05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

劇場つながり

各種観劇日記。基本的に劇団四季のみ、のはずが最近は色々と手を広げてます。書きやすさ優先でレポ内の俳優名は敬称略ですのでご了承くださいm(_ _)m

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

ちょっとお洒落過ぎないか!? アスペクツ・オブ・ラブ《2012年6月2日(土)ソワレ》 

前回アスペクツ・オブ・ラブを観たのは2005年10月だからもう7年前。
当時は保坂知寿、石丸幹二という四季を代表する二枚看板の豪華キャスト。
というか、当時はこの作品はこの二人が演じるためにやるもんだと思ってたw
その時にキャンペーンだった何かで貰った記念品。
120602_4.jpg
まぁ飾るしか無い代物である。
昨年の地震の時に棚から落ちたが、幸い無傷だった。


前日のアイーダ1,500回記念日に続き浜松町にやって来た。
もういい加減ハマサイトの駐車場の人にはすっかり覚えられてるんだろうなぁ。
120602_1.jpg

7年前にこの作品を観た時は正直理解できなかったというか入り込めなかった。
主人公の一人であるローズの思考パターンがまったく理解できなかったし
アレックスにも共感できなかった。
唯一共感できたのが音楽。この音楽を聴くためだけに観ても良いと思わせる
相変わらずのロイドウエバーらしさ全開の音楽だった。

この作品はある意味少女マンガの様なところがあって、その辺が男である自分が
受け入れられなかったところかもしれない。
考えてみるとロイドウエバーの作品のいくつかは、非常に女性的だ。
エビータ然り、オペラ座の怪人然り。
彼の女性に対する思い入れが描かれているのだろうか・・・

今回はキャストも一新され、自分の観劇キャリアもそれなりに積んで
見方も色々と変わっているだろうから、どのように観れるかを楽しみにしていた。

今回の公演が発表された時に、ローズとアレックスは一体誰がやるのか
かなり悩ましかった。って、おれが悩むところではないがw
アレックスは飯田兄かなぁ、とかローズはやっぱり樋口麻美なのかなぁ、とか。

で、蓋を開けてみればローズは予想もしてなかった佐渡寧子。
最近よく四季の舞台にも登場しているが、客演だと思ってたので
(実際どうかは知らないけど)、考慮外だった。
そしてアレックスはすっかりその存在を忘れていた中井智彦。
声と歌は全くもって適任だし、見た目も悪くない。
そういえばこの人がいたんだった、と言う感じだった。

という今回のキャスト。
120602_3.jpg
ローズ・ビベール     :佐渡 寧子
アレックス・ディリンガム :中井 智彦
ジョージ・ディリンガム  :村 俊英
ジュリエッタ・トラパーニ :笠松 はる
マルセル・リチャード   :寺田 真実
ジェニー・ディリンガム  :谷口 あかり


と言うわけで各キャストの感想を。

まずはローズの佐渡寧子。
今まで観た来たこの人の役の中ではアイーダのアムネリスと1~2位を争う
素晴らしい出来だった。
保坂知寿で観たのが7年前なので、もうその印象もかなり薄れているしというか
印象は残ってないし、自分は保坂派ではないこともあるが、
佐渡ローズの実に見事な隙の無い演技は、保坂ローズを懐かしむ必要をなくしている。
完全に役を物にしている。歌も一切ぶれる事が無い。
完璧すぎることにケチを付けたくなるくらいの完璧さだ。
この隙のなさが佐渡寧子らしさかもしれないと感じた。


アレックスの中井智彦。
この人はちょっと堅いイメージがあるのだが、佐渡ローズ同様にしっかりと
役を物にしており、違和感などは一切無い。
特に前半の10代のアレックスは、ローズにいいようにあしらわれる
子供っぽさが良かった。
この辺りは石丸アレックスよりも自然で良かったのではないか。
後半はより実年齢に近いこともあるためか、演技臭さもなく
等身大(と言うにはちょっと・・・な感じがある役だけど)で自然だ。
佐渡ローズとのコンビはまさにローズとアレックスのバランスを地で
いっているようなバランス感。
歌は一部高音で苦しそうなところもあるが、非常に良い声だし聞いていて
安心感がある。


