09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

劇場つながり

各種観劇日記。基本的に劇団四季のみ、のはずが最近は色々と手を広げてます。書きやすさ優先でレポ内の俳優名は敬称略ですのでご了承くださいm(_ _)m

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

今更ながら難しい・・・ ウエストサイドストーリー《2012年11月17日(土)ソワレ》 

このところグッと寒くなってきて外出がちょっと辛くなってきたのに
観劇日に合わせてちょっとした嵐のような雨と風。
都心に近付くほどに雨も風も強くなってくる。
そういえば沿岸はひどいって天気予報でも言ってたな。。。
121117_1.jpg

劇場までの道は思った通りの強風と雨。
クリスマスツリーも飾ってあったのだが、写真を撮るゆとりはない。
ちなみにこの写真は休憩時間に撮ったもの。
まだ雨が降ってたので、裏側からしか撮れなかった。。。
121117_2.jpg

ちなみにロビーには新作「リトルマーメイド」の告知が。
ブロードウェイではけっこうなコケっぷりだったらしいこの作品。
四季はどのように仕上げてくるのか。
それなりに長く続いてガッツリ儲けて、それでニッチな作品もやって
ほしいもんだ。「春のめざめ」とか「春のめざめ」とか「春のめざめ」とかw
121117_3.jpg


という今回のキャスト。
121117_4.jpg


<ジェット団>
リフ        :岩崎 晋也
トニー       :阿久津 陽一郎
アクション     :西尾 健治
A-ラブ       :新庄 真一
ベイビー・ジョーン :笹岡 征矢
グラジェラ     :団 こと葉
エニイ・ボディズ  :木内 志奈

<シャーク団>
マリア       :笠松 はる
アニタ       :増本 藍
ロザリア      :生形 理菜
ベルナルド     :加藤 敬二
チノ        :斎藤 准一郎

<大人たち>
ドック       :石波 義人
シュランク     :田代 隆秀
クラプキ      :川辺 将大


はい。今回はウエストサイドストーリーである。
この作品のテーマは、か~な~り~繊細なので超有名であるのとは裏腹に
敬遠する人も多いのではないか。
こういった作品は批判を受けやすかったりもする。
海外事情は詳しくないが、Wickedなどは政治的なテーマを含ませていたり
したために、批判の声も多かったという。

個人的にはこういった作品は好きである。
クレイジー・フォー・ユーのように最初から最後まで面白おかしく
提供されたものをただ単純に楽しめばいい作品ももちろん好きなのだが、
観劇後の余韻は決して爽快ではないものの、考えることが多い作品も好きだ。
どちらかというと重い作品の方が好きかも。。。
要するにネクラなのだw


この作品のテーマである「人種差別」に関しては、自分の体験であったり
見聞きしてきたことで思うところはあるものの、このブログはそんなことを
書くものではないので、ここでは書かない。


ということで観劇感想を。
この手の作品だと特に顕著になるのだが、重厚なテーマをより正確に
伝えようとするためなのか、良くも悪くも四季らしさが全開になる。
直接比較できるものではないと思うが、「間奏曲」を観た時のように
朗読劇をいているような感覚にもとらわれる。
ベテランも若手も台詞に四季らしさが満載となるので、これが苦手な人は
けっこうしんどいかもしれない。

とは言え、素晴らしいダンスやバーンスタインの音楽はエンターテインメントとして
十分に見ごたえ聞きごたえがあるものだし、「人種差別」という残念ながら
現在でも普遍的なものとなってしまっているテーマはリアルに感じられる
ものでもあるので、観ながらも様々なことを考えさせられる。
正味2時間45分という長い作品ながらも退屈することはない。


少しだけ個別のキャストの感想も。

まずはトニーの阿久津陽一郎。
自分の中でのこの人イメージがアヤシイ人になってしまっているので、
トニーのような役だとちょっと違和感があったりもする。
役が浮いてしまうというか、せっかくのリアルなテーマが作り物っぽく
なってしまうというか。。。
まぁ、これはトニーだけではなく全体にも通じることなのだが・・・
ただ、トニーの歌のパートはかなり難しいと思われるので、演じられる人も
限られてしまうのでは。
さすがにベテランらしく、阿久津トニーは難しい歌を見事に歌いこなしていた。


