09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

劇場つながり

各種観劇日記。基本的に劇団四季のみ、のはずが最近は色々と手を広げてます。書きやすさ優先でレポ内の俳優名は敬称略ですのでご了承くださいm(_ _)m

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

マルセルさんていじめられたい人? アスペクツ オブ ラブ《2012年6月30日(土)ソワレ》 

七夕の日というこの作品に似つかわしいのか、ないのかわからないような日に
千秋楽を迎えるアスペクツ オブ ラブ。
今回の観劇がMY楽である。

レポートにはあげていないが、実は前回のレポの後にも一度観に行っている。
その時の感想は1回目とまったく同じ。
まさに寸分違わぬ舞台を観させてもらった。
まったく入り込む隙がない完璧さだった。
その完璧さの多くの部分はローズを演じる佐渡寧子に起因する。

きっと今回も過去2回と同様に隙がない舞台を展開してくれるんだろうなぁ、
この作品を次に観れるのは何年後かなぁ、、、などと考えながら
最近はすっかりホームと化している浜松町までやってきた。
120630_1.jpg

ハマサイトの駐車場のお姉さんが自分たちが来ると「あ、また来た」と
うっすら笑っているような気がしているのは、恐らく何の根拠もない
被害妄想だろう。

という今回のキャスト。ま、前回とまったく同じだけど。。。
120630_2.jpg

ローズ・ビベール     :佐渡 寧子
アレックス・ディリンガム :中井 智彦
ジョージ・ディリンガム  :村 俊英
ジュリエッタ・トラパーニ :笠松 はる
マルセル・リチャード   :寺田 真実
ジェニー・ディリンガム  :谷口 あかり


今回は後から一緒に行くことになった人に元々取っていた分の席を譲り
自分は全体像を観るために2階席からの観劇となった。

幕が上がり前2回と同じようにちょっと肩をいからせた中井アレックスと
ちょっと昭和の香りがする笠松ジュリエッタの登場。
客席の空気も今までと同じ感じ。

そして、佐渡ローズの登場。
と、ここで違和感。今まと何かが違う。
声が出ていないとか、台詞トチったとか、疲れているとかそういうことではなく
ローズが発散している空気が変わっている。
前2回は初めからまったく隙がなく、凛とした佇まいでアレックスを
いいようにあしらっていた。
今回は何かこう隙がある。アレックスをバシッと跳ね返すのではなく
アレックスが誘いやすくなるような柔らかさを醸し出していた。
意図してこれをやっているのであれば凄い。
食虫植物ではないが、アレックスに「ちょっと行けんじゃね?」と思わせて
誘い込んでパクッと食し、エキスを吸ったところで吐き出す、みたいな(笑)
悪女っぷりの種類が変わったというか、増したというか。

なので、何度かアレックスをたぶらかす場面も「いきなりそれ?」という
感じではなく、より自然に見えるようになった。
とは言っても「え?それ言うか?」というのに変わりはないが(笑)
前半の悪女さが増した分、終盤にアレックスに置いていかれる場面の
説得力が増したように見えた。

今回の東京公演終盤に来てさらに奥が深くなった佐渡ローズだった。


一方ローズにやられっぱなしながら、最後にギャフンと言わせることに
成功するが、今度は自分がフラフラし始めるアレックス。
中井アレックスは生真面目さが前面に出るタイプなので、見方によっては
余裕の無さに見える場合もある。
目先のことに一生懸命になってしまうので、結構底も浅いといったところか。
それが本当のアレックス像なのかはわからないが・・・

毎回クスッとしてしまうのが、ラストのシーン。
ジュリエッタに「ジェニーが大人になったらどうする?」と問われた時の
中井アレックスの表情が可笑しい。
なんか顔のわきに「ギクッ」と吹き出しが見えてしまうのだ。
今回もしっかり吹き出しが見えて、2階席で一人でニヤけてしまった。


あとちょっと気づいたことを。
今までは単なるお飾りにしか見えてなかった佐久間ヒューゴは
今回ちょっとした感情表現が見られるようになった。
ただその感情表現が必要かどうかは微妙なところかも。
余計な人間模様が増えてしまうと、物語が複雑にというかわかりにくくなって
しまうからだ。
個人的にはヒューゴはアンサンブルとほぼ同列でいいのではと思っている。


劇中では描かれていないが、個人的にはローズとマルセルの関係性が
気になっている。
何でもない女優とマネージャーだけの関係だとは思うのだが、
扱いの難しいローズを長年支え続けたマルセル。
実はローズにあしらわれたい人なんじゃないかと(笑)
でもさすがのローズもマルセルにはちょっかいは出さず、仕方ないので
マルセルは扱いにくい女優のマネージメントをすることで、自身のMっ気を
満足させている、という。。。
ま、そんなこと気にしている人いないなw

というわけで、ローズの進化を確認した今公演最後の観劇だった。



よろしければポチっと
にほんブログ村 演劇ブログ 劇団四季へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 2012/07/01 Sun. 19:12 [edit]

category: 劇団四季:アスペクツ・オブ・ラブ

TB: 0    CM: 10

01

コメント

 

こんばんは!
3回も観たんですね~
私は初日で挫折したままです…
佐渡さんは、かなり思い入れのある役のようなので、最後まで完璧なローズなんでしょうね。

中井さんの高音は、良くなっていましたか?
私が観たときは、鍋さんを彷彿させるものがあったので…
(そこまで酷くないけど)

さて、今週末のご予定は?
LKには、依然として青山さんがいますよ(笑)

私はBB記念日に飯田ビーストに会える♪と、かなり期待していたのに、幻となりそうで落ち込んでいます。
やっぱりキャッツ行っちゃおうかなぁ!!

