09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

劇場つながり

各種観劇日記。基本的に劇団四季のみ、のはずが最近は色々と手を広げてます。書きやすさ優先でレポ内の俳優名は敬称略ですのでご了承くださいm(_ _)m

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

小僧に感心しフサフサのアモナスロに驚く1,500回目 アイーダ《2012年6月1日(金)ソワレ》 

前回はアイーダ役の秋夢子が不調だったため、全体的には満足できたものの
イマひとつ乗り切れなかったアイーダ。
6月中旬にも先行のときにチケットは取ってあるのだが、
最近になってこの日が通算1,500回目ということが四季のHP上で告知されたので
好きな作品だし、キャストも良いし(今回はメレブがポイント)行ってみるか、と。

というわけで花金(なんて言葉今の人は知らないんだろうなぁ)の
四季劇場 秋にやってきた。天気はイマイチ。写真ピンボケ。
スマホの画面上だときれいなんだけどなぁ。
120601_1.jpg

ロビーに入ると何やら人だかりが。
何かと思ったら1,500回記念のボード。
こっちもピンボケ。
120601_3.jpg

もうちょっと華やかさがあっても・・・

という今回のキャスト。またしてもピンボケ。
120601_2.jpg

アイーダ  :秋 夢子
アムネリス :大和 貴恵
ラダメス  :阿久津 陽一郎
メレブ   :有賀 光一
ゾーザー  :飯野 おさみ
アモナスロ :高林 幸兵
ファラオ  :石原 義文
ネヘブカ  :桜野 あら


まずはアイーダの秋夢子。
前回は調子がイマひとつで声が出切っていなかったし、地声はしんどそうだった。
この作品はアイーダ、アムネリス、ラダメスの3人のバランスが肝なので
誰か一人でもバランスを崩すと作品として成り立たなくなってしまう、
というのは言い過ぎとしても、作品の持つ力が半減してしまう。

今回は地声の部分もばっちりで前回とは比べ物にならない出来だった。
一幕最後の「神が愛するヌビア」ではヌビア人たちを力強く引っ張っていく
姿が印象的だった。
なのでアイーダ、アムネリス、ラダメス3人のバランスは良かった。
台詞に若干あやしい所があったが、全体的には前回より自然になっていた。
表情やしぐさなども含め秋夢子のアイーダはしっかり出来上がっている。
この出来だと何かがなければこのまま千秋楽までいくのかなぁ。

ラダメスの阿久津陽一郎は何も言うことはない。
前回観た時に若干崩しすぎかなと感じたが、今回は特にそんなこともなかった。
相変わらず声は良く通るし、聞いていて気持ちいい。
途中マイクのコードがペンダントに引っかかり、そのままペンダントを
ひっぱったためマイクが外れるアクシデントもあったが、
何事もなかったように地声で芝居を続けていた。
マイクの有無の違いが殆ど感じられなかったのはすごかった。
2階席だったのでちゃんと確認できているわけではないのだが・・・
(外れてたよね?)

アムネリスの大和貴恵は今回もしっとりとした大人のアムネリスを見せてくれた。
歌も力強いし、最後の裁判の場面は前回同様に感動的であった。
今回発見だったのは、たぶんラダメスがアムネリスに寝室で待っているように
いう場面だったと思うのだが(それかファラオが晩餐会で「結婚せよ」という場面)、
その時の表情がなんかめちゃくちゃ可愛かった。
なんか漫画っぽい表情というか、アヒルっぽい顔というか。
個人的にはあの表情はかなりポイントが高かった。
ま、本筋とは何の関係もないが・・・


今回の観劇の一番のポイントだったのがメレブの有賀光一だ。
前回の東京公演の時には2回くらいしか観れなかったので、今回は楽しみにしていた。
そしてやはり期待通りのメレブだった。
前回見た大空卓鵬も良かったのだが、若干硬さもみられた。
やはり小僧をやらせたら四季一番。有賀光一にかなう人は今のところ見当たらない。
こういう人が入ると舞台が引き締まる。
アイーダがアムネリスに気に入られ、そのまま袖に捌けて行く時に
客席から見えるか見えないかとのことでの小さいガッツポーズとか
メレブの制止を聞かずにアイーダがラダメスに会いに行ってしまったあと
ガクッとうなだれるところとか、細かい芝居が実に良い。
歌もまったくストレスや心配を感じずに聞ける。
メレブのラストシーンも自然に泣ける演技だし。
某オリジナルティモンの人だと、操り人形の糸が切れたみたいになってたがw


あとはどうでもいい事なのだが、アモナスロの登場シーンでアモナスロに
髪の毛があったことに驚いてしまったw
自分の勝手な印象なのだが、アモナスロ=ツルツルのイメージだったもんで・・・


この日は1500回目の記念日だったのにも関わらず客席にはかなり空席があった。
かなりレベルの高い舞台なのに非常にもったいなくて仕方がない。
なんでこうなのなかなぁ・・・
作品の元々の集客力というのもあるだろうし、前回の東京公演で懲りてしまった
人も多いのだろうが・・・
8月半ばでの千秋楽が決まってしまったので、まだ観た事がない人はもちろん
前回の東京公演でイタい想いをしてしまった人には是非観てほしいものだ。