マリアの笠松はる。
アスペクツ オブ ラブのジュリエッタでそれまでのイメージとガラッと違った
大人の女性を見事に演じきった。
元々は自分の中ではそんなに印象が強いタイプではなかったのだが、
ジュリエッタでだいぶ変わった。なので今回は楽しみにしていた。

作品以上にキャストが前に出ることがないのが四季で、さらにこの手の作品
ということもあり、終始優等生な以前のイメージの通りの笠松マリアだった。
そういう意味ではちょっと残念ではあったのだが、互いに偏見を持つことを
良しとしないマリアの芯の強さを十分に感じさせる良い演技ではあったと思う。
本当はもっと笠松はるらしさが感じられると、
それが役にも出てくるんじゃないかと思うのだが・・・


ベルナルドの加藤敬二。やっぱり見た目的には任侠になってしまう(笑)
もう裏方になってもいいくらいなのに、いまだに最前線で素晴らしいダンスを
見せてくれる。

リフの岩崎晋也。
もちろん今までも何度も見ているのだが、この人の演技をじっくり見るのは
初めてだったかもしれない。
存在感もあるし、ダンスは素晴らしい。
ちょっと残念だったのは、やはり台詞の四季っぽさが目立っていたことか。


今更ながら難しいところではある。
何言ってるかわからない舞台は最悪だ。何も届かない。
ただ一方で言葉だけが先行してしまうと、こういった作品にこそ必要だと思う
リアルさが薄れてしまう。
いや、十分にテーマのリアルさは感じることが出来る舞台ではあるのだが
そのリアルさの中にいるキャストから感じるリアルさが少し薄いというか・・・
この作品が伝えるべきものはすべて伝わってきているんだけどね。。。


作品のテーマの重さと今回の舞台で感じた難しさで、帰り道はちょっと
う~~~~~~んとなってしまった今回の観劇だった。


よろしければポチっと
にほんブログ村 演劇ブログ 劇団四季へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 2012/11/18 Sun. 21:05 [edit]

category: 劇団四季:ウエストサイドストーリー

TB: 1    CM: 25

18

コメント

 

こんにちは!
先週末はWSSだったんですね。
私は来月、楽間近に行くのですが、テーマが重いと思って無かったので、ちょっと身構えてきました…
ロミオとジュリエットをもっと庶民的にした?みたいな。
とりあえず、今回ははるちゃんが100%目的と言ってもいいくらい他のキャストさんに惹かれなくて…
広島キャッツまでに誰か入ってくれたらいいなぁ、と密かに思ってます(;^_^A

URL | 朋美 #- | 2012/11/19 12:43 | edit

Re: タイトルなし 

>朋美さん

こんにちは~。
はい、久しぶり(何年振りだろう・・・)にWSS観ました。

ロミオとジュリエットの庶民版、はい確かに正しいです(笑)
ロミオとジュリエットの現代版ですからね。

ただ内容的には庶民的というほんわかした言葉とは裏腹なヘビーさですw
笠松さんは個人的にはあともう少し何かが欲しいです。
笠松さんの問題というより演出の問題かもしれないですけおね。

新しいキャストはどうでしょうねぇ。
パンフでキャスティングを確認してないんで何ともなんですが・・・
この手の短めの公演は基本変わらないですよね。
さてどうなるでしょ~(笑)

URL | nalaniconey #- | 2012/11/19 15:48 | edit

どこに??? 

こんばんは~。

今日、観てきました~。  自由劇場が上演無いので心おきなく(笑い)


まず・・  劇に関係ないのですが(ポリポリ)

あのぉ~、このクリスマスツリー、
どこにあるのですか?

帰宅して、  こちらの記事拝読して、
あれぇ???? ツリーなんてあったかしら???って。

あはぁ~、ホントどこに目がくっついているのかしらって自分でも思いますが(ポリポリ)

気になって(笑い)  

あのぉ~~、どこにあったのですか?

URL | リコ #- | 2012/11/22 20:48 | edit

Re: どこに??? 