URL | 朋美 #- | 2012/07/02 23:44 | edit

Re: タイトルなし 

>朋美さん

この作品はストーリー的には入り込めないんですけど、音楽が良いですしね。
それにこの先またいつ観れるかわからないですし。

個人的には佐渡さんはアムネリスと争うくらいのはまり役だと思ってます。
たまにこれって地なんじゃ?と思ったり(笑)

中井さんの高音は一生懸命という感じはまだあります。
ただまぁその一生懸命感が前半では良い方に作用しているのかな、と。
鍋さんて・・・・それはひどいです(笑)

今週は観に行きません!!
はい、行かないですよ~。今のところ。

飯田ビーストは残念でしたねぇ。
それにしてもわざわざキャッツに持っていかなくても、とは思ってしまいます。
ほんと人材難ですよねぇ。

URL | nalaniconey #- | 2012/07/03 07:54 | edit

篤姫に 

大河ドラマ 篤姫のDVDを見ていたら姫の両脇にいる召し使い(ピンクの着物)の1人が池松日佳瑠さんにそっくりでした。出演作調べても見あたらないのでが・・。6巻よろしければ見て下さい。本人ならば入団前ですよね。退団した人は吉沢さんや柿澤さんなど見かけるのですが。謎です‥。

URL | もしかしたら #- | 2012/07/03 11:02 | edit

Re: 篤姫に 

>もしかしたらさん

篤姫ですかぁ。大河は何年も見てないんで篤姫もまったくの未見なんですよね。
ヤングナラの後にも色々俳優活動はしていたんでしょうね。
時期的には間違いなく入団前でしょうね。
ちなみに弟はヤングシンバだったようですね。弟のほうはドラマとかCMとか結構出てるみたいで。

URL | nalaniconey #- | 2012/07/03 18:45 | edit

No title 

昨日、観てきましたぁ~。

計6回観ましたが、こちらのレポのあとは、昨日観ただけです。

ハイ、 ローやズが、少し丸くなったというか、
物腰が柔らかくなっていましたわ~。
そういうローズは、昨日が初めてです。

まぁ、ちょっと女っぽくなったとも言えるような?
ですから、後半、アレックスにすがるところが、
今までより重く、哀れさが増して、
それはそれで見応えアリ。

ヒューゴ。
そう・・
存在が目立ってはいけないと思います(笑い)
黒子みたいでいればイインデスよね(笑い)
4人の男女の相関図に、これ以上だれか入り込まれると、ちとウットウシイ?(笑い)

余談ですが、  ジュリエッタも、男運が悪いというか(笑い)
最初にご主人と死別して、好きになる男性を独占できず・・。
毎回、つくづく同情しちゃうというか(笑い)
まぁ、彼女自身、芸術家だから、いいのか~~。


で・・マルセルさん。
好きですよ~~!  この人(笑い) だいすき!!
カーテンコールで、マルセルさんに向かって思い切り拍手しています(笑い)

ローズを、女優としても女性としても
一番愛しているのは、
実はこの人かも・・・と、私は解釈していて、
でも、それをぶつけるのではなく、
自己に返して、そう・・自分をいためつけるような形で、ローズとしっかり繋がっていて、

で、そういう自分に酔っちゃっているような
マルセルさん(笑い)

大好きなんですぅ~~!

この人物の、進行上での立ち位置、台詞1つ1つ、
これらは、
この舞台に奥行きをもたらしていると思います。

寺田さんの、出過ぎない、だけれど間違いのない
演じ方も大好き。

良い意味で、
欲のない演技というのかしら・・。

四季は、そういう脇役さんがいるところが、
大好きです。
なかなか出来ないことかと・・。

むずかしいことはわかりませんが、
こういう作品、舞台が観られること、
すっごく幸せです。

次の公演も、たっくさん観られますように・・。

また長くなってしまって・・・スミマセン・・。

URL | リコ #- | 2012/07/07 18:56 | edit

Re: No title 

>リコさん

計6回ですか!僕の倍ですね(笑)
まぁ好きな舞台を好きな時に観れるのはいいことです。

ローズはやっぱり変わりましたよね。
僕の中では女っぽくなったかも=更なる悪女にという図式ですがw

マルセルの寺田さんは他の演目のときもいかにも彼らしい
怪しい役~落ち着いた役まで多彩で、且つ安心して観られます。

やっぱり四季はアンサンブル含めメインキャスト以外の人たちのレベルが
高いと思います。
他の舞台は数えるほどしか観てませんが、まとまりの無さだったり
如何にも脇役的な佇まいで・・・