ジュリエッタの笠松はる。
実はジュリエッタが笠松はるだとわかった時は、ちょっと雰囲気と歌が
違うんじゃないかと思っていた。
イメージ的にあまり強い女性という印象がなかったからだ。
が、彼女もまた見事にジュリエッタを演じていた。
確かにもう少し年齢が高い方が見た目的にはより良いのかもしれないが、
力強い歌も、大人の女性を感じさせる演技も素晴らしかった。


ジョージの村俊英。
この人は意外性も何もなく普通に(良い意味で)良かった。
個人的には前半の方が余裕のある大人の男性の雰囲気がよりよかったと思う。
後半のアレックスに猜疑の目を向けていくところはもう少し感情が露な方が
判りやすいとは思うが・・・


ある意味一番びっくりしたのが、ジェニーの谷口あかりだ。
キャストがわかった時は、正直無理じゃないのか?とさえ思った。
ジェニーっぽい無邪気な子供っぽさが抜けてきていることもあるし
何よりあのロイドウエバーの曲は歌えないのでは?と思っていたのだ。
が、実際に観てみるとこれが良かったのだ。
歌も確かに声楽系の人には敵わないが、必要十分以上に歌えていた。
すごい頑張っていたと思う。
ジェニーの恋に恋する表情も非常に良かった。
今回一番ビックリしたかも。


7年ぶりの今回のこの作品。
やはり物語としては共感は出来なかった。
だって、すごい話しでしょ!?ある意味人間関係破綻してというか
さらなる破綻を匂わせて終わるしw
だが、一幕を観終わった時には「早く次ぎ観に来たい!」と思っていた。
それはアンサンブルも含めたキャスト全員の素晴らしい演技はもちろんだし、
ロイドウエバーの素晴らしい音楽も理由の一つだ。
始まってしばらくは舞台上のあまりの完璧なお洒落さに半笑いだった。
この自分に似つかわしくないお洒落な空間はなんだ!?と。
そして何より完璧すぎる隙の無い舞台全体にやられたんだろうと思う。
ご幣があるかもしれないが、物語の詳細はどうでも良いように感じられる
完璧さが劇場全体を支配していたからだ。
もちろん物語りあってこその芝居なので、こんなこと書いてしまうと
本末転倒なのだが・・


最高の音楽と最高の芝居に包まれる空間を楽しみたい人は是非!
いやぁ、ほんとケチつけるところがなかった。。。

あ、あった。
カーテンコールの中井智彦の手の振り方。
ラウルの時みたいにカクカクしてた。もっと柔らかくした方がいいのでは、とw


よろしければポチっと
にほんブログ村 演劇ブログ 劇団四季へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 2012/06/03 Sun. 21:56 [edit]

category: 劇団四季:アスペクツ・オブ・ラブ

TB: 0    CM: 27

03

コメント

 

レポ、待ってました♪
私は初日が初見でしたが、まだ私には早かったなぁ、というのが正直な感想です。
どの役にも共感出来なくて、物語に入り込めなかったです…
私の中でアレックスは完全に可笑しな人物に仕上がってしまい、出てくるたびに『今度は何やらかすんだ?!』と別の期待をしてました。

女性陣はみんな素晴らしかったですね!
佐渡さんは前回公演から念願のローズ役をゲット出来たと聞きました。
衣装の着こなしや立ち居振る舞いとか、とにかく美しくてとってもよかったですね~
(ローズには全く共感できませんが)
はるちゃんも清純派脱却で新境地を開いたと思います。
そして、誰もが無理だろうと思った谷口ジェニー。
唯一の落とし穴キャストだと思ってましたが、大健闘でびっくりしましたね!
見る目が変わったかもしれません。
あ、何かのコメで白瀬さんが客演と書きましたが、どうやら四季に戻ったみたいです!