>リコさん

えっっと…春、秋劇場入口前のど真ん中にあるんですが…
リコさんの目につかなかったという事実が驚愕です(笑)
電気がついていてもいなくてもわかると思うんですが…

URL | nalaniconey #- | 2012/11/22 23:58 | edit

まだまだ(笑い) 

おはようございます~。

かなり目立つはずのツリー(笑い)

あら!  劇場入り口の真ん前を陣取っている!!
ウソ・・・。  
全く記憶にない~~。

慌てて劇場に行ったわけじゃないし・・。 あらま・・。

アハ!!
ワタシの四季観劇の前って、ドキドキ、ウキウキ、なぜか緊張状態で(笑い)  
つまり、やっぱり、二回目のデートで待ち合わせしているみたいな感覚でして・・。
周りの風景とか見えてない~(笑い)

それにしても、巨大なツリーが見えないのはちと異常ですが(笑い)
でも、劇場に入る前って、イイですよね~(ニヤニヤ)
なんか、心がフワフワして(笑い)

以前、「海」に行くつもりが、なぜか新橋通り抜けて
大門に行っちゃって、 「あ、チガウチガウ」って戻ったこともあり(笑い)

まだまだ・・ですわね~~。  いつになったら落ち着くのかしら。 アハ~~。

次回は、このツリー、しっかりと見てきます!

ところで、 今、ファントム、橋元さんがおやりになっているのでは?
nalaniconeyさん、ゼヒご覧になって下さいませ====!!

URL | リコ #- | 2012/11/23 08:16 | edit

同じことなのかしらね・・ 

さて・・
「ウェスト~」ですが~

舞台をひとまず自分が一度観てから、
こちらの記事を拝読することが多い。

今回は、 そう・・・ nalaniconeyさんがご覧になったあとお感じになったのと同じような感覚を、私も持ったのかと思います。
私はきちんと言葉に出来なかったけれど・・。同じことを観劇後の抱いたのだと
この記事を拝読して、思いました。

私が、この物語が元々スキじゃないというのは外しています。

そう・・初めて
「あぁ、これが四季節と揶揄される所以か~」と実感。
四季を好きになれない人の思いを実感。

私は、四季の発声法、台詞回しにはすごい賛同しています。
これは絶対に壊してほしくない。
ただ、演劇界全部が、四季の方式になれば良いとは思っていません。
中途半端に取り入れられても変になるだけだし、
四季の台詞術は、四季の人たちによる四季の舞台だからこそ
光るものだと思うし。

ところが・・今回、初めて
この四季の台詞術が、どうにも興ざめを招いてしまって・・。
あの有名な映画と比べているわけではないと思う。

私は、どの作品でも、原作本、映像、舞台がある場合、
きちっと分けて別物と見ているので。

しかし、どうにも・・なんていうか、極端に言うとロボットみたいに感じちゃうと言うか。

で、 あ、 先に・・単純な感想(笑い)

台詞術がどうこうの前に、
主要人物が、皆さん、明るすぎませんか?(笑い)
健康的すぎると言えば良いかしら(笑い)
これ、不健康な世界の物語ですよね~~(笑い)

特にトニー(笑い)   
あんなノーテンキなトニー、あるかしら~~(笑い)

加藤敬二さんは、任侠モノに見える・・に大笑い!!!!!
ハイハイ、 「解ってたまるか」を拝見した時は
ヤクザ風男だったので、はまり役だったと思います(笑い)


この作品、映画でも舞台でも、ダンスシーンが有名ですけど、
う~~ん、私、ダンスとか振付で言うなら

「クレイジーフォーユー」の方がはるかに好きなんですよね~。
脇役の振付なんかもすっごいオシャレだと思うし、
あの、女性ベースに見立てた振付なんて、ステキステキ!!!

そう・・ 重いテーマを伝えようという発散は感じるのですが、
それが、  あ!!わかった。  そうそう「青年の主張」ってありますよね、
高校生の弁論大会。
今回の舞台って、あの「青年の主張」風になっていますよね~。

演劇だから、もちっと汗くさい、人間くさいものがあってもね~。
ましてアンダーグランドの世界の話ですしね~。

一度送信しますね。
まだまだ書いちゃうと思います、アハ!

