09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

劇場つながり

各種観劇日記。基本的に劇団四季のみ、のはずが最近は色々と手を広げてます。書きやすさ優先でレポ内の俳優名は敬称略ですのでご了承くださいm(_ _)m

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

あれは~誰だ?誰だ?誰だ?誰だ? ジーザ・スクライスト・スーパースター《2012年11月3日(土)ソワレ》 

約1年3か月ぶりの再演。
今回はわりと短めのスパンでのジーザスクライストスーパースター。
前回と同様にエルサレム/ジャポネスクと連続公演で、
チケットも前回同様セット割引なるものが今回もあったので、当然セット割で予約。
121103_4.jpg

いやぁ最近四季より価格設定が高めの舞台もボチボチ観始めてるので
節約できるところは節約しないとw

というわけで9月の半ば以来の浜松町。やってきました自由劇場。
121103_2.jpg

やっぱりこの規模の劇場は良い。
雰囲気もいいし、どこに座っても作品に集中できる。

という本日のキャスト。
121103_3.jpg

ジーザス・クライスト  :芝 清道
イスカリオテのユダ   :金森 勝
マグダラのマリア    :高木 美果
カヤパ(大司教)    :金本 和起
アンナス(カヤパの義父):吉賀陶馬ワイス
司祭1         :佐藤 圭一
司祭2         :清水 大星
司祭3         :真田 司
シモン(使徒)     :本城 裕二
ペテロ(使徒)     :神永 東吾
ピラト(ローマの総督) :村 俊英
ヘロデ王        :下村 尊則


メインどころは前回の公演から変更なし。
下村ヘロデは前回のジャポネスク以来。

今回のキーワードは「スッキリサッパリ」。
そして特にジーザスとユダは、このレベルになっちゃうと他の人がやるのは
ちょっとしんどいかもなぁと思わされた。
この二人の変化というか進化が一番目立っていたと思う。

まずは芝ジーザス。
前回の公演で最後にエルサレムを観た時に感じた静かさに似ていた。
静かさというよりは余計なものをそぎ落としたシンプルな感じ。
前回公演はスタート時にはそれはそれは期待を裏切らない人間っぽさ、
アツさを前面に押し出していたが、3回目でそれが消えていた。
今回はそれをさらに押し進めていたのではないだろうか。
ともすればジーザスが何を考えているか分からなくなってしまいそうであるが
苦悩が前面に出されるより、内面の苦悩がより伝わってくるようで
逆にジーザスがどのような状況(心境)にあるのかが、よりわかりやすくなった。
シンプルながら伝わってくる情報量が多いというのは芝ジーザスの完成度の
高さの証明だろう。
これがジャポネスクではどうなるのか。これは非常に楽しみだ。


そして金森ユダ。
この人は芝ジーザス以上に余計なものがそぎ落とされていた。
以前は端々から少し狂気じみたところが滲み出ていて、それがユダという人間の
本当の姿をわかりにくくしてしまっていたようなところがあった。
今回はそういったところは皆無で、シンプルに等身大のユダ
(という言い方も変だが)を演じているように見えた。
シンプルなのでこちらもユダの感情がよりわかりやすい。
このレベルでやられてしまうと、他の人で見るのがつらくなりそうだ。
そのくらいの好演だったのではないかと思う。
この人もジャポネスクでどう変わるかが楽しみだ。


この作品はこの二人が軸となるので、二人の変化が作品の印象に与える影響は
非常に大きいということがよくわかった。


他ではシモンの本城裕二、ペテロの神永東吾が好印象だった。
本城シモンは前回に引き続きなのでどんな感じかはわかっていたので
その期待通り。
神永ペテロは歌も表情も良い。
軸の二人の脇を支えるキャストが良いと、舞台が引きしまる。

そしてベテランの貫録満載の村ピラト、下村ヘロデ。
特に今回も下村ヘロデは、登場シーンで完全にヘロデワールドを作り上げていた。


ところで・・・・
前回気になってしまったカヤパ、アンナスのミッキーマウスコンビ。
そして二人が率いる耳なしミッキー司祭軍団。
今回もやっぱりミッキーだなぁ、などと思いながら観ていたら
ふとあることに気が付いた。