URL | 朋美 #- | 2012/06/04 08:50 | edit

Re: タイトルなし 

>朋美さん

やっぱり入り込めませんでしたかぁ(笑)
女性にも仲間がいて嬉しいです。
作品自体がすごく私的な感じがするので、共感できる人は限られるのかも
しれないですね。
まぁ、僕の周りの女性陣はどっぷり共感してますが(笑)

たぶん僕もこの先何回観ても物語自体に入り込むことは無いと思います。
ある意味喜劇を遠くの方から客観的に、良い音楽をBGMにして
カフェのテラスでエスプレッソでも飲みながら足組んで観てる、
てな感じで観てます(笑)
ま、どっちかというとサラリーマンに混じってドトール(もしくはルノアール)で
タバコ吸いながらって方が本当の姿ですが。。。

アレックスは最後まで精神的に垢抜けないですよね。
きっとローズにこっぴどくやれれた事がトラウマにんっちゃってるんでしょう(笑)
その辺がおかしいのかもしれません。

ほんとに女性陣は皆見事でしたね。
佐渡さんはほんとはまり役だと思います。
仰るとおり、谷口ジェニーは良い意味で期待を裏切られました。
というか心配しかしてなかったので・・・

白瀬君は。。。踊ってましたね(笑)
若干やせましたかね。足も上がってましたし。
さすがに斎藤君の用には踊れなそうですけど(笑)
四季に復帰と言うことで良かったです!

URL | nalaniconey #- | 2012/06/04 12:14 | edit

No title 

観てこられたんですね!
写真のお皿、私も持ってます!が、
飾ってすらおらず、箱に入ったままです…。

私もローズは樋口さんだと思ってました。
(最近の活躍ぶりから見ても)
え、佐渡さん???と思ったんですが、
アムネリス並みに良かったんですね!
中井さんも意外でした。
村さんは前回観た時もたまたま光枝さんじゃなく村さんでした。

私もこの音楽はすごく好きなんですが、
ストーリーがあまり好きじゃなくて前公演でも1回しか観てないのですが
一新されたキャストのAOLは、一度観てみたいです。

URL | なにわのねこ #41Gd1xPo | 2012/06/05 05:16 | edit

Re: No title 

>なにわのねこさん

あ、このお皿持ってます?(笑)
うちは夫婦でもらってしまったので2枚あります。

はい、佐渡さんとても良かったですよ。
一分の隙もない完璧さで。怖いくらいです。
佐渡さんは完全復帰なんですかねぇ?
中井さんは彼のまじめさ(ほんとの姿は知らないですが)が前面に出て
とても好感が持てました。声も良いですしね。
ただやっぱりもうちょっと柔らかくなって欲しいかな、と(笑)

この作品は入り込もうと思っちゃだめなんだ、ということが
今回よ~くわかりました。
そう思わなければめちゃくちゃ楽しめますよ。

URL | nalaniconey #- | 2012/06/05 09:15 | edit

何回かしら? 

こんにちは。

各キャストの感想、大変興味深く拝読。

ホント・・、みなさん、
ファンの俳優さんがいらしたり、
俳優さんの特徴を把握していらして、
作品主義の四季ファンでも、
ずっと観劇していると、だんだん、個々の俳優さんへの思いも出てきて・・・。
ワタシは作品第一主義の四季を素晴らしいと思っていますが、
お~、 それはそれで嬉しいです(ニコニコ)

俳優中心にしない四季だけれど、やはり俳優は
生身の人間なのね~と(笑い)

こちらのブログにめぐりあえて 嬉しいです。

で、舞台。
わぁ~、
「隙のない」「お洒落」「完璧な舞台空間」
「完璧さが劇場全体を支配」
「ケチつけるところがない」
この表現に、ワタシ、飛び上がって喜んでしまった!

ですよね===============!!

で、ハイハイ、
「この際、話の内容はどうでもいい」に大笑いしながら、頷くばかり。 

で、そこまで思わせるには、コレ、俳優に本物の
力がないと無理ですよね。
確かに、人間模様がちと病的(笑い)

お葬式のダンスシーン(黒の衣装での)
新米ファンは、身震いしてしまって(ポリポリ)

ダンスシーンで、1つ、新たに感じたこと。

スパルタ教育といえば、宝塚もそうですよね。
ワタシは宝塚は、ちとニガテなんですが、

それは、宝塚の人も確かにハイレベルなのですが、
女優さんたちが、
「ワタシ、すっごい努力してこうなりました!
すっごい競争の中で役を勝ち取り、今、ここに
立っています!そんなワタシを見て==!」と
これでもかこれでもかと、訴えるのが
どうも・・・見えて見えて仕方なくて。

