09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

劇場つながり

各種観劇日記。基本的に劇団四季のみ、のはずが最近は色々と手を広げてます。書きやすさ優先でレポ内の俳優名は敬称略ですのでご了承くださいm(_ _)m

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

やっぱりあんたが一番! 濱田めぐみソロコンサート《21012年7月11日(水)ソワレ》 

そう、来週は更新しないと書いた。
でもまだ今週だw

というか前回のアイーダの記事をアップしたときに、今週これがあることを
すっかり忘れていただけなのだが・・・

というわけで何年ぶりかわからないくらい久しぶりにやってきた天王洲アイル。
120711_4.jpg

久しぶりなもんだから思わず色々と写真を撮ってしまった。
ほぼ観光客状態。ヨットなんかが停まってるし。
120711_2.jpg

そしてこの建物が今回の会場である銀河劇場。
120711_1.jpg

なかなか立派な建物だ。

ロビーの辺りも雰囲気がある。
120711_3.jpg

そう、濱田めぐみのソロコンサートを観に来たのだ。
濱田めぐみを観るのは3月のジキル&ハイド以来だから約4ヶ月ぶりだ。
しかも今回はすべて濱田めぐみ。当たり前だが・・・

一昔近く前、濱田めぐみを濱田めぐみとして認識し始めた頃は
濱田めぐみの登場シーンを今か今かと待ち構えていたものだ。
他のシーンはとりあえずいいから濱田めぐみを!ってな感じだった。
今となってはあり得ない観劇態度なのだが。。。

ともかく今日は全てが濱田めぐみ。それだけでメグオタとしては十分だ。

会場に入りさっそくCDとパンフレットを購入。
CDは3,800円とちと高い。
120711_5.jpg

パンフレットを開くと中にはコンサートのセットリストや
CDをプロデュースしたフランク・ワイルドホーンのコメントがある。
まぁCDの曲はすべてワイルドホーンの曲だから良いのかもしれないが・・・
出演作品はワイルドホーンの物ばかりだし・・・

と、ちょっと釈然としないところもあったが、まずは目の前の濱田めぐみだ。
という今回のセットリスト。

<本編>
・No One Knows Who I Am - あたしは誰(ジキル&ハイド)
・Someone Like You - あんなひとが(ジキル&ハイド)
・How 'Bout A Dance? - ダンスしましょう(ボニー&クライド)
・Dyin' Ain't So Bad - 死ぬのもそれほど悪くない(ボニー&クライド)
・No Finer Man - 彼こそ奇跡(シラノ)
・Nick Of Time - 今このとき(アリス・イン・ワンダーランド)
・The Mad Hunter - マッド・ハンター(アリス・イン・ワンダーランド)
・Defying Gravity - ディファイング・グラヴィティ(ウィキッド)※
・Shadowland - シャドウランド(ライオンキング)※
・I'd Give My Life For You - 命をあげよう(ミス・サイゴン)※☆
・A New Life - 新たな生活(ジキル&ハイド)
<アンコール>
・I Will Always Love You(ホイットニー・ヒューストン)※

※英語歌詞
☆「I'd Give My Life For You」は日替わりの曲

観劇ではないので細かいことは書かないし書けないが、とにかく素晴らしかった。
何年かぶりに歌を聴くだけで泣けてくる体験をした。
実際周りの人は泣いてたし。

やはりピークは四季時代の2曲。「Defying Gravity」と「Shadowland」だった。
この2曲のためだけでもチケット代払って良かったと思えるほど素晴らしかった。
「Defying Gravity」を歌い始めたときからずっと鳥肌が立ちっぱなしだし、
上記のように何故か泣けてくる。
歌詞も途中のちょっとした台詞もすべて英語だったが、言葉は関係ない。
衣装は白かったし、緑のメイクもないがまさにエルファバ。
会場がウィキッドの空間になった。

