05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

劇場つながり

各種観劇日記。基本的に劇団四季のみ、のはずが最近は色々と手を広げてます。書きやすさ優先でレポ内の俳優名は敬称略ですのでご了承くださいm(_ _)m

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

アムネリス様、あなたが全てにおいて一番!  アイーダ《2012年4月28日(土)ソワレ》 

釈然としない感じで終わってしまった前回のアイーダの東京公演。

もちろん念願だった濱田めぐみのアイーダが観れたり、阿久津陽一郎との
オリジナルキャストコンビが観れたり、つくづくと舞台を観る幸せを
感じることが出来たりと、良い時もたくさんあった。

ただ東京公演全体で見ると個人的にはどうも燃焼し切れずに終わってしまった
印象が拭えない。

そんな前回の東京公演を払拭するためなのか、アイーダ=濱田めぐみという
崩しようが無いイメージを払拭するためなのか、約1年半という中途半端な期間の
ブランクを経ての今回の東京公演。


アイーダという演目自体は大好きな演目だ。
今まではその演目に濱田めぐみの存在がプラスされることによって
他には代えがたいものになっていたのだが、その濱田めぐみは現在NYで
レコーディング中らしいw

今回の自分の楽しみは前回の時に「これは化けるかも」と感じた
秋夢子のアイーダが今回どのように進化しているか?と言うことと
アムネリスでは今回が初見の大和貴恵。

福井昌一がキャスティングされているものの、実質的にはシングルに等しい
阿久津ラダメスはある意味定番になっているので、全く心配は無いし
逆に言うとその存在で大きく印象が変わることもないだろう。

久々にアイーダと注目キャストが観れることにワクワクしながら
2ヶ月(!)ぶりの四季劇場 秋に向かっていると、向こうから見覚えのある
顔が歩いてくる。
よく見ると今ライオンキングでムファサをやっている内田 圭。
GWはほとんどマチネしかないようで、この日も一仕事を終えたおとーちゃん。
当然のっしのっしとは歩いていないw


と言うことでやって来た四季劇場はディズニー仕様。
『四季劇場 春/秋』というよりは、『四季劇場 D』といった趣きだ。
120429_1.jpg


という今回のキャスト。
120429_2.jpg

アイーダ  :秋 夢子
アムネリス :大和 貴恵
ラダメス  :阿久津 陽一郎
メレブ   :大空 卓鵬
ゾーザー  :飯野 おさみ
アモナスロ :川原 洋一郎
ファラオ  :石原 義文
ネヘブカ  :桜野 あら


メインの3人以外にも、メレブの大空卓鵬とネヘブカの桜野あらは共に
それぞれの役では初見だ。

GWだと言うのに、1階席は両サイドの後ろの方はだいぶ空席がある。
2階席の状況は見えなかったが、おそらく似たような感じだろう。
前回もそうだったが、この作品はだいぶ観客を選んでしまうようだ。
ま、前回は他の要因も大きかったが。。。
良い作品なんだけどなぁ。


さて、さっそく各キャストの感想を。

まずはアイーダの秋夢子。
前回の東京公演では数回観ている。やはり初めはどうしても濱田めぐみとの
比較になってしまったので物足りなさも感じてしまったが、
この時に、秋夢子ならではのというか、濱田めぐみとは種類は違うが
その存在感で舞台全体を引っ張っていける何かを醸し出し始めていて
「これは、化けるかも」と感じていたので、今回はかなり楽しみにしていた。

どちらかと言うと見た目から来る直線的なイメージが強い秋夢子だが
実際には声のトーンにはやさしさがあるし、何より今回はその演技が
物凄く繊細になっていた。
表情、台詞、すべてが細かく演じられている。
ただこの人の場合、この繊細さはアイーダという役に関しては良くも悪くも
作用してしまうようだ。