気持ちはわかりますが(笑い) 俳優は、水面下の
足こぎを感じさせちゃぁ失格でしょう・・。

四季の舞台は、俳優陣のものすごい努力と根性
(持って生まれた才能ありますが)の最大集結
なのに、 俳優さんたちがそういう水面下を感じさせない。

四季の特徴の1つは、コレだと。 そして、ワタシはそこが好き。
綺麗すぎる言い方をすれば「どこか優雅がある」
「贅沢な演劇団体」なのかしらね・・。

とにかく、ワタシも、終わった後
「もう一回観る!」って、体の芯から湧いた。
なんだかわからないけれど、そう思って。

そう思ったワケが、こちらでわかって
スッキリしました(笑い)

何回、行くかしら・・。週一は、行くと思う。

まだまだ、グッズ類に気を向ける余裕はなくて・・(ポリポリ)    毎回、四季観劇は、2回目のデート
みたいな(笑い)  ドキドキと期待感と
背伸びもちょっとある?(笑い)
余裕ナイナイ。  
もう~劇場に行った日は疲れちゃって。

しかし、グッズにまで手を染めたら
お金が・・・・・(冷や汗)

長々スミマセン。  なんだか嬉しくて・・。

URL | リコ #- | 2012/06/05 11:32 | edit

Re: 何回かしら? 

>リコさん

こんなしょ~もないブログにそこまで言っていただき恐縮でございますm(_ _)m
薄っぺらな内容ながら、毎回無い頭を悩ませながら書いてるので。。。

人間のドラマ(まぁ、ライオンだったりネコだったり魔法使いだったり、野獣だったりもしますが)を
演じている限り役者の温度感って大切だと思うんですよね。
バランスなんでしょうけど。

舞台の裏側が見れるのってファンにとっては嬉しいことだったりもしますけど
演劇に限らず自分の努力のアピールというのは暑苦しいもんです(笑)

僕は後1回分はチケット確保しているんですが、追加をどうしようかと・・・
これ以外にも予定入ってるんで先立つものが・・・・

それにしても2回目のデート・・・の感覚がもうわかりませんwww

URL | nalaniconey #- | 2012/06/05 14:52 | edit

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2012/06/10 10:36 | edit

Re: No title 

佐渡さんのローズはハマリ過ぎで怖いくらいです。
歌といい演技といい完璧過ぎます。
あれを見せられてしまうとちょっと後が誰がやってもしんどそうで。

中井さんは僕も京都でラウルを観た時は特に印象が残らなかったんですが
東京でラウルを見たときに物凄く変わっていて驚きました。
その後ビーストを経てのアレックス良いですよ。
まぁ、僕は幹二派でもなかったりするので参考にならないかもですが(笑)

あ、ちなみに白瀬君は結構活躍してますよ!

ユタは以前の方が笑いの場面も多かったですよね。
それにしても上川君はユタから抜けられないですねぇ。。。
早く別の役も観てみたいです。

URL | nalaniconey #- | 2012/06/10 21:43 | edit

Re: No title 

あ、書き忘れてましたが、実は昨日また観に行ってます。
そこそこ良い席が空いてたんで突発です。
月末にも行く予定ですよ。
昨日の感想も前回とまったく同じです。
隙が無さすぎ(笑)

URL | nalaniconey #- | 2012/06/10 23:51 | edit

No title 

こんにちは~^^
ご無沙汰してます。

私もこの前観てきました♪
エビータ、間奏曲とスルーしてきて^^;AOLもチケットを持っていなかったのですが、
思わず降ってきた良席で観てきました(笑)

良かったです☆もちろん、私もどのキャストにも共感できず「おい!おい」とつっこみまくりでしたが(笑)
なんでしょう、全体的な雰囲気がいいです。
良質なミュージカルですね(ストーリーは置いといて)
ぐいぐい引き込まれるスピード感、楽しかったです。