四季以外の演目の曲はジキル&ハイドとボニー&クライドを1回ずつしか
観ていないし、思い入れが違うことを考慮しても、四季時代の曲は圧倒的だった。
「Defying Gravity」の後は1分近く拍手が鳴り止まなかったことを考えると
自分以外の観客も皆同じような気持ちだったんだろう。

次の「Shadowland」も言葉がない。
次にライオンキング観に行く時に困ってしまうではないか・・・

「Defying Gravity」の後のMCではちょっとした裏話も披露してくれた。
この曲の間オズ陛下は舞台袖で聞いているらしいのだが、曲が終わり緞帳が降りると
「いやぁ~メグ~オッケーオッケー、楽勝楽勝~♪」といつも楽しそうに声を
掛けていたらしい。
濱田めぐみ的には「人の気も知らないで~」ということらしい。
このオズ陛下が誰なのかは出なかったが、勝手に飯野おさみかなぁと思っている。
松下武史はそんなこと言わない感じがするし。


てな感じで、ここだけでも十分過ぎるという、くらい贅沢な時間を過ごさせてもらった。

よろしければポチっと
にほんブログ村 演劇ブログ 劇団四季へ
にほんブログ村


▼続き▼
このブログを読んでくれている人たちのほぼ全てが四季ファンの人たちだと
思うので、ここで終わってもいいのだが最後にちょっとだけ気になったことを。
ポジティブな話ではないので嫌な人は読み飛ばしてください。
冒頭にも書いたパンフレットのワイルドホーンのコメントの中に、
「濱田めぐみが真のレコーディング、ライブアーティストとして変貌を遂げた
姿を見てほしい」という記述があった。
確かに今まではミュージカル女優という肩書きだけであった彼女の
新しい形がCDでありコンサートではあった。
応援している人が新しい領域に入っていくというのはファンとしても嬉しい。

が・・・・だ。

レコーディング、ライブアーティストとしての濱田めぐみの今の姿というか
単純に今回のCDや出演している(する予定)の演目が、ファンが望む彼女の
姿かどうかは微妙なところだと思っている。
別に四季に戻ってほしいとか、そういうことではない。
今のアウトプットが濱田めぐみの本来の魅力を余すところなく伝えている物か
というと、それは違う気がしている。
新しいチャレンジは是非是非応援したいし、今後もずっと活動を追っていくことに
なるのだろうが、方向性がちょっと心配だったりもする。
まぁ余計なお世話だし、自分の個人的な感覚なのだが・・・

これは完全に自分の問題なのだが、どうもワイルドホーンの曲とは相性が
良くないようで。
転調が多すぎて盛り上げ方がワンパターンだとかはあるが、
曲自体が苦手なタイプのわけではなく、むしろかっこいいと思える曲も多い。
今回のコンサートでも「The Mad Hatter」なんかすごく良かったと思う。

それなのになぜ相性が良くないと思うのかというと、聞いた後や観劇後に
余韻が残らないからだ。メロディーも出てこなかったりする。
心に響いてこないというか・・・
だから彼の手がける舞台を観ても同様なことになってしまうのだ。
「アリス イン ワンダーランド」の予約に躊躇しているのは
そんな理由だったりする。
濱田めぐみは観たいのに痛し痒しと言ったところだ。
もう少しワイルドホーンの曲も聞き込んで体に馴染めば印象も変わるかなぁ。

相性って大事なのね。。。

スポンサーサイト

Posted on 2012/07/12 Thu. 23:10 [edit]

category: その他舞台

TB: 0    CM: 23

12

コメント

トークは毎回違うのですね 

千秋楽はウィキッドの曲の後のそのエピソードはありませんでした。リクエスト曲はサイゴンだったんですか。キム役もいいですね。物語の内容はレミゼの方が興味あります。

URL | しつこいコメント失礼します #LkZag.iM | 2012/07/12 23:25 | edit

No title 

>しつこいコメント失礼しますさん
少しずつ変えてるんでしょうね。
最後のコイン拾った話は僕が観た回も話してましたよ。
まぁあれは演出にも関係してくるし、パンフレットだったかCDにもクオーターのコインが写ってましたしね。
観たことがない演目でも詳しいですねぇ。
僕は観たことがない演目は全くダメです・・・
少しは勉強しないと。。。

