじゃないかと思います。
死神も出ないですし、死人も生き返りません(笑)
それと前回の方が若干説明っぽい部分があったかも。
個人的には前回に死神役で出てた阿部よしつぐさんという人が大好きなんですが。

歌でメッセージ性が高まったということはないかなぁ、と。
伝わるメッセージはどちらも同じように伝わりましたし。。。

URL | nalaniconey #- | 2013/03/27 09:40 | edit

前回 

おはようございます~。

まず「キャッツ」(笑い)
あぁ、李さんは、ワタシは「ソング&ダンス」でしか拝見していないんです。
しかも、その時、なぜか萩原さんにばかり目が行って。
あぁ、それと、周囲のお客さんの阿久津さんへの歓喜?(笑い)の反応が
様々で、それがおもしろくて!(笑い)

ほ~~、李さんのタガーは、注目のキャスティングなのですね。
ほ~~!

で・・本題(笑い)
ふむ・・前回の公演とは演出がけっこう違うのですね。
ユウサミイさんご参加だけで、なく。
ワタシも、前回の公演、観たかったですわ==。

阿部さん(笑い) あの綺麗なお顔の幽霊さん!
まぁ、それは置いて・・。

私個人は、ユウサミイさんの存在は、舞台上で「取って付けた」ように
感じてしまって・・。

いろんな理由で、やはり、前回の公演を観たかったです。

小川信太郎さん(笑い)
ワタシが観た日は「撮影のカメラが入っている」ということで、
踊るシーンとか
叫ぶシーンとか「いつもより長くやっちゃお!」って言いながら汗だくで、大奮闘(笑い)
ワタシの隣の席のお客さんもノリよく参加なさって(笑い)

千葉三春さん、はい、とてもヨカッタですわ~。

小川さんと池谷さん、時々、台詞を間違って言い直したり
きちっと発せられなかったりすることが、少なくなかったんですよ~。
ちょっとこちらも気が途切れました。アハ~。

「文七」も「鏡の法則」も、ワタシは1回ずつしか観ていないので
言うのもナンですが
で・・比べる必要もないのでしょうが(笑い)

「文七」の出演者の方がはるかに「安定感」「安心感」があると
ワタシは感じました。

この作品のメッセージ。
「原因は自分にある」「自分を見つめ直すこと」
これ、従来の仏教の教えそのものですね~。
「日本人のこころ」の基盤ということですよね~。

こういうテーマの作品が
本でも舞台でも、脚光を浴びるということは、世の中で「こころの在り方」が
忘れられていた証でもありますよね。
それ自体は悲しいけれど、 また取り戻せば良いんですよね・・。

nalaniconeyさ~~ん!
この舞台、観る機会を下さって、ありがとうございました(ペコリ)

でもって(笑い)
今日は「海」に行きます~(笑い)
最近混んでいるんですよね~。
席取れるかしら・・。

URL | リコ #- | 2013/03/28 09:07 | edit

Re: 前回 

>リコさん

えっと四季の李たおはですねぇ、元々好きなキャストだったということと
去年は四季を離れていたみたいなので、注目している感じです。
ウィキッドのフィエロのオリジナルキャストなので、
今年やるウィキッドにも出てほしいなぁ、と。

えっと阿部さんの死神はあの見た目の通りスマートでお茶目な死神でした。

なんか今回の舞台は数量限定でDVDにするらしいので
その撮影をやってたんですね、きっと。

セリフを噛むw
セリフを噛むのはこのカンパニーではちょくちょくあります。
そしてそのことをあまり重視していないようです。
(前回のTwelveの冊子の中のインタビューにそんなようなことが書いてありました)

セリフのトチりはない方が良いんでしょうけど、個人的には全く気にしてません。
トータルで伝わってくるものの質と量次第だと思っているので。。。
言い過ぎかもしれないですが、トチることでよりリアルになったりもしますしね。
そういう意味で四季のストレートが得意ではなかったりするんですけどね。
言葉以外に伝わってくるものが少なくて。。。
でもスルースみたいに二人芝居であのセリフの応酬は見事以外の何物でもないとも
思うんですがね。

池谷さんは僕的には伝わってくるものとか、あの表情がもろストライクでして。
そういうのは観る人によって全く違うので、そんな風に思ってるのは
僕だけかもしれないですし。

この作品は文七より難しいかもしれないです。
8月に再演するようなので、また観に行こうかと思ってはいます。

URL | nalaniconey #- | 2013/03/28 16:49 | edit

こっちも修行不足デス! 