あの耳(耳じゃないけどw)アレにも似てる。
そう、デビルマンだw
そっかぁ、あれはミッキーとデビルマンの掛け合わせなんだな、と。
自分の中でのイメージはこんな感じ。
121103_1.jpg

こんな絵に1時間かかりました・・・
そしてこの記事を書く気力が何割か削られました・・・



よろしければポチっと
にほんブログ村 演劇ブログ 劇団四季へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 2012/11/04 Sun. 00:13 [edit]

category: 劇団四季:ジーザス・クライスト・スーパースター

TB: 0    CM: 13

04

コメント

No title 

今一番観に行きたい作品です。
というか、今、関東に行ったら、
JCSとWSSと楽直前のCATSが見られるんですよね。
(チケット取れるかどうかは別として)
すっごく関東に行きたいです。どこでもドア欲しい!

芝さんと金森さんは素晴らしいのが分かっているので置いておいて(観に行きたいー!)
ペテロの神永東吾さん、見たことないのですが、良ペテロのようで良かったです。
本城さんは、名古屋の歌おうイベントの時ちょうど担当して下さったんですが、
この人、めちゃくちゃ歌上手いんですよ!(分かってるって)
確かにシモンとペテロがいいと、この作品はより引き締まりますよね。
村さん、下村さんー!!
出番は少ないですが(特にヘロデ)
存在感のある大ベテランが抑えているとすごくいいですよね。
観に行きたいー!(←何度目)
ワイスさん、サトケイさんもいいですね。
ワイスさん、メレブはイマイチなんですが、
アンナスはすごく好きです。
(南十字星の時の役も良かった気がします)
この作品は安定の良キャストで固められていていいですね。
観に行きたいです。(←だから何度目)
長文失礼いたしました。

URL | なにわのねこ #41Gd1xPo | 2012/11/05 19:45 | edit

Re: No title 

>なにわのねこさん

はい、JCSはいつ観ても良い作品です。
脇を固めるキャストが良いとより引き締まりますね。
ペテロの神永さんは歌もうまいし、ジーザスに背いてしまった時の
切ない感じがとても良かったです。
ちょっとうるっとくる感じで。
本城さんは間違いないですね。たぶん記憶しているシモンの中では
一番好きです。
高いところもきっちり歌えるし。

下村さんは・・・まぁ常に下村さんなんで(笑)
上演中に唯一拍手が起きるシーンですもんね。
下村さんじゃなかったら拍手起きないだろうし。
特にジャポネスクは楽しみです。

ワイスさんははまってました。
ヨメはワイスさんの役の中で一番良かったと。

こちらに出てこれると良いですねぇ。

URL | nalaniconey #- | 2012/11/05 20:42 | edit

最初から~(笑い) 

こんばんは~。

この作品、昨年は、私が四季を見始める寸前に上演されていたんですね~。
あぁ====惜しかった~~~。
ほんの少し早く四季を観るようになっていれば
昨年も観られたんですね~。

で、  私、観劇は、何も知らずに観るようにしていまして、
今回も、一度観てから、nalaniconeyさんの昨年の観劇の記事を拝読しました。

で!!!! 
上記のデビルマンの絵、 まずは・・お疲れさまでしたぁ~~。   
もう~~~大笑いさせて頂きましたぁ~~!!

私は、初めて観たときから、真っ先に、デビルマンを思い出したのです(笑い)

で、こちらの昨年の記事を拝読しましたら、ミッキーマウスだと(笑い)

あらら・・・デビルマンなんて思っちゃイケナイのね!って(笑い)

で・・今回の記事では、
「デビルマン」登場!!!!(笑い)