URL | nalaniconey #- | 2012/07/12 23:44 | edit

 

待ってました!
プレビュー公演?のレポはどこかで見たのですが、セトリも時間も変わらなかったのですね。
私は四季時代の濱田さんはマンマのドナを二回しか観ていないので、いわゆるメグヲタではないのですが、四季のCDは濱田さんが多いので、やはり濱田さんは別格!と思ってました。
が、ボニクラ・ジキハイを観て、私は四季の濱田さんが好きだなぁと痛感しました。
そして、今回のセトリ見て、『行かなくても後悔無し』と思ってしまいました…
もちろんDGとか聴きたいけど、英語じゃなぁ、とか思ってしまうのです。

そして、退団後の作品はおっしゃるように、作品を観て『よかった~』と思っても、心に残らなかったのです。
私もワイルドホーンばっかりはどうかなぁ?と思いますね…
東宝作品だったら『三銃士』はノリもいいし曲も耳に残るので、ミレディやってもらいたいです!
まぁ、何にせよイメージ固めないでいろんな役やって欲しいですね!

URL | 朋美 #- | 2012/07/13 00:54 | edit

No title 

>朋美さん
セットリストに関してはパンフレットに記載されているので
日替わりの曲以外は全て同じです。

今のところやはり四季時代の方が良かったなぁと思ってしまいますね。
濱田さんの問題というよりは作品の問題というか。
まぁそれを選択している濱田さんの問題でもあるんでしょうけど。

コンサートはですね、レポにも書きましたがDGとShadowlandだけのために
行っても後悔はなかったと思います(笑)
記事内に書き忘れたんですが、やはり濱田さんはCDではなく
ライブじゃないとその良さが伝わらないのではないかと。
あの声が会場の空気を揺らす(まさに揺れます)感じは
CDからは伝わらないですからね・・・

まぁ何にしてもこの先どんどん広げていってほしいですよね。

URL | nalaniconey #- | 2012/07/13 08:50 | edit

一度気に入られると・・ 

他のプロデューサーの作品って出にくいものなんでしょうか?やっとひとつの呪縛から解かれたと思ったらまた・・。演劇の世界は大変ですね。私は最初はワイルドホーンさんの曲嫌いじゃないしいいんじゃないと思ってたのですが皆さんが心配なさっているように、これからもずっと彼の作品だけしか出られないのなら複雑ですよね・・。

URL | 泣きっ面に蜂な人生 #EBUSheBA | 2012/07/13 19:33 | edit

No title 

>泣きっ面に蜂な人生さん

いやぁ、どうなんでしょう。
別に契約しているわけではないでしょうから、特にそんなことはないのでは。
ブロードウェイミュージカルの作曲家というネームバリューは
日本では有効かもしれないですけどね。

ちなみにワイルドホーンはブロードウェイではあまり評価が
高くないと、向こうで舞台の仕事をしている友人が言ってました。
あのロイドウエバーもイマイチらしいです。。。
なんでもロングランできてるのがオペラ座だけだから
という理由のようなんですが。
だからなんだ?という気もする評価の仕方ですけどね。

URL | nalaniconey #- | 2012/07/13 21:00 | edit

No title 

こんにちは。
レポをありがとうございます!
「Defying Gravity」は圧巻でしたね!
確かにこれとシャドウランドとだけを聞くためだけでも
4日間通いたいと思いました。

オズ陛下との裏話はほのぼのしますね。
私も飯野さんかなという気がします。
私の時は、2階の高さから下を見る気分で歌ってしまうと話してました。

URL | なにわのねこ #41Gd1xPo | 2012/07/14 14:48 | edit

吉沢梨絵さん出演 

ルドルフは観に行かれますか?私は興味ありますが金欠で・・。ところで吉沢さんは四季時代、濱田さんと共演ありましたか?ないのなら今後観たいです。

URL | かんげきよてい #LkZag.iM | 2012/07/14 19:49 | edit

Re: No title 

>なにわのねこさん

つたない&ちょっとネガティブな感じもあるレポですいません。。。

それにしても「Defying Gravity」はすごかったですよね!
本当に鳥肌立ちまくりで。
あの声の存在感は際立ってますね。

もうちょっと四季の時の裏話も聞いてみたかった気もします。
でも濱田さんはあまりトークは得意じゃなさそうですね(笑)