こんばんは~。

まず・・数量限定のDVDを!ほ===スゴイ。
欲しい~~(笑い)
そう・・・この舞台、一度観ただけじゃダメですよね。
まして、今回、ワタシなんて、マンカス妨害(笑い)自分で作っちゃって~。

8月の再演は、ワタシも気になっています。

で・・・あぁ、nalaniconeyさんのお話しで、またスッキリしたことが(ニコニコ)

そう・・「台詞のトチリ」もっと言えば台詞に限らずいわゆる「トチリ」。
これは「決してあってはならない」シーンというのは、どの作品にもあるとは思うのですが、 
そう・・「トチリ」をどう魅せるかも、俳優の力量の1つですよね。

歌舞伎って、役者さんの「アドリブ」なんか当たり前で(笑い)
トチリも、あるわあるわ(笑い)
で、お客はそれを観る、楽しむ。 お手並み拝見!と(笑い)
確かに、上手いんです~~!
アドリブやトチリに、面白み、玄人らしさ、色気がないと役者失格! という世界でして。 
あ、面白みとか色気と言いますが、アドリブやトチリが
軽い笑いの場面だけに限るということではありません。

ですから、ワタシも、トチリに関してはかなり寛容というか(笑い)
そう・・少し極端に言いますと生の演劇において
「トチリは見どころ」だと。

でも・・今回、 俳優さんのトチリをなぜか受け入れられなくて・・。
妙に気が逸れて。  
自分でも、それが不思議というか、なんで???って。
でもまぁ、「やっぱりトチリは、あくまでもミスなのね。 歌舞伎は特別かぁ」と、結論出していたのですが、

nalaniconey さんの、こういう緊迫した心情の多い作品だと特にトチりが、
リアリティをもたらすことも大いにあるというご見解に、
なるほどなるほど=====と、ストン!っと。
そういうふうに観ればいいのか・・・・と。  ほほ~~~。

歌舞伎における「トチリ」とは、 どちらが良い悪いではなく、
種類が違うということですよね・・。

ふむふむ・・・・ワタシは、現代劇における「トチリ」の理解、享受の仕方、
こちらも修行不足なのだと、気づきました。  
ありがとうございます!(ペコリ)

しかし・・・となると・・
四季の舞台で、台詞のトチリとか見た際には、ワタシはどうなっちゃうのだろ???(笑い)
「アバタモエクボ」のワタシには、四季の舞台の「ミス」は見えない???(笑い)
ま、それはそれで幸せかしら! アハ==。

URL | リコ #- | 2013/03/28 22:28 | edit

ついて行かれない~ 

あら! 李さんって、昨年は、四季を離れてた・・。

で、今年また四季に???

はぁ~~ん、そういうパターンの俳優さんもいるんですね~~。

ひぇ=  好きな俳優さんが、そんなふうになったら、
ワタシなんか、ついて行かれないですわ!!(アタフタ)

はぁ~~ん、やっぱり、四季では、特別に好きな俳優さんを
作るのは、絶対にダメだわダメだわ・・。

URL | リコ #- | 2013/03/28 22:36 | edit

Re: こっちも修行不足デス! 

>リコさん

DVDは前にTwelveのを会員向けに出してたんですよね。
僕も入会した時もらっちゃいました。ええ、無料でした(笑)
今度のはどうなんでしょうねぇ。まぁ売るべきだとは思うんですけどね。

僕もトチリにはかなり寛容な方だとは思うんですけど
トチリって許されるものと許されないものはやっぱりあるとは思うんですよね。
望月さんの舞台は基本的にすべて許せてしまうんですが、
逆に四季では許せなかったりします(笑)
なんなんでしょうねぇ・・・四季の舞台でトチッたら確実に舞台の雰囲気壊しますもんね。

それにしても歌舞伎はアドリブ当たり前だとは知りませんでした。
すべてかっちり決まっているものだと。。。
アドリブとかトチリの見せ方で役者の質を見極めるなんて、歴史が長い文化そのものですねぇ。

ところで、四季って結構出戻りさんいます。
下村さんみたいに客演のパターンもありますが。
一昔前だと考えられない感じではありますけどね。
ちなみに李さんは中国の人なので、中国でのキャッツの手伝いをしてたとかしてなかったとか・・・

URL | nalaniconey #- | 2013/03/29 20:23 | edit

分ける 

こんばんは~。

わぁ!!nalaniconeyさんからお答えが(笑い)
ヨカッタ~、
ちょうど、お尋ねしようと思っていたんです!!

