05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

劇場つながり

各種観劇日記。基本的に劇団四季のみ、のはずが最近は色々と手を広げてます。書きやすさ優先でレポ内の俳優名は敬称略ですのでご了承くださいm(_ _)m

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

昼と夜?光と影?の2本立て!  

記事のアップがちょっと遅くなったが、この週末は土日続けて観劇した。
一つは2回目のOOBJのTwelve。
もう一つは元宝塚の水夏希、LUNA SEAのSUGIZOなどが出演する7DOORS。
Twelveは2回目だし、7DOORSは正直あまりたくさん書くことがないので
2つ分まとめて、ということで。


《OOBJ本公演:Twelve 3月24日(土)》

元々はこの日だけ観る予定が、稽古見学で1回だけではもったいなくて
初日を急遽追加した。
初日の感想は前回の記事に書いたとおり、ただただキャスト全員の
熱演にやられっぱなしだった。
泣ける話じゃないのに泣きそうになるくらいの素晴らしい演技だった。

そして今回。初日を観ていなかったら、初日に感じたことをそのまま
この日に感じていたであろう相変わらずの息をつく暇もない熱演。
本当にこの演技を観るだけでも、この作品を観る価値がある。

でも同じ熱演でも初日とこの日では舞台から発せられる空気感というか
エネルギーというか、感じられるものに変化があった。
初日はとにかく全員の感情がぶつかり合って、そのことがものすごい
エネルギーになっていた。
この日は全員の感情がぶつかり合う構図に変化はないものの、
なんかこうすっきりしている。大人しくなったと言うことではない。
それぞれの立ち位置とか、内面に抱えているものなどがより鮮明に
見えるようになったというところだろうか。

すっきり見えるようになった上で、やはりものすごい感情と言葉の応酬。
これはもう本当にただただすごい、としか表現できないのがもどかしい。
その場の感情が先行するためか、多少台詞を噛んだり、言いよどんでしまう
場面もある。
そうなった時、相対するキャストが言い直す隙を与えずにその上に言葉を重ねる。
感情と感情、言葉と言葉が激しくぶつかり合う。

観ている方はただただ引き込まれて、その場に同化してしまう。
なので、結論が導き出されて場の空気が柔らかくなると、本当にほっとする。
その緩んだ状態で歌が始まると、思わず泣きそうになる、とw

今日を含めてあと2回となってしまったこの作品。
興味が少しでもある方には是非観てもらいたい。
こんな贅沢な空間はなかなか味わえない。



《7DOORS 3月25日(日)ソワレ》

この作品の存在はまったく知らなかった。
友人に誘われなかったら知らないままだったと思う。
キャストで知っているのはLUNA SEAのSUGIZOだけ。
しかも特にLUNA SEAが好きなわけではないし。

そんな状態なので作品に関する予備知識などは一切ないままの観劇。
観終わった感想としては、「作者のものすごい個人的な、内向的な作品」
ということになる。
ある意味良くも悪くも、ものすごい独りよがりな作品だ。
だから少しでも世界観であったり、キャストであったり、観る側のその時の
心境であったり、何かしらが引っかからなかった場合は
休憩なしの2時間を無駄に過ごすことになる。

個人的には作品の雰囲気は嫌いではないけど、決して入り込めないし
登場人物の関係性は大きな「?」だった。必然性が何も感じられなかった。
ラストもそれしかないだろ、という感じだったし。。。

新しい発見としては、初めて行った東京グローブ座という会場。
大きさも客席の雰囲気も良い感じだった。
それから斜め後ろに座っていた川平 慈英がちょっとうるさかったが・・・w

ちなみに「7DOORS」という言葉を聴いてしまうと、
自分の世代が思い出すのはこの曲↓
<EUROPE 「Seven Doors Hotel」>

まぁ自分の世代でも知ってる人は稀だと思うが・・・

ロビーで写真撮ったら係員に注意されてしまった。
ロビーくらい良いじゃん、四季でもロビーはOKだぞ。
120326_1.jpg

という、対照的な2本立てでした。


さて、次の観劇まで1ヶ月空いてしまう予定だ。
四季にいたっては前回が2月末だから2ヶ月も空いてしまう。
ここ何年かでそんなことはなかったが、そうならないようなびっくりキャストは
発生するんだろうか・・・
いや、ちょっとガンバは興味あるんだけど・・・


よろしければポチっと
にほんブログ村 演劇ブログ 劇団四季へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 2012/03/26 Mon. 11:17 [edit]

category: OOBJ:本公演

TB: 0    CM: 10

26

コメント

No title 

Twelve2回目観劇されてこられたんですね!
羨ましいです。
昨年の初演の時から興味はあったんですが、
タイミングが合わずに行けなくて…。
大阪でもぜひ公演してほしいです。

