05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

劇場つながり

各種観劇日記。基本的に劇団四季のみ、のはずが最近は色々と手を広げてます。書きやすさ優先でレポ内の俳優名は敬称略ですのでご了承くださいm(_ _)m

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

おれってここにいて良いんだっけか・・・? OOBJ『トゥエルブ』稽古見学 

きっかけはtwitterだった。
OOBJの3月の本公演「トゥエルブ」の連日の稽古の模様はtwitterやFacebookで
確認していた。
いつものように何気なくいろんな人のツイートを見ていると、OOBJを主催の
望月龍平さんが「稽古が見たい人はmentionして」とつぶやいていた。
瞬間的に「観たい!」と思って反射的に「観たいです」と返信してしまった。
(※いつもは呼び捨てで書いている俳優名もさすがに今回は・・・w)

が、ちょっと冷静になるとあれは関係者に向けたものだったのではないかと
思い直し、ちょっとまずかったかなぁ・・・と反省していたところに
思いがけず「どうぞ!」と返信が!
本当は一般向けではなかったのかもしれないけど、せっかく「どうぞ」と
言ってくれているので、厚かましくもお邪魔することに。

なんてことだ。。。
演劇には縁も所縁もないただの舞台観るのが好きなだけの人間が、
プロの舞台の開幕前の稽古なんか観させてもらってもいいものだろうか。
稽古場は公演会場である西葛西の東京フィルムセンター映画・俳優専門学校の
4Fらしく、直接来てくれればということだったが、稽古真っ只中のスタジオに
一人でフラフラと入って行けるだろうか。
などと考えつつ、結構緊張しながら会場に到着。

4Fにあがっていくとエレベーターホールには誰もおらず、部屋の中を見ると
まさに稽古真っ只中の模様。
とりあえず一つ手前の部屋に入ると人がいたので「稽古見学に来ました」と
伝えていると、稽古場から望月さんが「あ、どうも」と登場。
そのまま中に入るとキャストの皆さんが「こんにちは~!」と声をかけてくれた。
ふと見るとほぼ全員いる!!
しかも見学は自分ひとり。
そのまま部屋の脇のほうで座らせてもらった。
内心「うわぁ~、すごいところに来てしまった」と思いつつも平静を装い
そのまま見学。


その時は冒頭部分の音に合わせた動きの確認をやっていたのだが
「こうしよう」「これは?」と、色々な形を試している。
この場面のどういう動きがどの様な意味を持つのか、
どう動くのが良いのかを皆が意見を出しながら繰り返している。
時間にしたら1分くらいで、そのまま流してしまってもたぶん観る側は
何も変に思わない場面に対しても、開幕を来週月曜日に迎えるこの時点でも
拘りをもって作っている。
見学開始から30分くらいはこの場面の繰り返しだった。
時折笑いが起こったり(沓沢周一郎さんがきっかけになることが多かったw)
和やかな雰囲気がありつつも、拘って拘って繰り返す。
トゥエルブは再演なのだが、また改めてイチから作り直しているようだった。

その後休憩になり、望月さんが来てくれて改めてご挨拶。
今までの公演を観に行った時に、言葉を交わしたことはあるが
どこの誰かもわからないおっさんにほんとすいません!と恐縮しきり。。。


休憩後はみんな衣装に着替えて頭から通し。
ここでも所々でストップしながら、ちょっとした動き(例えば振り返り方)も
少しずつ調整しながら進んでいく。
ほんとに一つ一つはちょっとしたことなのかもしれないが、
調整後は「なるほどぉ~~」と素人が見ても納得してしまうような
立体感みたいなものを感じることも出来た。
台詞の言い回し一つ一つにも調整が入り、そうすると台詞自体にもっと
表情が出てきたり。
この物語が行き着くべきところを把握しながら、そこに向かう様々な要素を
ブラッシュアップさせていく・・・いやぁ、演出家ってすごい。
そしてそれをその通りに表現できるキャストもすごい。

和やかな雰囲気が漂ったりもするし、みんな雑談しながら笑ったりもしているが
目は笑っていない。
それぞれが役に対して答えを導き出すべく、役と格闘しながら
真摯に向き合っていることがよくわかった。

この段階になって改めてすごい所に来てしまったということと、
そこに自分がいるということが不思議に思えてきた。

印象的だったのは、芝居をストップさせて演出をつける前の望月さんの一言目が
「すごい良かった」で始まるということ。この一言ってすごい良いよな、
というか大事だよなぁ、と。これは芝居に限った話ではないが。。。

芝居の稽古というと、勝手な自分のイメージでもっと体育会系的なものを
想像したりもしていたのだが、まったくそんなことはなく静かに
穏やかに進んでいた。
演出家、キャストの内面ではものすごい格闘技になっているんだろうが。


見学開始から2時間半くらい経ったところで稽古場を退出した。
もともとは1時間くらいで、という話だったが思いがけず長居をしてしまった。
帰り道はしばらく目の前がトゥエルブの世界観に・・・
意識していなかったけど、自分もどっぷり浸かってたんだなぁ、と。
コーラスラインじゃないけど、この稽古現場がそのまま芝居になったら
面白いのにw

舞台を観るようになって10年くらい。
初めての、ものすご~~~~~~~~い体験をさせて頂いた。
今回観たものが本番でどうなっているかが非常に楽しみだ!