ヌビアの民を思う王女としてよりも、ラダメスに恋をする女性としての側面の方が
より前面に出てしまうため、本来アイーダが持っているはずの意志の強さが
霞んでしまうのだ。バランスの問題なのかもしれないが、難しいところだ。

ただ、今回は王女としての強さが前面に出ない状況でもあったので
仕方ないところかもしれない。
というのは、今回の秋夢子は歌の調子が彼女にしてみたらかなり悪かった。
地声で力強く歌う場面で声が出きらないし、伸びも無い。
歌の安定感は抜群の彼女にしては珍しいことだった。
なので、「ローブのダンス」も「神が愛するヌビア」も今ひとつ盛り上がらないし
ヌビア人たちを纏め上げる力強さが感じられなかった。

なので本当なら一幕が終わった時点でかなり満たされた気分になるのだが、
今回はどうも煮え切らない感じ。会場の空気もそんな感じ。

是非次回は調子が良い時に観て、あるべき像の秋アイーダを堪能したい。


ラダメスの阿久津陽一郎は相変わらずの安定感。
ただ安定しているだけではなく、細かく色々変化させているところがさすがだ。
台詞回しや声のトーン、歌い方など前回の東京公演の時とは違いがある。
いかつい声の出し方などは若干やり過ぎの感もあるが、わかりやすい。
歌も実に気持ち良さそうに歌う。
ただ今以上に色々細かく演じてしまうと、如何にも演技してますと言う感じに
なってしまいそうなので、今ぐらいがぎりぎり。


そして、今回がアムネリスでは初めての大和貴恵。
実はこの大和アムネリスが今回の一番の収穫だった。
そして個人的には今ひとつ盛り上がりに欠けていた今回の観劇を
一気に逆転させたのが大和アムネリスだった。

アムネリスのタイプで言うと、佐渡寧子とその他のアムネリスの間くらいか。
佐渡アムネリスは『人を思いやれる大人』への成長で、他のアムネリスは
乱暴に書くと『子供⇒大人』への成長だった。
大和アムネは印象としては佐渡アムネに近いものの、やや子供っぽさを
覗かせつつ、それでいて凛とした王女の佇まいを持っている、と言う感じ。
歌には力強さも繊細さもある。

台詞回しや表情も嫌味がなく実に細かく演じられていた。
最後の裁判のシーンもアムネリスの決意がダイレクトに伝わってくる。
実に良いアムネリスだった。
大和アムネの好演で、客先の雰囲気もかなり変わったように感じた。
一幕が終わった時点では想像できなかったスタンディング・オベーションは
彼女に負うところが大きかったように思う。
次回も是非大和アムネで観たい。


メレブの大空卓鵬は見た目、雰囲気共にメレブらしく、歌も無理なく高音まで
歌えていて自然でよかった。
ただまだちょっと硬さが見られるところはあるので、その辺がこなれてくると
もっと良くなるのでは。
まだ有賀光一の小僧さ加減の域には達していないかw


ネヘブカの桜野あらは特に何も問題は無いが、もう少し存在感を出しても
良いかもしれない。
そうしないと、アイーダの身代わりになって連れて行かれるシーンの効果が
薄れてしまう。


ゾーザーの飯野おさみはもう何も言うことはなく、ただただゾーザーだった。
ゾーザーとしての存在感は言うまでもなく、あの年であれだけ歌えて動けて。
個人的には今回キャスティングされている百々義則も気になるところだが
飯野ゾーザーの後だと、誰が来ても厳しいかもなぁ。


先ほども書いたが、カーテンコールは長く続きスタオベにもなった。
それだけ今回の舞台の印象が最終的には非常に良いものになったと言うことだ。
それだけに秋夢子の不調が残念だった。

次回は是非、是非調子が良い時に観たい!


よろしければポチっと
にほんブログ村 演劇ブログ 劇団四季へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 2012/04/29 Sun. 22:20 [edit]

category: 劇団四季:アイーダ

TB: 0    CM: 12

29

コメント

 

こんにちは!
GW楽しくお過ごしでしょうか?