はい・・「トチリ」のことです(笑い)

以前、「オペラ座の怪人」の話題の時、佐野さんのことを
「前に台詞を噛んだのを見て以来、ちょっとニガテな俳優で」とお書きでしたよね。
で、今回、「台詞などのトチリ類は気にしない、むしろ肯定的に受け取ることもある」と。     
ん??? 

で・・・
ふむ・・・。  きっと、ココはきっとnalaniconeyさんの「トチリ」へのこだわりがおありなのだろうと。
ぜひお聞きしたいな~と。
   
でも、   なんだか、重箱の隅をつつくような聞き方になる恐れがあるわ~、どうしましょ・・って
ワタシ、悩んだのです(笑い)

そしたら、ちょうど、nalaniconey さんの方からお話し下さって!
ラッキー!(笑い)

なるほど・・・。  望月さんのカンパニーは良いけれど、四季ではダメ。
つまり、演劇体系、作風、劇団の姿勢などによって
「トチリ」の享受を、分けているということですわね・・。

なるほどなるほど・・。

興味深いお話し、ありがとうございます。

で・・はぁ・・。  会員限定向けのDVDなるものがあるのですか!  はぁ~ん。
そうですね~、望月さんも挨拶の時「DVD販売予定」とかそういうことは全く仰らなかったですね~。
8月の再演のことは明言なさったけれどね~。



URL | リコ #- | 2013/03/29 23:45 | edit

逸れます 

えっと、  ちょっと1つお尋ねします。
「鏡の法則」から逸れますが(ポリポリ)

「阿部よしつぐ」で
検索してみたら、  あら!  出演舞台がイッパイ!
演出家でもあり、俳優でもあるんですね~。

で・・twelveという作品自体に興味があって、 来年?の青山劇場での公演は
楽しみなのですが・・、

次のTwelveには、 望月さんがご出演? それとも演出のみ?
阿部よしつぐさんはご出演予定?
はい、キャストはどなたでも異存はないのですが(笑い)

望月さんと阿部さんが同じ舞台を一緒に作ることは無いと思えば
いいのかしら?

単純な疑問です~、  スミマセン!(ペコリ)

URL | リコ #- | 2013/03/30 00:01 | edit

Re: 分ける 

>リコさん

えっと佐野さんはですねぇ、噛んだところが悪かったというのと
だいぶ前の話なんで当時は僕もトチリには寛大ではなかったんですよね。
あと佐野さんの雰囲気とか歌が得意ではなかったんです。
そういうのがファントム役でかなり覆されました。
ただ今でも歌はストライクではないですが。。。

四季だからトチリは許さないということではなくて、四季の舞台ってそういうのを受け入れない
雰囲気が漂ってるじゃないですか(笑)
トチリは物凄い場違いと言うか。。。
そういう意味で四季ではトチって欲しくないなぁと。

DVDのことはツイッターで書いてあったんですよね。
枚数とか詳細は決まってないけど、ということで。

URL | nalaniconey #- | 2013/03/30 16:59 | edit

Re: 逸れます 

>リコさん

はい、阿部さんは長いこと俳優として活動されてます。
演出してるのは去年くらいからですね。

きっと来年のTwelveはまた違うキャストになるんでしょうねぇ。
僕はただの観客なので何もわかりませんが(笑)

僕も個人的には阿部さんには望月さんの作品にまた出て欲しいですねぇ。
まぁそれぞれやりたいこともるんでしょうし、何とも言えないですけどね。。。。

URL | nalaniconey #- | 2013/03/30 17:08 | edit

トチリ 

こんにちは~。

まだ「トチリ」(笑い)