URL | リコ #- | 2012/11/23 09:57 | edit

Re: 同じことなのかしらね・・ 

>リコさん

ツリーは…クリスマスまでに見てください(笑)
猪突猛進型なんですねw

橋元ファントムは観たいんですがねぇ。。。
予定もあるし、見過ぎだし、他のキャストにもう一声欲しいなぁ、と。

で、ウエストサイドですが…
そうなんですよね。あれが四季節で…
言葉は入ってきますが、言葉しか入ってこず。。
言葉が入ってくることは大前提ですが、朗読劇ではないんでね…

ノーテンキな感じは気にしてないです。
あんな人たくさんいますし(笑)
それに表向きがカラッとノーテンキな方が、そに背後にある物が
より明確になるんじゃないかと。

加藤さんはあの年であれだけできるのは驚異的なんですが、
如何せん任侠なので、若い人にもやって欲しいなぁ、と。
松島さんとかやってたと思うんですけどね。

ダンスはCFYの方が派手ですし見映えはしますけど
ウエストサイドはまさに肉体でという感じで迫力はあると思います。

URL | nalaniconey #- | 2012/11/23 11:56 | edit

なるほど・・ 

まず・・

あぁ、人物がノーテンキな方が背景の哀しさが滲み出る・・。
なるほどなるほど。

きっと、私、歌の難しさとかワカラナイし、
阿久津さんってお顔も明るいから、いろいろと細かく哀しさなどを
表現しているのに、わからないのですね(ポリポリ)

なにせ、誰の目にも巨大なツリーが見えないのだから(笑い)

作品第一の私が言うのはトンチンカンかもしれませんが、
今回、主要人物は、ミスキャストなのでは?

酒場の主人のドックと、アニタは、すごくヨカッタと思っているんです。
アニタは、四季らしさもあるし、夢の国アメリカで上を向いて生きる
移民女性の姿、よく出ていたと感じました。

あぁ、ダンスとか振付は、
なるほど、人間の肉体を最上限駆使して、美しく仕上げたダンス
ということで、かなりハイレベルで素晴らしいものだと。
なるほど・・。

もうイイワ・・とか思ったけれど、やっぱり、理解力のない私は
もう一度観た方が良いかしら・・。

URL | リコ #- | 2012/11/23 14:26 | edit

信じられない・・・ 

そうそう!!

巨大ツリーがあったことより信じられないことがあります!!

あのぉ~ マリア役は、あの・・「アスペクツ~」で
ローズの娘役だった女優さんということですよね?
あの、少女から大人に成長する役ですよね?

ハイ、今、キャスト表を見返して確認。
教えていただいた通り、
ファイリングしたのでとっても探しやすいです(笑い)
ちなみに、作品ごとにキャスト表をファイルしました~。

ウソ・・・・。
同じ人に見えない。  顔が全くチガウようにしか見えない。
全くの別人だと・・。

えぇ=============、ウソ・・。
巨大ツリーあるなしより、こっちが大問題ですよね~。

となると・・「アスペクツ~」の時の方がはるかにヨカッタような・・。
まぁ、私、「アスペクツ~」は、どこをどう切っても100点満点
の舞台なのですが(笑い)

えぇ~~~、  とにかく、女優さんの出来映えがどうこうより、
ジュリエッタとマリアが同じ女優さんだなんて
信じられない・・・。  全く信じられない・・・。

巨大ツリーに始まり、今回は、なんだかトンチンカンに相当の拍車が
かかっていますわね~。あら~~、かなり自己嫌悪。

やっぱり、この物語、私は相性が悪いのかしら。。きっとそうだわ。

四季版ならすごい感動するだろうという期待はあったのですが。
そう、、四季節が、初めて立ちはだかる結果になるし。

なんだか・・・どんどん気が沈んできましたわ~。
アハ~。

来週はやっぱり「海」がイイかな~。

あ、早く、ジーザス始まって~~~~。

URL | リコ #- | 2012/11/23 14:53 | edit

 

こんにちは!
もう20年来の加藤敬二さんのファンなので
加藤ベルナルド健在で嬉しいです。観たい~!

