05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

劇場つながり

各種観劇日記。基本的に劇団四季のみ、のはずが最近は色々と手を広げてます。書きやすさ優先でレポ内の俳優名は敬称略ですのでご了承くださいm(_ _)m

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

便乗される怪人  オペラ座の怪人《2012年6月23日(土)ソワレ》 

前回オペラ座の怪人を観たのが去年のクリスマスカーテンコールの時だから
ちょうど半年前。
大好きな作品ではあるので、その後も何度か行こうかなぁとは思っていたものの、
今一つ突発するきっかけが掴めず、キャスト次第なので先行も取らず、てな感じで
ずるずると半年、である。

突発するのは5年ちょっと前に一度だけ観て、衝撃的だった佐野ファントムで!
と、考えていてこともある。
で、待ちに待った佐野ファントムがシングルになった時点で迷わず突発、
と行きたいところだったのだが、同じタイミングでライオンキングのラフィキが
オリジナルキャストである青山弥生に。
『Song & Dance The Spirit』で相変わらずパワフルな「サークル・オブ・ライフ」を
聞かせてくれたのも記憶に新しい。

う~ん、これは困ったことになった。。。
そりゃマチソワとか2日連続でとかすればいいのだろうが、それでなくても
毎月バカみたいに観てしまってるので先立つものも・・・
ちょっとは計画的にしないと。
ということでどちらかを選ぶことに。

キャスト次第で観ようと思ってたのに、そのキャストで迷ってしまい作品で
選ぶことに。。。
あ、これは作品主義の四季の戦略にハマったということだろうか。

で、最終的には今の気分で40回近く観ているライオンキングではなく、
オペラ座の怪人に軍配が上がった。

というわけでやって来た半年振りの四季劇場 海。
劇場に向かっているとカレッタ汐留の入り口前の柱にこんなポスターが。
ホリプロ・・・これはやり過ぎだろ。ホリプロともあろうものが。
120623_1.jpg

ちなみに後ろにちょっと写ってるのは、濱田めぐみが出演予定の
「アリス イン ワンダーランド」。
一番左端が濱田めぐみだ。こんな形でここに戻ってくるとは・・・

という半年振りの今回のキャスト。
120623_2.jpg

オペラ座の怪人        : 佐野 正幸
クリスティーヌ・ダーエ    : 苫田 亜沙子
ラウル・シャニュイ子爵    : 飯田 達郎
カルロッタ・ジュディチェルリ : 浅井 美波
メグ・ジリー         : 中里 美喜
マダム・ジリー        : 戸田 愛子
ムッシュー・アンドレ     : 増田 守人
ムッシュー・フィルマン    : 平良 交一
ウバルド・ピアンジ      : 永井 崇多宏
ブケー            : 金本 和起


最近になってクリスティーヌに登場した土居愛実は色んな意味で
話題になっているようなので、どんなものか観てみたい気もしていたのだが
前日から苫田亜沙子に変わってしまった。
まぁ、久々のこの作品で冒険しなくて済んだのだから良しとすべきか。
実際始まってすぐに「あ、やっぱりこっちで良かった」と思ったのだが。。。


まずは今回の観劇の一番の目的であった佐野ファントム。

高井治が自分の中でファントムのデフォルトになっていたのだが、
そのファントム像とは全く違った佐野ファントムの登場は衝撃的だった。
佐野ファントムのデビュー直後に観たのだが、観劇後の余韻のあまりの違いに
興奮したものだった。
他の観客の反応も同様で、何でもない普通の日だったのだが客席は
スタンディング・オベーションになったことが何よりの証拠だ。
5年以上経ってその佐野ファントムがどうなっているのかを確認したかった。

やはり今回も四季がデフォルトにしているであろうファントム像とは違う
熱いファントムを観ることが出来た。
一つ一つの仕草や、息遣いなど全てに意味が込められている。
もちろん高井治や村俊英もそのように演じてはいるのだろうが、二人の時は
歌でエンジェル オブ ミュージックであろうとしているように感じる。
歌では二人には及ばないところがあるかもしれないが、いや及ばないことを
自覚しているからこそ、歌以外での表現の割合が大きくなるのだろう。
もちろん歌が弱いわけでもなんでもなく、単純に他の二人と比較したら、と
言うことだ。

