07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

劇場つながり

各種観劇日記。基本的に劇団四季のみ、のはずが最近は色々と手を広げてます。書きやすさ優先でレポ内の俳優名は敬称略ですのでご了承くださいm(_ _)m

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

ちょっとたまには行かなくってもいいじゃんか~ アイーダ《2012年7月7日(土)ソワレ》 

ここ一ヶ月以上毎週どこかの四季劇場に通う日が続いていた。
が、それもようやくこの週末で途切れる。
いくらなんでも通いすぎなのだ。
最近コメントで「今週末は?(笑)」と突っ込まれることもよくあるが
そんな皆さんには申し訳ないが、たまには何も無い週末を過ごさせて欲しい。

とは言え家でただボケーっとしているのももったいないということで
外出してみた。

あれ・・・・・?
120707_1.jpg

この人見た事あるんだけど。いや、先週も見た気がする。


あれ・・・・・・・・・?
120707_2.jpg

このポスター見たことがあるんだけど。いや、先月半ばにも見た気がする。


というわけで今回のキャストw
120707_3.jpg

アイーダ  :朴 慶弥
アムネリス :光川 愛
ラダメス  :阿久津 陽一郎
メレブ   :吉賀陶馬ワイス
ゾーザー  :飯野 おさみ
アモナスロ :高林 幸兵
ファラオ  :石原 義文
ネヘブカ  :桜野 あら


そう、そうなのだ。
今週に入って新しいアイーダが登場したのだ。
キャスティングはされていたものの今までアイーダでの出番は無く、
引き続きキャッツの方に出ていた朴慶弥のアイーダが登場したのだ。
四季は何も観劇が無い週末を許してくれないのだろうか。。。

他にもアムネリスが前回の東京公演以来の光川愛に。
同じくメレブも吉賀陶馬ワイスへとそれぞれ変更となっている。


だが今回に関しては何よりも朴アイーダだ。
キャッツのジェリーロラム=グリドルボーンでは何度も見ている。
だがその印象はあまり強くなかった。
歌は声がぶれることもないしうまいのだが、特徴があるわけではなく
そつなくこなしているという印象だったのだ。
そんな朴慶弥がアイーダにキャスティングされたのを知った時は
正直言って上記の理由でピンとこなかった。

幕が上がり博物館のシーンで早速朴アイーダが登場。
秋夢子の小柄で華奢な感じを見慣れていたせいか、肩幅が広めで顔もやや
丸めのアイーダにちょっと違和感を覚えた。
そしてこの時点ではアイーダオーラは出ていない。それもちょっと心配になった。

そして第一声「私の仲間を放しなさい!」。
やや四季っぽさは感じられるが素直な、それでいて力強い声だ。
これはちょっと良いかもしれない、と感じ始めた。

ラダメスの背中を洗い終わってからの1曲目。
あれ?ジェリロの時と全然違う気がする。
これが素の声なのか、アイーダだからこの声なのかはわからないが
時折鼻に抜ける声などに濱田めぐみを強く思い出させる良い声だ。
これが無理がない範囲で出している声ならば良いのだが・・・

演技も実に堂に入っていて落ち着いているように見える。
むしろ少し落ち着きすぎかもしれない。
ただまだ登場から3回目の舞台だ。慎重になってもそれは致し方ない。
ただ全体を通して落ち着き感が印象として先行してしまったので、
その印象が王女としてのオーラをやや薄くしてしまったかもしれない。
そのくらい心配の必要がない、デビューし立てとは思えない演技だった。

やはりこの人は歌はうまい。何しろ声がふらついたり音程が狂うことがない。
「ローブのダンス」「神が愛するヌビア」など濱田めぐみにしても秋夢子にしても
若干修正が入る時がある歌から入る曲でも、音がまったくずれていない。
そして声が非常に良い。
もう少し、本当にもう少しだけパワーがあるとより良いかもしれないが。。。