佐野さん。 あぁ、いろんな理由であまりお好きじゃない俳優さんということなんですね。なるほど。
で、nalaniconeyさんご自身もまだ修行不足?(笑い)ではないけれど、
寛容さをお持ちではなく(笑い)

「トチリ」は、決してあってはならない場面というのは、どの作品にも必ずありますよね。
歌舞伎も、締めるところは締めるということで、大場面でのトチリは
許されません(笑い)
「締める、緩める」のバランスの度合いが、他の演劇よりかなり大きい。

四季には、トチリを一切受け入れない雰囲気が漂っている・・
アハ!!大笑い致しました==!!(お腹イタイ)

確かにね~~、四季で「トチリ」は御法度ですよね~(笑い)
まぁ、そういう方針の四季、ワタシは嫌いじゃありませんけど(笑い)
そういう劇団もあるべきかと。

あぁ、そう言えば、坂本さんのベルで、台詞の軽いトチリを見ました。
まぁ、トチリがあまり響かないシーンだったということもありますが、
坂本さんのまとめ方、かわし方がスマートで可愛くて
ベルらしいというのかしら・・、 なにはともあれ、
坂本さんの「俳優としてのキャリア」をすごく感じましたわ~。

まぁ、これもまたワタシの
四季に「アバタモエクボ見解」でしょうが(ポリポリ)

20年ほど前、世の中バブルの頃。
「アドリブやトチリがライブ感や躍動感をもたらす!!」という考えの基、
ろくに稽古もせず、ぶっつけ本番がカッコイイ~という演劇が出て来て、
私個人は、非常に大憤慨した!(笑い)

下手くそで」下手くそで・・。
「あのね・・・アドリブやトチリで魅せられるようになるには100年早い!!
そんな甘いもんじゃぁ無い!!!」って。

演劇は生ものですし、形があってないようなものですから、
「挑戦」という意味では、応援しないといけないのでしょうが、
しか~~~し、あまりにも浅はかな姿勢ではないかと。

劇団☆新感線さんも、 少~しそういうやり方を入れたこともあり!(笑い)
まぁ、許される範囲でしたけど(笑い)

あの時の憤慨が、ワタシの中に今でも残っていたのか・・
「鏡の法則」でのトチリには、必要以上に
敏感、否定的になってしまったのかなぁ~と、今、思いますの。 アハ~。

望月さんの「トチることを否定しすぎたくない」というご方針はワタシも素直に
理解しますが、
そして、舞台は「生」である以上「ミス」は避けられないわけで・・。

ただ、
あくまでも「トチリ=ミス」であることは、軸から外してほしくないなぁ~と
希望しま~す。

URL | リコ #- | 2013/03/31 11:49 | edit

追記 

えっとえっと・・ 1つ。

上記のワタシの書き込み。

nalaniconey さんが、トチリに対して寛容ではいらっしゃらなかったというのは、

「今」ではなくて、「昔は。。。」という意味です。

佐野さんのトチリをご覧になった頃(ずっと前)という意味です。

なんか、ワタシの書き方ですと、
今現在もなおnalaniconeyさんが、トチリは否定的・・というようになってしまったようで・・。

ごめんなさい(ペコリ)

ちょっと解説させていただきました(ペコリ)

URL | リコ #- | 2013/03/31 19:35 | edit

Re: トチリ 

>リコさん

演劇に限らずアドリブとかって基本があっての物なんで、
そこをすっとばすのはアドリブでも何でもないですよね。

もちろんトチリはあるより無い方が良いにきまってるんですけど
トチらない事を優先するためにってなっちゃうと違うかなぁとも思いますし。。。
演目にもよるんでしょうねぇ。
日常に近いものならトチっても問題ないような気もしますしね。
日常の生活で噛んだりどもったりするのは当たり前なわけで。
とは言うもののトチることで観る側の気が削がれるのもまぎれもない事実で。
難しいもんです。