「7DOORS」というのは私も知らなかったんです。
一日で対照的な演目を観るというのは
贅沢で素敵な一日ですね。ヽ(*´ー`*)ノ

URL | なにわのねこ #41Gd1xPo | 2012/03/26 15:09 | edit

Re: No title 

>なにわのねこさん

Twelveは是非観て欲しいですねぇ。
東京以外の公演も近い将来実現すると良いですよね。
まさにプロの芝居!という感じですから、ほんと色々な人に観てほしいです。

7DOORSは・・・本当に観る人を選ぶ演目だと思います。
Twelveとは何から何まで対照的で(笑)
ま、それも贅沢な話しですよね。

URL | nalaniconey #- | 2012/03/26 18:18 | edit

あきらめかけていた濱田さんのコンサートに当選。今から待ちきれません。 

ガンバの・・興味があるのは相原?さんが出てるからですか。(^^)私は矢野侑子さんがコミカルな雰囲気で好きです。チケットは取ったのですが、贔屓の役者目当てに他の演目も迷っています。四季は最近同じ演目のヘビーローテーションですね。新作がみたいです。

URL | N_FEae #LkZag.iM | 2012/03/27 00:07 | edit

Re: あきらめかけていた濱田さんのコンサートに当選。今から待ちきれません。 

>N_FEaeさん

濱田さんのチケット取れましたか!良かったです!楽しみですよねぇ。。。

ガンバは・・・はい、その通り!相原さんです(ズバリ)w
なんか動画見たら歌もありそうだし興味をそそられるところです。
あとはガンバの加藤君ですね。春のめざめで何度も観ているので興味深いです。
矢野さんも雰囲気も演技もコミカルで面白いですよね。

最近なかなか突発にいたれずにいます。そそられるキャストもあったりするんですが
タイミングがあわなかったり、突発するほどでもなかったり。
なので四季の観劇間隔が空いてしまってます。
ほんと新作やって欲しいですよね。

URL | nalaniconey #- | 2012/03/27 08:35 | edit

 

こんばんは!
7DOORSは31日に行くんです~
知り合いからチケットが無料で手に入って。
妹は終始寝ていたと言ってたし、SUGIZOがヤバいと(。・ω・。)
そんなこんなでちょっと尻込みしてます。
また観たら報告したいと思います♪

URL | 朋美 #- | 2012/03/28 18:45 | edit

Re: タイトルなし 

>朋美さん

実は僕もそのくち(招待)で・・・w
SUGIZOはまぁ何か特別なことするわけでもないので良いんですけど
作品自体のハードルが高いです。

是非感想聞かせてください!

URL | nalaniconey #- | 2012/03/28 19:32 | edit

沼尾さん吹き替え? 

ガンバを観て来ました。内容は少しイメージと違ったのでう~ん・・?という感じでしたが、マンプク(矢野さん)とボンヤリ(藤原さん)と握手できたので満足でした。イカサマ役の滝沢さんがとても小顔、バレット役の相沢さん、ソンダンの時は思わなかったんですが、背が高いなと思いました。二人ともかっこよかったです。

URL | 頭痛7777744 #Nme/kN5U | 2012/04/06 21:07 | edit

Re: 沼尾さん吹き替え? 

> 頭痛7777744さん
ガンバ行ったんですね!イメージと違ったと言うのはどんな感じだったんでしょうか?
気になる…
僕はたぶん握手は出来ないだろうなぁ。

ところでオペラ座の吹き替えはたぶん沼尾さんなんでしょうね。
沼尾さんは今年いっぱいはまだ四季に所属でしょうし。
四季もなんだかなぁ…
今月のアルプに付いてきた代表のインタビュー読んで、何とも言えない気分になりました…

URL | nalaniconey #- | 2012/04/06 23:41 | edit

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2012/04/07 19:30 | edit

Re: タイトルなし 

なるほど。子供向けなのに和風&ちょっと暗めな感じなんですね。
もしかしたら僕でも行けるかも・・・行くのか?

まぁ代表はね・・・
そうやって来たから今があるんでしょうけど、世の中の環境も価値観も変わっていくんで
変化すべき部分もあるんじゃないかなぁと思うんですけどね。
作品作る方法論とかいろいろ言われる発声法も含め、個人的には良いと思ってるんですが
一方で朗読聞きに行くわけじゃないしね、と思ったりすることもあります。
難しいところですね。。。

URL | nalaniconey #- | 2012/04/08 09:14 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://musicaltheater.blog130.fc2.com/tb.php/105-71e48efe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。