あと王女のオーラが少し薄かった原因としてはその声質があるかもしれない。
濱田めぐみ、秋夢子ともにざっくり分けると「陰」の声質なのだが
朴慶弥は「陽」なのだ。

と、細かいことを書いたりもしたが、まさに朴アイーダは多くの観客が理想とする
アイーダに限りなく近かったのではないか。
その証拠にカーテンコールではスタンディングオベーションとなった。
みんなこんなアイーダを待っていたのだろう。

東京公演は残り一ヶ月となってしまったが、残りの公演でさらに良いアイーダを
期待させる素晴らしい新アイーダだった。


他のキャストも少しだけ。
東京公演以来久しぶりだった光川アムネリス。
自分は好きなタイプではあったのだが、佐渡アムネリスや大和アムネリスを
観た後だと少し違和感を感じてしまった。
どちらも物語を通して成長していくのだが、その出発点が多少違うことと
成長の過程が佐渡、大和アムネリスの方が自然で理にかなっているように思える。
前回は気にならなかった歌の線が細い部分も、今回はやや気になってしまった。
決して出来が悪いとか、ダメだということではないのだが・・・


ラダメスの阿久津陽一郎は観る度に少しずつ細かい演技を変えている。
今回はアイーダの朴慶弥がデビューし立てということもあってか、
今までは長い間を空けていたような場面(「迷いつつ」に入る前など)も
すんなりと進行させていた。
アイーダとのコンビはやっていく中で、この二人ならではのものが
今後作られていくのだろう。
それはそれで非常に楽しみだ。


というわけでやはり今週も来てしまった浜松町。
でもね、でもね、来週は本当に来ないのだ!
だってすでに別の予定が3連休全部入っているのだから!

というわけで、来週は更新ないですm(_ _)m
そこんとこ夜露死区!


よろしければポチっと
にほんブログ村 演劇ブログ 劇団四季へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 2012/07/08 Sun. 22:46 [edit]

category: 劇団四季:アイーダ

TB: 0    CM: 20

08

コメント

 

こんにちは!
更新されて、かなりびっくりでしたよ(笑)
本当に爆笑ものです!
行かないって言ってたのに…(笑)

でも、私も突発したいくらいなので、気持ちわかります!待望の新アイーダですからね~
私は来週末のチケ持ってるので、来週まで、どうかシングルでいて!と願っています☆
ツイッターでも評判いいし、楽しみだし、朴さんが他の役、しかもヒロインなんて嬉しい!
朴ジェリロは現役キャストでは一番好きなので、本当に嬉しいです!
アイーダから帰ってきたジェリロがまた楽しみです♪

さて…
今週末は行かないと断言してますが、予定は未定です(笑)
知らず知らずに四季に足が向かってる事でしょう☆

URL | 朋美 #- | 2012/07/09 18:25 | edit

No title 

>朋美さん

いやぁ、笑っていただけました?(笑)
本当に観るつもりはなかったんですが、新アイーダの魅力には逆らえませんでした。。。

朴さん非常に良いです。
僕は個人的に秋さんも好きなんですが、前回の東京公演で観たときのような「化けるかも」という
力を今回の東京公演ではまだ観ることが出来ず。。。

が、僕の中で一気に朴さん急上昇です。
これだけの人だったとは正直驚きでした。
てな感じで今週シングルになったんで、シングルのうちに突発してみてはどうですか?(笑)

四季は信用なりませんよ~~~

僕は今週末こそは本当の本当に行きません。
泊まり予定の来客もあるし、実家にも帰るし。
まぁ、来客の人も四季ファンですが・・・(笑)

URL | nalaniconey #- | 2012/07/09 22:00 | edit

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2012/07/10 13:31 | edit

No title 

ご指摘ありがとうございます!
その通りラダメスが光川さんになってます。。。
すぐに変えたいんですが、アクセス集中で管理者画面に入れず。
最近毎日昼間はだめなんですよねぇ。