今回入場時に配られた1500回記念のグッズ。
チケットホルダーとポストカード。
120601_4.jpg

前から密かに思ってたのだが、東京のこういうグッズってイマひとつというか
お金あまりかけてないよなぁ。
ま、いい舞台を観れることが一番なんだけどさぁ。


よろしければポチっと
にほんブログ村 演劇ブログ 劇団四季へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 2012/06/02 Sat. 13:15 [edit]

category: 劇団四季:アイーダ

TB: 0    CM: 8

02

コメント

 

こんばんは!
なんと!私この日のチケット、超良席で持っていたんですが、前回の秋さんに懲りてしまい、放出しちゃったんです。
せっかく同じ舞台で感想言えるチャンスだったのに、もったいなかったなぁ(。・ω・。)
でも、秋さん良くなったんですね~私としてはいろんなアイーダ観たいから、楽は秋さんでも、他のアイーダも登板して欲しいです。

アスペクツは予定無いですか?
感想聞きたいです♪

URL | 朋美 #- | 2012/06/02 19:13 | edit

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2012/06/02 19:43 | edit

Re: タイトルなし 

>朋美さん

なんと!それは残念でしたねぇ。
同じ日に観るなんて事はなかなか無いですからね。
はい、秋さんは前回の東京公演で観た時に近かったと思います。
前より自然になって進化してますしね。
朴さんのアイーダも興味あるので観てみたいですね。

アスペクツは・・・・実は今日ソワレを観てきました。
感想はまた明日にでも!
とりあえず先に書いちゃうと、ものすごくレベルが高い良い舞台だったです!

URL | nalaniconey #- | 2012/06/02 22:20 | edit

Re: こんばんは~~ 

こんばんは~。
記念日は記念品と挨拶聞くのが目的みたいなもんなんで・・・(笑)
まぁ貰った記念品をなんとかってわけでは無いですが。

ツタンカーメン展ですかぁ。
僕も世界史はからきしダメです。
カタカナの名前はさっぱり覚えられませんでした。

ユタは楽しみですね。
個人的には構成とか台詞は前の方が面白かった気もしますが・・・
でも上川君のユタはすごくいいですよ!

ところで、花金通じてよかったです(笑)

URL | nalaniconey #- | 2012/06/02 22:24 | edit

 

またまた奇遇ですねえ
今回は下手良席で見ました。
夢子さん確かに良かったですね。
相方も同性ながら綺麗で魅入っちゃうといってました。
2幕ネヘブカが身代わりなるシーンは、アイーダしゃがんで目線が同じ高さになってドキドキしました。やはりルックス最強ですね。
歌も好調で、ローブのダンスは暫く拍手がなりやみませんでしたね。
阿久津さんのマイクトラブル、地声だったとおもいます(サブマイクあるという話も)。ちゃんと聞こえました。
凄い声量でしたね。

今回は主役三人のバランスも良く、良いハプニングもあり、最後にぶたいあいさつと、盛り沢山で大満足でした。

8月で楽。あと何回いこうかと、既に二桁到達してますが、まだまだ通いそうですね。
少し麻美阿久津ペアも見たい気もしますが。

そういえば、ネットで久々に海の将軍を見ました。感想は、、あれも一興ですよ。是非ご覧ください。お金払ってみるかは別として、ようつべなら安心です。


URL | orenvalley #bUOqhcfc | 2012/06/03 12:12 | edit

Re: タイトルなし 

>orenvalleyさん

あれ、またまたご一緒でしたか。記念日ですしね。
本当に今回は秋さんの調子がよくて良かったです。
前回ちょっと・・・だったのでなかなかすぐに手が出せなかったんですよね。

すでに二桁とは・・・行き過ぎです(笑)
でも千秋楽決まってしまいましたし、今度は上演されるかわからないですしね。
お気持ちはよ~く判ります。

海将軍は・・・見たら見たでせっかくの今回の良いイメージが崩れるので
止めておきます(笑)

URL | nalaniconey #- | 2012/06/03 18:53 | edit

No title 

オリキャスの山添メレブが一番好きでしたが、
有賀くんのメレブも好きです。
演技が細かいですよね。笑いも取れてるし。

チケットホルダーとポストカード、いいじゃないですか!
左端のがチケットホルダーで、あとの2つがポストカードですか?
大阪のグッズもなんかイマイチですよ…。
そういうグッズ系は名古屋が一番充実している気がします。。。

URL | なにわのねこ #41Gd1xPo | 2012/06/05 05:23 | edit

Re: No title 

>なにわのねこさん

山添メレブは観たことないんですよね。
大阪初演の時に遠征したんですが、その時だけアイーダは樋口さんで
メレブは中嶋さんでした。
濱田さん目当てだったんでショックでしたが、樋口さんが当時の自分のイメージからは
思いもよらなかった感じで、そのおかげでアイーダという作品にはまったんですよね。

有賀君良いです。間の取り方も醸し出す雰囲気もまさにメレブで。
細かい芝居観ながら笑っちゃいました。

チケットホルダーの写真は両サイドがホルダーの表裏で、
真ん中がポストカードです。
なるほど・・・名古屋が狙い目ですか(笑)
って、もらっても後で中々活躍しない四季の記念品だったりしますが(笑)

URL | nalaniconey #- | 2012/06/05 09:20 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://musicaltheater.blog130.fc2.com/tb.php/113-c48014b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。