なので、ファントムが抱える様々な想いをより直接的に観ることが出来る。
そう言う意味で言うと、映画版のジェラルド・バトラーや一度しか観ていないが
ロンドンで観たファントム(俳優名わかりません。。。)に近いかも。

「エンジェル オブ ミュージック色が強い=正体がよくわからない=
不思議な余韻を残す」というのが四季でのこの作品のデフォルトだと
思っていたのだが、佐野ファントムはそれを思いっきり覆す。
作品が普通に生々しい人間ドラマになる。
ここまで違ってしまうと四季の作品主義という理念もぶれてしまうのではとも
考えてしまうが、佐野ファントムが素晴らしいことに変わりはない。
佐野ファントムを観たことが無い人、逆に高井ファントムを観たことが無い人は
作品が違った角度で見ることが出来るので、それぞれを見比べるのも面白いと思う。

今回も観客にいつもとは違う余韻を残したことは、カーテンコールでの反応が
物語っていた。


もう一人楽しみにしていたのは飯田達郎のラウルだ。
Song & Danceではよく観ていたが、ラウルでは初めてだった。
作品の雰囲気がそうさせるのかもしれないが、極めて自己主張が少なく
そつの無いラウルだった。
せっかく佐野ファントムがあれだけのことをするのだから、思い切って
ファントムと勝負して欲しいかも。もう少し存在感が欲しかった。
作品が別物になるかもだけどw


苫田亜沙子のクリスティーヌは何度か見ていて、今までは特に違和感もなく
不安感もなく落ち着いてみていたのだが、今回はちょっと違った。
何が変わったのかわからないのだが、自己主張が強いように見えた。
その分クリスというよりはグリンダに見えてしまった。
計算高いというか如才ないクリスティーヌ。
ちょっとクリスティーヌのイメージとは違うかもしれない。
とらえどころがなく不思議ちゃん的な部分は見受けられなかった。
あとちょっとしたことだが、高音がちょっと上ずると言うかシャープしていた
のが気になった。珍しいことだ。

あとは全体の感じを・・・
佐野ファントムに引っ張られた結果なのか、最近はそうなのかはわからないが
カンパニー全体に力がみなぎっている様に見え、まとまりも良く、
全員が一つの方向に向かっていることが感じられて良かった。
そんなところもクリスティーヌで冒険しなくて良かったと思った一因だ。


今週に入りファントムが高井治に戻っている。
やはり四季のデフォルトは高井治なのだろう。
とは言え、佐野ファントムがたま~に登場するところに四季の不思議を
感じる、今回の観劇だった。


よろしければポチっと
にほんブログ村 演劇ブログ 劇団四季へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 2012/06/25 Mon. 23:23 [edit]

category: 劇団四季:オペラ座の怪人

TB: 0    CM: 21

25

コメント

 

迷ってオペラ座にしたんですね~
じゃあ、今週がLKですね(笑)

佐野さんファントムはとても評判いいのですが、一度も観たことないのです。(全部、高井さん)
ジェラルド・バトラーっぽいんですか?
う~ん…ジェラルド・バトラーのファントム苦手なんですよね…
次回の登板の際、どうしよ(。・ω・。)

達郎ラウルは個人的に涼太ラウルに比べるとキラキラ感とクリスに対する愛情(包容力)が足りず、物足りなかったです。

私的には、佐野さんファントム・苫ちゃんクリス・涼太ラウルだったら何を置いても突発なんですがね~
思ったキャストが来ないのが四季(笑)

URL | 朋美 #- | 2012/06/26 08:21 | edit

Re: タイトルなし 

>朋美さん

はい。。。散々迷った挙句のオペラ座です。
今週はキャストが変わったので、迷わずLKに!
って、無理無理無理無理・・・・
今週末はアスペクツも入ってるので。

わかりやすく言うとジェラルド・バトラーというだけであって、
ジェラルド・バトラーと似ているわけではありません。
機会があれば是非一度佐野ファントムを観てみてください。

そうなんですよね。達郎ラウルは特に問題はないものの
今ひとつ物足りない感じがありますよね。
もう少しこなれると変わってくるでしょうかねぇ。

思ったキャストが来ないまま、今度こそ!と先行でチケット買わせるのが
四季の手ですかね?(笑)