URL | nalaniconey #- | 2012/07/15 00:17 | edit

Re: 吉沢梨絵さん出演 

>かんげきよていさん

ルドルフはですねぇ、吉沢さんが出ているので非常に興味はあるんですが
会場が帝劇ということと、音楽がワイルドホーンというところで
躊躇しちゃってます。。。

吉沢さんと濱田さんはまったく共演はないんじゃないですかねぇ。
演目まったくかぶってないと思いますし。
その二人が一緒に出てたら何の演目でも観に行っちゃいそうです(笑)

URL | nalaniconey #- | 2012/07/15 00:21 | edit

帝劇 

観づらい訳をよろしければ教えてください。私は一度だけ帝劇行きましたが、印象的だったのは、(上演時間以外)座席で飲食OKだったことです。カルチャーショックでした。

URL | アイス日和 #Nme/kN5U | 2012/07/15 19:20 | edit

Re: 帝劇 

アイス日和さん

僕も似たようなカルチャーショックです(笑)
勝手にものすごい厳かな感じを想像していたので、ロビーのお土産屋さんの佇まいに愕然と。
あと、周りの人が要所要所で一斉にオペラグラスを出して見始めたり…
その時は2階席だったんですが、演技がまるでわからず…
これは観劇にはまったく適していないなぁと思ってしまいました。

その時のトラウマが未だに…(笑)

URL | nalaniconey #- | 2012/07/15 19:45 | edit

どうしよう・・ 

私もオペラグラス使って観劇してるんです。左右、後ろの席の人迷惑なんだろうか・・。作品目当ての時はいいんですが、役者目当てで観る時は目悪いので必須なんです。ほとんどの人がオペラグラス無しで観ているので肩身狭いというか気まずいです。基本観劇前に手元に用意しています。が、忘れた時はガサゴソうるさくなるので二幕まで我慢です。

URL | 短髪人間 #EBUSheBA | 2012/07/15 21:02 | edit

Re: どうしよう・・ 

> 短髪人間さん

いやいや、オペラグラスが悪いって事ではないんです。
うちも持っていきますしね。
帝劇の時は周囲のみんなが一斉に同じタイミングでサッとオペラグラスを
構えた光景が強烈だったので…
気にしないでください~

URL | nalaniconey #- | 2012/07/15 22:08 | edit

学んだ?こと 

昨日、ドラマをミュージカル化した作品を観て来ました。ドラマの内容や歌が好きなので、キャストはほとんど知らない人ばかりでしたが、内容目当てで行ったのです。すると期待?は裏切られました・・。ダンス、演技はよかったのですが歌が音響に掻き消されてしまってほとんど聞き取れず・・。HNにあるのように、ミュージカルで個人的に重視しているのが、歌→ストーリー→ダンスなのでがっかりしてしまいました。



どうしても観たい、ホントに好きなキャストが出ていて行くか、今回のように内容目当てなら劇団四季(台詞、歌ほぼ?ハズレ無し)にしようと学びました。

URL | 歌→ストーリー→ダンス(重視順) #LkZag.iM | 2012/07/19 09:20 | edit

音響に役者が合わせる? 

劇団四季では生演奏でない作品でも役者のタイミングに合わせて音響さんが音楽を流しているので不自然ではないのですが、昨日観たミュージカルでは音楽に役者が合わせていた(ようと努力していた?)のでタイミングが若干ズレていて役者もダンスは上手いと思ったのですが歌が声量が少なく残念でした。


そういう経験ありますか?