>トニーの阿久津陽一郎。
>自分の中でのこの人イメージがアヤシイ人になってしまっているので、
>トニーのような役だとちょっと違和感があったりもする。
これ、すごくよく分かりますw
もう、最初のペンキ塗り?のシーンから違和感があるんですよねw
いい人、なんだけど、なんか悪役っぽい?みたいな(笑)
でも、荒川さんの時も別の意味で(見た目というか年齢的に)違和感ありましたが…。

作品の意味とか考えると本当に深い作品なので、
私は単にダンスを観る作品だと思ってます←おい

URL | なにわのねこ #41Gd1xPo | 2012/11/23 16:08 | edit

Re: 信じられない・・・ 

>リコさん

阿久津さんは四季の中では相当キャラが確立されている人なので、
観方によって違和感が出てきたりします。
トニーというのはあの存在感を生かせるタイプの役ではないかもしれないですね。

ところで、笠松さんですがアスペクツの時にやってたのは
ジェニー(ローズの娘)ではなく、ジュリエッタ(ベネチアの人)です。
笠松さんが今までやってきた役(クリスティーヌ、マリア<サウンドオブミュージック>)などと
だいぶ毛色が違っていたので、それをしっかり演じてたのが良かったんですよね。
新しい面が観れてきたなぁ、と。
四季に求めるものではないかもしれないですが、もう少し色が出ればいいのに
と思っていたので、今回のマリアでは元に戻った(それが笠松さんなのかもですが)ことが
ちょっと残念だったというか。

是非もう一度行ってこの作品とツリーを確認してきてください(笑)

URL | nalaniconey #- | 2012/11/23 17:20 | edit

Re: タイトルなし 

>なにわのねこさん

ほ~、20年来のファンと!
マジメな話し、加藤さんはやっぱりすごいですね。
見た目的に任侠になってしまうのは致し方ないですがw

そうです、そうです!
お前そんなさわやかな格好してペンキ塗ったりしないだろ!とw
たぶん完全に僕の偏見なんですが、どうしても腹にイチモツ持っているように
観えてしまい・・・
確かに荒川さんのトニーは超違和感あるかも。
でもまぁ年齢的に無理がない演目の方が少ないですしね。
その昔異国の丘で下村さんが九重をやってましたが、
どう見ても留学生じゃないだろ、と。
ダンスのシーンではケツデカすぎだろ、とw

あ、話がすっかりずれてしまいました。
お尻の話ではないですねw

ダンスとかエンターテインメントの要素あってこそのミュージカルですから!
いいんです、ダンス観に行っても(笑)
↑川平 慈英みたい・・・

URL | nalaniconey #- | 2012/11/23 17:27 | edit

ジュリエッタ 

ちょちょちょっと・・。
ストップ!!

「アスペクツ~」の、ジュリエッタって、

えっと、、あの彫刻家の女性?
村さん扮する男性に振られちゃう女性のことですよね?
つまり、最後、アレックスと恋仲になる女性ですよね?

ゲゲ・・・。  だとしても、どのみち、私
ジュリエッタとマリアが同じ女優さんだとは信じられない・・。
あ、こうなるとダメということでなく、
役によって別人みたいになれるのだから、凄いですよね~。

あぁ、笠松さんって、「オペラ座~」でも、私、
何度も拝見しているんですよね~。

はぁ~~~ん、  ダメだわ・・。
四季の俳優さんのことになると、私の目とアタマは普通以上に
機動しないというか・・。 自己嫌悪に陥るだけだわ・・。


あ、四季の俳優さんがダメという意ではなく、全くそうではなく、
私には難しいのですわ・・。
歌舞伎は、役者で始まり役者で終わるものだったからかしら(笑い)

やっぱり、四季は、私は作品主義でいますね~。
というか、そうするより他ない(ポリポリ)


はぁ・・この作品、今回はお終い~~。

ツリーは「春」に行けば見られますよね?(笑い)
つまり、サバンナか!
アハ===、  ようやく、サバンナにまっすぐに行かれそうです。

「ウェスト~」上演中に、今度こそ必ずサバンナに行こ!



URL | リコ #- | 2012/11/23 19:06 | edit

Re: ジュリエッタ 

>リコさん

はい、そうです。そのジュリエッタです。
そりゃ皆さんプロの役者だからビックリするくらい変わりますって(笑)

だから作品主義にもなるし、変わり方も人によったりするんで
キャスト変更にみんな一喜一憂したりするんですw

サバンナは無理にいかなくてもジーザスのジャポネスクの時に
前を通ればいいんじゃないですかねぇ。

URL | nalaniconey #- | 2012/11/23 21:19 | edit

サバンナ 

おはようございます~。

いえいえ(首激しく振る)
サバンナ、無理に行くワケじゃないんですよ~。

いろいろ、自分のトンチンカンを確かめたいし、

3匹のハイエナさん(笑い)がとっても印象に残っていて
ホントにまた会いたいし!!