URL | nalaniconey #- | 2012/06/26 14:11 | edit

 

あら、今週はAOLですか…
まぁ、春はご近所さんだし、思い切ってポチッてはどうでしょう♪

それにしても、四季(以外にも?)通ってますね~
私、かなりセーブしてますよ!
来月のBB記念日のチケットしか今ありません♪

佐野さん、ジェラルド・バトラーに似てるわけじゃないんですね!
じゃあ、次回の登板ではポチッてみます♪

達郎ラウルはデビューしてからだいぶたつし、今後劇的な変化は無いような気がしてます…
(主役級の役をやったら、経験からそれもありそうだけど)
個人的には、オペラ座のようなクラシック系ミュージカルより、今キャスティングされてるフィエロや暴走族なんかの方が本領発揮できるんじゃないかなぁ?と思ってます。

URL | 朋美 #- | 2012/06/26 17:45 | edit

Re: タイトルなし 

>朋美さん

いやいや、近くて遠い四季劇場 春ですよ。たぶん・・・きっと・・・

そうなんですよねぇ。何だかいろいろと見まくってしまい。
四季以外が増えてきたこともあるんですけどね。
でも朋美さんにそれを言われるとは・・・確か相当観てなかったでしたっけ?(笑)

確かに達郎君はラウルよりフィエロとか暴走族のほうが合ってそうですね。
ちょっと軽いところもあるキャラの方が似合いますね。
ラウルやってることが他にいい影響で出れば良いですよねぇ。

URL | nalaniconey #- | 2012/06/26 20:06 | edit

No title 

こんにちは。
2月に何年ぶりかの佐野ラウルを拝見して、
その後佐野ファントムも拝見して
佐野さんの演技の幅は本当にすごいなあと思っています。
飯田(弟)ラウルは私もちょっと物足りないですね。
アイーダが一番好きな作品なんですが、
オペラ座も自分の中でとても大切な作品です。
LKは2回しか見た事無いです(汗)
再び大阪に来るので、いろんなキャストで観てみたいです。

URL | なにわのねこ #41Gd1xPo | 2012/06/27 00:21 | edit

メグ・ジリー 

中里?さんの演技、歌声などはいかがでしたか?プログラムのプロフィールの写真映りが可愛いかったので、観てみたいです。

URL | クレジットカードがないと先行予約が取れないなんて・・(泣)四季以外のサイト #EBUSheBA | 2012/06/27 06:51 | edit

クスっとしました(笑い) 

こんにちは~。

今日は、いきなり「夏」に行くことにしました!

ちょっとね・・
視覚的にも筋も明るく、そしてハッピーエンドの話で、一度、心を浄化しないと~~(笑い)

ファントムの哀しい~背中が
ちらついてダメです~~~~~!


で、ちょっと(笑い)

先日の「オペラ~」の観劇で
終演後、出口付近で、女性の学生さんらしき人が
隣のお友達に、
「結局、あの女の子は、どっちの男が好きなのぉ???」って真顔で・・。

ワタシ、思わず、1人でクスっと
してしまいましたぁ~。
確かに確かに・・。

あはぁ~、 いろんな解釈が出来ますが、

ワタシは、「そりゃあー心の奥では断然ファントムよ=、ホントはファントムが好きなのよ」って
心で叫んだ~。

ハイ、独りよがりの解釈を(笑い)
まぁ、観劇なんて、そういうことでもイイかしらね?(笑い)

では、また~。

URL | リコ #- | 2012/06/27 08:19 | edit

また、ちょっと(笑い) 

家事の合間にパソコンの前に座る(笑い)

以前、こちらで、
ピアンジ役の橋元さんが、外見が若すぎるのでは?
と書いていらっしゃいましたよね~、

ワタシは、橋元さんは気にならなかったのですが、

今回、ピアンジさん、
なんていうか、子供みたいに見えて(笑い)
お顔もですが、体型が、幼児体型のような?(笑い)

走りながら舞台から下がるところなど、
まさに、コドモが走る姿そのもので、
ワタシ、思わずほほえんでしまって(笑い)

ちょっと違和感があるのは確か(笑い)