光川ラダメス、大和アムネリス・・・
なんか宝塚みたい(笑)

URL | nalaniconey #- | 2012/07/10 16:22 | edit

お節介で、すみません 

いつも丁寧なコメントに、頭が下がります。

URL | 521357 #LkZag.iM | 2012/07/10 18:28 | edit

No title 

>521357さん

いえいえ、こちらこそいつも見て頂いてありがとうございます!
いつもコメント&HN楽しみにしてます(笑)

URL | nalaniconey #- | 2012/07/10 18:43 | edit

No title 

こんにちは。
7日のソワレですか!
私もその公演に行ったので、
興味深くレポを拝見させていただきました。
朴アイーダ、歌は上手いんですが、王女オーラがないと
私も思いました。

あと、アムネ「本気なの!?私たち7日後には結婚するのよ」の後、
ラダメスが「アムネリスぅ~」と甘えた(?)声を出すのは
最近のデフォルトなんでしょうか。
思わず吹き出しそうになりました。

URL | なにわのねこ #41Gd1xPo | 2012/07/11 04:23 | edit

No title 

>なにわのねこさん

はい、そうなんですよ。
きっとなにわのねこさんも同じ回を観てたんだろうなぁと
ブログを読んで思ってました(笑)

そうですね。まだ朴アイーダは王女然とした凛とした雰囲気は
まだちょっと薄いですよね。
でも回数こなしていけばこの辺もクリアできるかもと、思ってます。

「アムネリスぅ~」はですね、前回もそうでした。
僕も思わず笑ってしまいました。
最近の阿久津さんの中での流行りなんでしょうか(笑)

さすが阿久津陽一郎!w

URL | nalaniconey #- | 2012/07/11 07:07 | edit

 

ところで、濱田さんのソロコンは確か行かれるんですよね?(もう行った?)
こちらのレポ、すごく楽しみにしてます♪(セトリとか)
更新されてても笑いませんので、待ってます!

URL | 朋美 #- | 2012/07/12 01:14 | edit

No title 

>朋美さん

はい、まさに昨日行って来ました。
いやぁ~~~~~~~~~~すごかったです。
歌だけで鳥肌が立ちました。
隣の人は泣いてました。

レポは・・・・どうしようかな(笑)

URL | nalaniconey #- | 2012/07/12 07:25 | edit

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2012/07/12 19:48 | edit

No title 

今日行かれたんですね!
僕は昨日でした。良かったですよね~~~~。
Defying Gravityは鳥肌ものでした。
ゲストで沼尾さんとか来たら最高なのになぁ。

ところで、ネコババの話ですがクオーター=20円くらいなので・・・
落した申告をする人もいないでしょう。
向こうだとお金拾って届ける人なんて基本的にはいないです。
よっぽど高額なら違うかもですが。

URL | nalaniconey #- | 2012/07/12 21:18 | edit

猫ばばなんて失言でした。反省・・ 

シラノの曲とレ・ミゼラブルの曲、アリスの曲よかったですね。レミゼ観た事ないのですが歌が雰囲気にピッタリだったので濱田さんのエポニーヌが観たくなりました。

URL | そうですよね #Nme/kN5U | 2012/07/12 21:33 | edit

No title 

>そうですよねさん

ネコババ良いじゃないですか。
拾った物を持ち帰るのは全てネコババです(笑)

アリスは曲を聴いてちょっと興味がわきましたね。
レミゼは一度しか見たことなくてしかも後ろの方だったので
何が行われているかわからず・・・
あれ?レミゼの曲なんてありました?
あ、リクエストの日替わりの曲がそうだったんですね、
きっと。

ところで、曲に関してですがこのあとちょっと辛口交じりのレポあげる予定です。。。
が、また管理者画面に入れず、いつ上げられるのか・・・

URL | nalaniconey #- | 2012/07/12 21:59 | edit

 