佐渡さん贔屓の私、アムネを期待できず、グリザだけではもったいないと思っていたところにこのローズ。
ホントに素敵でした。
ローズの行動はとても理解できませんが、終盤のローズが自分の老いと孤独を恐れ、どん欲にしがみつく哀しみ。。は、同年代ゆえでしょうね、共感してうるっときました。

はるちゃんも谷口さんも今後がとても楽しみな女優さんですね。
もう退団してしまったあの方もこの方もこんな感じにステップアップしていければ、四季でも活躍の幅を広げられたのにな~残念だわ、なんてことも思いました^^;

ラッキーなことにイベント日に当たりまして、(ここで)話題の白瀬さん、拝見してきました。春めざは観てないですが、過去動画の印象とは異なり、とても大人で落ち着いた方でした。歌とてもお上手でした。
本編中盤で水夫の格好で出てきますが、あまりに目立ってしまうので、どんどん衣装の色が抑えられているそうです。でも目立ってますよね(笑)
白瀬さんも今後がとても楽しみな俳優さんですね。

手持ちは千秋楽チケット、その前にぜひとも1回行きたいですが、、
島村シンバ登場でサバンナにも気持ちが傾いてます(笑)

URL | tsunatam #LkZag.iM | 2012/06/11 12:56 | edit

Re: No title 

>tsunatamさん

ども。ご無沙汰です。
AOL良いですよねぇ。。。ストーリーは置いておいて(笑)
でも結構周りには「ローズは女じゃないとわからないのよ」という意見もあり。。。
たぶんロイドウェバーはかなり女性的な人なんでしょうね。

佐渡さんはもちろん、笠松さんも谷口さんも大健闘ですよね。
二人ともびっくりでした。
特に笠松さんは今後の役の幅がかなり広がったのでは。
ちなみに僕はローズの最後の「行かないで」にも「おいっ」と突っ込んでます(笑)

白瀬君は歌うまいんですよねぇ。声もすごく良いし。
うちのヨメは「あの体型のままシンバやってほしい」などど申しております。
ロープで飛んできて、着地の瞬間お肉がぷるんぷるん、とw

イベントうらやましいです。もちろんtsunatamさんのツイートチェックしてますよ~

島村シンバ。実は一度も観たことがないんですよね。
惹かれるものの演目自体に突発する気が起こらず・・・
LKは観過ぎました。。。

URL | nalaniconey #- | 2012/06/11 15:19 | edit

3月のジキル・・以来観劇できてません。 

今月、アイーダ、美女と野獣、アスペ・・で迷ってますがアスペ・・評判いいですね。私もこの作品は内容より歌声だと思います。予告の笠松さん、一瞬堀内敬子さんに見えました。可愛らしい顔立ちですしいつか四季を辞めたらドラマなどでも活躍できるかなと感じました。

URL | @66611111111144 #Nme/kN5U | 2012/06/11 21:17 | edit

Re: 3月のジキル・・以来観劇できてません。 

>@6661111111114さん
あれま、3月からと言うとかなりあいちゃってますね…
とりあえず終わるのが早い順に観てみてはどうでしょう?(笑)
アスペクツはかなりお薦めです!
笠松さんは元々可愛いですしね。ゆくゆくはフィールド広げて欲しいですね。
僕が萌えるタイプではないのが残念ですが(笑)

URL | nalaniconey #- | 2012/06/12 00:03 | edit

 

私も観てきました。
笠松さんはオペラ座の怪人のクリスティーヌより大人っぽい雰囲気で良かった!
今回は下手良席だったので…照れました(笑)

ラストシーン、アレックスに拍手喝采、そしてローズにそれ言っちゃったなあ、と、魔性っぷりに拍手喝采でした(^。^;)

URL | orenvalley #H755ORSs | 2012/06/12 22:04 | edit

Re: タイトルなし 

> orenvalleyさん

はい~、笠松さんは大変身ですよね。
キャラ的に見た目とのギャップでジュリエッタの方が萌えますね(笑)
カーテンコールの時の表情も大人な感じで良いです。
あ、舞台と関係ないか…

ローズは最後で魔性の力が弱まっちゃったんでしょうかね(笑)
それともさすがにアレックスが学んだのか(笑)

URL | nalaniconey #- | 2012/06/13 00:24 | edit

音楽 

こんばんは。

ふぃ~
今日も観てきましたぁ~。

えっと、 
この作品の魅力は「音楽」なんですよね?