待ってました!な、アイーダレポ。
ただただ大和アムネをお気に召していただいて嬉しいかぎりです♪
(回し者ではありません)
私は佐渡さんと大和さんしか拝見したこと無いのですが、大健闘ですよね♪
お洒落~とか『ラダメスゥ~』なんかもかなり可愛かったし、終盤~ラストの演技、かなりよかったです!
衣装も全てお似合いで、本当に素晴らしいアムネだったと思ってます。

秋さんは私が観たときも声に伸びはなくて、『なんでここできっちゃうかなぁ( ̄□ ̄;)!!』な感じだったし、声自体もか細かったので、単に調子が悪いのではないと思います。

ネヘブカは、私的にはかなり残念でした…
CDで聞き慣れてるせいか、あんな歌い上げるネヘブカにビックリ仰天でした。

アムネは大和さん固定で、いろんなアイーダ観たいなぁ、と思いますね~
最近、キャッツでお馴染みの朴さんが個人的に急上昇なので、是非とも朴アイーダ観たいです!
(もっと痩せたらベルとかも観たい!くらい、お気に入りです♪)
樋口さんも久々にガンガン歌うところ観たいなぁ。
有賀メレブも是非♪

URL | 朋美 #- | 2012/04/30 12:05 | edit

No title 

アイーダ、私も初演以来大好きな演目なので
レポが読めて嬉しいです。
秋さんのアイーダ、キレイで歌も上手く無難にこなすという感じだったんですが、
調子が悪かったようで残念でしたね。
阿久津さんは、意欲的にどんどん演技を変えて行っている気がします。
うん、でも確かに過剰なのも…なのでそのギリギリの線を保っていて欲しいですね。
大和さんのアムネリスは私も観たことないかも…。
佐渡さんに近いんですね。
私もぜひ観てみたいです。
ゾーザーは、数人のゾーザー見ましたが、もう、飯野さんでしか見たくないです(笑)

大阪初演以来、京都・福岡・名古屋・東京・再び大阪と全部に足を運ぶほど好きな演目なんですが、
(北海道でやるとするとさすがに行かないかもですが)
やっぱり座席は埋まってないんですね…。
同じディズニーのラブストーリーでも美女と野獣は人気あるのに、知名度の差でしょうか、残念です。

URL | なにわのねこ #41Gd1xPo | 2012/04/30 16:23 | edit

Re: タイトルなし 

>朋美さん

GWは遠出は無いものの、何気に予定が詰まっております。
今日もとあるバンドのライブを観に横浜アリーナまで行ってきました。

大和アムネは良かったですねぇ。
個人的にはこっちのタイプ(子供っぽくない方)のアムネが好きなので
か~な~り~満足度が高かったです。

秋さんは前回の東京公演、他の演目の時と比べて明らかに歌えてなかったんですよね。
ダダ崩れにはならないものの、いっぱいいっぱいの感じで。

ネヘブカは前回の松本さんが僕の中ではデフォルトなんですよね。
松本さんはかなりがっつり歌うタイプです。
それと比べると物足りない感がありました。

朴さんはジェリロでしか観たことが無いので、是非アイーダでも観てみたいです。
今回の公演はそんなに長くはなさそうなので、短期集中で色んなキャストが
観てみたいですね。

URL | nalaniconey #- | 2012/04/30 23:20 | edit

Re: No title 

>なにわのねこさん

秋さんは他の人とはちょっと違うものを持っているんじゃないかと思ってるんで
今回は残念でした。まぁそう言うときもありますよね。
阿久津さんは今がギリギリな感じです。これ以上変わるとラダメスのキャラの印象が
変わってしまうかもしれません。
大和さんはかなりおススメです。このまま固定でも良いです(笑)

ゾーザーはやっぱり飯野さんですよねぇ。
僕は他はたぶん部長ゾーザーしか観てないですが・・・
でも百々さんはあまりに印象がゾーザーではなさ過ぎて、逆に興味があります(笑)