URL | nalaniconey #- | 2013/03/31 23:13 | edit

団員 

おはようございます~

まず阿部さん。
あぁ、演出をお始めになったのは最近なのですか。
あくまでも俳優さんなのですね。
昔、劇場の客席でお見かけした記憶があって、なんだか
舞台上のお姿をぜひ拝見したいわ~と、この頃すごく思うんです(笑い)

twelveは、キャスティングも固定化していないのですね。
なるほど・・。
青山劇場閉鎖もありますし、どなたがご出演でも観ます~。

で・・・・・四季の俳優陣。団員と言うのかしら?
ワタシ、四季を観るようになってちょっとオドロイタことが(笑い)
いえ、小さなことです。

すでに芸能のお仕事をなさっていたプロの方々も入団なさるということだったのですね~。知らなかった~~。

ワタシ、 四季を観る前まで、 全くの素人の人がオーディションで入団するのみだと
勝手に思っていたのです。 アハ~。

年齢はさまざま。  
だから、芸能以外の職業だった方は入団なさるけど、すでにプロで芸能関係の仕事に就いていた人は
入団出来ないのかと。

で、四季を観るうちに、「アレ??この人、○○の舞台に出ていたわ~」とか
「この人、絶対なにかの演劇で拝見したわ~」と思う人が
少なくなくて(笑い)
最初はアタマこんがらがって!(笑い)

この頃は、以前、どこかの演劇で拝見した方が四季の舞台にお立ちなのを拝見しますと、素直に嬉しくなります(ニコニコ)

でで・・  あらま。
「出戻りさん」もいらっしゃるのですか!!

はぁ・・・一度退団なさったら二度と入団出来ないのかと、これまた勝手に思っていました~~。 
はぁ・・そうですかぁ~。

「客演」というのは、廣瀬さんとか下村さんとか、納得です(笑い)

はぁ・・・・退団してまた入団という方も少なくないのですか~。
その俳優さんのファンとしては、出戻りさんは、
嬉しいですよね~。

いろいろと、教えていただき、ありがとうございます(ペコリ)

URL | リコ #- | 2013/04/01 08:24 | edit

Re: 団員 

>リコさん

僕は文七の長兵衛役で初めて阿部さんを観て良い役者さんだなぁと思いました。
その後はCount Down My LifeとかTwelveとか・・・

基本的に望月さんのところは固定の人もいますが流動的ですね。
そこが楽しみでもあるんですけどね。

四季の出戻りは前からちょくちょくとあったんじゃないですかねぇ。
客演はここ何年かですけど。
まぁ辞める人は劇団とこじれる人も少なくないと思うので
客演で出演する人は限られるでしょうね。

URL | nalaniconey #- | 2013/04/02 19:49 | edit

観ましたか? 

中井貴一さんや川平慈英さんが出演、脚本→古沢良太さん、演出→行定勲さんの舞台、趣味の部屋を観て来ました。サスペンスコメディでガンダムの話題が沢山ありました(笑)

ガンダム全く知らない私のような人間でも楽しめたので、オススメです。

東京公演は14日までですけども。

DVD化されたら家族にも観て欲しいと思いましたし、表情やセットなどもじっくり観てたいです。

濱田さんのコンサートやレミゼも楽しみです。

失礼しました。

URL | 石井亜早実さんファン #E6kBkVdo | 2013/04/12 00:23 | edit

Re: 観ましたか? 

>石井亜早実さんファンさん

この作品は何かを観たときにチラシを貰ってちょっと興味があったんですよねぇ。
中井貴一の芝居はすごく観てみたいし。
ただ個人的にジエイの存在が・・・・
テレビでのあの印象と、前に彼が劇場で真後ろに座ってて一人で観てるのに
ゴソゴソ動いたり、おかしくないのにクスクス笑ったりとうるさくて、
あんまり印象が良くなく・・・(笑)
で、この作品はパスしちゃいました。

へぇ、ガンダムの話題が満載ですかぁ。
それはかなり惹かれますねぇ。。。
って、14日までですか。無理だ。。。

レミゼは福井さんが休演になってしまい、それぞれのバルジャンを1回ずつしか
チケット取ってなかったので福井バルジャンは観れなくなってしまい残念です。
濱田さんのコンサートは今回パスしました。
濱田さんの歌は聞きたいんですが、曲がどうかなぁ、と・・・

その代り、というわけではないですがちょっと違うもののチケット取っちゃいました。
http://www.dan-jiki.jp/index.html
個人的に麻生久美子が観たいもので(笑)

URL | nalaniconey #- | 2013/04/12 07:56 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://musicaltheater.blog130.fc2.com/tb.php/148-1a5cdaeb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。