ふむ・・。
ワタシ、何回観ても、よくワカラナイ(ポリポリ)

他の作品ほど、観たあとにメロディ
口ずさんだりデキナイし・・。
音程のわかりにくいメロディが多いように感じてしまう、ハイ、耳トンチンカンのワタシ。

なので、  
少し、 お教え願います。

この作品、音楽、どういうところが素晴らしいのですか?
漠然と、しかも、稚拙な質問の仕方で
すみません。

この作品の音楽の特徴とは?

URL | リコ #- | 2012/06/13 22:11 | edit

Re: 音楽 

>リコさん

はい、そうですね。オペラ座は音楽が大きな魅力の一つです。
ロイドウェバーの音楽は非常に難解でして。。。
色んな音階や変拍子が至る所で出てくるので、覚えるのは大変です。
そこに気をとられすぎると、(音楽の良さ含め)全体が見えなくなってしまいますしね。
ただ、こればっかりは好き嫌い、合う合わないがあるので何とも言えないとこですね。
僕は難解なところはもちろん、そうではないところのメロディラインだったり
すごく好きです。

別にどこから聞かなくては(観なくては)いけないという形があるわけではないので
舞台から何を感じるか、ですよね。
音楽然り、俳優然り、舞台装置然り。

形にとらわれると見えるものも見えなくなります。
なんて、それらしきことを書いてみました(笑)

URL | nalaniconey #- | 2012/06/14 14:46 | edit

は~い! 

形にとらわれすぎると
見えるものも見えなくなる・・。

はい!!  確かに・・。

ワタシはやはり視覚的要素に惹かれるところが
大きいのかと。

この舞台の場合、 左右のカーテンが、場面転換で使われる。
あのカーテンの襞とか揺れの具合が、ワタシは大好き。
洗練されてお洒落だと感じます。
場面転換になると嬉しくなっちゃって(笑い)

四季の舞台、どの作品にも、
こういう直接舞台には関係ないところに
「美」の高さを感じます。

素材とか造りの洗練度の高さ。
妙なところが贅沢というか(笑い)
ココが、好きです。

これは、歌舞伎など日本の古典芸能と通じるものがあって
きっと、耳トンチンカンの私が「演劇」に求めるものなのかしら~(笑い)

はい!  人それぞれの
見方、楽しみ方があるわけですよね~。

そう・・・話が極端になりますが、
歌舞伎ですけど、耳がご不自由な常連客の方が
いらっしゃいました。

ハイ!  私は私の 見方、楽しみ方を大事に。 

なんか、四季を観るようになって、
ヘンな風に欲張りになった?(笑い)
歌舞伎や他の演劇では音楽に気を向けないのに、
四季を見始めたら、
急に苦手な音楽にまで気が向いちゃって~。

形にとらわれすぎないように・・。  ハイ!

カメは、手足ジタバタしちゃっています!
アハ~。

ひっくり返らないように
気をつけま~す!

URL | リコ #- | 2012/06/14 18:11 | edit

Re: は~い! 

>リコさん

四季の舞台(四季だけじゃないと思いますが)はすごい細かいところまで
作りこまれていて、びっくりすることがあります。
以前記事にも書きましたが、壁抜け男で家の壁に咲いてるバラの花52個が
ちゃんと付ける場所まで決まってるのはびっくりしました。
そういう細部へのこだわりがそれぞれの舞台の世界観を作るんでしょうね。

気長にマイペースに観劇を楽しんでください!

URL | nalaniconey #- | 2012/06/15 15:47 | edit

演目変更 

王子とこじき→桃次郎の冒険になりました。演目変更って好きな作品だとショックです。桃次郎は全体的には面白いんですが結末がガンバに似ていてちょっと・・。テーマがはだかの王様や~ロバの耳とかぶるからでしょうかね。壁ぬけ~は確か劇場変更→中止って・・。これも楽しみにしていた人ならショックでしょうね。

URL | 少しガッカリ #E6kBkVdo | 2012/06/16 02:52 | edit

 

>少しガッカリさん

ほんと急な中止&変更は何なんでしょうねぇ。
壁抜けは特に楽しみにしてた人も多いんじゃないですかね。
キャストの問題なのか、裏の事情なのか…
もしくは御大の気分の問題なのか(笑)
ファミリーの方は多分僕は行けないので(笑)何とも言えないですが…

URL | nalaniconey #- | 2012/06/16 16:44 | edit

ダメ? 