ピアンジ役に適した
年齢やキャリアの俳優さん、いらっしゃるでしょう
にね~。

チョット、思ったことでしたぁ~。

URL | リコ #- | 2012/06/27 09:47 | edit

ぜひ両方。 

こんにちは^^
私は新人クリスさんで観てきましたよ。
いろんな意味でスリリングな舞台を楽しめました(笑)
地下室でのシーンは、新人さんは影薄いためか目に入らず(笑)、佐野ファントムと達郎ラウルの熱い戦いに、手に汗握り、涙しました。
いいもの観せてもらいました^^

LK、本当に行かないんですか?
まだ間に合いますよ。
もったいないな~
すごく良かったのにな~。。。(ニヤリ・笑)

URL | tsunatam #mQop/nM. | 2012/06/27 12:44 | edit

Re: No title 

>なにわのねこさん

そう言えばありましたねぇ、佐野ラウル!
僕は前の東京公演の時に一度だけ佐野ラウルを観たことがありまして、
その時に緊迫の場面で思いっきり台詞噛んだんですよね(笑)
Pint Of No Returnの前、ピットで銃を構える警官に「その時がきたら打て」というところで。
それ以来佐野さんを実は苦手としていたんですが、ファントムで大好きになりました。

アイーダもオペラ座も良いですよねぇ。。。
どっちとは言えないです。

LKは2回だけなんですか?意外です。
僕の感激記録の何分の1かを分けてあげたいです(笑)
是非大阪公演は楽しんじゃってください!
何十回でも!

URL | nalaniconey #- | 2012/06/27 13:15 | edit

Re: メグ・ジリー 

>クレジットカードがないと先行予約が取れないなんて・・(泣)四季以外のサイトさん

まぁ振込みとか代引きだと色々面倒なんでしょうね。。。
というか四季に慣れてしまうと四季以外はなっとらん!と思いますね。

えっと、中里さんですが・・・歌、演技ともに過不足なくというところでしょうか。
若干台詞がたどたどしかったかもです。
終盤でファントムを追いかけようとしてマダム・ジリーに止められるところです。
ものすごい演技&ものすごい歌のメグは逆におかしいと思うので、ちょうど良いかも。
メグのメイクだとだいぶ変わってしまう&2階席だったので顔はよくわからずです・・・
コメント見て今回久々に買ったパンフで顔を確認したら確かにかわいいですね。。。
近くで見たかった。。。

URL | nalaniconey #- | 2012/06/27 13:20 | edit

Re: また、ちょっと(笑い) 

>リコさん

なんとBBですか。確かにとってもハッピーエンドで間違いない作品ですからね。
何も考えず楽しめるし。
ルミエールが道口さん何でうらやましいです。

確かにクリスティーヌは結局どっちなんよ?ですね(笑)
まぁそれが男が理解できない女心なんでしょうか?アスペクツのローズのように・・・
でも、オペラ座の続編のLove Never Diesの設定見たらたぶん脱力しますよ。
あ、オペラ座の雰囲気を壊したくなければ見ないほうが良いです(笑)

ピアンジは今回は遠目だったこともあってか見た目は気にならなかったです。
歌は凄く良かったですし。
ただ、僕の中ではピアンジ=半場俊一郎さん、カルロッタ=種子島さんというコンビで
すっかり出来上がってしまっていて、他のキャストだとちょっと違和感感じたりもします。
ちなみに半場さんは外部の公演にも出れる契約のようで、8月に元四季の人が主催する団体での
公演に出演されます。

http://ameblo.jp/rm-company/

去年同じ演目を観たんですがめちゃくちゃ面白かったです。
会場は40人くらいしか入らない小さいところなので臨場感も半端ないです。
しかも今年はちょっと演出変わってミュージカルっぽくもなるようで楽しみです。

URL | nalaniconey #- | 2012/06/27 13:30 | edit

Re: ぜひ両方。 

>tsunatamさん

僕も新クリスは非常に興味深いところではあったのですが、今回はいろんな意味での
スリルは感じなくて良かったです(笑)
キャスティングに出たり入ったりしてるみたいでどうなんでしょうねぇ・・・・