レポ楽しみです。何の取り柄もない若造の私には、どれもすばらしく感じてしまうのですが、どの曲かは忘れましたが若干キーが高くてかすれるまではいかないですが、ちょっと大変そうなのはありました。リクエスト曲は毎回違ったかもしれませんね。全部行ければよかったです(笑)

URL | 失言青二才 #LkZag.iM | 2012/07/12 22:10 | edit

Re: タイトルなし 

>失言青二才さん

やっと管理画面に入れたのでこれからアップしますね~
確かに高すぎて大変そうなのがありました。
シラノの「No Finger Man」かもしれません。僕もうる覚えですが。。。

URL | nalaniconey #- | 2012/07/12 23:05 | edit

ようやく! 

今日、行ってきましたぁ==。

初めての「アイーダ」です。

ほ~~~。
視覚的要素は地味な舞台なんですね。
いえ、それがイヤということではなく・・。
全くそうではなく。

アメダスは、もっと無骨な男性なのかと
勝手に思っていて(笑い)

ちょっとヤンチャというか、軽妙なので、
オドロキながらも、微笑ましく拝見しましたぁ。

最初と最後、博物館のシーンがつながる
という展開、好きです!!

この作品も、各人物の演技とか
解釈とか、考えどころ、見どころ、
多いですよね~。

今は、ワタシは
どうしても「オペラ~」に行ってしまう
のですが(笑い)
今日は、はじめてのアイーダで、わぁ~って
思っていただけなので、
とにかく、もう1回行ってきます!

飯野おさみさん、手堅いというか、安心して
いられるというか、
ちょっと色気もあって(笑い)
良いベテラン俳優さんに、なられたんですね~。

URL | リコ #- | 2012/07/20 22:20 | edit

Re: ようやく! 

>リコさん

とうとう行かれましたか!
そうなんてすよ。アイーダの舞台はかなりシンプルです。
そんな中照明とかがはえるんてすよね。

ラダメスはですねぇ、最近だいぶキャラが変わってきたというか(笑)
元々の設定は無骨な暴れん坊なはずなんてすがね…

セットもストーリーもシンプルなんで、その分役者の個性が剥き出しになりますね。
役者による振れ幅が大きいかもです。

飯野さんはテッパンですね。
いつ観ても変わらずカッコいいです!

URL | nalaniconey #- | 2012/07/21 08:56 | edit

異色?(笑い) 

ほ~。

新米四季ファンの私は、この舞台、少し異色なものを感じたのです。
イヤとか、そういうことでは全くなく、
なんだろ?と・・。

お聞きしてわかりました。

そう・・この作品、四季には珍しく?
登場人物=俳優に背負わされる
割合が多いと言うのかしら・・。

スキのある脚本と言うのかしら・・。
スキとは、悪い意味ではなく。

なにか、少し、四季らしくないものを感じた(笑い)
悪い意味ではないんです。


ラメダスの変貌ぶり?
笑いましたぁ~!
いつか、本家本元の無骨な武将風も拝見したいです!

この作品、アムネリスが一番しっかりと演じられないと締まりのないものになりますよね~。
そういうところが、オモシロイです。

来月もう一度!

有賀さんのメレブも拝見したいです。

URL | リコ #- | 2012/07/21 20:34 | edit

Re: 異色?(笑い) 

>リコさん

この作品は作品的には王道なんですけどね。
なんたってディズニーですから(笑)

ただ、この作品がちゃんと成り立つためにはアイーダ、ラダメス、アムネリスの
3人のバランスが肝心です。
その意味で、役者に負うところが大きいと思います。
バランスが悪いと、物語の必然性がなくなりますから。

有賀メレブ観て欲しいです!
最高の小僧ですから。

URL | nalaniconey #- | 2012/07/21 23:16 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://musicaltheater.blog130.fc2.com/tb.php/118-2bb02df1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。