あのぉ・・・・・・。

とってもつまらないことお聞きしますが、
ワタシには一大事ですぅ~~。


なんか・・
二回以上、この舞台を観た人人には
カードをあげます!って、メールが来た。

だけど、チケットの半券?がないとダメだと。

えぇ====================

ワタシ~~、  カード三枚分はとっくに観ているのに・・半券は一枚も手元になく・・・。
いつも、捨てちゃうんです(ポリポリ)

今週もう一回観るけど、二回は行かれない。

半券がないと、絶対にダメですか?

ワタシがチケット買った記録みたいなものは、
調べれば、劇団の方にありますよね~

とか、ゴチャゴチャ言う(ポリポリ)

あのぉ~
チケットの半券というもの、とにかくいつまでも保管しておくのが、
正しいファンですか~?

この作品のものなら、たとえカード1枚でも
欲しい=====!!(地団駄踏む)

ホントに何度も観たのに~~。

ダメなのかしら?

とにかく、この先、いつでも、半券って、捨てちゃいけないのですか?

で、やはり、メールもマメにチェックしないといけないのかしらね・・(グシュン)

URL | リコ #- | 2012/07/01 08:02 | edit

Re: ダメ? 

>リコさん

えっとですねぇ、基本的には公演期間中はどんなキャンペーンが出てくるかわからないので
一応は半券は手元で保管していたほうがベターです。
まぁ半年分もいらないとは思いますが。

僕は10年位前からの半券とキャスト表を保管してます。
たま~に見て「あの時は~」などと話すことがあります。

URL | nalaniconey #- | 2012/07/01 15:43 | edit

保管 

ありがとうございます・・。

はい・・。
これからは、半券もしっかりと保管します・・。

はぁ・・キャスト表は観劇日を記入して
全部保管していますの・・。

舞台の感想も、毎回書いて、観劇記録の冊子になっていて・・。

20年間以上の歌舞伎の感想の冊子も
実家に置いてあります(笑い)

四季観劇の記録、
あの冊子を越えるといいなぁ~
長いこと観られるといいなぁ~と思っています(笑い)

あぁ~~~~~~ 四季は、
半券が大事だったのですかぁ~~

はい・・・。

あぁ~~  ダメだわ・・  しばらくウジウジ(笑い)

URL | リコ #- | 2012/07/01 19:00 | edit

Re: 保管 

>リコさん

はい、半券重要です(笑)
うちも昨日半券持って行くのを忘れてしまい、AOLのキャンペーンの品をゲットできずorz
ヨメが打ちひしがれていました。。。

過去のキャスト表はたま~にしか見ませんが、見ると「この人出てたのかぁ・・・」
などとアンサンブルから出生した人とか、辞めてしまった人とか感慨深いです。

頑張って冊子増やしてくださいね~

URL | nalaniconey #- | 2012/07/01 19:56 | edit

19歳? 

アルプの記事に相原さんが19歳とありました。若いとは思ってましたがそんなに若いとは・・!林香純さん小松加奈さんより若いのでしょうか。青い烏の上演楽しみです。中止、変更のないことを願います。

URL | 難解のタブレット #mQop/nM. | 2012/07/02 22:40 | edit

Re: 19歳? 

>難解のタブレットさん

何かタブレットで困ってますか?(笑)

書き込み見て僕もアルプ確認しちゃいました。
まさかまだ10代だったとは・・・・
下手したら(いや、下手しなくてもか・・・)親子になってしまうくらいの年の子に
萌えていたとはw
たぶん林さん、小松さんの方が上ですね。

なんか最近公演中止とか変更とか多いんで何事もないと良いですねぇ。

URL | nalaniconey #- | 2012/07/03 07:46 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://musicaltheater.blog130.fc2.com/tb.php/114-0d7d6aef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。