佐野ファントムやっぱり良いですよね。
ただあの熱さというか暑苦しさ(?)がデフォルトだと四季的にはダメなのかもしれないですね。
あのテンションだとロングランに出続けるのも大変そうですし。

LKは・・・・行けないです!はい、たぶん。
というかそんなに僕を破滅への道に追い込みたいですか?(笑)
いっそ基金でも作りましょうかね。『nalaniconey観劇救済基金(通称NKKK)』。
もしくはファンドでも作りますかね。
投資以上の満足度が得られるレポ書きます!みたいな(笑)
たぶんある程度お金が集まった段階でブログ消して行方不明になります(笑)

URL | nalaniconey #- | 2012/06/27 13:36 | edit

アリスインワンダーランド 

一般予約だとチケット完売してしまいそうなので、先行抽選の期間中にカードを作りたかったのですが審査に通らす゛・・(泣)ソロコンサート(弟のカードで抽選予約してもらった)とSong for(一般)・・で我慢です。

URL | クレジットカード審査落ち #LkZag.iM | 2012/06/27 14:29 | edit

Re: アリスインワンダーランド 

>クレジットカード審査落ちさん

切ないHNですね・・・(笑)
アリスインワンダーランドってそんなに話題なんですか?
僕もソロコンサートと、Song For ~は取ったんですが、アリス~はいまいち食指が伸びませんでした。
これと言った理由はないんですがね。
ボニクラとジキハイのイマイチがつっと来ない感じに懲りてしまったからでしょうか・・・

URL | nalaniconey #- | 2012/06/27 15:31 | edit

 

元四季の濱田さん、柿澤さん、ミュージカル、ピーター・パンや奇跡の人(ヘレンケラー)の高畑充希さんも出るので期待しています。高畑さんは林香純さんと知りあいのようで以前blogに自由劇場の外で撮ったツーショットを載せてました。ボニクラ、ジキルは悲劇で内容はあれでしたが、ワイルドボーンの曲は私は気にいったので。

※長々すみません。

URL | 話題はわかりませんが #LkZag.iM | 2012/06/27 15:46 | edit

Re: タイトルなし 

>話題はわかりませんがさん

そうですよね。確かにキャストは興味深いところが揃ってたりするんですけどね。
う~ん、なんで食指が動かなかったのか。。。
まぁ観過ぎだぞということでしょうかねぇ。。。

URL | nalaniconey #- | 2012/06/27 18:07 | edit

ならば・・今日は 

えっと、

まず、   ピアンジさんのことから(笑い)
なるほど、たくさん観て観劇歴も長くなると、
たとえ、作品主義の四季の舞台でも
観る側には、俳優さんの印象がアレコレと残り
定着するのですね~。

意外に、大事な脇役って、
観る側は、こだわりが強いものですよね・・。
演劇や映画って。

で・・、
あぁ、なるほどそうですか・・。
四季が、良しとするファントムは、高井さんなのですか・・。 
ほほ~~。

今思うと、ハイ、
高井さんは、
「男性」という面がほとんどなくて「怪人」だったなぁ~と。 「怪人」ということでの
スケールの大きさみたいなものは、
高井さんのファントムだったなぁ~と、

佐野さんを拝見して、初めて感じました。

佐野さんは、まさしく「男性」としての
ファントムでしたものね~~。
で、ワタシは、そこにバッキューン!って(笑い)

こちらで教えていただいたように、
目を背けていないで、見比べると、いろいろと
見えてきますね~。

で。。。。
あらぁ~ 今週からファントムは高井さんに。
あらま・・
ちょっと残念半分(笑い) だけれど、行く気満々も!

しかし、  まだ・・ちょっと
佐野さんファントムが居座っていて、
四季の正統派ファントムをきちんと堪能できない
ようで、 アハ~~、 それでは
もったいないので、
もう少し、「海」は、間を開けて・・。

ならば・・今日は、自由劇場です!!!!

URL | リコ #- | 2012/06/28 07:23 | edit

ぜひ・・・ 

8月の
元四季の方々主催の舞台、ご紹介
ありがとうございます!!!!!

わぁ・・・、こういう舞台があるんですね~。
ふむふむ~~。
なんだか、ユニークユニーク・・。
イマドキに疎いワタシには未知の世界・・。

ぜひ、行ってみます!