アイーダは内容的には自由劇場が一番合うんじゃないかと思ったりもします。
キャパ的にも・・・
ほんとなんでもっと入らないんでしょうねぇ・・・良い話しなのに。

URL | nalaniconey #- | 2012/04/30 23:26 | edit

 

奇遇ですねえ、またニアミスしました。
4/28はマチソワ4/30はマチでしたよ。
たしかに秋さん、この三連休はお疲れでしたね。音響で補ってたのか、しばしばハウリングおきてましたね。一週前はかなり好調だったかも。
大和さん、タンス夫人でお目にかかってました。
身長178だそうですよ。道理で舞台映えする訳です。ヅカならば男トップはれますかな?2幕ラストの判決下す演技は絶品!大和さん感極まって落涙されてましたね。
阿久津ラダメスは初見なんです。海とのギャップに、なぜこれを海のメインでやってくれなかったのかと。特に28日マチは絶好調に思えました。あまりに歌ノりすぎて、暫く台詞出てこなかったようにかんじましたよ。

URL | orenvalley #WpB2m58s | 2012/05/01 12:50 | edit

Re: タイトルなし 

>orenvalleyさん

なんと、またご一緒でしたか!
それにしても観過ぎでないですか?(笑)

そうなんですよねぇ。お疲れな感じでしたね。
ハウリングは僕は気づかなかったんですが、一緒に見てたヨメも言ってました。
大和さんは178ですか・・・僕より2センチ高い。
並ばれたら完全に貫禄負けしますね(笑)

今回は良い席だったんで、裁判の涙のシーンはちょうど目の前でした。
「真実をみた」からすでに涙が出ていて、台詞言う前には唇がプルプル震えてたんで
大丈夫かな?と心配しちゃいましたがそこはプロ、しっかりまとめましたね。

阿久津さんはもうどこまでが素でどこからが芝居かの境目がわからなくなってますよね。
海のときは・・・まぁ彼がキャスティングされてる時点でみんな怖がっちゃうんですがね(笑)

URL | nalaniconey #- | 2012/05/01 19:43 | edit

 

レスありがとうございます。
そうなんですよねえ~
見過ぎと、嫁に叱られてます(笑)
見過ぎると、、玉にはなべラダもみたくなるんですよねえ、、、しきのななふしぎですなあ(笑)

URL | orenvalley #- | 2012/05/01 22:00 | edit

歌謡コンサート 

昨日テレビをつけたらたまたま濱田さんが出ていた歌謡コンサートを放送してました。途中からだったのですが出番が最後の方だったので間に合いました。曲目がソンダンSpiritでも歌っていた曲でなんだか切なかったです。今度テレビで歌う時はミュージカルの曲を歌って欲しいです。

URL | 四季離れつつある者 #htcttySU | 2012/05/02 00:03 | edit

Re: タイトルなし 

>orenvalleyさん

お互いほどほどにw
先立つものと周囲の理解あってこそですから(笑)

なべらだ・・・・いやぁもういいです(笑)

URL | nalaniconey #- | 2012/05/02 13:29 | edit

Re: 歌謡コンサート 

>四季離れつつある者さん

それぜんぜん知らなかったんですよねぇ。。。かなり残念です。
歌ったのは「心の瞳」ですよね?
切なくなるのは歌のせいなのか、濱田さんがいない四季のせいなのか(笑)

あれだけすごい人なんですから、もっといろんな人に知っては欲しいですけどね。

URL | nalaniconey #- | 2012/05/02 13:32 | edit

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2012/05/02 14:20 | edit

Re: タイトルなし 

なるほど。。。
実際に聞いてないので何とも言えないですが、なんとなく想像つきます。
濱田節をテレビで炸裂して欲しいものです。。。

URL | nalaniconey #- | 2012/05/02 15:57 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://musicaltheater.blog130.fc2.com/tb.php/108-b0f59c87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。