アイーダは残り少ないんで、とりあえずはこっちにはまってみて下さい(笑)

URL | nalaniconey #- | 2012/07/08 10:16 | edit

脚光を浴びてほしい 

こんにちは。

ローズ。
5回の観劇では、私は、
とにかく「ローズは要するに女優ね~」と、言動全てを納得しまして。
骨の髄まで「女優」というのが、ローズなのね~と解釈。

ですから、理解しがたい言動も、私は、どこかスカっと爽快で、
そこが自由劇場に引っ張られる要因でもあって・・。

そして、この「女優魂」は、佐渡さんの理想なのか
そう「地」なのか(笑い)
どっちだろ?なんて、
毎回ほくそえみながら帰路へ(笑い)

おとといのローズは、「女性」の面が前面に出ていましたよね~。

アハ! で、さらなる悪女・・というご解釈を!
笑わせていただきました~。
まぁ、男性の観点なのかしらね~。

まぁでも、普通に考えて、ローズって悪女
ですものね(笑い)
で、その対照に、寛容で辛抱強い?ジュリエッタがいるわけで・・。

ちなみに、この物語、私は、小説より舞台の方が
はるかに構成がおもしろいです。
よく出来ている。
あ、だから良い悪いではなく・・。
原作と舞台は、なんでも、全く別モノとして観ていますから。

脇役のまずさ。
これは、歌舞伎を離れて、ミュージカルやストレイトプレイをあれこれ観たとき、すごく感じて
すごく興ざめして、
で、四季はどうだろ?
と、足を向け・・・足を捕られた!!(笑い)

しか~し、こういう舞台、
主役さんももちろんですが、 寺田さんのような人こそ演劇賞を差し上げるべきだと思ってしまう。

四季びいきだから言うのではなく、
日本の演劇界の姿勢として、
こういう俳優さんに、時々でいいから、受賞させることが必要だと。
だれもが、寺田さんのような俳優になる必要はないけれど、
ただ・・、
やはり、全ての俳優も観客も、決して忘れてはいけない「俳優というものの本来の姿」
ではあると思うから・・、受賞させるべきかと。

こういう舞台、俳優さんたち、
もっと脚光浴びるべきだとおもいつつ・・、

そういうことを良しとしないのが四季の方針なのですね?
まぁ、確かに、俳優業みたいなものは危ういですから、演劇界の中心に立つことが
必ずしも実力向上に比例しないものですしね~。

四季は、職人の世界ですよね~。  ハイ、職人の世界は好きです(笑い)

多くの人に観てもらいたいと思いつつ、
脚光浴びると、四季のなにかが崩れることを
恐れる自分がいます(笑い)

で、友人とか全く誘わずに、ひとりで四季へ。 で、満足満足・・。
私って、心が狭いなぁ~と、時々思います(笑い)


えっと、これで、アスペクツ~が一段落したので、今週からは・・、
きっと「海」に行っちゃう(笑い)

20日にアイーダ取ってあるのですが、その前に一度行った方がイイですよね~。

けど、「夏」も、行っちゃうんですよね~。
視覚的要素に弱い私は、「美女~」の舞台、大好きなんです(笑い)

で、ガス(昆虫顔じゃない)にも、そろそろ会いたいし・・

あぁ、また迷う~~~~~~~~~~~~~。

「文七~」はチケット取りました~。 また長くなった・・スミマセン

URL | リコ #- | 2012/07/08 13:36 | edit

配役予想は? 

アリスインワンダーランド取れました。以前保坂知寿さんの舞台を取れ損ねていたので、よかったです。気になるのは配役ですね。濱田さんは、猫か女王様でしょうか。アリスは普通に考えたら高畑さんですけど、少女でなく小説家のアリスとあったので、男性である可能性も?柿澤さんはウサギですかね。どう思われますか?

URL | 一般でも大丈夫でした #LkZag.iM | 2012/07/09 00:20 | edit

Re: 脚光を浴びてほしい 

>リコさん

はい。ローズの基本は悪女です(笑)
女優として見せた上に女らしさをかもし出して惹きつけておいて
とりあえず摂取してからポイっと、というところが悪女ですねぇ。
嫌いではないですがw

やはりちゃんと劇団として活動しているところが、悪い言い方をすると寄せ集め的な舞台との
違いなのかなぁとか思います。
でもその場限りでいろんな人が集まっても良いものは良いですしねぇ。。。

是非アイーダ観に行っちゃってください!
たぶん観たら・・・通うことになると思いますので(笑)

URL | nalaniconey #- | 2012/07/09 00:42 | edit

Re: 配役予想は? 

>一般でも大丈夫でしたさん

おぉ、取れたんですね。よかったです!
ちなみにこの演目・・・何の知識も持ち合わせておらず・・・申し訳ないです。
まだまだ先なので僕も勉強しておきます~
観に行くかはわからないですが(笑)

URL | nalaniconey #- | 2012/07/09 00:45 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://musicaltheater.blog130.fc2.com/tb.php/117-c9589373
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。