なんだか嬉しくなっちゃいました==。

一度送信します~。  アハ~。

URL | リコ #- | 2012/11/06 23:11 | edit

よう~~やく 

また、こんばんは~。

この舞台、二回観まして、
何もかもわからないのに、ただただ、何かに引っ張られる感覚を。

たぶん・・・
私の今までの全観劇(四季に限らず30年間の)のベスト5に入っちゃいます~。

耳トンチンカンな私が、この舞台の音楽(曲)がすごく残る・・。
で、
ウェバーさんが20才の時の作曲だと、先日、こちらで教えていただいて、

はぁ~~~もう~~感服あるのみ~~。

あ、「オペラ座~」も、この頃、よう~やく
音楽(曲)の素晴らしさを感じるようになりまして・・(笑い)
あ、詳しいことはナニもわかりませんが~。

四季を見始めて1年3ヶ月
たぶん50回以上の舞台を観て、
やっとこさ、四季ミュージカルファンの資格を得たようなものかしら・・。
アハ~。

今週は、自由劇場に行かれないので、
気分が沈んでいます~。

URL | リコ #- | 2012/11/06 23:50 | edit

Re: よう~~やく 

>リコさん

そうなんですよ。あれを最初に見たときは色といいテカリ具合といい
絶対にミッキーだと思ったんですよね。
今回も引き続きその目線で見てたら・・・デビルマンがやってきました(笑)

あの絵我ながら良く書けたと思ってるんです(笑)
絵のセンスが皆無の自分にしては・・・

やっぱりロイドウェバーはすごいなぁとつくづく思ってしまいます。
どうやったらこの発想が生まれるのか。
自分が二十歳のころなんて・・・

それにしても1年3ヶ月で50回ってどんだけ観てんですか!
その分確実に夕飯のおかずが減ってるんですね(笑)

URL | nalaniconey #- | 2012/11/07 08:26 | edit

それに尽きる? 

おはようございます~。

この作品、
初めて観るワタシが言うのもナンですが

そう・・・
芝さんと金森さんが、ここまでのレベルでなさってしまうと、
ハイ・・他の俳優さんじゃぁちょっとムリでは?って、観劇直後に感じました。

さらに・・下村さんもね~~(ニコニコ)

この作品は、主役俳優陣にかなりの力や奥行きが要る。貫禄も欲しいし、
あるいは独特の持ち味など??がないと、
観ていられないものですよね~。

芝さんって、ワタシは昨年9月の「思い出を売る男」で拝見しただけでした。
ベテラン看板男優さんだというのはわかりましたが、役も特に強烈なものではなかったし、
「無難なベテランさん」かしら~とだけ。
米兵役だった佐久間さんの方が印象に残り(笑い)

で、3回ほど、四季劇場の客席でお隣になって(笑い)
芝さんとワタシの間には席は3つあるけど、人は座ってない・・という状況です(笑い)

下村さんや、野中さんほど強い個性はなく、無難な方なのね~。
現役というより後輩の指導が多いのかしら~とか思っていて(笑い)

で・・
この舞台で、何も知らないから、必要以上に驚いちゃって!!!

あぁ・・・・
芝さんって、ものすごい俳優さんなのね・・。
恐れ入りました~。すみません!!!って
舞台に
ホントに頭下げちゃいました!!!

金森さんは・・
キャッツで、荒川さんと取り違えたワタシですから、 今回、 こーんなにステキな歌声とか
動線だったの????って、おどろくばかり(ポリポリ)
逞しさと繊細さと両方の襞がゆらゆらして・・。
すごい俳優さんなのね~~と、

またまた「スミマセンでした!」って舞台に頭下げました!!

ホントにね~~
今回は、主役陣の素晴らしさ・・これに尽きるのかしらね~。

URL | リコ #- | 2012/11/07 10:01 | edit

Re: それに尽きる? 

>リコさん

はい。芝さんと金森さんはかなりレベル高かったですよねぇ。
ほんとに次が心配になっちゃうくらいに。

芝さんはですね、一見「無難なタイプ」風を醸し出してますが、あれだけ「おれは芝さ」と
芝光線を発射する人はなかなかいないです。
ジーザスではそれほどでないように見えますが、というか今回はそんな感じですが
前回の時、最初のうちは「神様じゃなくて芝さんでしょ?」という感じでした。
演目によってはアドリブ的な面白いこともやってくれますし。

この芝さんと金森さんに負けない新しいキャストの登場も楽しみです。

URL | nalaniconey #- | 2012/11/07 14:53 | edit

きっと・・ 

 
ほ~~~~!
芝光線なるものが!!!
歌舞伎役者さんみた~~~い!! ウハ!