とにかく人の何倍も通わないと、正確に観られないワタシですからね~。
(ポリポリ)

あ、どーでも良いのですが(笑い)
初めての観劇後に私が買った河童にぬいぐるみですが(笑い)
真相判明~。

劇場ではなくて、帰りに銀座博品館に寄って思わず買った・・。
そう・・中嶋さんのお顔にそっくりの河童さんですの(笑い)
カワイイぬいぐるみなんですよ~(笑い)
今、キッチンの小窓に飾っています~。

今度は、ちゃんとミーアキャットのぬいぐるみ買おうかしら(笑い)

しかし・・どうして四季の舞台、あれこれと
ワタシにはこんなに難しいのだろ・・。     ガンバリマス!!

いろいろと教えていただいて
ありがとうございます・・。

URL | リコ #- | 2012/11/24 09:44 | edit

Re: サバンナ 

>リコさん

河童の縫いぐるみは本当に河童だったんですねorz
そりゃ河童ですよ(笑)

では、サバンナで色々と確かめて理解を深めてください〜

URL | nalaniconey #- | 2012/11/24 13:43 | edit

復活ファンなので・・・・ 

済みません☆コメント欄ではなくメールフォームから失礼しました。
こちらから、入るんですね。
丁寧なお返事を頂き有難うございます。

こちらのブログをさかのぼって読ませて頂き、勉強させて貰ってます。
復活ファンなので新しい作品は全然観ていないし、役者さんも分からないのでのでいろいろ想像しながら読んでます。

次回は何か?楽しみにしてます~


URL | よこはまくりす #- | 2012/11/30 13:49 | edit

Re: 復活ファンなので・・・・ 

>よこはまくりすさん

書き込みありがとうございます!

勉強だなんてとんでもないです!ほんと大したこと書けなくて・・・
思ってることの半分も書けないです。
文章書く技術と、長い文章書く根気がないということで(笑)

次回は・・・なんでしょうねぇ(笑)
などともったいぶる必要もないので書いちゃいますと
明日JCSのジャポネスクバージョンを観に行く予定です!

引き続きよろしくお願いします~

URL | nalaniconey #- | 2012/11/30 14:57 | edit

ところで・・ 

おはようございます。


ちょっと(笑い)

丸の内で開催されている四季の展示会には
nalaniconeyさん
いらっしゃらないのですか?(笑い)

ベテランファンには、物足りない?(笑い)

あぁ、  今の「オペラ座~」で
(橋元さん以外に)他のキャストにもう一声欲しい・・というご発言!!

ほ~~~~、まさにベテランファン、「通」の方のご発言だわ~って、ワタシ
ちょっと感動しまして(笑い)

丸の内の展示ですが、  とっても楽しいです~(笑い)
特に大仰なものではないのですが、楽しいです~(笑い)

いつものワタシの「アバタのエクボ」感覚とか、
丸の内は自分が行き慣れているところなので、楽しいのかもしれませんが、

でも・・
大きなオフィス街で、このような演劇の世界を紹介するというのは、
四季だからではなく、演劇ファンとして、とても嬉しいです!!

社会人の第一線の場に、 そう・・スペースはたくさんあるわけで
こういう場で、華やかな演劇関連のものをお披露目する~~というのは
とてもステキな企画だと思います。

演劇ファンとして、なんだかとっても嬉しくて・・。

演劇界全体が、この先も、いつまでも華々しくあってほしいので・・。

ということで、  はぁ・・
変な書き込み、スミマセン~~~~。   アハ!