まぁ、元四季の方々だから・・というより
「文七元結」という歌舞伎の演目が題材ということで、どんな味付けをするのかしら~と(笑い)
素直に、オモシロイ話ですしね~(笑い)

ふむ・・
保坂知壽さんがご出演の舞台、行きます!なんて
以前、わたし、書いたのですが、
やめましたの(苦笑い)

元四季の女優さんの今は??という興味が確かにあったのですが、

最近・・・、
元四季の人を見る「時間」と「お金」があったら
「今の四季」を1本でも多く観たいなぁと、すっごく思うようになって・・。

もう少し、四季ファン歴積んだら、元四季の方に
出向けばいいかしら・・と。

ですから、
この、8月の舞台は、 「作品」に興味が湧くので行きま~~す!!

ご紹介、本当にありがとうございます(ペコリ)

が・・・・
あまりアレコレ誘惑なさらないでぇ~~~(笑い)
お金がぁ~~~~~~~~。

URL | リコ #- | 2012/06/28 08:26 | edit

続編 

あはぁ~~!

「オペラ座~」の続編って、見たことはないのですが(映画?)
なんか・・、聞こえてくる限りでは(笑い)

ラウルはすっごい情けない男で落ちぶれて、 
ファントムは、より病的なオトコになっていて、
クリスティーヌを思いつづけ、いろいろ不気味行動を(笑い)

クリスティーヌは上手いこと両方になびきながら?要領よく生きる~~というような
ことなんですよね?

あは~、
大丈夫です(笑い)   

わざわざDVDなどで観ようとは思いませんが、

ワタシ、ファントムをカッコイイ男に崇めてしまっているわけでなく、
むしろ、
ちょっと病的、感覚が偏っている、欠陥人間、
コンプレックスが、ひん曲がっている
痛々しい、哀愁たっぷり~ というところが、
大好きなんです(笑い)  だから、続編、意外と好きかも(笑い)

ラウル。  はっきり言って、アタマの鈍そうな
力のないつまらない男ね~としか思えない(笑い)

なので、ラウルは、どの俳優さんが演じてもイイや~って(笑い)

で、続編で、ラウルはぐうたら亭主?みたいに
なっていると知って
「ほら===!やっぱり===」って、
ちょっとほくそ笑んじゃって・・、

あはぁ~、ワタシってイジワル?(笑い)

佐野さんが好きというより、
佐野さんが仕立てるファントムが、好き・・。
佐野さんの背中ではなく、
あの哀しい背中を持つファントムが好き・・。

高井さんのファントムって
神々しいですよね~。  
清廉というか・・(笑い) ワタシは、そこが物足りなかったようで・・。

でも、四季のファントムは、高井さんだというなら
それは素直に楽しみたい。

時々、「恋に狂う偏り男、ファントム」を登場させてくれれば幸せ~~~!!(ウマ跳ねる)

えぇ、佐野さんファントムは、
アレ、長期で演じるのは無理ですよね~(笑い)

ハイ、こちらも、倒れちゃいます!!  基本は高井さんファントムで、イイのだわ~(笑い)




URL | リコ #- | 2012/06/28 09:39 | edit

まとめて返信(笑) 

>リコさん

まぁ、四季が目指しているファントム像の正解はわからないですけどね。。。
目指しても人がやるもんなんで、人によって色が変わってくるのは当然のことですしね。
なんか高井さんの声で聞きたくなってきました(笑)
いろいろその時の自分の調子によって変わってくるんで、それに合わせてキャストを選べば
いいかな、と。

文七元結は僕はまだ基の落語は見てないんですが、知らなくても十分楽しめます。
たぶん会場に入ったらびっくりすると思いますよ。
あまりの狭さに(笑)だから臨場感半端ないです。
是非観てみてください。

Love Never Diesはですねぇ、曲は相変わらずとても良いんですよね。
オペラ座の曲もちょこっとだけ顔出したりとかセンスも良いですし。
ただストーリーがどうかなぁ、、、とオーストラリア版のブルーレイに手を出せないでいます。。。

URL | nalaniconey #- | 2012/06/28 15:10 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://musicaltheater.blog130.fc2.com/tb.php/116-3ec5d696
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。