あぁ、アドリブも・・。 ほ~!
四季らしくない俳優さんなんですね・・。
あ、悪い意味ではありませんの。
方針が強い四季ですけど、それでもいろいろな俳優さんがいらっしゃるのが、
少しずつわかって、楽しいです~。

そう・・
四季の考えは、「抑えつけられるから自分が出せないのではなく、抑えつけられた中から、
それでも個性が出るのが素晴らしい俳優だ」というようなこと掲げていますよね~。

今回の主役陣は、そのハイレベルということに
なりますわね~。

こちらの、昨年の記事でも「神様じゃなくて芝さん」だと
書いていらっしゃって、
ほほ~~、それも拝見したかった~と
すっごく思って・・。

例えば、20年前。
きっと当時の観客は当時のキャストに
「これ以上の人なんか出るのだろうか?」って、思ったのでしょうね・・。

この先も、 きっと
またこの作品の主役陣を立派に務める新たな俳優さんが
ご登場なさるのだと思います。

でも、ワタシは
まだまだ今のキャストを満喫したいです!!

あぁ~~今週行かれないから、
あと1回しか今回の舞台は観られない・・。グシュン・・。

来週は、瞬きもしないで観たい!!!(笑い)

デビルマンの絵、
本当に傑作ですわ===!!!
大きな拍手、送らせていただきますね(笑い)

我が家のおかずですか~(笑い)
確実に、減ったり手抜きになったりです(ポリポリ)

今日は、劇場に行かないから、豪華に・・手間もかけて
点数稼いでいます(笑い)

URL | リコ #- | 2012/11/07 18:19 | edit

Re: きっと・・ 

>リコさん

芝さんはシリアスな作品に出るとかなり四季っぽいんですが、その四季っぽさの出方が
芝さん独特というか・・・
分かりにくいですけど。

台詞にアドリブがなくても、ちょっとした動きだったり間だったり、歌い方だったり
結構みんなバラバラですからね。
やっぱり個性は出てくるもんです。それがなかったらリピートする人増えないですしね。

新しい人が出たら出たで嬉しいような寂しいような気になりますね。
何年か前までは「この役はこの人で!」みたいなのが強くて、それから外れると
ちょっとイマイチ乗り切れなかったりしてましたが、今はそんなこともなく
新しい人出るとつい観に行きたくなります。

僕はエルサレムとジャポネスク1回ずつだけです。
キャストも変わらないでしょうしね。

URL | nalaniconey #- | 2012/11/07 21:59 | edit

No title 

はじめまして。
今日、久しぶりに観てきました。
http://blog.livedoor.jp/mkubo1/archives/51369113.html

URL | mkubo1 #- | 2012/11/08 22:34 | edit

Re: No title 

> mkubo1さん

はじめまして!
ブログ拝見しました。
90年代に観られたなんて羨ましいです。
豪華キャストですよねぇ。

芝さんは確かにチェの方がらしさは出ますね。
ジーザスだと如何にも芝さんというあの感じは出にくいですしね。
前回の最初の頃はまさに芝さんだったんですが…

れからもよろしくおお願いします〜

URL | nalaniconey #- | 2012/11/08 23:40 | edit

なるほど・・ 

おはようございます~。

あぁ・・ ジャポネスクバージョンになっても
キャストは同じなのですね・・。
なるほど・・。

オモシロイ企画? ですね~!!




URL | リコ #- | 2012/11/09 09:34 | edit

Re: なるほど・・ 

>リコさん

ジャポネスクも恐らく基本的には同じはずです。
前回はエルサレムでヘロデを北澤さんという人もやってましたが
今回はキャスティングされていないようなので、このままかと。
公演期間が短いものはキャスト変更はあまりないですね。

URL | nalaniconey #- | 2012/11/09 14:57 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://musicaltheater.blog130.fc2.com/tb.php/135-f9f83133
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。