URL | リコ #- | 2012/12/01 10:12 | edit

Re: ところで・・ 

>リコさん

丸の内のは行こうと思ってるんですけど、まだいつにするか決めてないです。
あのくらいじゃ物足りないとかはないです(笑)
去年に四季の長野にある資料館に行ってるくらいなんで。
まぁ、資料館が目的だったわけではないですけどねw

えっと橋元さんだけだと、というのはですねぇ
単純に予算の問題で(笑)
どうせ突発するならもう一押し欲しいと。。。

それにしても今回の丸の内のはかなり大がかりっぽいですよね。
なかなかあそこまでは普通の団体ではできなそうですよね。
少しでも興味持ってくれる人が降ればいいんですがねぇ。

URL | nalaniconey #- | 2012/12/01 21:47 | edit

資料館 

こんばんは~。

わぁ! 丸の内の展示会、いらっしゃるご予定なのですね!
まぁ、たぶん・・サイトなどの宣伝やチラシから想像するよりは
簡単な展示だと思います(笑い)
でも、とにかく私は、ウレシイです!!(笑い)

そう・・・長野の資料館の記事は、こちらのブログを発見させていただいた当初、拝読。 
じっくり拝読~。

絶対に行きたいなぁ~~て・・。

車で行く方がよさそうですよね~。
しかし、家族で行くの、面倒(笑い)

あ!!!    四季で、会員限定で、
資料館見学バスツアーとか設けてくれないかしら????
日帰りも可能ですよね。
浜松町集合で(笑い)

良いアイディアだと思うわ========(笑、けっこう真面目)

あるいは、横浜キャッツシアターは、資料館にしちゃうとか!!

いいなぁ~~
必ず、どうにかして、長野の資料館には行きます! 絶対に・・。

で・・資料館にいらした方は、丸の内は物足りないような(笑い)
しかし、なにせ無料ですからね!  アハ~。

丸の内展示会、今週も行っちゃお!

URL | リコ #- | 2012/12/02 22:00 | edit

Re: 資料館 

>リコさん

丸の内の展示は過大な期待はせずに行ってきます(笑)
新しい東京駅も見てないですし、ちょうどいいかな、と。

四季の資料館はですね。。。ツアーを組んで行くような場所ではないです(笑)
ささっと見たら20分で全部見れてしまいます。
しかも周囲は何もなく。
周りが四季の倉庫で、その敷地の大きさには驚きますが。。。
あと黒部ダムは比較的近いので、そっちを目的にした方が良いかもです。
そして間違いなく車の方がいいです!

URL | nalaniconey #- | 2012/12/02 22:51 | edit

あら! 

こんばんは~

長野の資料館、  あら!  さほど大きな資料館ではない
のですね(笑い)

こちらの記事拝読したり、劇場にある資料館のパンフ見て
またまた「アバタモエクボ」感覚で
すっごい立派な資料館を想像していましたわ(笑い)

20分で見終わるものなら、バスツアーという企画はボツ
ですね(笑い)

でも・・中身は、こじんまりでも、やっぱり見学したい。

今日も、丸の内行ってきましたぁ(笑い)
なんか、創立当初からの上演された作品の年表があるのですが、
作者も記載されていて、 私はすごい興味深い。

あの年表、「紙一枚」で欲しい・・・。

書き写そうかしら・・・。  それは、違反行為ではないですよね?





URL | リコ #- | 2012/12/03 20:08 | edit

Re: あら! 

>リコさん

はい。過大な期待を抱いていくと肩透かしを食らいます(笑)
場所は良いところですけどね。
寒い時期は行けないと思うので、暖かい時に行ってみてください。
近くにお蕎麦屋さんがあっておいしいですよ。

年表はいくらでも書き写しできるんじゃないですかね。
撮影禁止ではないですよね?たぶん。
書き写されて困るものでもないでしょうし(笑)

URL | nalaniconey #- | 2012/12/04 08:18 | edit

はい 

丸の内展示。
上演作品の年表。

はい、どこの場所も撮影可です。

あぁ、ならば、書き写しても良いのですね。
ありがとうございます・・。

ウハ!!!  書き写しちゃお!  

ホントは、あの年表のパネル、ガバ!っと取ってしまいたい~(笑い)

URL | リコ #- | 2012/12/04 20:41 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://musicaltheater.blog130.fc2.com/tb.php/137-9ea48aca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【今更ながら難しい・・】

このところグッと寒くなってきて外出がちょっと辛くなってきたのに観劇日に合わせてちょっとした嵐のよう

まっとめBLOG速報 | 2012/11/20 15:00

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。