こちらは一足先にいただいた、今回のチラシ。
120315_2.jpg

うちのイヌも一役買いたいということで。。。
120315_3.jpg


今回こんなすごい機会をご用意していただいた望月さんを始め、
キャスト・スタッフの皆さん、改めて本当にありがとうございました!


トゥエルブを観たことがない人、OOBJを観たことがない人はもちろんだが
去年観た人も、まったく新しい色になっているはずの今回の公演を
是非観てください!!
素晴らしいキャストが作り上げた、間違いなく素晴らしい舞台を
必ず観ることができます。


トゥエルブの詳細・チケットはこちらから↓

120315_1.jpg

<ストーリー>
時は現代、日本…一人の少年が、父親の胸にナイフを突立て刺殺した疑いで
逮捕された。
前科有り、動機有り…しかし少年の主張するアリバイを証明はするものは
何一つ無い。過熱するメディアの報道。死刑やむなしの世論の声は
高まりを見せている。
そんな中、陪審員に選ばれし男女12人に、有罪か無罪かの判断は委ねられた。
有罪と評決されれば、少年の絞首刑は確定する。
そして、そうなることは誰の目にも明白であった。ただ一人を除いては…
混沌としたこの情報化社会において、「真実」とは一体何を指すのか?
この物語は提示している。現代における人間の心の闇を…。
「12人の怒れる男」をモチーフに描かれた、完全書き下ろし作品。
台詞・歌・舞踊的要素に加え、最先端の映像技術を融合させた
『21世紀型新感覚ストレートプレイ』。

<キャスト>
吉沢梨絵 / 阿部よしつぐ / 羽根渕章洋 / 沓沢周一郎 / 美元 /
遠藤瑠美子 / にしやうち良 / 柳瀬亮輔 /
兎本有紀 / 田中えみ / 右田隆 / 田中恵久 / 近藤真行 /
主山ナオミ / 黒谷寛子 / 近藤利紘 /
谷田貝秀和 / 貝原千波 / 大村崇人 / 望月龍平 / 他


よろしければポチっと
にほんブログ村 演劇ブログ 劇団四季へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 2012/03/15 Thu. 08:56 [edit]

category: OOBJ:本公演

TB: 0    CM: 4

15

コメント

はやっ! 

すごい!この前ツイッタで絡んだばっかりの話なのに、
すでにレポが☆
すごい体験ですね~。でも稽古場入るのかなりの勇気がいりそうですが・・^^;

こんな風に素晴らしいレポしてもらえば、劇団さんも嬉しいのじゃないですか?とってもいい宣伝♪
『観てみたいな~』って思いますもん^^(ワタシは行かないですよ、一度行ったらハマっちゃいそうだし、破産します・笑)
「早見さんと呼ばれ~」は子ども達が大好きで毎週録画してみてます^^吉沢梨絵さん、元気でご活躍で嬉しいです。

URL | tsunatam #mQop/nM. | 2012/03/15 14:23 | edit

 

はじめまして。blogはいつも密かに楽しく拝見してますがコメントは初めてです。
記事よんで、心臓ドキドキして興奮して、思わずコメントさせていただきます。
私もOOBJファンですが、さすがですねすごいですね
稽古場なんて素人はぜっったいに見られないものかと思ってましたが、やってくれますね\^o^/初演のトゥエルブ思い出し、あの緊迫感とかいろいろ思い出しぞくぞくしました。
私、今回いつよていだったのが諸々重なり行けないのですが、うわー、めちゃめちゃみたくなりました
本番の記事を楽しみにまっています

URL | そら。 #- | 2012/03/15 19:32 | edit

Re: はやっ! 

>tsunatamさん
こればっかりは開幕前に書かないと&チケット販売に協力しないと!
ということで速攻書きました。

本当にすごい体験ですよねぇ。こんなことしてくれる所ってそうそうないですよね。
というか無いでしょ。
ほんとtsunatamさんにも是非是非是非是非観ていただきたいです!
OOBJの舞台ってどんな演目でも観た後に何とも言えない幸福感に浸れますよ。
吉沢さんももちろんその場にいて、途中わざわざ僕のところにチラシを持ってきてくれました!
何たる贅沢!!

URL | nalaniconey #- | 2012/03/15 22:13 | edit

Re: タイトルなし 

>そら。さん

え、そうなんですね。読んで頂いていたとは・・・
ありがとうございます!

開幕前の稽古場を観させてもらえるなんて、他ではちょっと考えられないですよね。
そんなところもOOBJのすごいところであり、観に来る人を幸せにしてくれる
ところなんでしょうね。
本番とはまた違う緊張感と、キャストの皆さんのひたむきさが伝わってきました。
稽古を観ている時はただただ夢中でしたが、時間が経ってくるほど
「すごいものを観てしまった」とどんどん実感が沸いてきてます。
本番が楽しみです!

本番の記事は・・・またつまらない文章になってしまうと思うので
予めご了承ください(笑)

URL | nalaniconey #- | 2012/03/15 22:22 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://musicaltheater.blog130.fc2.com/tb.php/102-128820ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。