URL | のび太オーラ #LkZag.iM | 2012/07/19 09:34 | edit

No title 

>歌→ストーリー→ダンス(重視順) &のび太オーラさん

まとめての返信ご容赦ください(笑)

どこに重きを置くかはそれぞれだと思いますが、基本的にミュージカルは
全てがバランスよく揃ってないとダメですよね。
歌えないならストレートにすればいいのにと思いますよね。
ミュージカルって言った方がお客さん呼びやすいのかもですが。。。

舞台の作り方って、きっと何を持ってその舞台を見せたいのかで変わるんでしょうね。
僕も素人なんで良くわからないんですが・・・
だから役者フレンドリーではないやり方だったりして
その分本来伝えないといけないことが疎かになったり。
もちろん役者の努力も必要なんですけど、きっかけぐらい役者に合わせればいいのに
と、思ってしまいますね。

ちなみに僕はそういう経験は幸いにしてないですね。
もちろん出来が気に入らなかった時とかはありますけど
それも生の舞台の醍醐味の一つということで納得させます。

URL | nalaniconey #- | 2012/07/19 13:09 | edit

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2012/07/19 13:56 | edit

No title 

毎回違うHNはそれはそれで楽しんでますよ!
次は何だろう、と(笑)
直接記事に関係ないことであれば、カギコメでもいいですし
右側のフォームでも大丈夫です。

統一HNだったらどうなるんでしょうねぇ?(笑)

URL | nalaniconey #- | 2012/07/19 18:10 | edit

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2013/12/25 03:26 | edit

Re: タイトルなし 

はじめまして!
いえいえ、書き込みはいつでも大歓迎ですよ~
それに仲間がいた!!と(笑)

そうなんですよね。
ワイルドホーンの曲は一見良さそうで後に何も残らないんですよね。
それに彼の楽曲にはすごくあざとさを感じてしまいます。
もちろん曲を作るにあたってのテクニックは誰にでも必要なんですが
彼の場合「こういうの好きだよね?」というテクニックだけしか感じないというか。。。

僕は「ボニー&クライド」と「ジキル&ハイド」で見切りをつけましたw
NYで舞台の仕事をしている友人によると、彼のブロードウェイでの評価は低いそうです。
その話を聞いた時は「ふ~ん」くらいに思ってましたが、舞台を観て納得です。
ま、「ボニー&クライド」は作品自体にツッコミどころ満載でしたが・・・

それでいて「僕の楽曲を歌える日本人がやっと出てきた」みたいなことが
インタビューで書いてありまして、僕的には「じょーだんじゃねーよ」とww
良いキャストが歌ってるからまだマシなんだよ、と・・・

本当に日本のミュージカル界はワイルドホーンがいないと何もできないのか!?と
勘ぐりたくなるくらい頻繁に彼の名前を目にします。
なんででしょうかねぇ。。。本当に謎です。

と、僕もつい彼に関しては言いたいこと山盛りなので過激に書いてしまいました(笑)
あくまでも個人的な感想なのでファンの方はご免なさい!です。。。

URL | nalaniconey #- | 2013/12/25 10:19 | edit

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2013/12/25 18:47 | edit

Re: タイトルなし 

たぶん仲間はもっといると思いますよ(笑)
まぁ寄らば大樹になってしまうんでしょうね。。。
いや、寄れる大樹をうまいこと作り上げちゃうんでしょうね。

そうですね。
舞台に限らずですが自分の感性で観るしかないと思います。
みんなが良いと言っているものが自分にとって良いものかはわかりませんし。
その逆も然りですが。。。

僕はボニクラは観ながら突っ込んでましたが、何気に楽しんでました。
でも思い返すとあれだけ突っ込む要素が多い舞台も珍しいなぁ、と。
ほんとチケット代安くないですよね。
それ考えると四季は良心的だと思います。好き嫌いも多いかもしれないですがね。。。

まぁ観劇は自分の直感を信じましょう!

URL | nalaniconey #- | 2013/12/25 19:36 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://musicaltheater.blog130.fc2.com/tb.php/119-734ca135
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。